アパートのトイレ交換|特徴・費用まとめ

アパートのトイレ交換|特徴と費用まとめ

入居者と賃貸オーナーの目線それぞれで、賃貸住宅のトイレ交換を詳しくご説明いたします。今住んでいる賃貸住宅のトイレを交換できる?ウォシュレットの取付けは?水漏れした時の費用負担は?など、入居されている方が疑問に思うことから、アパート・マンションなど所有する賃貸オーナー目線でどんなトイレが人気なのかなどご案内いたします。

アパートのトイレ交換をする場合の注意点や費用をご紹介

分譲とは異なり賃貸アパートの取付けられている設備は、物件所有者の持ち物になります。故障や不具合が起きた際は、管理会社へ連絡して修理・修繕または交換対応してもらう必要があります。しかし、より快適に使うために普通便座からウォシュレットなどの温水洗浄便座に交換するのもおすすめです。アパートのトイレ本体を交換する以外にも、ウォシュレットなど便座のみ交換をするメリットについてもご案内いたします。

トイレが故障、水漏れしている場合

賃貸契約の内容にもよりますが、多くの場合は「機器不具合が原因による修理、交換、リフォームについては物件所有者の大家負担」とする場合がほとんどです。入居している住宅のトイレや洗面、給湯器などから水漏れしている、壊れている場合は、管理会社に連絡の上、対応してもらってください。

居住者(借主)の依頼を受けて管理会社が所有者(オーナー・貸主)に費用連絡と手配許可をとる|アパートトイレ交換の手順

管理会社・オーナーに許可なく修理することはNGです

DIY、業者による施工かかわらず管理会社やオーナーの許可なく修理することはNG|アパートトイレ交換の注意点

トイレ、風呂暖房機器、ガス給湯器など、生活する上で必須となる機器が故障してしまったときは焦ってしまいがちですが、管理会社(またはオーナー)を通さずに修理や交換を手配するのはおやめください。許可なく修理、修繕、交換を行った場合は、通常であれば大家さん負担だった費用を入居者の方が負担しなければならない場合も出てくるためです。機器不具合が生じた際は、まずは管理会社へ連絡をしましょう。

アパート入居者希望によるトイレ交換

故障や不具合ではなく入居者の希望によるトイレ交換も、大家さんからの許可が得られるのであれば可能です。手順、条件、費用負担についてご案内いたします。

管理会社へ「原状回復が必要かどうか」確認する

トイレリフォームの内容が決まりましたら、管理会社に工事しても良いかの確認を取ってください。取り決める事項は「交換する商品の詳細」「工事の内容」「工期」「費用負担はどちらがするのか」など様々ありますが、最も重要なのは引越し時に「原状回復が必要かどうか」という点になります。

管理会社を介して居住者(借主)の希望と所有者(オーナー・貸主)の原状回復に関する条件に合わせたトイレ交換を行うのが一般的|アパートトイレ交換の手順※DIY不可、業者による施工のみ許可する、といった条件があるかどうかの確認も必要です

原状回復が必要な場合(入居時の状態に戻す)

アパートのトイレ交換について

原状回復が必要な場合、取り外したトイレは退去時に元に戻す必要があるため、それまで保管しておかなくてはなりません。一部のトイレを除き、トイレ本体は陶器製で割れるリスクがあり、スペースも大きく取ってしまいます。また一度取り外したトイレの再設置は中古品の取付け扱いになるため、工事そのものを引き受けてもらえない可能性もあります。原状回復を前提としたトイレ交換を行う際はこれらについてあらかじめ考慮しておく必要がありますので、ご注意ください。

