レンジフードの選び方|リフォーム実績30万件の住宅設備工事専門店サンリフレプラザ【公式】

お問合せ無料お見積はこちら
お知らせ
日経新聞ライフスタイル情報誌に掲載されました >

レンジフードの選び方

レンジフード(換気扇)の機能はもともとシンプルなため、どれを選んでもあまり変わらないと思われがちですが、最新型のスリム型レンジフードは、フィルターのあり・なし、連動のあり・なしなど機能やお手入れ性から選ぶことができます。こちらではレンジフードを検討する際におさえておきたいポイントや、選び方をご紹介します。

まずは現在設置の換気扇/レンジフードをチェック!

現在設置されている換気扇/レンジフードのタイプは?

システムキッチンのレンジフードや、キッチンの換気扇は、交換自体できないと思っている方も少なくないのですが、実はほとんどのものが交換可能です。
まずは、ご自宅のレンジフードがどのタイプか確認してみましょう!

タイプ 覆いがないタイプ 覆いがあるタイプ スリム型
覆いがないタイプ 覆いがあるタイプ スリム型

当社取扱いタイプ

特徴

扇風機の羽根のようなプロペラタイプの換気扇が壁に直接取り付けられていて、そのまわりに覆いがないタイプ。
通常、換気扇と呼ばれます。

ダイレクトに壁に取り付けられているため、外気の影響を受けやすいのが特徴です。

大きなフードのようなもので覆われたタイプ。このタイプのレンジフードはブーツ型と呼ばれています。

壁に直接取り付けられたプロペラタイプの換気扇を覆ったものや、シロッコファンと覆い部分がセットになったものがあります。

現在、交換時期を迎えているレンジフードの多くがこのタイプです。

現在の最新型レンジフード。見ためのスタイリッシュさや、お手入れ性の高い本体形状が特徴です。

お手入れが面倒なフィルターをなくしたノンフィルタータイプが主流です。

当店での交換可否 当社では、交換工事を
お受けしておりません。
当社にてスリム型へ交換が可能です
※細かい適合判断は、お見積りの際に行います。

レンジフード(換気扇)の横幅はどうする?

現在設置の換気扇/レンジフードの幅から、交換するレンジフードの幅を選びます。

交換するレンジフードの幅

現在国内で販売されているレンジフードは、横幅の規格が共通化されており、60cm、75cm、90cmの3つが標準サイズとなっています。横幅の違いによる機能の違いはありませんが、横幅が広がると本体価格が高くなります。

レンジフードは吊り戸棚と吊り戸棚の間や、吊り戸棚と壁の間に隙間なく設置されていることが多いため、幅の変更が難しく、交換の際は現状と同じ幅のものに交換するのが一般的です。そのため、新しいレンジフードの幅を決める場合は、現在設置されているレンジフードの幅を基準とします。

また、レンジフードの横幅は消防法上、使用する加熱器具(ガスコンロやIH)以上のものを設置する必要があります。例えば、天板75cmのガスコンロの場合、60cm幅のレンジフードは設置できません。60cm幅のガスコンロの場合には、60cm幅、75cm幅、90cm幅どのサイズも設置が可能です。

※当店では、現在設置されているレンジフードと同じ横幅のレンジフードへの交換のみお受けしており、横幅の変更はお受けしておりません。

レンジフードの横幅を確認したら、次に機能やお手入れ性を選びます

機能や特徴から選ぶ
掃除のしやすさで選ぶ
価格から選ぶ

メーカーごとの特徴は?

レンジフードのメーカーは、ガスコンロ系メーカーや、家電メーカー、キッチン系メーカーなどいくつかあります。ここでは、当社で取り扱っている3メーカーについての特徴をご紹介します。

リンナイ

リンナイのレンジフードはレンジフード国内最大手の富士工業(株)製の製品です。全て国内で生産されており、機種の種類が豊富でニーズの違いに応えられるバリエーションが揃っています。価格は全体的にやや高めです。

