リンナイ人気レンジフード比較|掃除しやすさ徹底調査|リフォーム実績30万件の住宅設備工事専門店サンリフレプラザ【公式】

お問合せ無料お見積はこちら
お知らせ
日経新聞ライフスタイル情報誌に掲載されました >
最新レンジフードはここまで進化を遂げています!リンナイOGR・XGRお掃除しやすさ徹底調査
最新レンジフードの中でも、人気のリンナイOGRシリーズとXGRシリーズの清掃性をサンリフレプラザ目線で徹底調査!独自の実験結果や、製造元である富士工業による実験レポートなど、他では見られない内容が盛りだくさんです。レンジフードの掃除が面倒と感じている方にこそ、ぜひご覧いただきたい特集ページです。
従来型は掃除に時間も手間もかかります
従来品レンジフード
現在多くのご家庭に普及している「ブーツ型」と呼ばれるレンジフードはキッチンの中でも掃除が大変な機器。汚れを落とすのが大変なだけでなく、高い所に位置するレンジフードはお手入れそのものがし辛い機器でもあります。

フード本体やファンについてしまった頑固な油汚れや、フィルターの細かい隙間に入り込んだ汚れをキレイに落とすのは時間も体力もいるものです。また、自分で徹底的にお掃除をしようとすると、レンジフードの分解から始めなくてはならない機種も多く、せっかくキレイになっても戻すのに時間がかかるというケースも多くあります。

最近では、プロにお願いするレンジフードクリーニングも流行っていますが、おおよそ2万円程度が相場で、頻繁にお願いするにはかなりのコストがかかってしまいます。
最新レンジフードが“掃除の手間”を減らす!
最新レンジフード
リンナイのレンジフードは、レンジフードの専業メーカー富士工業が製造しています。富士工業は40年以上にわたりレンジフードの企画・開発、OEM供給による販売を行う老舗メーカー。いわばレンジフード製造のプロとも言える会社です。この富士工業が製造するリンナイレンジフードOGRとXGRは、どこよりも「掃除の手間を減らす」ことを追求し、長年培ってきた経験と知恵と技術と、度重なる研究実験を重ねて完成させたレンジフードです。

「お手入れが面倒!」「掃除の手間を減らしたい!」とご検討のお客様は断然リンナイレンジフードがオススメです。

富士工業工場見学レポートはこちら 

ハイグレード機種OGR・XGRは掃除の手間が違います!
OGR
"汚さない"仕組みだから、
ファンや内部のお手入れはしなくてOK
OGRシリーズ
内部を"汚さない"という新発想から生まれた最上位機種のOGRシリーズは、シロッコファンなどの内部のお掃除を不要にしたレンジフード。秘密は、整流板を開けると見える、オイルスマッシャーディスクにあります。

このディスクが高速回転することで、レンジフードが吸い込む油汚れの約90%を捕集し、本体内部への油の侵入を防ぎます。そのため、シロッコファンなど内部のお手入れは不要です。

取り外してお手入れできる部品
XGR
掃除が面倒だったフィルターをなくした
ノンフィルタータイプ
XGRシリーズ
従来型のレンジフードには、必ず目の細かいフィルターが付いていました。そのフィルターにレンジフードで吸い込んだ油煙などの約4割もの汚れがついていたのです。そのため、掃除に時間がかかっていました。

XGRは掃除の手間がかかるフィルターを排除したノンフィルタータイプ。面倒なフィルタ掃除をする必要がありません。シロッコファンで油汚れをしっかりキャッチし遠心力で分離、オイルトレーに溜まる仕組みです。
取り外してお手入れできる部品

拭き掃除しやすい一体型形状

OGR、XGRともに整流板の表側はフラットで拭きやすい形状です。さらに、整流板を開けると、内側は凹凸や継ぎ目のない一体パネルになっています。ここに継ぎ目があったり、大きな溝があると、その部分に油汚れが溜まり、拭き掃除の手間が増えてしまいます。また、角も丸みを帯びており、汚れをさっと拭くことができます。

整流板の内側の形状は、拭き掃除のしやすさ、汚れの取れやすさに関わる重要な部分。形状を工夫することで、汚れを溜めないレンジフードを可能にしました。
OGR
OGR
  • OGR
  • OGR
XGR
XGR
  • XGR
  • XGR

掃除を格段に楽にする独自の特殊塗装

OGRとXGRには、掃除の手間を軽減するため3つのオリジナル塗装を施しています。金属に色をつけるための塗装だけでは油汚れが付着し、落としにくくなってしまいますが、これらの特殊塗装を施すことにより、油のこびりつきを抑え、レンジフードのお手入れが格段に楽になります。
3つのオリジナル塗装
  • OGR
  • XGR
ココに使われています!
シロッコファン
シロッコファン

ファンに付着した油
※1
ファンに付着した油が瞬時にはじかれ、下に流れ落ちています。ファンの羽根部分にはほとんど油が残っておらず、流れ落ちて下に溜まっています。
  • OGR
  • XGR
ココに使われています!
オイルガード、オイルトレー、一体クリーンパネル、整流板
左上から、
オイルガード、オイルトレー、一体クリーンパネル、整流板

整流板の油
※1
整流板に直接吹きかけた油がまだら模様のようにはじかれ、浮き上がっています。この後キッチンペーパーで拭き取るだけで、油が簡単に取れました。
  • OGR
ココに使われています!
オイルスマッシャーディスク
オイルスマッシャーディスク