外したトイレの保管場所、割れたりしないよう保管、原状回復で工事できる業者の確保、取り外したトイレのニオイ|原状回復までに考えられるデメリット

床クッションフロア、壁クロス(壁紙)の張り替えについて

トイレ交換時にやっておきたい内装工事、床クッションフロアと壁クロス(壁紙)の張替えですが、既存のものを一度剥がしてしまうと再利用はできません。張り替えたい場合は、床クッションフロアは剥がせる両面テープ、壁紙は賃貸向けの剥がせるクロスの利用をオススメいたします。ただし、こういった「剥がせる」部材を利用しても既存の床や壁にダメージが残ることもあることはご留意ください。

両面テープでクッションフロアを貼る|アパートトイレ内装DIYの例
剥がせるクロスを利用する|アパートトイレ内装DIYの例

アパートの原状回復が必要な場合のトイレリフォームについて

退去時の原状回復が条件となると、できる範囲は限られてしまいます。トイレ交換、内装工事などは実施ができても原状回復ができないというリスクを考慮するならば実施しないほうがベターです。賃貸住宅のトイレをより快適に使用したい場合は、普通便座からウォシュレットへの交換またはより高機能なウォシュレットへの交換がリスクも低くおすすめです。

リフォーム内容 オススメ度合い
トイレ交換 × 取り外したトイレの保管場所や再設置を考慮するとオススメしません
ウォシュレット交換 〇 退去時に容易に取り外すことも可能なのでオススメです
クッションフロア貼り替え △ 両面テープで上張りするならば現状回復できる可能性があります
壁クロス張り替え △ 剥がせるクロスを利用するならば現状回復できる可能性があります
コンセント移設・増設 〇 露出配線であれば原状回復も可能です

原状回復するならウォシュレット(温水洗浄便座)交換がオススメ

原状回復の場合は、その取り外した機器の保管場所、保管状態、原状回復時の作業依頼先などを考慮しておかなければなりません。トイレ本体の交換となるとこれらの条件をクリアするのは難しいと思われますので、原状回復が条件の賃貸アパートでは、ウォシュレット(温水洗浄便座)の交換に留めることをオススメします。

アパートにおすすめのウォシュレット・温水洗浄便座

普通便座からの交換にオススメ!リーズナブルな温水洗浄便座!
パナソニック 温水洗浄便座 ビューティ・トワレ
CH941SWS
パナソニック温水洗浄便座ビューティトワレ(CH941SWS)の工事費用込み価格
メーカー希望小売価格:オープン価格
工事費用込み価格
30,800
円(税込)
  • 袖リモコン
  • 脱臭機能
  • 温風乾燥
  • 除菌機能
  • リモコン便座
    便ふた開閉
  • オート
    便器洗浄
TOTO ウォシュレット「アプリコットシリーズ」のスタンダードモデル!きれい除菌搭載!
TOTO ウォシュレット アプリコットF1
TCF4713R
TOTOウォシュレットアプリコットF1(TCF4713R)の工事費用込み価格
メーカー希望小売価格:
126,500
円(税込)
本体価格:
72,105
円(税込)
本体
43
%OFF
工事費用込み価格
83,105
円(税込)
  • 壁リモコン
  • 脱臭機能
  • 温風乾燥
  • 除菌機能
  • リモコン便座
    便ふた開閉
  • オート
    便器洗浄
TOTO ウォシュレット「アプリコットシリーズ」のハイグレードモデル!
TOTO ウォシュレット アプリコットF3A
TCF4733AR
TOTOウォシュレットアプリコットF3A(TCF4733AR)の工事費用込み価格
メーカー希望小売価格:
196,460
円(税込)
本体価格:
115,911
円(税込)
41
%OFF
工事費用込み価格
129,111
円(税込)
  • 壁リモコン
  • 脱臭機能
  • 温風乾燥
  • 除菌機能
  • リモコン便座
    便ふた開閉
  • オート
    便器洗浄
※オート洗浄はタンク側にオート洗浄ユニットが取付けられる場合のみ選択可能です

原状回復が不要な場合(取付けた機器はそのまま残す)

