トイレ床の内装リフォーム|クッションフロアの選び方・張り替え費用

床クッションフロアと壁紙クロスのトイレリフォーム内装工事|床や壁紙の張替え
トイレ床のリフォームでおしゃれな空間に様変わり|クッションフロア張り替え

クッションフロアとは、塩化ビニール系素材に表面プリントされたクッション性のある床材です。耐水性に優れ、水が浸み込まない構造のため、掃除やお手入れがしやすいという特長があります。水跳ねが発生しやすいトイレ・洗面所・キッチンなどの床材として広く使われており、交換できるくんでもトイレ床の張り替えは、クッションフロア素材のみ対応しています。※トイレ交換のオプション工事となります。

トイレ床材は水に強く、コスパの高い「クッションフロア」にて張り替え

クッションフロア フロアタイル フローリング
使用イメージ クッションフロアの使用例|トイレの床材などにクッションフロアの画像例|ロール状でクッション性が高く、水回りに強い素材 フロアタイルの使用例|洗面所(脱衣所)や浴室(お風呂)の床材などにフロアタイルの画像例|ピース状で傷がつきにくく、耐久性のある素材 フローリングの使用例|洋室リビング、廊下、寝室の床材などにフローリングの画像例|高級感があり、木本来の温かみがある素材
素材 塩化ビニール素材 塩化ビニール素材 天然木、合板
特徴

・ロール状で弾力性がある

・柔らかく、衝撃を吸収しやすい

・水に強く、汚れを拭き取りやすい

・アンモニア成分や掃除洗剤に強い

・簡単に張り替えできる

・ピース状で継ぎ目がある

・堅く、耐久性がある

・質感がよりフローリングに近い

・水に強く、汚れを拭き取りやすい

・アンモニア成分や掃除洗剤に強い

・高級感がある

・木本来の温かみや色合いがある

・柄やパターンの種類は少なく、木材や木目へこだわりがある方におすすめ

・水に弱く、黒ずみや腐食が発生する

シーン例 トイレ、洗面所、キッチン トイレ、洗面所、浴室 リビング、廊下、寝室
費用

トイレ床リフォーム張替えオプション費用

トイレ床のサイズ幅180cm×
奥行180cmまで
ベーシック壁紙クロスのリフォーム費用
トイレ床のサイズ例
0.4坪
幅 約78cm
奥行 約120cm
0.5坪
幅 約80cm
奥行 約170cm
1坪
幅 約169cm
奥行 約169cm
14,850

(税込・CF代含む)

ソフト巾木は無料で交換します

トイレ床のサイズ幅180cm×
奥行180cm以上
ベーシック壁紙クロスのリフォーム費用
トイレ床のサイズ例
0.75坪
幅 約120cm
奥行 約180cm
1.5坪
幅 約260cm
奥行 約202cm
24,200

(税込・CF代含む)

ソフト巾木は無料で交換します

巾木(はばき)とは?

壁と床との境目となる壁の最下部に取り付ける細長い板で、汚れや破損から壁の下部を保護する役割をします。

巾木には木製とビニール製(ソフト巾木)があり、ソフト巾木の場合はクッションフロアがソフト巾木の下に入り込んで張られているため、クッションフロアと同時にソフト巾木も交換する必要があります。(木製の巾木の場合は交換する必要はありません)

ソフト巾木は無料で交換

巾木(はばき)とは?
床下点検口とは?

床下のメンテナンスのための点検口です。

人が出入りできるほどの大きさで、トイレ、洗面所、台所など排水・配管接続が多い部分に設けられていることが多いです。

オプション費用 +
5,500
円(税込)
床下点検口とは?

トイレ便器の交換と同時に床の張替えをおすすめする理由

床は壁や天井などと比べて臭いや汚れが付着しやすく、交換前の便器にあった設置痕が残っているケースがあります。

「最新のトイレに交換したのに、床が変色して見える…」ということのないよう、トイレ交換と同時でのクッションフロアの張り替えをおすすめしています。

古いトイレの設置痕や洗面ボウル・タンクの跡がついている例|便器を交換した時に床や壁紙などの内装リフォームもセットで行うのがおすすめ

また、きれいに床クッションフロアを張り替えるには、便器本体を一度取り外す必要があり、美しさの面でもトイレ交換と同時のタイミングで内装リフォームを行うのがベストです。

