ガスコンロとIHクッキングヒーター(IHコンロ)の違いを徹底比較

やっぱりガス?それとも電気?うちのコンロを変えるならどちらがいいの?
IH調理画像
ビルトインコンロやIHクッキングヒーターといったキッチンの調理設備の交換を思い立ったら、ビルトインコンロとIHの比較検討をされる方も多いのでは?

今と同じビルトインコンロからビルトインコンロにするか、IHクッキングヒーターからIHにするか、それともビルトインコンロからIH、その逆?といったように、せっかく交換するなら、どのような機器にするのか、悩みどころですね。

ビルトインコンロとIH、どちらがわが家に向いているのかは、そのご家庭の設備やお料理スタイルに左右されるところも大きいのです。

そこで、調理設備の買い替ご検討のお客様に、ビルトインコンロと、IHクッキングヒーターの特徴をずばり説明いたします!
疑問にズバリお答えします!
ビルトインコンロ
IHクッキングヒーター

機器について

以前は、ビルトインコンロとIHクッキングヒーターには外観や機能などに開きがあるイメージでしたが、昨今のビルトインコンロは大きく進化しています。そこで、ビルトインコンロとIH、それぞれの商品特徴をご説明します。

手持ちの鍋や土鍋がそのまま使える

ガスは使用する鍋を選ばないので、ビルトインコンロを替えたからといって、鍋を替える必要はありません。もちろん土鍋も使えるので、鍋焚きのご飯を楽しむこともできます。
土鍋が使用できる

基本は鉄・ステンレスの鍋で料理

IHは、電磁誘導加熱といって、磁力で金属鍋の底を加熱する仕組みです。そのため、調理には鉄・ステンレスの鍋を使います。オールメタルといい、金属製鍋全般に対応できるものもありますので、お手持ちの鍋を引き続き使うならオールメタルの機種を検討しましょう。残念ながら、IHに対応していない土鍋やガラス鍋を使っての調理はできません。
鉄鍋、ステンレス鍋の仕様が基本。土鍋は使用できません
炎が見えるので、火力がわかりやすい
ガスは炎が見えるので、炎を見ながら火力調整ができます。火力の強弱で、食材の加熱状況も同時にわかるので、見た感じといった感覚でも料理ができます。

炎が視認できるため、火力が分かりやすい

加熱状況は液晶表示で確認、立ったまま調理状況を見られます
IHは、炎がでないので加熱状況は天板の液晶で確認します。上から加熱状況が見られますので、らくな姿勢で調理できます。

過熱状況は詠唱表示で確認します

袖のもらい火や、お子さまのいたずらに注意

ガスは炎をつかうので、洋服の袖のへのもらい火や、お子様のいたずらなどのうっかり火災がちょっと心配。でも最近のビルトインコンロはすべてSiセンサーコンロなので油の加熱しすぎによる火災の発生や、鍋の焦げ付き防止など、安全機能が充実しています。

炎が出ず、服の袖のもらい火の心配がありません

電気で磁力を起こし、鍋底をジュール熱で温めての調理なので、調理中の袖のもらい火の心配がありません。ただし、調理後の天板は、鍋底と接していた部分が高温になっていますので、やけどには十分にご注意下さい。

ガラストップ天板とコンパクトなゴトクで、お手入れもラクラク

ビルトインコンロの天板も、しばらく前とは様変わりして、主流はIHと同じガラストップ天板。焦げ付きにくく、さっと拭くだけで汚れがとれるようになっています。ごとくもコンパクトになり、食洗機でも洗えるので、お手入れ性能がぐっと向上しています!

