交換できるくん
おかげさまでサイト開設17周年
お気軽にお電話ください。
給湯器の号数について

給湯器は、お湯を出す能力を『号数』で表します。お湯の出湯量は、号数により異なり、号数の選び方によって、キッチンや浴室シャワーの使い心地に大きく影響します。ご家族構成やライフスタイル、お湯の使い方などから、各ご家庭にあった最適な号数を選びましょう!
ここでは、給湯器の号数とは、給湯器の号数の選び方、給湯器の号数変更についてご案内いたします。

給湯器の号数とは

号数は16号・20号・24号です
給湯器の号数とは『1分間に水温+25℃のお湯をどれだけの量(L)を出すことができるか』を表した数値です。家庭用の給湯器としては、16号・20号・24号が主な号数で、数字が大きい方がお湯をつくる能力が高く、たくさんのお湯を使うことができます。

まずは、現在ご使用中の給湯器の号数を確認

給湯器の号数は、給湯器の品番(型式)からご確認いただけます。頭のアルファベットの次の数字が号数となるため、下記の「GT-2428SAWX」であれば、24号の給湯器となります。
給湯器リモコンではなく、給湯器本体に貼られているシールの品番(型式)でご確認ください。

給湯器本体に貼られたシールをご確認ください

例えば…

【号数:16号】 GT-168AW・RUF-1600PW・RUF-A1610SAW・TP-SQ166B-1・OURB-1651SAQ
【号数:20号】 GT-2027SAWX・RUF-2006SAW・GTH-2034AWXD・FH-20AWD・GH-S206ZWH
【号数:24号】 GTH-2417AWX・RUF-V2400SAT-1・GT-2427SAWX-T-1・DH-N2412AWADL4

号数選びの目安

給湯器の号数選びの目安としては、現在お使いいただいている給湯器で、湯量が少ないなどの不便を感じたことがなければ、同じ号数のものを選ぶことがおすすめです。
逆に、湯量が少ないと感じることがある、ご家族が増えた、お子様の進学、就職などで使用する人数が減ったなど、ライフスタイルが変わる場合は、給湯器の号数変更も可能です。

おすすめの号数

以下のページは、号数別に、より詳しく内容をご紹介しています。商品例も掲示していますので、商品選びの参考にしてみてください。

給湯器の号数変更について

現在設置されている給湯器の湯量に不満があり、交換する給湯器は湯量アップをしたい「号数アップ」、使う人数が減ったので能力を下げたい「号数ダウン」についてご案内いたします。
能力を下げる号数ダウンは、【24号→20号】【20号→16号】【24号→16号】どのケースも変更可能ですが、能力を上げる号数アップは、ガスメーターの能力の確認が必要になります。

ガスメーターの能力について

下記写真の赤枠部分が、ガスメーターの能力を表す号数です。給湯器と同様にガスメーターにも能力があり、2.5号、4号、6号、8号と種類があります。主に一般のご家庭では、4号と6号のガスメーターが使用されています。

ガスメーターの正面に記載されています

【16号給湯器】【20号給湯器】であれば、4号のガスメーターで使用ができますが、【24号給湯器】を使用する場合は、6号以上のガスメーターである必要があります。そのため、【16号給湯器】→【24号給湯器】、【20号給湯器】→【24号給湯器】への号数アップをご検討の際は、事前にガスメーターの号数をご確認ください。
見積りをご依頼の際に、ガスメーターの写真も添付いただければ、当社で確認のうえ、ご案内いたしますので、お気軽にご相談ください。

※ガスメーターの交換自体は、ご契約のガス会社で対応しています。その際、費用は発生いたしません。
※水道圧が弱い場合は、号数アップをしても湯量が改善されない場合がございます。

マンション給湯器の号数アップについて

マンションの場合、マンション全体のガス供給量などの関係で、マンションの規約により、号数アップが禁止されていることがあります。そのため、マンションにお住まいで号数アップをご検討の際は、必ず事前に、規約のご確認、または、マンション管理組合・管理人さんへご確認ください。