トイレの床クッションフロアの張替|トイレリフォーム内装工事

床、壁のオプションでグレードアップ トイレを交換するなら内装もリフォームしてワンランク上のトイレに!
  • クッションフロア
  • 壁紙
クッションフロア トイレの交換時に、一緒にクッションフロアも張り替えませんか?
クッションフロアとは、ビニール系素材に表面プリントされたクッション性のある床材です。水に強い特長があり、トイレ・洗面所・キッチンなどの床材として広く使われています。床クッションフロアの張り替えは、トイレ交換と同時がおすすめです。

トイレ交換と同時に床クッションフロアの張り替えがおすすめ

最新型のトイレは、床と接する部分がコンパクトな設計となっており、交換の際に、クリーナーでは消せない設置跡が床に残ってしまう場合があります。「最新のトイレに交換したのに、床が汚れて見える…」ということのないよう、トイレ交換と同時でのクッションフロアの張り替えをおすすめしています。

交換の際に、クリーナーでは消せない跡が床に残ってしまう場合

また、きれいに床クッションフロアを張り替えるには、トイレを一度取り外す必要があり、美しさの面でもトイレ交換と同時のタイミングがおすすめです。

張り替えオプションもトイレ交換と同日工事ならではの価格設定で、トイレ交換工事を申し込まれた多くのお客様にご依頼いただいております。トイレ空間がきれいになり、気分も晴れやかになります。

床クッションフロアの張り替え工事費

幅180cm×奥行180cmまで
(ソフト巾木は無料で交換します)巾木(はばき)とは > 別窓で開く
14,850
円(税込)
幅180cm×奥行180cm以上
(ソフト巾木は無料で交換します)巾木(はばき)とは > 別窓で開く
24,200
円(税込)
  • ソフト巾木も当社標準色にて無料で交換します。工事当日に、ホワイト系、ブラウン系の中よりお選びください。
  • トイレと洗面所の床の境目がなく、洗面所も張り替えが必要な場合は別途見積りいたします。
  • 既存の床がフローリングの場合は、クッションフロアの上張りとなります。
  • トイレと同時交換のオプション工事となります。内装のみの工事は承っておりません。

どんな柄のクッションフロアが選べるの?

壁紙・床材の有名メーカーである株式会社サンゲツの住宅用床材カタログ「H-FLOOR 2020-2022別窓で開く」の、「HM-」で始まる品番の床材の中からお選びいただけます。
H-FLOORの中では「ストーン」「プレーン&パターン」「ウッド」のシリーズが人気です。人気の3シリーズのおすすめポイントや選び方のポイントをご紹介していますので、ぜひご参考ください。
人気No.1 ストーン
人気No.2 プレーン&パターン
人気No.3 ウッド
※品番表記について
HM-10000番台は、2020年9月からの新品番です。HM-4000番台の品番は旧品番です。
※その他のメーカー取り寄せについて
サンゲツ以外のメーカーもお取り寄せ可能です。ご希望の場合は、お見積りフォームの「その他 ご質問など」の覧にメーカー・シリーズ名・品番をご記入ください。お選びいただいたクッションフロアによっては上記工事費とは別に追加費用が掛かる場合がございます。

ストーン調 当社おすすめ その1

HM-10117(HM-4112)テラコッタ
HM-4112(HM-1112)
HM-4112(HM-1112)事例

おすすめポイント

テラコッタはホワイト系のトイレや壁紙と相性がよく、北欧を思わせるナチュラルでおしゃれな雰囲気を作り出してくれます。
シンプル、ファンシーな空間にもよくあいますので、迷った時にはテラコッタがおすすめです。

ストーン調 当社おすすめ その2

HM-10108 (HM-4093) ストーン
HM-4110(HM-1110)
HM-4110(HM-1110)事例

おすすめポイント

ストーンのクッションフロアは、モノトーンの大理石柄が落ち着いた上質な空間を思わせてくれます。濃いめのブラウン・ブラックの巾木やドアに合わせるとシックな印象に、白やナチュラルな淡い色と合わせるとシンプルな印象になり、トイレ空間に馴染みやすいです。