ガラストップ天板とコンパクトなごとくでお手入れが楽

フルフラットなガラストップ天板で、
見た目もスッキリ

IHには鍋を支えるためのごとくがありません。フルフラットなガラス天板は、見た目もすっきり、調理中にもいろいろなものをおけるなど、キッチンをひろびろ使うことができます。お手入れもフラットな天板をさっとひと拭きで終了です。

フルフラットなガラストップ天板

商品販売価格は3~17万円台※当社販売価格

地震で自動でガスを遮断する感震停止機能や、火力のわかる液晶表示、オートグリルなど充実の機能に加えて、ザ・ココットや、調理プレートなど、付属品もついたビルトインコンロが15万円台。美しい見た目も魅力です。
リンナイ デリシア3V乾電池タイプ
54
% OFF!!
RHS31W31E14RCSTW

ガラストップ:
アローズホワイト
前面パネル:ステンレス
ゴトク:ピュアステンレス

メーカー希望小売価格
345,400
円(税込)
(税抜
314,000
円)
特価
158,884
円(税込)
商品詳細

商品販売価格は4~21万円台※当社販売価格

底の平らな全ての金属性鍋がつかえるオールメタルのヒーター付きの機種から、ラジエントヒーター付きの4万円台の低価格帯の機種まで幅広いラインナップがあります。おすすめはパナソニックの最上位、Aシリーズです。
パナソニックハイグレード Aシリーズ
55
% OFF!!
KZ-AN36S

天板:
シルバー
前面パネル:シルバー

メーカー希望小売価格
390,500
円(税込)
(税抜
355,000
円)
特価
175,725
円(税込)
商品詳細

工事について

ビルトインコンロと、IHクッキングヒーター、それぞれの交換はどのような工事になるのかまずご説明します。工事費があまりかからなくて済むのは、ビルトインコンロからビルトインコンロ、IHからIHという、同じ種類の設備同士での交換です。
ビルトインコンロからビルトインコンロへの交換コンロ商品代金+交換工事費(
22,000
円/税込)

ビルトインコンロからビルトインコンロへの交換

施工事例へ >

ガスの配管などはそのまま利用するので、設置条件があえば交換が容易なのが、ビルトインコンロからビルトインコンロへの交換です。工事費も標準の工事費で対応できます。
※一部キッチンカウンターの高さや、オーブンの有無で部品代、撤去費などが必要になる場合があります。
IHからIHへの交換IH商品代金+交換工事費(
16,500
円/税込)

IHクッキングヒーターからIHクッキングヒーターへの交換

施工事例へ >

IH用の電源設備などは、そのまま利用できるので、設置条件があえば交換が容易なのが、IHからIHへの交換です。工事費も標準の工事費で対応できます。

IHからビルトインコンロへの交換コンロ商品代金+交換工事費(別途見積り)

IHクッキングヒーターからビルトインコンロへの交換

施工事例へ >

IHクッキングヒーターから、ビルトインコンロへ交換する場合は、ガスの配管の準備が必要です。オール電化住宅や、設計当初からガスの配管がキッチンに配管されていない場合は、ガスをひくための大がかりな配管工事が必要となりますので、工事費も高額となり、あまりおすすめできません。尚、以前キッチンでビルトインコンロを使用していて、IHに交換し、再びビルトインコンロに戻す、という場合なら、閉栓してあるビルトインコンロの配管を開栓すればよいので、ビルトインコンロ設置の標準の工事費の範囲で対応が可能な場合もあります。

ビルトインコンロからIHへの交換IH商品代金+交換工事費(51,700円/税込)

ビルトインコンロからIHクッキングヒーターへの交換

施工事例へ >

ビルトインコンロからIHに交換する場合は、電気で動くIHのために、専用の電源設備の準備が必要です。IHは200Vの専用の電源を必要とするものが多く、一般的なキッチンに配線されている100Vの電源では電力が不足してしまいます。そのため、ビルトインコンロからIHにする場合には、専用の電源を確保するため、建物の中のブレーカーからキッチンまで配線を行う場合がほとんどです。交換費用以外に、電源の配線費用が必要となる場合がほとんどなので、ビルトインコンロからIHへの交換は、ビルトインコンロからビルトインコンロへの交換よりも工事費が必要です。

※上記費用は基本工事費+ガス閉栓費+専用回路配線費の合計です

当社イチオシ!最高峰の1台なら、Panasonic Aシリーズ レビュー高評価

ビルトインコンロは火事になるから危険?IHは炎が出ないから安全?⇒最新のビルトインコンロはSiセンサー機能付き。火災の危険がぐっと下がっています。

Siセンサーの機能について

ノーリツ調べ(2019年3月時点)

