トイレ交換はどこに頼む?|業者選びのポイント

トイレ交換 業者の選び方

トイレ交換を検討する際、相談する窓口はどこでしょうか?水道業者さんに依頼するのが良さそうなのはわかるけど、そもそも水道業者さんにはどうやってコンタクトを取ればよいのか?相談をしてみたものの、良い業者さんかわからないので実際に工事依頼するのは不安など、色々なお悩みがあると思います。そこで、このページでは業者選びのポイントを詳しくご紹介いたします。交換できるくんの費用相場もあわせてご案内いたしますので、そちらもご参照ください。

トイレ交換窓口の特徴について

トイレ交換工事は水道修理業者だけでなく、工務店、住宅リフォーム店などの建築関係のみならず、ホームセンターや家電量販店で工事の取り扱いをしている場合もあります。ただし一概にトイレ交換といっても、どの商品が良いのか、自宅に取付けられるのか、見積金額の比較、実際に工事に来てくれる人はどんな人なのか、保証期間など、業者ごとにその対応は様々です。それぞれの窓口の特徴や注意点についてまとめました。

工務店・リフォーム店

工務店・リフォーム店が得意とする工事はトイレペーパーや異物によるトイレ排水つまり解消、手すりの取り付け、天井からの雨漏り・漏水改修、加圧ポンプ交換、汲み取り式トイレから水洗トイレへのリフォーム、配管工事、給水・給湯管、和式から様式トイレへの交換、階段移設工事、段差解消・バリアフリー工事、フローリング張替え、在来浴室からシステムバスへリフォーム、コンセント増設・移設などが挙げられます|トイレ交換業者・窓口の種類

どちらもある程度のボリュームのある工事を得意としており、数時間で工事が完了する単純なトイレ交換施工例は多くなく、キッチンや風呂などと一緒にトイレも交換するような水回り一式工事や、間取りを変更するなどのそれなりの工期で大掛かりな工事を得意としています。また、和式トイレを洋式トイレにリフォームする工事も通常、このような会社が対応しています。専属の職人は主に大工さんであることが多く、トイレ工事に必要な設備・内装工事においては外注(下請け)であることが多いようです。

工務店・リフォーム店の特徴

  • トイレ単品の交換工事よりも水回り一式工事、間取り変更などの大掛かりなリフォームが得意
  • 専属職人は大工さんが多く、設備・内装などの工事については協力業者へ依頼している事が多い
  • リフォーム店の場合はホームページなどで施工例が確認できる
  • 現地に必ず伺い、見積提示から工事請負契約、工事へと進みます

ホームセンター・家電量販店

ホームセンター・家電量販店が得意とする工事は蛇口交換、水漏れ修理、和式から様式トイレへの交換、水栓トイレ交換、配管工事、階段下収納のトイレ内装工事、段差解消・バリアフリー工事、タイル張替え、フローリング張替え、トイレ内収納の取り付け、フランジ交換、ハンガーパイプの取り付けなどが挙げられます|トイレ交換業者・窓口の種類

数は多くないものの実際に商品を展示している店舗もあって、実物を見ることも出来る。取り扱いの商品についてはリテール品番である場合がほとんどなので、メーカーホームページに掲載されている品番と異なります。工事に関しては協力業者さんに依頼して対応しています。

ホームセンター・家電量販店の特徴

  • 実店舗で商品の展示がされている場合あり
  • 取り扱いの商品はリテール品のため、メーカーホームページと品番が異なります。
  • 工事は協力業者さんへ依頼している(自社スタッフによる工事対応はほとんどありません)
  • 現地調査後に見積提示があり、契約まで検討する時間がある
担当者より:リテール品番とは?
トイレのリテール品番は家電量販店向けに製造されたモデルでメーカーのカタログ品とは異なります

家電量販店・ホームセンター・一部通販サイトでは、「リテール向けモデル」という専用のトイレが販売されています。こちらは、メーカー総合カタログに掲載されている「カタログ掲載品」から、一部機能を省いた製品が多く、総合カタログには掲載されておりません。
最新の防汚・除菌機能が搭載されていない機種もありますので、トイレの購入をご検討の際は、ご注意ください。