組合せ便器、一体型トイレ、タンクレストイレの特徴

原状回復が不要であれば、選択肢は多くなります。ただし、商品選定においては大家さんの意向もあるため、自由に選べない、といったことも想定されます。例えば、一体型トイレやタンクレストイレに取り替えをしたくても、機能部だけの交換が困難であるという理由で不可とされる場合も考えられます。それぞれのトイレの特徴についてご案内いたします。

組合せ便器 一体型トイレ タンクレストイレ
温水洗浄便座のみ
交換可能
温水洗浄便座は
専用品のみ交換可
温水洗浄便座は
専用品のみ交換可
便器+タンク+便座の組合せなので、ウォシュレットが壊れて修理不可の場合でも、交換で対応が可能。各メーカーから多くのバリエーションが販売されており、交換時の都合にあわせて機種が選択もできるので、賃貸物件には最適な選択です。 便器・タンク・便座が一体型になっていて便座部分(機能部)が壊れた場合、指定品番への交換のみが可能で選択肢はほとんどありません。また交換品番が廃盤となった際は便座部分の交換はできず、トイレまるごとの交換が必要になり、交換コストが高くなります。 タンクがなく、便器と便座が一体型になっているため清掃がしやすいのが特徴です。機能部が壊れた場合、一体型トイレ同様に指定品番への交換のみが可能で選択肢はほとんどありません。また交換品番が廃盤の場合は、トイレまるごとの交換が必要になってしまいます。
※一戸建て、アパートの2階などは水圧が足りずタンクレストイレが設置できない可能性があります。

トイレリフォーム費用は入居者が負担、所有権は大家さん

原状回復が不要な場合、多くの場合は入居者が交換費用を負担をしますが、新たに設置したトイレ/機器の所有権は、大家さんが持つことになります。撤去前のトイレ/機器は大家さんの持ち物で、新たに取り替えたトイレ/機器にそのまま所有権が移る、という解釈です。原状回復が不要な場合は、事前にキチンと話しあって退去時のトラブルを回避するようにしてください。

入居者の希望でトイレ交換/退去時の原状回復が不要な場合

トイレ交換費用を入居者が捻出しても便器本体、壁クロス、床クッションフロア、給水ホース等の所有権はオーナーにあります|アパートトイレ交換の注意点

長く住む場合以外は費用はあまりかけない方法をオススメします

賃貸物件は物件及び取付けられている設備、建具、内装材などその全てが大家さんの所有物になります。これらの交換を行う際に、既設を撤去処分する場合は、その代わりに取り付ける機器を入居者が負担したとしても、所有権は大家さんに譲渡する必要があります。長く住む予定が無いのであれば、あまりコストを掛けないことをオススメします。

トイレ交換ができないパターン

ユニットバスタイプのトイレやウォシュレットは取り付けできません|アパートのトイレ交換

主に一人暮らし向けアパート・ハイツ・マンションで採用されている、お風呂とトイレと洗面が一つになった「3点ユニット」のトイレは専用品で市販トイレでは交換ができません。またウォシュレット・温水洗浄便座についても同じで取付けるには防湿防滴に対応した専用品でなければなりません。またほとんどの場合コンセントの確保ができないので、トイレ交換、ウォシュレットの取付けはできないものとお考えください。

入居中物件で設備機器は故障した、使えなくて困っている、などの連絡が入った際はコストよりも対応スピード重視で手配をする必要があり、退去時には壁などの張り替えや修繕、新しい入居申し込みが入りやすいように設備のアップグレードなど、アパート物件管理には何かとコストがかかります。ここでは効率的なコスト管理方法や人気の機種・機能などをご紹介します。

入居中物件の機器交換について

入居中の物件で機器故障が起きた際は賃貸物件に住む方に配慮して急いで対応する必要があります。特に住まいの必需品と言われる機器は当日、遅くとも翌日の対応を求められるケースが多いでしょう。逆に緊急を要しない故障、不具合については数日の猶予があります。