火を使うビルトインコンロ=危険、IH=安全と捉えられがちですが、一概にそうとも言えません。

例えばIHではヒーターが直接熱くならないと思ってしまいますが、調理直後は鍋から伝わった熱で鍋や天板が高温になっています。そこで、IHは「熱くない」とおもってうっかり触ってしまい火傷をしてしまうケースなどがあるようです。

一方、火を使うため、少し危険なイメージがあるガスコンロですが、当社で取り扱っているすべてのビルトインコンロは、Siセンサーコンロといって、全てのバーナーにセンサーがついており、揚げ油が発火する前に鍋底の温度を感知して自動消火して、火災を防ぐのはもちろんのこと、消し忘れ時の自動消火や、煮こぼれや風で火が消えた場合に自動でガスを止める機能などを、すべての機種に搭載しています。

だから、ビルトインコンロもIHクッキングヒーターも、安全性には十分配慮されているのです。

大きな「ごとく」に、焦げ付きがとれにくい天板…ビルトインコンロはお手入れが大変?⇒ビルトインコンロもIHクッキングヒーターもお手入れの簡単な「ガラストップ天板」が人気!

IHはゴトクがなく全てがフラット。汚れたらサッと拭くだけでお手入れが簡単です。 とはいえ、ガラスの天板の上に直接鍋を乗せるので、ヒーター部の焼きつきなどもあり、まったく手がかからないというわけではありません。 ビルトインコンロは「ごとく」があったりバーナーがあったり、IHに比べるとお手入れのしやすさやすっきり感といった見た目は少し劣りますが、 従来のものに比べるとかなり様変わりしています。

以前あった「汁受け」のような凹凸をなくしフラットになったガラス天板は、見た目もすっきり、煮こぼれなどもサッと拭きとれます。 素材もガラストップやホーローなど、ご予算や機能でお選びいただけます。 そしてゴトクも現在はコンパクト。煮こぼれなどがついてしまっても、簡単に取り外して洗えます。 食洗機をお持ちなら、ほとんどのパーツが食洗機で洗えるサイズです。

また、機種により天板に汚れが付きにくい加工や、汚れが落としやすい工夫がされていて、ガスコンロのお手入れ性能もなかなか侮れません。天板のお手入れのしやすさは、ビルトインコンロもIHも大きな差がなくなっています。

ガラストップ天板はゴトクを外してさっと拭くだけ

ビルトインコンロもIHも進化中!!⇒タイマーにオートグリル、料理がお手軽で、楽しくなる機能が満載!

料理がラクになる機能が満載

IHは、揚げ物やフライパンの温度設定ができて、ホットケーキやハンバーグなど、 温度調節が必要な料理が得意で、タイマーもついているから、料理の時間設定もらくちんで、自動的に料理ができるメニューも充実。

それに対して、ビルトインコンロは炎の強弱ができるだけで、あとはすべて手動で料理しなければならない、というのはもう以前のお話。 Siセンサーコンロになり、すべてのバーナーにセンサーが搭載されている最近の ビルトインコンロは、ほしかった機能がたくさん搭載されています。

ベーシックな機種でも、湯沸かし機能や、炊飯機能が搭載されていて、ミドルグレード になると、10度刻みでの揚げ物の温度設定ができたり、切り身や干物、姿焼など魚 の形を設定するだけで、自動的に焼き魚ができるオートグリル、コンロにもグリル にもタイマーが設定できるなど、料理が便利になる機能が搭載されています。

さらにハイグレード機種になると、音声での案内や、液晶表示での火力表示など、 機能的にはIHと変わらない機能が装備されている機種もあります。機種のグレードや、 天板やごとくの素材や色もバリエーションに富んでいます。

機能的にもほとんど差がないビルトインコンロとIH、グレードや天板色などをじっくり検討 できる機種が、どちらも豊富に揃っています。

ビルトインコンロとIHの比較、いかがでしたか?
いろいろ見比べて、ご自宅にぴったりのビルトインコンロやIHをお選びください!

ビルトインコンロ
交換をご検討のお客様
IHクッキングヒーター
交換をご検討のお客様

IHコンロを知る

IHクッキングヒーター・IHコンロ 人気ページ