失敗しないトイレリフォーム・交換のポイント

これで失敗しない!HOW TO トイレ交換

トイレの水漏れ・不具合は交換のサイン

トイレは約10年ほどで故障や不具合が出てきます

家庭のトイレは、新築の場合なら短くみても10年は十分に使用に耐えることができる住宅設備です。
ところが、10年を過ぎると、故障や、不具合がちらほら発生してきます。便器自体の寿命は長いですが、温水洗浄便座(ウォシュレット)の不調やトイレタンクの部品の故障が先におこることがほとんどです。
トイレは10年を過ぎると、故障や不具合がちらほら発生してきます

「失敗しないトイレ交換!」をご紹介します

お客様からいただく声で、最も悔やまれるのが、

「ちょっとの水漏れを、大丈夫だろうとほうっておいたら、ある日突然トイレから大量の水漏れが発生。毎日使う場所なので、急いで修理する必要にかられて、緊急対応の会社に直してもらいました。あとあとネットで検索したら、もっとトイレや工事の値段も安くて、トイレも節水など種類がいろいろあり、あの時の軽微な水漏れを放置しなければ…と、とても後悔しています」

というものです。

ちょっと水漏れした段階で、交換できるくんのホームページを検索などで見つけていただけていたら、トイレ交換で困ったことにならなかったかもしれないと思うと、当社の力が及ばず、残念な限りです。そこで、すこしでも多くのお客様に、トイレ交換・トイレリフォームについての情報をお伝えしたく、「失敗しないトイレ交換!」をご紹介いたします。 「今のトイレに水漏れや不具合がある」「近い将来トイレを変えたい」と思っている方、必見の内容です。

トイレの修理と交換、どちらが得策?

トイレ修理は本当に安い!?

トイレが流れにくい、タンクの継ぎ目から水漏れする、排水部分から水が浸み出ている、といったトイレの不具合が生じると、たいていのお客様は、まず修理をご検討されます。水道修理屋さんの広告やホームページには、「●●●●円~」のように一見とても安く思えるのですが、これらは基本料金であることも多く部品代や出張費用など追加発生する場合もありますのでご確認ください。

新しい節水型トイレに交換すれば、結果としてはお得に!

トイレは、一度取り替えれば、約10年は持ちます。右のグラフのように、新しい4.8L節水型トイレに取り替えて、10年使うことを考えると、従来品と比べて水道代が14万円以上も節約できる計算になります。 ですから、修理を検討した段階で10年前後経年しているトイレなら、最新の節水型便器に交換することで、水道代をぐんと浮かせることができます。

交換時の初期費用をおさえたいというお客様には「かんたん分割払い」がおすすめです。お申し込みからご利用まで、メールとインターネットで行えますので、面倒な手続きがなく、JACCS社のリフォームローンをご利用いただけます。

最新節水便器に交換すると、水道代がこんなにお得!
※TOTO社調べ(2019年10月時点)
※1 1987~2001年商品(C720R)

現在のトイレ別、おすすめトイレ交換

それでは早速、今使っているトイレの仕様から、どんなトイレへ交換できるかご案内しましょう!

手洗付のタンク付トイレ・三角タンクのトイレをお使いの場合

手洗付のタンク付トイレ
現在、手洗ありのタンク付トイレや、三角タンクのトイレをお使いなら、同じタンク付トイレ、ウォシュレット一体型/シャワートイレ一体型トイレ、タンクレストイレ、システムトイレへ交換できます!

同じタンク付きトイレなら、手洗いのあり/なし、便座を選んでカスタマイズ

現在と同じタンク付トイレへの交換は、手洗いの有無や、便座部を自由に組み合わせできるのがポイント。予算や欲しい機能にあわせて、お好みのウォシュレット/シャワートイレと組み合わせができます。

ウォシュレットF1+ピュアレストQRセット ビューティトワレ+ピュアレストQRセット CW-KB21+アメージュZフチレスセット
TOTOの超節水型便器と、機能充実ウォシュレットとの組み合わせ。 超節水型便器と温水洗浄便座のセット。温水洗浄便座付セット当社最安値! フチ裏が全くないアメージュZフチレスと定番シャワートイレKB21の組み合わせ。

ウォシュレット・シャワートイレ一体型に取り替えれば、見た目もすっきり

ウォシュレット、シャワートイレ一体型へ取り替えれば、継ぎ目や、凸凹が減り、すっきりデザインのトイレになります。継ぎ目が少ないので、ほこりや汚れが細部に入りにくいというメリットも!もちろん超節水タイプです。

GG1-800 NEWアラウーノV(手洗付き) プレアス
深くて広い手洗ボウルが好評。ノズルきれいが付いたタイプ。 タンクレスなのに便座のグレードが選べます。機能充実のS3グレードがおすすめ! 滑らかな曲線のデザインに、飛沫を防ぐシャワー吐水の手洗いが特長的!