カタログ掲載品とリテール品の違いについて

水道修理業者

水道修理業者が得意とする工事は給水・給湯やりかえ、蛇口交換、水漏れ修理、トイレや台所の排水つまり、高圧ポンプによる排水配管洗浄、トイレペーパーや異物によるトイレ排水つまり解消、漏水修繕 高圧ポンプによる排水配管洗浄、パッキン交換などが挙げられます|トイレ交換業者・窓口の種類

緊急性の高い工事対応を主としていて、交換工事よりも修理・修繕などの作業を得意としています。水漏れ修理などの急を要する対応(すぐに駆けつけるサービス)が多く、その場で見積り、即時判断を必要とするケースがあります。特に企業規模がわからない業者の場合は、ホームページに掲載されている費用と実際の費用が異なる場合もあるので、わからないことは納得できるまで確認することをお勧めいたします。

水道修理業者の特徴

  • 交換工事よりも修理・修繕をメインとしていて、長く工期のかかる工事例は少ない
  • トイレ交換が必要な際に選べる商品は多くない
  • ホームページに掲載されている費用と実際の工事にかかる費用と隔たりがある場合がある
  • その場で見積り、即時決断が必要になることが多い

一括見積りサイトの利用

見積一括サイトは多くの業者から問い合わせが一気に来て、いくら費用がかかるのかわかるまで時間がかかることもあり、結果時間がかかってしまうことも|トイレ交換業者・窓口の種類

一括見積もりサイトに登録している会社の多くは大掛かりなリフォームの取り扱いを主とするリフォーム会社または工務店が多く、トイレ交換などの単工事の取り扱いは専門業者に比べ多くありません。また申し込みをすると対応できる業者から一斉に連絡が入るので困惑してしまうこともあるようです。現場状況や希望商品など細かな説明など情報は共有されないため、業者ごとに説明が必要になるのも面倒に思ってしまうポイントかもしれません。

一括見積りサイトの特徴

  • 登録業者の多くは大掛かりなリフォーム取り扱いを主としているリフォーム会社・工務店
  • 依頼後、多くの業者から連絡が入る
  • 細かな説明は業者ごとに個別に行う必要があり、手間がかかる
  • 一括見積りサイトの手数料を業者が負担している

見積依頼で業者を見極めるポイント

業者に工事依頼をする前の段階、「見積りを依頼する」業者の選び方について、詳しくご説明いたします。下調べせずいきなり多数の業者から見積りを取得すると、実際に工事を依頼する業者以外に対して「断る」という意思表示が必要になり、余計に時間がかかってしまうことも。優良な業者選びは、見積り依頼後よりも、この段階で納得できる選定を行うことが大事です。

商品を選べる、希望商品の取り扱いがある

トイレにはTOTO、LIXIL、パナソニック、ジャニス工業など複数のメーカーがあります。各メーカーで様々な商品ラインナップを展開しています。工事業者によって取り扱いメーカーや商品が限定される場合がありますので、お客様ご自身が希望される商品の取り扱いがあるのかどうか、最初に確認が必要です。

交換できるくん 人気のトイレシリーズ

各メーカー汚れがつきにくい特殊加工(セフィオンテクト、アクアセラミック、スゴピカ素材)を便器に施しており、水流においても強力に汚れを落とす渦巻状の水流(トルネード洗浄、パワーストリーム洗浄、スパイラル水流)を採用。汚れがつきにくく、落ちやすい機能を搭載しています。

ポイント
希望しているメーカーやシリーズの取り扱いはあるか?