ストーン調 当社おすすめ その3

HM-10099(HM-4097)ストーン
HM-4111(HM-1111)
HM-4111(HM-1111)事例

おすすめポイント

こちらのストーンのクッションフロアは、ベージュ寄りの大理石柄のため、高級感にプラスしてあたたかみのある落ち着いた空間に仕上がります。濃いめの色味にもナチュラルな木目にも合わせやすく、自然でおしゃれな雰囲気になるためおすすめです。

その他ストーン調

プレーン&パターン 当社おすすめ その1

HM-10170(HM-4168)オレンジ系
HM-4168(HM-1144)
HM-4168(HM-1144)事例

おすすめポイント

オレンジ系のクッションフロアです。あたたかみのある、優しい雰囲気になります。
光の当たり具合によって、きれいな光沢を感じることができ、トイレ空間が明るくなります。

プレーン&パターン 当社おすすめ その2

HM-10172(HM-4167)グリーン系
HM-4167(HM-1143)
HM-4167(HM-1143)事例

おすすめポイント

さわやかなグリーンのクッションフロアです。
さっぱりとした清涼感のある雰囲気になります。ホワイトやパステルアイボリーのトイレにもよく合います。

プレーン&パターン 当社おすすめ その3

HM-10134(HM-4160)ホワイト系
HM-4160(HM-1121)
HM-4160(HM-1121)事例

おすすめポイント

ホワイト系のクッションフロアです。
トイレを白で統一したい方におすすめです。
ウッド調のクッションフロアは、ドアの色や紙巻器の色など、周りのカラーと色味をあわせて選択していただくと、まとまった印象となります。また、ウッド調のクッションフロアにもトレンドがありますので、色・柄を選ぶ際の参考にしてください。

柄選びのポイント1. 紙巻器や窓枠など木目の色とあわせる

トイレ内の色合いをあわせると、シンプルでまとまった印象の空間になります。窓枠や巾木、紙巻器などに近い色合いで、クッションフロアのカラーを選ぶのがおすすめです。

柄選びのポイント2. 広めの板巾がトレンド

ウッド調の場合、板の巾が広めのものが最近のトレンドです。同じ色でも板の柄の幅が広い方がスタイリッシュな印象になります。現在のフローリングの上にクッションフロアを張る「上張り」をご希望の場合、板巾とカラーを合わせると、現在と同様の印象となります。

柄選びのポイント3. 濃淡のはっきりしたカラーがトレンド

ナチュラル・カントリーといった優しい印象にしたい場合、まわりの木目よりも薄めの色合いにすると、よりトレンドを意識したコーディネイトになります。逆に、シックな印象にしたい場合、ダークブラウンなど濃いめのカラーがおすすめです。

デジタルカタログからご選択いただけます

サンゲツH-FLOORは、色や柄のバリエーションが豊富で、お好みのトイレ空間を演出できます。上記のおすすめクッションフロア以外からもご選択いただけますので、ぜひご覧ください!

【ご留意ください】

工事でクッションフロアを張り替える際、既存のクッションフロアを剥がし、下地の調整処理をした上で新しいクッションフロアを貼りますが、床に既存クッションフロアの接着剤などが固着している場合は、下地が完全な平滑になりづらい場合があります。

下記品番は、表面に凹凸がなかったり、光沢感がある仕上げになっているため、床下地の影響を受けやすいクッションフロアです。下地の粗さが影響してきれいに張り替えできない場合がございますので、以下の品番をご選択いただく際は、予めご了承ください。

注意していただくCF柄
交換できるくんが選ばれる理由
交換工事対応エリア(札幌/関東/東海/関西/福岡)を確認する
新型コロナウイルス感染症への当社の取り組みについて