タンクレストイレにも取り替え可能!タンクがなくなるので、トイレ空間広々

今お使いのトイレがタンク式の手洗付きであっても、タンクレストイレへのリフォームが可能です。手洗いがなくなりますが、滑らかでスタイリッシュなデザインかつコンパクトな便器でトイレ空間を広く使えます。手洗いがない分、水はねもなくなり掃除がしやすくなります。タンク式ではないので、水が貯まるのを待たずに連続で流せる機能も、朝の忙しい時間帯などには大きなメリットです。

ネオレスト RH1 アラウーノL150 サティス6
キレイ除菌水搭載で汚れが付きにくく、フチレス形状でお手入れもしやすい! 泡洗浄、トリプル汚れガードで清潔、エエコナビ搭搭載で節電効果も◎! 奥行650㎜の日本最小※クラス、コンパクトなタンクレストイレ!

※LIXIL調べ(2021年4月時点)

システムトイレに取り替えれば、トイレ内に手洗器を別付で設置できます

システムトイレとは、自分好みのトイレ空間を作ることができるセミオーダータイプのトイレです。 一番のポイントは、大掛かりな工事が必要なく、別付けで手洗器を設置できること!タンクレストイレにしたいけれど、手洗器がトイレ内にないのは困る…といった場合や、よく使う掃除用具などをしまう収納が欲しいという場合もシステムトイレで解決!

システムトイレの上手な選び方はこちら >

レストパル ネオレスト RH1
収納が豊富なレストパル。TOTOならではの高級感。内装工事も含めたった一日でリフォームできます。 ネオレストに手洗い器がついたモデルです。内装工事も含めたった一日でリフォームできます。

手洗なしのタンク付トイレ・三角タンクのトイレをお使いの場合

手洗なしのタンク付トイレ
現在、手洗なしのタンク付トイレや、三角タンクのトイレをお使いなら、同じタンク付トイレ、ウォシュレット一体型/シャワートイレ一体型トイレ、タンクレストイレ、システムトイレへ交換できます!

同じ手洗なしのタンク付トイレに交換するなら便座部を選んでカスタマイズ

現在と同じ、手洗なしのタンク付トイレへの交換は、便座部を自由に組み合わせできるのがポイント。予算や欲しい機能にあわせて、お好みのウォシュレット/シャワートイレと組み合わせができます。

ウォシュレットF3A+ピュアレストEXセット ビューティトワレ+ピュアレストQR CW-KA21+アメージュZフチレスセット
TOTOの超節水型便器と、機能充実ウォシュレットとの組み合わせ TOTOの超節水型便器と、パナソニックの温水洗浄便座の組み合わせ。温水洗浄便座付セットでは当社最安値! フチ裏が全くないアメージュZフチレスとリモコン式シャワートイレKA21のセット

ウォシュレット・シャワートイレ一体型に取り替えれば、見た目もすっきり

ウォシュレット/シャワートイレ一体型へ取り替えれば、継ぎ目や凸凹がへり、すっきりしたデザインのトイレ空間に。継ぎ目が少ないので、ほこりや汚れが細部に入りにくく、掃除がしやすいメリットも!

GG1 NewアラウーノV アステオ AR6
タンクレストイレのようなコンパクトなシルエットが人気!ノズルきれい付き。 新デザインでよりスタイリッシュな印象に。最上位グレードトワレ新S3のセット タンク付トイレ最小級奥行710㎜!自動洗浄、自動開閉付の6グレードが人気!

手洗いがないから、タンクレストイレへの取り替えもスムーズ

手洗なしのトイレをお使いなら、ぜひタンクレスタイプにしたいもの。今まで、タンクのあった部分に空間がうまれますので、よりトイレを広く使うことができます。

ネオレスト AH1 アラウーノL150 サティスG
フルカバーの凛としたフォルムが人気。きれい除菌水搭載で、安心・キレイ・快適。 泡洗浄、トリプル汚れガードで清潔、エコナビ搭載で節電効果も◎! 便器に全く継ぎ目がなく、高級感ある質感が人気のタンクレストイレ。

