IHクッキングヒーターで使用できる鍋【サンリフレプラザ】

お問合せ無料お見積はこちら
ご利用ガイド
カート
休業日のお知らせ
ゴールデンウィーク期間中の休業日のお知らせ >
home > IHクッキングヒーター > 電気代と節電豆知識

IHクッキングヒーターで使用できる鍋

SGマークのある鍋・メーカー推奨鍋がおすすめ

新しくIHクッキングヒーター対応の鍋やフライパン・やかんを購入するときは、一般財団法人「製品安全協会」が認定したSGマーク「SIH」「SCH-IH」のある鍋、またはIHクッキングヒーターの各メーカーより販売されているメーカー推奨の鍋をおすすめ致します。

SGマークのない鍋は、「IHクッキングヒーターで使える」と表示されていても、火力が弱かったり、火力が伝わらない場合があります。

SGマークとは

SGマーク「SIH」「SCH-IH」のある鍋、または各メーカーより販売されているメーカー推奨の鍋をおすすめ致します。
SGマークのない鍋は、「IHクッキングヒーターで使える」と表示されていても、火力が弱かったり、火力が伝わらない場合があります。

材質別のIHクッキングヒーターで使える鍋

IHクッキングヒーターは、電磁力で鍋が温まることによって、食材を加熱します。そのため、金属・非金属、磁石に付く・付かないによって、加熱できるヒーターが異なります。

ここでは鍋の材質別で、IHクッキングヒーターで加熱できる鍋か、できない鍋かをご紹介致します。

※揚げ物の際は、専用鍋が必要なメーカーもございます。火災の原因にもなりますので、天ぷら鍋など揚げ物の際に使用する鍋は、取扱説明書などをよく読み、ご用意下さい。

鍋の種類 IHヒーター(鉄・ステンレス) オールメタル ラジエント
鉄・鉄鋳物・鉄ホーロー
18-0ステンレス鍋底に磁石がよく付くもの
18-8/18-10 ステンレス鍋底に磁石がつかないもの
※鍋の種類によっては、火力が弱くなったり、加熱できないものがあります
※鍋の種類によっては、火力が弱くなります
多層鍋鍋底に磁石がつくもの(多層で間に鉄をはさんでいるものや、底が18-0ステンレスのもの)
※鍋の種類によっては、火力が弱くなったり、加熱できないものがあります
※鍋の種類によっては、火力が弱くなります
多層鍋鍋底に磁石がつかないもの
×
※アルミ・銅鍋などは最大火力制限があります。
銅・アルミ
×
※アルミ・銅鍋などは最大火力制限があります。
土鍋
×
※IHで使えると書いてあっても、使用しないことをおすすめします。
×
※IHで使えると書いてあっても、使用しないことをおすすめします。
※脚のある土鍋は加熱できません。
耐熱ガラス
×
×
※超耐熱ガラス以外は使えません
鍋の種類 IHヒーター(鉄・ステンレス) オールメタル ラジエント

※土鍋を使っている時に天板を傷つけたり、万が一IHクッキングヒーターが故障した際に、メーカーメンテナンスで対応してもらえない場合があります。IH対応土鍋であっても使用を控えることをおすすめ致します。

オールメタル対応ヒーター・ラジエントヒーターについて詳しくは下記のページをご覧ください。

形状別のIHクッキングヒーターで使える鍋

IHクッキングヒーターでは、ヒーターに接する面積の少ない形状の鍋は、鍋自体が温まらず使用できません。

また、底が小さすぎる鍋、逆に大きすぎる鍋、軽すぎる鍋ややかんは使えないなどの制限があります。使用できる鍋底の直径は、メーカーや機種によって異なりますのでご注意下さい。

鍋の形状 IHヒーター(鉄・ステンレス) オールメタル ラジエント
底が平らな鍋
底に反りがある鍋 ×※反りが3mm以下の場合使用できます。 ×※反りが2mm以下の場合使用できます。 ×
底に脚がある鍋
×
×
×
底が丸い鍋
×
×
×
鍋の種類 IHヒーター(鉄・ステンレス) オールメタル ラジエント
メーカーや機種によって、加熱できる鍋やフライパンが異なる場合がございます。また、揚げ物の際は専用鍋が必要な場合がございます。
詳しくは、IHクッキングヒーターメーカーの鍋・フライパン・やかんの紹介ページをご覧ください。
パナソニック
三菱電機
日立

IHクッキングヒーター関連記事

IHクッキングヒーター実機操作・調理レポート