付着した油を簡単に水洗いすることが可能
親水性塗装をほどこしたオイルスマッシャーディスクは、付着した油を簡単に水洗いすることが可能です。
※1 実験のため、ファンや整流板に直接油を付着させており、実際の使用状況とは異なります。

汚れにくく洗いやすいシロッコファン

簡単に取り外せて洗えるXGRのシロッコファンには、細部にまでお手入れしやすい工夫が詰まっています。シロッコファン自体の塗装や形状が変わるだけで、面倒だったお手入れがグンと楽になります。
OGRはそもそも内部を汚さない設計なので、シロッコファンはお手入れいらずです。
XGR

ハイパークリーン塗装が油をはじく

ハイパークリーン塗装が油をはじく
※1
金属に色をつけるための塗装だけでは、油がファンに付着した時にこびりつきやすく、ファン自体に油汚れが付着してしまいます。

XGRのシロッコファンは、金属部分に、油の付着を強力にガードするハイパークリーン塗装を施しているため、ファン自体への油汚れの付着を防いでくれます。さらにファンでキャッチした油が、ファンからダイレクトにベルマウス一体型オイルトレーに滴下する構造です。

※ハイパークリーン塗装自体はOGRのシロッコファンにも施されています。
※1 実験のため、ファンや整流板に直接油を付着させており、実際の使用状況とは異なります。
XGR

ボタンを押すだけのワンタッチ着脱

ボタンを押すだけのワンタッチ着脱
これまでのブーツ型に装着されているシロッコファンはネジなどを外してファンを取り外さなくてはならないものが多かったのですが、XGRのシロッコファンはボタンを押すだけのワンタッチ着脱。

また、ボタンは押しやすく、高い位置でも着脱作業がしやすくなっています。またファンの重さは730g。片手で操作できる重さです。
XGR

洗う時の安全性まで配慮した、羽根の形状

洗う時の安全性まで配慮した、羽根の形状く
レンジフードのお手入れの際は、手袋を着用してのお手入れが必須ですが、さらに安全性に配慮し、シロッコファンの羽根1つ1つの端をヘミング加工という独自の加工で折り曲げる処理を施しています。
つるんとした面が羽根の端になるので、あたりがやわらかく引っ掛かりなどがありません。他社にはない、使う側の立場にたったリンナイならではのひと工夫です。
レンジフード内部のお手入れをなくした、OGRオイルスマッシャー実験レポート
OGR
一般的なブーツ型レンジフードは、目の細かいフィルターに油を付着させ油を捕集する仕組みのため、フィルターが汚れ、そのフィルターの掃除に多くの手間と時間がかかっていました。

また、そのフィルターで捕集できる油は約4割と低く、フィルターを通り抜けた油は、ファンやレンジフードの内部に付着します。これまでのレンジフードは、油がこびりついたフィルターに、汚れたシロッコファン、さらにはシロッコファンの周りも掃除する必要がありました。

OGRは、オイルスマッシャーディスクという、高速回転するディスクを、整流板の中に設け、油汚れの約9割を捕集し、内部に油汚れを送りこまないように設計されています。そのOGRの実力を実験結果と共にご紹介します。

※リンナイレンジフードの製造元である富士工業さんの工場見学 にお邪魔した際、実際に見せていただいた実験レポートです。
実験内容詳細
半年間清掃せずにOGRシリーズを使用したと仮定し、半年使用分の油煙にみたてたミスト状の油をレンジフードに吸い込ませ、油がどの程度付着するかの実験です。実験では、1分間に2.4gもの油を吸い込んでいます。
※油は実験用に赤く着色してあります。
オイルスマッシャーディスク
まずはこちらが、半年間掃除なしで使用したオイルスマッシャーディスクです。ディスクにはほとんど油汚れの付着がありません。
オイルスマッシャーディスクで約90%の油を捕集しますが、その油がどこに行ったかというと・・。

※ディスクにホコリが付着していると、ホコリに油が凝着することがございます。

オイルスマッシャーで捕集された油汚れ
オイルスマッシャーで捕集された油汚れは、オイルガードにしっかりと溜まっているのがわかります。
また、整流板の裏側にも油汚れが溜まっています。
※油は赤く着色しています。
シロッコファンや取り付け金具
OGRの設計上、通常は取り外すことのない、シロッコファンや取り付け金具など、レンジフード内部の部品です。実験のため、特別に見せていただきました。
"内部を汚さない"という新発想のOGR内部の部品には、半年間掃除なしで使用しても、油汚れはほとんど見当たりませんでした。
実験を見ての感想
実験では、OGRに搭載されたオイルシャマッシャーディスクは、想像以上に油汚れを付着させずに、設計通りしっかりとオイルガードに油を誘導していました。OGRの仕組みは知っていたものの、この実験結果に見学者一同驚きを隠せませんでした。

また、オイルスマッシャーディスクは、見た目だけだとフィルターのようにも見えますが、従来のフィルターとは働きが全く異なっていて、まさに「似て非なるもの」でした。

最新のレンジフードは、ここまで進化を遂げているのか!と感動を覚えながら、これならレンジフードの掃除の手間を断然減らすことができる!と確信しました。レンジフードの掃除を楽にしたいとお考えの方にこそ、リンナイOGRをオススメしたいです。

関東・関西・東海・札幌・福岡地域にて
レンジフードの交換工事を承ります。

レンジフードのネット見積もりはこちら
レンジフード メーカー・シリーズ別商品一覧

レンジフード関連ページ