システムトイレでトイレ空間を活かした機能的なトイレに大変身

手洗器だけではなく、収納キャビネットやトイレアクセサリー、カラーリングまで、 豊富なプランの中かから自分好みに組み合わせができるシステムトイレ。手洗器がいらない場合は、収納力が高い収納一体型がおすすめ! 掃除用具や給水配管などを隠すことができるのでトイレ室内がすっきり!また、手洗いがなかったので不便という場合なら、手洗器を設置するプランもあります。

システムトイレの上手な選び方はこちら >

レストパル ネオレスト手洗器付 リフォレ
収納パターンが豊富なレストパル。手洗い不要なら、まるごと収納がおすすめ! タンクレストイレに手洗器が付いたタイプ。手洗器付きなら来客時も安心! 収納扉カラーが豊富なリフォレ。人気はクリエペール。I型なら工事費もお得!

クッションフロアや、壁紙の張り替えは必要?

クッションフロアの張り替えを行うとリフォームの効果が倍増します。

クッションフロアや、壁紙張り替えなど、内装の交換はトイレ交換とあわせてぜひリフォームしていただきたいオプションです。トイレは小さな空間なので、一目で室内すべてが目に入ります。せっかくトイレを取り替えるなら、床のクッションフロアや壁紙なども新しくすることで、リフォームの効果をより一層感じられるようになり、新築時のようなトイレへリフォームできます。

クッションフロアや壁紙の張り替えタイミングは、トイレ交換の際にあわせて施工するのがベストです。タンクの後ろ側の壁のクロス張りや、便器の下の床にクッションフロアを張る作業は、トイレを取り外した状態で施工することで、効率良く、費用を抑えて施工することができ、なおかつきれいに仕上がります。

床クッションフロアを張り替えて、きれいな仕上がりに!

便器の下には、床を保護するために、耐久性と耐水性に優れたクッションフロアと呼ばれる塩ビ製シートが張られています。またこのシートは柔軟性があるため、数年経過したトイレの場合、へこみ跡がついていて、そこに汚れやほこり、また便器から水漏れが発生していた場合はカビ汚れといった設置痕が必ずといっていいほど付いてしまっています。

現在主流のトイレは、コンパクト化が進んでおり、従来のものよりも便器と床の設置面が小さくなっています。そのため、クッションフロアを張り替えずにトイレ交換をすると、設置痕が露出し、トイレの美観が損なわれます!

クッションフロアは、床を湿気や水分から守るため、便器の下に敷き込む必要がありますので、クッションフロアを交換するタイミングは、便器を外すトイレ交換の時だけです。トイレ空間を美しく仕上げるために、クッションフロアの張り替えは必須なのです!特に、10年以上経過したトイレのクッションフロアは経年劣化による設置痕や汚れがありますので、ぜひ張り替えをご検討ください。

※フローリングやタイルの床にはクッションフロアは張られていませんので、クッションフロア張り替えは施工いたしませんが、ご希望の場合は別途ご相談も可能です。

便器取り外し後

トイレを外すと、必ず床に以前のトイレの形の汚れ・くぼみが残ります。

新しい便器設置後(クッションフロア張り替えなし)

クッションフロアを替えない場合、設置痕が露出する可能性が高いです。

トイレ交換時が壁紙張り替えのチャンス

クッションフロアの張り替えとあわせて、検討したいのが壁紙張り替えです。タンク付トイレをお使いの場合、タンクの後ろ側には必ず3~5cm程度のスキマがあいていますが、この部分に壁紙を張るにはタンクを外さなければなりません。トイレからタンクだけ外すには、中の水を抜き、トイレから接続部分を外す必要があります。また、タンクだけの重さでも20~30kg程度あり、重くて一人では動かせないなど、壁紙を張り替えるためだけにタンクを外すというのは非効率で、あまり現実的ではありません。 そのため、タンクの後ろ側に壁紙を張るのも、クッションフロアと同様、トイレ交換の際でなければ大変手間のかかる内装工事なのです。手間がかかるということは、その分、費用も高くなります。

また、タンク付きからタンクレストイレへの交換の場合は、タンクがあった後ろ側の壁紙にカビが生えていたり、経年による色あせがタンクの部分だけ進んでおらず、タンクの設置跡が壁紙にはっきり残っている場合がほとんどです。タンク付きからタンクレストイレへの交換の場合、トイレ空間を美しく仕上げるためには、壁紙張り替えのオプションもぜひ一緒にご検討ください!
タンク付トイレの背面のみ壁紙がなく壁がむき出しのケース