また、どの機種も24時間換気(常時換気)を搭載しています。

ハイグレードコンロとの組合せなど、ハイグレードラインが人気です。

全機種、本体に前幕板が付属しています。

当社取扱い機種
ノーリツ

ノーリツのレンジフードは、シンプル機能、かつスタイリッシュなデザインの製品です。

価格はお手頃で、3メーカーの中では一番コストパフォーマンスが良く、お値段を抑えたい場合などにオススメです。

また、24時間換気(常時換気)は搭載されておりません。

全機種、本体に前幕板が付属しています。

当社取扱い機種
パナソニック

パナソニックのレンジフードは、人気のエコナビ搭載機種をはじめ、機種バリエーションが豊富です。

一部の機種を除き、フィルターがついており、掃除のしやすさでは他2メーカーに劣ります。価格帯は高価格帯から低価格帯までカバーしています。

また、24時間換気(常時換気)は機種により搭載されているものがあります。

全機種、前幕板を別途購入する必要があります。

当社取扱い機種

本体色を選ぶ

レンジフード本体の色は、キッチンのイメージを左右する重要な部分。現在のキッチンの吊り戸棚やワークトップの色にあわせて選んだり、ガスコンロと色味を合わせたり、インテリアを選ぶように色を選ぶことが可能です。

本体色を選ぶ

当店で交換可能なレンジフードの本体色は、シルバー、ホワイト、ステンレス、ブラックの4色が基本の色となっており、機種により色のラインナップが異なります。レンジフードは本体色により価格が異なり、同機種の中で比較するとブラックが一番安価で、次にホワイト、シルバー、ステンレスの順に高くなります。色の違いによる性能や機能の違いはありません。

シルバーがベーシック色となっており、ブラックやホワイト、ステンレスは機種によってもともとラインナップされていないものもあります。

  機種 ブラック ホワイト シルバー ステンレス
リンナイ OGR × ×
XGR × ×
LGR × ×
TLR × ×
ノーリツ クララタッチ × ×
連動あり ×
連動なし × ×
パナソニック DWD × × ×
DED × × ×
HGC × × ×
HZC × × ×

ガスコンロとの連動機能で選ぶ

調理を始めて煙が出てから慌ててレンジフードのスイッチを入れたり、調理終了後に消し忘れてつけっぱなしにしてしまったりと、意外とうっかりが多いレンジフード。そんなうっかりをなくしたい場合には、連動機能付のレンジフードを選ぶのがオススメです。


ガスコンロとの連動機能

レンジフードの“連動”とはガスコンロとの連動を指します。ガスコンロの点火・消火に併せて、レンジフードのON・OFFが自動で行われる機能が一般的な連動機能です。レンジフードの連動機能を使うには、レンジフードと、ガスコンロのどちらも連動対応機種を設置する必要があります。レンジフード単体では、連動機能は使えません。

連動機能には赤外線信号が使用されており、メーカーによって赤外線の種類が異なります。ただし、ほとんどのメーカーが共通のものや互換性のある赤外線信号を使用しているので、メーカーが異なる場合でも、ON・OFFの基本的な連動機能は使用できる場合が多いです。

ただし、火力の大きさによって風量調節をするなどの細かい連動については、レンジフードとガスコンロのメーカーが異なる場合使用できないことがあります。そのため、連動機能を最大限に使用する場合には、メーカーを揃えて設置するのがオススメです。

  連動なし 連動あり
リンナイ TLR OGR XGR LGR
ノーリツ 連動なし クララタッチ 連動あり
パナソニック HZC DWD DED HGC
機能や特徴から選ぶ
掃除のしやすさで選ぶ
価格から選ぶ

掃除のしやすさで選ぶ(1) 「フィルターのあり、なし」

従来のレンジフードに多く設置されている”フィルター”は、掃除の手間を増やす存在でもあります。現在販売されているスリム型には、フィルターの無いものが多く人気があります。いつものお手入れでフィルター掃除が苦手という方は、ノンフィルタータイプがオススメです!

フィルターあり
フィルターあり

当社で取り扱っているスリム型レンジフードの中ではパナソニックの一部の機種のみがフィルターありのタイプとなります。

ただ、以前のブーツ型に多く使用されてるスロットフィルターとは異なり、付着した汚れが落ちやすくなるコーティングや、汚れが付きにくいコーティングが施されているのが特徴です。

ノンフィルタータイプに比べ、フィルターを洗う手間がかかります。

ノンフィルター(フィルターなし)
ノンフィルター(フィルターなし)

当社で取り扱っているスリム型レンジフードは、ほとんどがノンフィルタータイプです。

ノンフィルタータイプは、シロッコファンにダイレクトに油煙がぶつかり、遠心分離で汚れや油が捕集トレーに滴下する仕組みです。

そもそもフィルターがないため、フィルター掃除をする必要がなく、掃除の煩わしさが軽減します。

  フィルターあり ノンフィルター
(フィルターなし)
リンナイ OGR XGR LGR TLR
ノーリツ クララタッチ クララ
(連動あり/なし)
スリム型
(ベーシック)
パナソニック DED HGC HZC DWD