工事に必要な許認可を取得しているか

住宅設備の設置工事に必要な資格、許認可を取得しているか確認|見積りでトイレ交換業者を選定するポイント

工事請負金額が500万円(税込)以下の工事については、国土交通省の定める「軽微な工事」に該当するため、建築業法における許可制度の適用除外とされ、トイレ工事のほとんどは建設業許可がなくても工事を請け負うことが可能です。しかしお客様や工事に対するスタンスはこういった許認可を取得しているかどうかにも表れます。安心できる業者の判断材料として建設業許可の他、工事する自治体の許認可を取得しているか、またそれらの情報を公開しているかをご確認ください。

交換できるくん許認可一覧はこちら >

指定給水装置工事事業者の認可について

水道法により、給水装置の構造および材質が政令に定める基準に適合することを確保するため、水道事業者(市町村等)が、その給水区域において給水装置工事を適正に施行することができると認められる者を「指定」する全国一律に定められた制度です。水道メーターより一次側に位置する配管工事や、大規模な配管新設・変更工事を請け負う工事会社は、同条例により各地域の水道局から「指定」を受けた者が施行することが水道法により定められており、当社では工事サービス地域である全国200以上の市町村にて水道局認可を取得しています。

ポイント
許認可をホームページ上で公開しているか?

商品や工事の費用が公開されている

見積を頼む前に料金などはっきりと公開されているか確認|見積りでトイレ交換業者を選定するポイント

同じ業者に見積を取得しても担当者によって見積内容や価格が異なるといったケースがリフォーム工事には多く見受けられます。商品の希望小売価格、割引率、販売価格や工事費用が明確であるかどうかは信頼できるかどうか判断するうえでとても重要な要素となります。施工業者のホームページやチラシなどでこれら料金が公開されている場合は安心材料のひとつとなります。

ポイント
ホームページなどで費用が明示されているか?

工事者の身元がはっきりしていること

見積り依頼先のリフォーム業者が施工担当者をきちんと把握・管理しているか確認|見積りでトイレ交換業者を選定するポイント

リフォーム業者によって自社の施工スタッフで工事対応、協力業者に工事を依頼する場合と様々ですが、何より重要になるのは実際に施工を担当する者の身元、有資格、経験等をリフォーム業者が把握しているかどうかの点です。下請けに出した先の業者がさらに下請けに設置工事依頼をして元請け業者が施工者を把握していないような状況は消費者として避けたいところです。これらの情報について公開しているリフォーム業者は多くありませんが、施工スタッフをホームページなどで公開しているかどうかで判断は可能です。

ポイント
工事スタッフがホームページ上で公開されているか?

施工例がある、ユーザーレビューが確認できる

施工事例やユーザーレビューを公開しているか確認|見積りでトイレ交換業者を選定するポイント

施工業者の実績や実際の仕上がりを確認できる一番大きな要素となる「施工事例」の公開は必ずチェックしておきましょう。また実際に利用したユーザーのレビューが公開されているかも併せてチェックしておきたいところです。こういった情報を公開しているか、またその数が多ければ安心して任せることができる業者とも言えます。

ポイント
施工事例やレビューが豊富に公開されているか?

ネット上での評価

高額な請求がされないか、またしつこい営業がされないか口コミで確認|見積りでトイレ交換業者を選定するポイント

最近では業者名を検索するとその口コミ評価が閲覧できることが多くなっています。口コミは自由に書き込むことができるため、すべてを真に受けることはできませんが、極端に良くない評価が集中している場合は注意したほうが良いかもしれません。

ポイント
悪い評判や口コミが極端に多くないか?

工事を依頼する業者の選定ポイント

見積り依頼する業者選定の次は、実際に見積もりをとって工事発注する業者を決めなければなりません。この段階で注意すべきポイントは提案内容、見積もりの妥当性、追加請求の有無、保証、アフターサービス窓口の有無です。複数の業者から見積もりを取得している場合は、金額以外の点も比較して総合的に判断するようにしましょう。

見積価格が正しい、妥当性がある

撤去、古い機器の廃棄処分、消費税など必ず必要になる費用がきちんと記載されているか確認|工事依頼でトイレ交換業者を選定するポイント

商品の希望小売価格が明記されており、割引率と販売価格があっているか、また工事費が別に記載されており、出張費、廃棄処分費、諸経費、消費税などすべてが含まれた金額かご確認ください。追加費用が記載されている場合はその内容について詳しい説明があるか確認してください。

商品と工事をひとまとめにしたざっくりとした一式工事、撤去・廃材処分費や消費税が別表記されている見積もりについては信用度は高くないとお考えいただく方が安全です。

ポイント
見積り金額はどこまで含まれているか?
見積り項目と価格に納得できる妥当性があるか?