タンク付トイレの背面に壁紙が張られておらず、タンクレスにしたところその部分の壁がむきだしになっていたケース。 もし後で内装屋さんを呼んで壁紙を張ることになるとトイレをもう一度取り外しして工事しますので、二重で費用がかかってしまいます。

内装工事ありのトイレリフォーム事例

内装工事実施後のトイレ

トイレは0.5~0.75坪の小さなスペース。内装は後からでいいわと思って、トイレと同時に内装を施工せず、後から内装屋さんを呼ぼうと思っても、内装工事のためだけにトイレを外して再設置することになりますので、トイレ取り替え工事費と同等のトイレの脱着費用が料金に含まれることになります。また、わずかなスペースのためだけに施工することで、かえってクッションフロア材や、壁紙代などの材料費、出張のための工事費などが割高になります。トイレ取り替えと同時の内装工事をおすすめしない業者もありますが、そのような場合は、内装工事を全く自社で施工しておらず、別の内装業者に委託している可能性があります。そのため、委託業者との調整の手間や利益面、トイレ取り替えが1日では終わらなくなるといった理由から、「内装はやらなくても大丈夫」と言う場合もあるのです。

当社は、トイレ交換工事はもちろん、内装も当社が責任をもって施工いたします。トイレ交換工事と内装工事(床クッションフロア張り替え・壁紙張り替え)でも1日で終わります。

トイレ交換するなら、内装もリフォーム!床壁のオプションでグレードアップ!

賢いトイレカラーの選び方は?

トイレカラーにはベーシックなホワイト・アイボリー系から、優しいピンク系、グレーといった個性的な色まで、バリエーションがあります。トイレ交換時に選んで、後々悔やまないトイレカラーは何系の色でしょうか?

答えは、ずばりベーシックな、ホワイト・アイボリー系です。ホワイト・アイボリー系のベーシックカラーは、どのメーカーでも定番的に製造しています。そのため、組み合わせタイプの便器で、ウォシュレットやシャワートイレの部分だけが故障し取り替えが必要になった際に、トイレカラーと色があうものが継続的に製造されているからなのです。

メーカーは、景気がよい時には、カラーラインアップを増やす傾向にあります。TOTOを例にとると、過去にはグリーンやブルーのトイレを製造していましたが、景気が下を向くと、グリーンやブルーのトイレは廃番カラーとなってしまいました。グリーンのトイレを設置しているお客様の場合、ウォシュレットの故障で同じグリーンのウォシュレットを購入しようと思っても、現在は廃番のため手に入れることができません。そこで仕方なく、トイレまるごと交換する、というケースが発生しています。トイレの故障は無いに越したことはありませんが、ウォシュレットは電気製品のため、使用頻度や状況によっては故障が発生する場合もあります。そのため、トイレ交換の際には、その後のことも考えて、交換が可能なベーシックカラーを選んでおくのが得策といえます。

個性的な色のトイレと内装で自分独自のトイレ空間をデザインしたい、という場合もありますよね。そのような場合は、年数を経た際に、取り替え用の部品などが製造されていない可能性もある、ということを念頭においたうえで、色をお選びください。

定番のベーシックカラー・ホワイト・アイボリー系

ホワイト系

清潔感があり、近年人気急上昇の色

パステルアイボリー系

根強い人気があり、ホワイトとともによく選ばれている色

施工事例へ
施工事例へ
施工事例へ
施工事例へ

TOTO ホワイト(NW1)

施工事例はこちら >

LIXIL ピュアホワイト(BW1)

施工事例はこちら >

TOTO パステルアイボリー(SC1)

施工事例はこちら >

LIXIL オフホワイト(BN8)

施工事例はこちら >

優しいピンク系・落ち着きのあるニュアンス系

ピンク系

かわいらしいトイレになると女性に人気の色

グレー系

微妙なニュアンスが楽しめる色

施工事例へ
施工事例へ
施工事例へ

TOTO パステルピンク(SR2)

施工事例はこちら >

LIXIL ピンク(LR8)

施工事例はこちら >

TOTO ホワイトグレー(NG2)

施工事例はこちら >

トイレリフォームの業者の選び方は?

トイレ取り替えを施工する業者は、ネット専門店、リフォーム会社、工務店と多岐にわたります。どの業者に頼めば、一番我が家にあったトイレ取り替えができるのか、最後にご案内したいと思います!