急がない

  • 網戸の破れ
  • クロスの剥がれ
  • 浴室シャワー水漏れ
  • 換気扇が回らない
  • ウォシュレットが使えない
  • エアコンが使えない
  • キッチンから水漏れ
  • 給湯器が使えない
  • トイレが使えない

要緊急対応

緊急を要する機器交換の注意点

上図のように人が生活する上で必須とも言える「トイレ」「給湯器」が使えない状況は、早急に対応する必要があるため、高くて早く対応できる業者に依頼しがちです。機器にはそれぞれ寿命があるので、それらを把握して空室時に定期交換することでコストと手間を抑えることができるようになります。

緊急対応はよりコストがかかる傾向

事前の定期交換で費用やコストを抑えられる|アパートのトイレ交換

各設備の交換目安

各設備の耐用年数は多くの場合、10年前後と想定されています。しかし、設置環境、使用状況、頻度、使い方によって、寿命は短くなったり長くなったりとまちまちです。まだ使える機器を交換するのはもったいないと思われますが、結果コストが掛かってしまうのは避けたいところです。各設備の交換については「壊れた場合の緊急性がある機器を優先する」と考えるとコスト管理がしやすくなります。

緊急度
洗面化粧台
洗面蛇口
浴室蛇口
温水洗浄便座
緊急度
換気扇
浴室乾燥機
ディスポーザー
ガスコンロ
IHヒーター
レンジフード
緊急度
トイレ
ガス給湯器
エアコン
キッチン蛇口

効率的なコスト管理のコツ

空室時にちょうど機器の交換時期になればよいのですが、そういったベストなタイミングばかりではありません。やむを得なく入居時に修理・修繕・機器交換が必要になるケースが必ずあります。思わぬタイミングで対応が必要になった場合に備え、所有物件の情報を持っておくととても便利です。賃貸物件を所有する上で、下記の点を押さえておくと、管理コスト削減につながるのでオススメです。

機器寿命を把握して故障前に交換
入居中の機器交換リスクを減らす

設備機器の交換は10年を目安に考えて、入居時に壊れると緊急対応が必要になる機器については故障前に交換をしていくことで緊急対応費などの費用を削減できるようになります。

既存機器の品番の控えや現状の写真
を撮っておく

入居時に修理・修繕・交換が必要になっても品番や現場状況がわかる写真を控えておけば現地調査の時間を短縮できます。またネット上で見積もりを管理会社を通さず直接取ることもできて手数料などの費用削減が可能です。

アパートオーナー様向けサービスをご用意しています

交換できるくんではアパートオーナー様向けのサービスをご用意しております。所有されているアパートの設備機器交換のコスト削減、入居者様への連絡対応、工事後の報告、保証書の郵送、選べるお支払い方法などメリットがたくさんあります。是非ともご活用ください!

物件売却や査定時のほか一人暮らし向けや入居者の引っ越し時など予算に合わせたトイレ交換をおすすめします|賃貸トイレ交換サービスのご案内

設備をグレードアップして入居率を上げる

最近のアパートには様々な便利設備が採用されていますが、特にウォシュレット(温水洗浄便座)付きトイレについてはスタンダードになりつつあります。ただ、一概にウォシュレット付きといってもその機能はメーカー、機種ごとに様々。管理がしやすく、費用対効果の高い商品の選び方をご案内いたします。

組合せ便器、一体型トイレ、タンクレストイレの特徴

トイレには「組合せ便器」「一体型トイレ」「タンクレストイレ」があり、一体型とタンクレスにはウォシュレット(温水洗浄便座)が搭載されていますが、組合せ便器は別途便座を用意しなければなりません。トイレのパーツの中で最も壊れやすいのはウォシュレット部分なので、後からでも取替がしやすい組合せ便器+ウォシュレットの組合せが賃貸物件のセオリーとなります。