工事日当日または後から追加請求があるかどうか

保証を含めアフターサービスがしっかりしているか確認|工事依頼でトイレ交換業者を選定するポイント

後から追加請求される、結果高額になってしまって困るといったことがないように、注文内容以外の追加請求がないことを確認してください。追加部材または工事が発生する可能性がある場合は、見積もり段階でその内容を確認し、納得できた場合のみ工事注文することで追加請求トラブルは避けることができます。注文前段階で追加請求の有無について回答ができない、心配な点が解消されないリフォーム業者については避けたほうが良いでしょう。

ポイント
追加請求について明確な回答があるか?

商品保証内容の確認

保証会社による商品保証となっているか確認|工事依頼でトイレ交換業者を選定するポイント

商品にはその商品に付帯するメーカー保証があり、それ以外にメーカーや販売店にて延長保証を用意しているケースがあります。
商品延長保証で気をつける点は「信頼できる保証会社の保証を採用しているかどうか」です。最長10年という長い期間を保証できる内容か、どの保証会社を利用しているのか、まで確認しておきましょう。

交換できるくんの延長保証オプションについて >

ポイント
第3者による保証会社の保証を採用しているか?

トイレ交換の費用相場を知る

商品価格や工事費用については業者ごとに設定されています。トイレ交換の傾向としては緊急対応工事を主とする水道修理業者の見積もりは高く、次いでリフォーム店・工務店と続き、ホームセンター・家電量販店が比較的安いようです。一般的な相場感は表現が難しいので、交換できるくんの基本工事費を含めた一覧価格表をご案内いたします。お手元にある見積もり書を比べて見てください。

トイレタイプ別のメリット・デメリット

トイレのタイプは組合せ便器(便器と便座が別売り)、一体型トイレ、タンクレストイレの3つがあります。トイレは一度交換すると通常10年以上は使い続けるものですので、交換の際どのタイプを選ぶのかによって今後の暮らしも変わってきます。それぞれのタイプのメリットとデメリットはどのようなものでしょうか。主なメリットとデメリットをまとめましたので、ご参照ください。

メリット デメリット

組合せ便器

組み合わせ便器は別途便座が必要です。トルネード洗浄を搭載しているTOTO製便器であればTCFから始まる同メーカー品との組み合わせが相性が良くお勧めです。
  • 価格が安い
  • 便座部だけの交換が可能
  • メンテナンスしやすい
  • バリエーションが豊富
  • 手洗い付きも選べる
  • 摩耗部品の入手がしやすい
  • 便器と便座を組合せるため隙間が多く、
    他タイプより掃除が手間
  • 他タイプと比べるとやや大きい

一体型
トイレ

ウォシュレット・シャワートイレは向かって左側に着座センサーがあるため、座っていない状態ではやや便座に浮きが見られます。また一体型は壊れる場合、まるごと交換となるケースが多いです。
  • 比較的価格が安い
  • 掃除のしやすい形状
  • 一体型で掃除が楽
  • 手洗い付きも選べる
  • 組合せタイプに比べると高価
  • バリエーションが少ない
  • 機能部交換の選択幅が少ない

タンクレス
トイレ

壊れるのはウォシュレット(機能部)部分で一体型トイレは機能部に不具合が生じたり故障しても機能部のみの交換が可能です。
  • 見た目がスタイリッシュ
  • 最新機能が搭載されている
  • 凹凸が少なく掃除がしやすいデザイン
  • 比較的コンパクト
  • 他タイプより高額な商品が多い
  • 機能部交換の選択幅が少ない
  • 機能部交換は高価になる