クッションフロアの選び方とトイレリフォーム事例のご紹介

壁紙・床材の内装メーカーである株式会社サンゲツの住宅用床材カタログ「H-FLOOR 2020-2022」の、「HM-」で始まる品番の床材の中からお選びいただけます。

内装メーカー「サンゲツ」のトイレ床材カタログH-FLOOR|クッションフロアの選び方

サンゲツ H-FLOOR デジタルカタログはこちら

※品番表記について
HM-10000番台は、2020年9月からの新品番です。HM-4000番台の品番は旧品番です。

※その他のメーカー取り寄せについて
サンゲツ以外のメーカーもお取り寄せ可能です。ご希望の場合は、お見積りフォームの「その他 ご質問など」の覧にメーカー・シリーズ名・品番をご記入ください。お選びいただいたクッションフロアによっては上記工事費とは別に追加費用が掛かる場合がございます。

ポイント1

床材の柄やパターンから選ぶ

クッションフロアは色やデザインの種類が豊富に揃っているのも魅力の1つです。木目調や石目調などのシンプルなものから、大理石調の高級感があるデザインまで、おすすめの床柄をご紹介します。

ストーン(石目調)柄のおすすめクッションフロア

1.焼きムラと色合いをリアルに表現!テラコッタ調で北欧風のおしゃれな空間に変身
テラコッタはホワイト系のトイレや壁紙クロスと相性がよく、北欧を思わせるナチュラルでおしゃれな雰囲気を作り出してくれます。
シンプル、ファンシーな空間にもよくあいますので、迷った時にはテラコッタがおすすめです。
ストーン調テラコッタ柄のトイレ床クッションフロア|ブラウン系カラー|HM-10117

HM-10117
(HM-4112)
テラコッタ

ストーン調テラコッタ柄のトイレ床とTOTOレストパル便器を組み合わせたリフォーム事例

TOTO
レストパル

ストーン調テラコッタ柄のトイレ床とTOTOネオレストRH1便器を組み合わせたリフォーム事例

TOTO
ネオレストRH1

ストーン調テラコッタ柄のトイレ床とTOTOネオレストRH1便器を組み合わせたリフォーム事例

TOTO
ネオレストRH1

2.清潔感のあるホワイトなマーブル柄は周辺の色にも合わせやすい!
ストーンのクッションフロアは、モノトーンの大理石柄が落ち着いた上質な空間を思わせてくれます。濃いめのブラウン・ブラックの巾木やドアに合わせるとシックな印象に、白やナチュラルな淡い色と合わせるとシンプルな印象になり、トイレ空間に馴染みやすいです。
ストーン調マーブル柄のトイレ床クッションフロア|ホワイト系カラー|HM-10108

HM-10108
(HM-4093)
ストーン・ビアンコ

ストーン調マーブル柄のトイレ床とリクシル(INAX)プレアスLS便器を組み合わせたリフォーム事例

LIXIL(INAX)
プレアスLS

ストーン調マーブル柄のトイレ床とTOTOピュアレストEX便器を組み合わせたリフォーム事例

TOTO
ピュアレストEX

ストーン調マーブル柄のトイレ床とリクシル(INAX)アメージュZ便器を組み合わせたリフォーム事例

LIXIL(INAX)
アメージュZ

3.奥行きのある上品な柄と透明感が特徴の大理石風ストーン調
こちらのストーンのクッションフロアは、ベージュ寄りの大理石柄のため、高級感にプラスして温かみのある落ち着いた空間に仕上がります。濃いめの色味にもナチュラルな木目にも合わせやすく、自然でおしゃれな雰囲気になるためおすすめです。
ストーン調大理石柄のトイレ床クッションフロア|ベージュ系カラー|HM-10099