組合せ便器 一体型トイレ タンクレストイレ
温水洗浄便座のみ
交換可能
温水洗浄便座は
専用品のみ交換可
温水洗浄便座は
専用品のみ交換可
便器+タンク+便座の組合せなので、ウォシュレットが壊れて修理不可の場合でも、交換で対応が可能。各メーカーから多くのバリエーションが販売されており、交換時の都合にあわせて機種が選択もできるので、賃貸物件には最適な選択です。 便器・タンク・便座が一体型になっていて便座部分(機能部)が壊れた場合、指定品番への交換のみが可能で選択肢はほとんどありません。また交換品番が廃盤となった際は便座部分の交換はできず、トイレまるごとの交換が必要になり、交換コストが高くなります。 タンクがなく、便器と便座が一体型になっているため清掃がしやすいのが特徴です。機能部が壊れた場合、一体型トイレ同様に指定品番への交換のみが可能で選択肢はほとんどありません。また交換品番が廃盤の場合は、トイレまるごとの交換が必要になってしまいます。
※一戸建て、アパートの2階などは水圧が足りずタンクレストイレが設置できない可能性があります。

組合せ便器+温水洗浄便座の交換費用相場

故障しても機能(温水洗浄便座)部分だけ交換が可能な組合せ便器と温水洗浄便座のセットは、それぞれ相性があります。賃貸物件への設置で人気の組合せセットをご紹介いたしますので、相場費用をご確認ください。

温水洗浄便座付き 当社最安値セット
ピュアレストQR+ビューティ・トワレセット CS232B+SH232BA+CH941SWS
ピュアレストQR+ビューティ・トワレセット[袖リモコン]CS232B+SH232BA+CH941SWS
  • CS232B+SH232BA メーカー希望小売価格:
    102,850
    円(税込)
    交換できるくん価格
    60
    %OFF
    41,140
    円(税込)
  • CH941SWS メーカー希望小売価格:オープン価格
    交換できるくん価格
    19,800
    円(税込)
  • トイレ交換基本工事費
    35,200
    円(税込)
工事費用込み価格:
96,140
円(税込)
安心のTOTO製の組み合わせで人気!
ピュアレストQR+SBセット CS232B+SH232BA+TCF6623
ピュアレストQR+SBセット[袖リモコン]CS232B+SH232BA+TCF6623
  • CS232B+SH232BA メーカー希望小売価格:
    102,850
    円(税込)
    交換できるくん価格
    60
    %OFF
    41,140
    円(税込)
  • CH941SWS メーカー希望小売価格:
    91,190
    円(税込)
    交換できるくん価格
    55
    %OFF
    41,035
    円(税込)
  • トイレ交換基本工事費
    35,200
    円(税込)
工事費用込み価格:
117,375
円(税込)
当社イチオシ!機能と価格のバランス◎
ピュアレストQR+アプリコットF1セット CS232B+SH232BA+TCF4713R
ピュアレストQR+アプリコットF1セット[壁リモコン]CS232B+SH232BA+TCF4713R
  • CS232B+SH232BA メーカー希望小売価格:
    102,850
    円(税込)
    交換できるくん価格
    60
    %OFF
    41,140
    円(税込)
  • TCF4713R メーカー希望小売価格:
    126,500
    円(税込)
    交換できるくん価格
    43
    %OFF
    72,105
    円(税込)
  • トイレ交換基本工事費
    35,200
    円(税込)
工事費用込み価格:
148,445
円(税込)

アパートにはタンクレストイレNewアラウーノVがオススメ!