トイレ主要メーカーの各商品工事費込み相場目安

トイレ主要メーカー(TOTO、LIXIL、Panasonic)の商品ごとの、当社基本工事費込み価格一覧です。
現場状況によって追加部材/工事が必要になりますが、通常工事であれば下記費用相場が参考になるかと思います。なお組合せ便器は、下記費用に加えて別途便座が必要になりますので、この点ご注意ください。

各トイレの価格差は手洗いの有無、排水芯や便座のオート機能の違いによるものです。トイレの価格や費用相場から、気になる商品を予算でお選びいただけます。

タイプ・形状 メーカー・シリーズ トイレ本体+工事費の費用相場
組合せ便器
(便座は別売)
TOTO ピュアレストQR
76,340
円 ~
84,920
円(税込)
商品詳細 >
TOTO ピュアレストEX
115,172
円 ~
126,883
円(税込)
商品詳細 >
TOTO ピュアレストMR
94,089
円 ~
97,662
円(税込)
商品詳細 >
LIXIL アメージュZ
72,611
円 ~
83,479
円(税込)
商品詳細 >
一体型トイレ TOTO GG / GG800
150,972
円 ~
189,208
円(税込)
商品詳細 >
LIXIL アメージュZA
123,464
円 ~
133,584
円(税込)
商品詳細 >
LIXIL プレアス
148,247
円 ~
183,722
円(税込)
商品詳細 >
LIXIL アステオ
181,610
円 ~
220,935
円(税込)
商品詳細 >
タンクレストイレ TOTO ネオレストDH
220,165
円 ~
260,293
円(税込)
商品詳細 >
TOTO ネオレストAH / RH
263,428
円 ~
319,858
円(税込)
商品詳細 >
Panasonic アラウーノV
97,108
円 ~
141,460
円(税込)
商品詳細 >
Panasonic アラウーノL150
225,170
円 ~
282,645
円(税込)
商品詳細 >
LIXIL サティスS
224,686
円 ~
269,346
円(税込)
商品詳細 >
LIXIL サティスG
243,826
円 ~
352,286
円(税込)
商品詳細 >

組合せ便器には別途便座(温水洗浄便座)が必要です

上記一覧表の組合せ便器には便座が含まれていません。別途便座が必要になりますので、下記ページよりお選びいただけます。なお、ウォシュレット(温水洗浄便座)の他、暖房便座、普通便座などの組み合わせも可能です。

脱臭機能の有無、オート開閉、オート洗浄、コロナ禍で気になる除菌機能、掃除のし易い着脱式やリフトアップ機能などバリエーションが豊富にラインナップされています。コストを抑えたい場合は現在お使いのウォシュレットを取外して再利用することにも対応 脱臭機能の有無、オート開閉、オート洗浄、コロナ禍で気になる除菌機能、掃除のし易い着脱式やリフトアップ機能などバリエーションが豊富にラインナップされています。コストを抑えたい場合は現在お使いのウォシュレットを取外して再利用することにも対応

トイレ交換と一緒にやっておきたい内装工事の費用相場

トイレの床クッションフロアおよび壁クロスの張替えは、便器が取り付けられた状態だと上手く張替えができなかったり、手が入らないところは張替えができないため、トイレ交換と一緒に床壁の内装張り替え工事を是非ともやっておきたいところです。この費用についても業者ごとに費用が異なりますので、参考として交換できるくんの内装工事費用一覧をご案内いたします。他社にてお見積りが出ている場合は、比較材料としてお使いください。

内装工事 幅180×奥行180cmまで 幅180×奥行180cm以上
床クッションフロア
14,850
円(税込)
24,200
円(税込)
壁クロス スタンダードタイプ
35,200
円(税込)
55,000
円(税込)
ハイグレードタイプ
45,100
円(税込)
64,900
円(税込)
※天井も張り替える場合(照明脱着費含む)は、+
5,500
円(税込) で承ります。
※トイレ室内に小便器・洗面化粧台がある場合の壁紙工事費は、個別で見積りいたします。 ※トイレと同時交換のオプション工事となります。内装のみの工事は承っておりません。