HM-10099
(HM-4097)
ストーン・オニックス

ストーン調大理石柄のトイレ床とTOTOネオレストRH便器を組み合わせたリフォーム事例

TOTO
ネオレストRH

ストーン調大理石柄のトイレ床とリクシル(INAX)リフォレ便器を組み合わせたリフォーム事例

LIXIL(INAX)
リフォレ

ストーン調大理石柄のトイレ床とパナソニック(Panasonic)アラウーノV便器を組み合わせたリフォーム事例

パナソニック
NewアラウーノV

4.その他の人気ストーン(石目調)床柄
ストーン調マーブル柄のトイレ床クッションフロア|ホワイト系カラー|HM-10109の施工事例をみる

HM-10109(HM-4094)
施工例を見る >

ストーン調無地柄のトイレ床クッションフロア|ベージュ系カラー|HM-10160の施工事例をみる

HM-10160(HM-4153)
施工例を見る >

ストーン調アルベロタイル柄のトイレ床クッションフロア|グレー系カラー|HM-10085の施工事例をみる

HM-10085(HM-4087)
施工例を見る >

ストーン調タソス柄のトイレ床クッションフロア|ベージュ系カラー|HM-10106の施工事例をみる

HM-10106(HM-4092)
施工例を見る >

ストーン調大理石柄のトイレ床クッションフロア|ベージュ系カラー|HM-10103の施工事例をみる

HM-10103(HM-4107)
施工例を見る >

ストーン調オニックス柄のトイレ床クッションフロア|ベージュ系カラー|HM-10100の施工事例をみる

HM-10100(HM-4098)
施工例を見る >

ストーン調グレインタイル柄のトイレ床クッションフロア|グレー系カラー|HM-10088の施工事例をみる

HM-10088(HM-4079)
施工例を見る >

ストーン調大理石柄のトイレ床クッションフロア|ライトブラウン系カラー|HM-10105の施工事例をみる

HM-10105(HM-4109)
施工例を見る >

プレーン&パターン柄のおすすめクッションフロア

1.柔らかな地模様と刷毛目調のデザインがで軽やかな印象に!暖色系で温かみのある雰囲気
オレンジ系のクッションフロアです。あたたかみのある、優しい雰囲気になります。
光の当たり具合によって、きれいな光沢を感じることができ、トイレ空間が明るくなります。
プレーン&パターン調刷毛目柄のトイレ床クッションフロア|ベージュ系カラー|HM-10170

HM-10170
(HM-4168)
オレンジ系

プレーン&パターン調刷毛目柄のトイレ床とTOTOピュアレストEX便器を組み合わせたリフォーム事例

TOTO
ピュアレストEX

プレーン&パターン調刷毛目柄のトイレ床とTOTOピュアレストQR便器を組み合わせたリフォーム事例

TOTO
ピュアレストQR

プレーン&パターン調刷毛目柄のトイレ床とリクシル(INAX)サティス便器を組み合わせたリフォーム事例

LIXIL(INAX)
サティス

2.刷毛目調のデザインと爽やかな淡いグリーン系のクッションフロア
さわやかなグリーンのクッションフロアです。
さっぱりとした清涼感のある雰囲気になります。ホワイトやパステルアイボリーのトイレにもよく合います。
プレーン&パターン調刷毛目柄のトイレ床クッションフロア|グリーン系カラー|HM-10172

HM-10172
(HM-4167)
グリーン系

プレーン&パターン調刷毛目柄のトイレ床とTOTOピュアレストEX便器を組み合わせたリフォーム事例

TOTO
ピュアレストEX

プレーン&パターン調刷毛目柄のトイレ床とパナソニック(Panasonic)アラウーノV便器を組み合わせたリフォーム事例

パナソニック
NewアラウーノV

プレーン&パターン調刷毛目柄のトイレ床とリクシル(INAX)アメージュZ便器を組み合わせたリフォーム事例

LIXIL(INAX)
アメージュZ

3.細やかなラメと砂目調の柄がシンプルで使いやすいホワイトカラー
ホワイト系のクッションフロアです。壁紙と一緒にトイレを白で統一したい方におすすめです。ベースカラーがホワイトとなるので、圧迫感を与えず明るく広々とした視覚効果を得られるため、狭いトイレリフォームにも有効です。アクセントで小物などを配置すると差し色としても映えやすくなります。
プレーン&パターン調砂目柄のトイレ床クッションフロア|ホワイト系カラー|HM-10134