安く、専門性のある会社に安心して頼みたい

トイレは、狭いところに配管があるという、家の中では特殊空間になります。そのため、取り替えには専門知識が必要。当社のような1998年からトイレリフォームを施工している会社なら、取り替え実績が豊富なので、工事件数をこなしてノウハウが蓄積されている分、商品代や工事費も安く、技術的にも安心です。

自分でじっくり調べて、納得のいく価格で取り替えたい

営業マンのお仕着せではなく、自分が好きな商品を安くリフォームしたい。そのためにネットで調べたり、カタログをみたり、ショールームで自分で商品を選べられる方なら、当社のように、選んだ商品を設置条件にあう方法で取り替え工事をしてもらえる会社がおすすめです。当社では、ネットですぐ見積りができるので、自分の好きな時間や、休日や夜といった空いている時間にじっくり検討ができるのも魅力です。

わかりにくい見積りではなく、総額でいくらかかるのか、あらかじめしっかり分かって工事をしたい

当社ではトイレ取り替えにかかる工事費を一本化し、一律の価格としてネットで公開しました。そのため、自分の家のトイレ工事がいくらなのかすぐわかり、余分な追加費用なども請求されないので安心です。
「見積り金額=お支払い総額」としているため事前のお知らせなく、見積り金額確定後に追加請求することはいたしません。

トイレリフォーム・交換工事の専門知識や経験が豊富な会社に頼みたい

当社は20年以上にわたり、毎日数十件のトイレ取り替え施工を行っています。トイレリフォームはリフォームの中では比較的小規模な工事で、チラシなどでも片隅に掲載される扱いです。でも当社はあえてこれに特化して施工し、専門性を高めることで、トイレ取り替えに関するあらゆることを効率化しています。だから、トイレ取り替えを、どこにも負けない施工品質と価格でご提供できるのです。

トイレ工事で交換できるくんが対応できること・できないこと

とにかくいますぐ営業マンがきて、すべて提案してほしい

近隣のリフォーム店さんにご相談ください。
【 大変申し訳ありません 】

当社の仕組みは、出張サービスの営業マンをおかないことでコストを削減、価格に還元することで、低価格での交換工事を実現しております。そのため、お客様にも、現状の写真をフォームから送っていただくなどの作業をお願いしております。もし、そういったことを一切したくはなく、まずは営業マンがきて最初から相談に乗ってほしいというお客様の場合は、まずは小回りの利くご近所のリフォーム店さんへご相談をおすすめします。

安さと安心の理由 >

急な故障で大弱り。とにかくいますぐ取り替えてほしい

マンションなら管理会社さん、戸建なら緊急水道修理店さんにご相談ください。
【 大変申し訳ありません 】

当社は、エンジニアを効率的に工事組みすることで価格を抑える運営をしておりますので、即日出張工事というような、緊急対応は難しい場合があります。トイレが急に壊れてしまい、すぐにかけつけてほしいといった場合には、マンションなら管理会社さん、戸建なら緊急出動してくれる水道修理屋さんにご相談されることをおすすめします。価格は高めの場合もありますので、必要な個所だけの修理をご依頼されることをおすすめします。

自分の家を建てた会社で施工したい

工務店・ハウスメーカーにご相談ください。

家を建てたときの工務店さんやハウスメーカーさんへのご依頼となります。ただし、家を建てるような工務店さんやハウスメーカーさんの場合、トイレだけのリフォームといったような小回りを利かせる工事は不得意の場合もございます。様々な経費がかかり当社の見積りの2倍以上の金額だったという話もお聞きしますので、見積りを他社でもとられた上でご検討されることをおすすめします。

とにかく安ければなんでもいい!

外注施工のネット専門ショップさんを比較してお選びください。

今はインターネットで検索をすれば、値段の安い会社はいくらでも探せます。ただ、値段優先となるため、電話対応をしてくれなかったり、工事では誰が来るのか事前に分からなかったりする業者も多いです。大切なお住まいで長く使う物ですので、商品の価格だけで飛びつくのではなく、今までの実績や保証、会社規模、施工体制等をトータルで考えて、ご納得のいくお店にご依頼されることをおすすめします。

「これで失敗しない!How Toトイレ交換」いかがでしたでしょうか。
当社は1998年からトイレ交換工事をしている会社ですので、施工件数、ノウハウ、商品代、工事費の安さに自信があります!また、クッションフロアや壁紙張り替えなども同時に施工できるので、1日でトイレリフォームが完了します。設置できるかどうかのご相談や見積りはもちろん無料です。ぜひご利用ください。
交換できるくんが選ばれる理由
交換工事対応エリア(札幌/関東/東海/関西/福岡)を確認する
新型コロナウイルス感染症への当社の取り組みについて