掃除のしやすさで選ぶ(2)「シロッコファン」

従来のレンジフードにも多く搭載されているシロッコファンは、簡単に取り外すことができずに汚れてもお手入れし辛かったのですが、現在販売されているスリム型に搭載されているシロッコファンは、ワンタッチで着脱できるものがほとんどです。さらには、シロッコファンの掃除をしなくても済むよう設計されているレンジフードもあり、シロッコファンのお手入れ方法の違いでレンジフードを選ぶことも可能です。

ワンタッチ着脱ファン
ワンタッチ着脱ファン

シロッコファンに着脱用のプッシュボタンがついており、ボタンを押すだけでファンを外すことができるタイプ。取り外して丸洗いすることが可能です。

当店で取り扱っているスリム型レンジフードはほとんどがこのタイプのファンを採用しています。

ファンを外さないタイプ
ファンを外さないタイプ

リンナイのOGRシリーズは、ファンの形状はシロッコファンですが、レンジフードの設計上、もともとシロッコファンを汚さない設計となっており、シロッコファン自体をお手入れする必要がないため、ファンを外せない仕様になっています。

ファンが本体内で洗えるタイプ
ファンが本体内で洗えるタイプ

パナソニックのDWDシリーズは、シロッコファン部分を自動洗浄できる機能が搭載されています。そのため、シロッコファン自体を外す必要がありません。

ファンのお手入れは本体に装着したまま行います。

  ワンタッチ
着脱ファン
ファンを
外さないタイプ
本体内で
洗えるタイプ
XGR LGR TLR OGR
ノーリツ クララタッチ 連動あり 連動なし
パナソニック DED HGC HZC DWD
機能や特徴から選ぶ
掃除のしやすさで選ぶ
価格から選ぶ

豊富なラインナップのリンナイやパナソニック、お手頃価格のノーリツと、当社でお取扱いの機種全ての価格比較です。グレードの違いからお選びいただけます。

ハイグレード リンナイ ノーリツ パナソニック
 
 
ミドルグレード リンナイ ノーリツ パナソニック
   
スタンダード リンナイ ノーリツ パナソニック

整流板について

現在販売されているスリム型はレンジフードの吸い込みをUPさせる整流板がついています。整流板の有無を選ぶことはできませんが、スリム型レンジフードの特徴として機能をご紹介します。


整流板

整流板は、レンジフードの吸い込みの効率を上げる重要な部品です。ファンが格納されている本体の下に隙間をつくるように取り付けられており、この隙間が、レンジフード内に勢いよく吸い込まれる空気の流れをつくります。

当店で取り扱っているスリム型レンジフードは全て整流板がついたタイプです。整流板は開け閉めすることができ、また、取り外してお手入れすることも可能です。汚れが付着しやすい部品ですので、簡単に取り外せるものがオススメです。

≫ レンジフードの整流板の働きについて、詳しくはこちら

運転時の音の大きさについて

スリム型レンジフードへの交換検討の際に気になるのが、レンジフード運転時の音。交換することで、現在設置しているレンジフードや換気扇とどれくらい変わるのか気になるところです。 機種や、取り付ける環境により音の大きさや、音の印象などが異なりますので、運転時の音の軽減を最優先に考えて交換を検討している場合には、ぜひ確認しておきたいポイントのひとつです。


下記は、メーカーが発表している機種毎の騒音指数(dB)の比較です。 実際には、交換後、現在のものと比べて静かと感じるケースも多くありますが、あまり変わらないケースもあります。

※取り付ける環境や音の感じ方によっても大きさの印象が変わります。参考程度にご参照ください。

下記数値はメーカーが発表している特性表の騒音(dB)部分の数値を抜粋して掲載しております。
リンナイ 機種 OGR XGR LGR TLR
風量
騒音
(db)
48 45 36 47 39 33 50 40 23 49 40 23
リンナイ 機種 連動あり 連動なし
風量
騒音
(db)
48 34 20 48 34 20
騒音指数(dB)の目安
50dB…エアコンの室外機
60dB…洗濯機使用時の音・トイレを流す音
※サンリフレプラザ調べ
リンナイ 機種 DWD DED HGC HZC
風量
騒音
(db)
39 32 27 42 35 26 45.5 34.5 18.5 45.5 34.5 18.5

※のついている数値は、電力周波数50Hzの場合の数値です。※の無いものは周波数による数値変動はありません。

関東・関西・東海・札幌・福岡地域にて
レンジフードの交換工事を承ります。

レンジフードのネット見積もりはこちら
レンジフード メーカー・シリーズ別商品一覧

レンジフード関連ページ