HM-10134
(HM-4160)
ホワイト系

プレーン&パターン調砂目柄のトイレ床とTOTOレストパル便器を組み合わせたリフォーム事例

TOTO
レストパル

プレーン&パターン調砂目柄のトイレ床とパナソニック(Panasonic)アラウーノV便器を組み合わせたリフォーム事例

パナソニック
NewアラウーノV

プレーン&パターン調砂目柄のトイレ床とパナソニック(Panasonic)アラウーノL150便器を組み合わせたリフォーム事例

パナソニック
アラウーノL150

4.その他の人気プレーン&パターン床柄
プレーン&パターン調砂目柄のトイレ床クッションフロア|ダークブラウン系カラー|HM-10137の施工事例をみる

HM-10137(HM-4163)
施工例を見る >

プレーン&パターン調刷毛目柄のトイレ床クッションフロア|ブルー系カラー|HM-10174の施工事例をみる

HM-10174(HM-4169)
施工例を見る >

プレーン&パターン調無地柄のトイレ床クッションフロア|ベージュ系カラー|HM-10139の施工事例をみる

HM-10139(HM-4120)
施工例を見る >

プレーン&パターン調無地柄のトイレ床クッションフロア|ベージュ系カラー|HM-10161の施工事例をみる

HM-10161(HM-4154)
施工例を見る >

ウッド(木目調)柄のおすすめクッションフロア

1.ソープフィニッシュのナチュラルなオーク柄で明るく洗練された印象に
うっすらと白をのせたウッド柄なのでトイレ室内が明るい印象になります。木目調のクッションフロアは、ドアの色や紙巻器の色など、周りのカラーと色味をあわせて選択していただくと、まとまった印象となります。
窓枠や巾木、紙巻器などに近い色合いで選ぶのがおすすめです。
ウッド調オーク柄のトイレ床クッションフロア|ライトブラウン系カラー|HM-10019

HM-10019
(HM-4007)
ウッド・ミルキーオーク

ウッド調オーク柄のトイレ床とリクシル(INAX)アメージュZ便器を組み合わせたリフォーム事例

LIXIL(INAX)
アメージュZ

ウッド調オーク柄のトイレ床とTOTOピュアレストQR便器を組み合わせたリフォーム事例

TOTO
ピュアレストQR

ウッド調オーク柄のトイレ床とTOTOネオレストRH1便器を組み合わせたリフォーム事例

TOTO
ネオレストRH1

2.白塗装を施したオーク材で、ナチュラル・カントリー風な空間に
経年変化とともに自然と空間に溶け込むような風合いに加工したクッションフロアです。白塗装のため明るく清潔感のあるトイレ床になります。ナチュラル・カントリーといった優しい印象にしたい場合、まわりの木目よりも薄めの色合いにすると、よりトレンドを意識したコーディネートになります。
ウッド調オーク柄のトイレ床クッションフロア|ホワイト系カラー|HM-10040

HM-10040
(HM-4010)
ウッド・ペイントオーク

ウッド調オーク柄のトイレ床とリクシル(INAX)リフォレ便器を組み合わせたリフォーム事例

LIXIL(INAX)
リフォレ

ウッド調オーク柄のトイレ床とTOTOネオレストAH1便器を組み合わせたリフォーム事例

TOTO
ネオレストAH1

ウッド調オーク柄のトイレ床とTOTOピュアレストQR便器を組み合わせたリフォーム事例

LIXIL(INAX)
アメージュ便器

3.ダークブラウンのウッド調はモダンでシックな印象に
シャビーシックな空間での使用をイメージしたアッシュ柄です。ダークブラウンなどの濃いめなカラーはモダンでシックな空間を演出します。同じ色でも板の柄の幅が広い方がスタイリッシュな印象になるので、カタログの「板巾サイズ」で間隔を参考にして選ぶのもおすすめです。
ウッド調アッシュ柄のトイレ床クッションフロア|ダークブラウン系カラー|HM-10025

HM-10025
(HM-4012)
ウッド・シャビーアッシュ

ウッド調アッシュ柄のトイレ床とTOTOレストパル便器を組み合わせたリフォーム事例

TOTO
レストパル

ウッド調アッシュ柄のトイレ床とパナソニック(Panasonic)アラウーノV便器を組み合わせたリフォーム事例

パナソニック
NewアラウーノV

ウッド調アッシュ柄のトイレ床とTOTOピュアレストQR便器を組み合わせたリフォーム事例

TOTO
ピュアレストQR

ポイント2

機能性のあるクッションフロアから選ぶ

クッションフロアは素材として水回りに強い特長を持っていますが、汚れやすいトイレ床には掃除や抗菌などに強い機能も人気です。当社でおすすめする内装材メーカー「サンゲツ」のCFはアルカリ性の塩素系洗剤に強い「耐次亜塩素酸」や「抗菌」などの機能が標準搭載されています。