組合せ便器に比べ、タンクレストイレは高価で、専用の温水洗浄便座でしか交換ができないといった点から通常は賃貸物件には不向きですが、パナソニックの「NewアラウーノV」は組合せ便器+温水洗浄便座のセットと比べても価格が安く、機能部が故障しても市販品の温水洗浄便座を取付ける事が可能な商品です。「タンクレス=高価、維持費が高い」といったイメージがあるせいか、賃貸物件のトイレでは採用されることがほとんどありませんが、他のアパート賃貸物件との違いを出すには費用対効果の高い商品なのでオススメです。

賃貸物件にオススメのNewアラウーノV

NewアラウーノVは、タンクレストイレでありながら手洗いありモデルも選べます。賃貸物件にはトイレ内に手洗いがないことが多いので、手洗い付きを選べるのも嬉しいポイントです。

※アラウーノは陶器製便器ではありません。
タンクレストイレ温水洗浄便座付き 当社最安値!
NewアラウーノV 専用トワレ新SN5 XCH30A9WS(CH3010WS+CH301F+CH329AWS+CH300S)
NewアラウーノV 専用トワレ新SN5 XCH30A9WS(CH3010WS+CH301F+CH329AWS+CH300S)
  • XCH30A9WS メーカー希望小売価格:
    173,800
    円(税込)
    交換できるくん価格
    58
    %OFF
    72,996
    円(税込)
  • トイレ交換基本工事費
    35,200
    円(税込)
工事費用込み価格:
108,196
円(税込)
手洗いありタンクレストイレ温水洗浄便座付き 当社最安値!
NewアラウーノV 専用トワレ新SN5 XCH30A9WST(CH3010WST+CH301F+CH329AWS)
NewアラウーノV 専用トワレ新SN5 XCH30A9WST(CH3010WST+CH301F+CH329AWS)
  • XCH30A9WST メーカー希望小売価格:
    180,400
    円(税込)
    交換できるくん価格
    58
    %OFF
    75,768
    円(税込)
  • トイレ交換基本工事費
    35,200
    円(税込)
工事費用込み価格:
110,968
円(税込)

アクセントクロスでトイレ室内をよりおしゃれに見せる

トイレ交換時ならキレイに仕上げられるので、クッションフロアと壁クロスは是非張り替えたいところです。特に壁クロスは部屋のイメージを大きく変えてくれるので、よりおしゃれに見えるアクセントクロス張りをおすすめいたします。

トイレ内装リノベーション事例|アパートのトイレリフォーム
トイレ内装リノベーション事例|アパートのトイレリフォーム
トイレ内装リノベーション事例|アパートのトイレリフォーム

和式トイレにはスワレット(和風改造用便器)

和式便器が洋式風トイレに早変わり|トイレ便座スワレット交換の紹介

最近では洋式便器がスタンダードとなっていますが、築年数の古い住宅(アパート・マンション)では和式トイレが採用されているケースがあります。これを洋式トイレへのリフォームとなると、排水配管(排水の穴)、給水配管の移設、コンセントの確保、床の補強、狭い場合は広さを確保する必要もあり、かなり大掛かりになってしまいます。しかし、スワレットなら大きな工事も必要なく、1日で工事が完了します。大きなコストを掛けたくない賃貸物件に適した商品です。

トイレ(便器)の交換工事について

トイレリフォームの流れ

  • 1.トイレを選ぶ

    交換されたいトイレをお選びください。当社にてお客様にあった商品をご案内することも可能です。

  • 2.見積りをご依頼

    トイレが決まったら見積りをご依頼ください。現行の画像をお送りいただければ、設置適合確認もバッチリ!

  • 3.ご注文

    見積りの内容にご納得いただいたらご注文手続きをお願いいたします。工事日程のご希望をおうかがいします。

  • 配管を取り外し、持参した新しい水洗トイレに取り替える工事を行います。故障や老朽化した古いトイレは当社で撤去・廃棄処理いたします。

    4.交換工事

    工事担当が商品を持って、お客様のご自宅へお伺いし、交換工事を行います。

トイレ専用無料見積りフォームはこちら
交換できるくんが選ばれる理由
交換工事対応エリア(札幌/関東/東海/関西/福岡)を確認する
新型コロナウイルス感染症への当社の取り組みについて