食洗機のフロントオープンとスライドオープンを徹底比較|リフォーム実績30万件の住宅設備工事専門店サンリフレプラザ【公式】

お問合せ無料お見積はこちら
ご利用ガイド
カート
お知らせ
日経新聞ライフスタイル情報誌に掲載されました >
home > ビルトイン食洗機(食器洗い乾燥機) > フロントオープンとスライドオープンを徹底比較

フロントオープンとスライドオープンを徹底比較

ビルトイン食洗機買替えの方から根強い人気のある、扉を倒して開けるフロントオープンタイプと、最近の主流で、引出しのように手前に引いて開けるスライドオープンタイプの、それぞれの特徴をまとめ、比較しました。

フロントオープンとスライドオープンのメリット・デメリット

フロントオープン
フロントオープン
メリット

・上下2段それぞれスライドするため、食器をセットしやすい。

・下の段からも食器を取り出しやすい。

デメリット

・下段カゴが低い位置にあるため、食器の出し入れに腰を屈める必要がある。腰に負担がかかる。

・さっと洗い流した後の水滴が食器を収納するときに床に落ちる。

・ジェルタイプの洗剤は使えない。

・食洗機下部に収納キャビネットの設置ができない。

スライドオープン
フロントオープン
メリット

・食器の出し入れが楽。

・ジェルタイプの洗剤が使える

・最新機能を搭載した商品が多い
NP-45MD7SRKW-402LP-STなど

・下部に収納を設置することも可能

・フロントオープンに比べ節水型

デメリット

・庫内容積が小さい

・食器を下から入れていく必要があり、コツがいる

フロントオープンとスライドオープンの比較

66L ※1 庫内容積 60L ※2
56点 約8人分 ※1 収納食器容量 44点 約6人分 ※2
約12L ※1
(節水コースの場合は約8.2L)
標準使用水量 約9L ※2
(エコナビ運転の場合は7.5L)
約41.0円 ※1 1回あたりの
標準運転経費
約26.7円 ※2
粉末タイプ
タブレットタイプ
使用できる
洗剤
粉末タイプ
ジェルタイプ
タブレットタイプ
※1 リンナイのカタログに記載の値です。
※2 パナソニックのカタログに記載の値です。

売れ筋機種の比較

フロントオープン スライドオープン
リンナイ
RSW-F402C-SV
パナソニック
NP-45MD7S
パナソニック
NP-45MS7S
リンナイ
RKW-404LP
庫内容積
約66L 約60L 約40L 約41L
収納食器容量
56点 約8人分 44点 約6人分 40点 約5人分 37点 約5人分
標準使用水量
約12L 約9L 約8L 約10L
最大消費電力
930W(50Hz)
970W(60Hz)
875W(50Hz)
900W(60Hz)
875W(50Hz)
900W(60Hz)
865W(50Hz)
885W(60Hz)
1回あたりの標準運転経費
約41.0円 約26.7円 約21.6円 約27.6円
※ パナソニック・リンナイのカタログに記載の値です。
フロントオープンタイプとスライドオープンタイプのそれぞれにメリット・デメリットがございます。ご家族の人数や食器点数、現在のご使用状況などを踏まえてご検討ください。

ビルトイン食洗機関連記事