内装材メーカー「サンゲツ」のクッションフロア

耐次亜塩素酸|サンゲツのトイレ床クッションフロア機能
耐次亜塩素酸
有効塩素濃度6%次亜塩素酸ナトリウムを滴下して、24時間放置しても表面に変化がなかった素材。
抗菌|サンゲツのトイレ床クッションフロア機能
抗菌
抗菌試験の結果、抗菌活性値2.0以上をクリアした素材。
さらっと仕上げ|サンゲツのトイレ床クッションフロア機能
さらっと仕上げ
表面に細かいエンボスを施して、素足で歩いてもベタつきが少なく、さらっとした仕上げに加工した素材。

ポイント3

トイレ床のクッションフロアを選ぶ時のポイント

トイレ床内装リフォームは下地の影響を受けてしまうことも

工事でクッションフロアを張り替える際、既存のクッションフロアを剥がし、下地の調整処理をした上で新しいクッションフロアを貼りますが、床に既存クッションフロアの接着剤などが固着している場合は、下地が完全な平滑になりづらい場合があります。

床下地の影響を考えて素材を決める|トイレ床クッションフロアの選び方

下記品番は、表面に凹凸がなかったり、光沢感がある仕上げになっているため、床下地の影響を受けやすいクッションフロアです。下地の粗さが影響して、きれいに張り替えできない場合がございますので、以下の品番をご選択いただく際は、予めご了承ください。

床下地の影響を考えて素材を決める|トイレ床クッションフロアの選び方床下地の影響を考えて素材を決める|トイレ床クッションフロアの選び方

目地が多いクッションフロアは掃除がしにくいことも

ピース状の素材をつなぎ合わせて使うフロアタイルに比べて、クッションフロアは1枚のロール状シートから必要なサイズを切り取って使用するため、継ぎ目が発生する頻度は少なくなります。

ただし素材によっては、デザインとして空間的な隙間や溝(目地)を採用したクッションフロアもあります。

目地が多いデザインは掃除・手入れがしにくい|トイレ床クッションフロアの選び方

目地が多いデザインはフラットなタイプに比べて、汚れがたまりやすく目地部分だけが変色してしまうことがあります。立体的なクッションフロアは、掃除のしやすさも考慮して選ぶのがポイントです。

ポイント4

実際に床のサンプルで確認する

気になるクッションフロア候補が見つかったら、サンプルをご自宅のトイレ床に合わせてみて色味や素材などがイメージに近いか確認することも可能です。
写真だけで決めるのは不安といった場合には、実際に実物を見て判断することをおすすめします。

交換できるくんでは、ご希望のお客様にクッションフロアのサンプル送付を手配することも可能です。トイレリフォームをご注文いただく際に、合わせてお問い合わせください。

実際にサンプルを自宅のトイレ床や壁に合わせてみる|トイレ床クッションフロアの選び方

トイレ床の張替え工事の流れ・手順

床のクッションフロアを張り替える場合、まず以前のクッションフロアをはがします。そして新しいクッションフロアを貼ります。ソフト巾木(はばき)の場合は、巾木も交換します。

1.以前の床クッションフロアを剥がす、2.新しいクッションフロアを張り替える、3.ソフト巾木を交換する、4.張替え完了|トイレ床張り替えリフォームの流れ・手順
トイレ便器本体 + 床と壁紙張替えにかかる時間・工期の目安は 約半日~1日です。

トイレリフォームのオプション工事一覧

※和式トイレから洋式トイレへのリフォームは現在、お受けしておりません。 ※汲み取り式から水洗トイレへの交換はお受けしておりません。 ※配管の移設、コンセント増設、段差解消リフォームなどの工事はお受けしておりません。 ※クロス、クッションフロアの張替え工事はトイレ交換、洗面台交換の際のオプションです。そのため、内装工事だけのご依頼はお受けしておりません。またフローリングやタイルの上に貼る場合はご相談ください。
現地調査不要!今すぐ見積もりを取ることができます!
現地調査不要!今すぐ見積もりを取ることができます!
交換できるくんが選ばれる理由
交換工事対応エリア(札幌/仙台/関東/東海/関西/中国/福岡)を確認する
新型コロナウイルス感染症への当社の取り組みについて