トイレリフォームの補助金・助成金について

最新型の節水型トイレは、各市町村で実施されている助成金・補助金の対象となっているケースがあります。お住まいの地域に助成金・補助金制度があれば、それらを活用することでよりオトクにトイレ交換が行える場合があります。これらの制度を利用する場合は、対象の業者であるかどうかなども確認が必要です。

自治体によってトイレリフォームに使用できる補助金や助成金が異なります。

お住まいの自治体によっては制度がない場合もあります

各自治体ごとに補助金・助成金が準備されており、内容は千差万別。中古住宅購入時に使えるものや子供がいる家庭につかえるもの、工事は自治体が選定する場合や同じ自治体に主たる営業所をもつ業者でなければならない場合など条件が様々です。またトイレフォーム・トイレ交換に使える補助金が用意されていない自治体もあるので、詳細はお住まいの自治体ホームページをご確認、または役所の担当窓口にお問い合わせください。

受給条件

住民登録されていて、住まいが自治体にあること住民税の滞納がないこと、など。

申請者

本人による申請が基本となります。

助成金額

各自治体の補助金・助成金ごとに異なります。

期限

年度内に期限が設けられていて、予算に到達すると早期終了する場合もあります。

各自治体のリフォーム(リノベーション)補助金・助成金

本ページではトイレリフォームで使える補助金についてご案内していますが、各自治体ではその他のリフォーム・リノベーション補助金を用意しているケースがあります。下記に該当するリフォーム、特に省エネルギーリフォームをご検討の際は、一度お住まいの自治体ホームページをご確認ください。

外壁塗装、外壁を張り替える工事、屋根葺き替え(雨漏り修理/修繕)、外構工事、壁/天井の断熱リフォーム、断熱窓への交換、内窓サッシ取付、防音サッシ取付、玄関ドア交換、お風呂の断熱化、太陽熱温水器設置、蓄電池設置、太陽光発電(ソーラー発電)、排水配管洗浄、エコジョーズ給湯器への交換、エコキュートの設置、フェンスなどの外構部工事、洗面化粧台/台所をウェルネスタイプに取り替え、トイレに手洗いを新たに取付/増設、抗菌・抗ウイルス対策(コロナ対策)、壁クロスを張り替える など

トイレ交換なら「交換できるくん」にお任せください!

交換できるくんは、工務店やリフォーム会社が取り扱う大きなリフォーム・リノベーションではなく、住宅設備の交換を専門的に取り扱っています。この他社には無い専門性は20年ものノウハウ蓄積があり、お客様の声に耳を傾けながら磨き上げたサービスは今なお向上を目指し続けております。交換できるくんは、5年後、10年後といった未来のアフターサービス依頼時でも安心してご利用いただける盤石な財務体制があり、法令順守の徹底や高いサービス水準が求められる上場を果たした企業(東証マザーズ証券コード7695)です。全ての要素において、お客様へ安心と満足をお届けできる体制を整えております。

交換できるくんは住宅設備交換のパイオニアとして工事のネット見積りを開始して20年。おかげさまで東証マザーズに上場いたしました。

トイレ(便器)の交換工事について

トイレリフォームの流れ

  • 1.トイレを選ぶ

    交換されたいトイレをお選びください。当社にてお客様にあった商品をご案内することも可能です。

  • 2.見積りをご依頼

    トイレが決まったら見積りをご依頼ください。現行の画像をお送りいただければ、設置適合確認もバッチリ!

  • 3.ご注文

    見積りの内容にご納得いただいたらご注文手続きをお願いいたします。工事日程のご希望をおうかがいします。

  • 配管を取り外し、持参した新しい水洗トイレに取り替える工事を行います。故障や老朽化した古いトイレは当社で撤去・廃棄処理いたします。

    4.交換工事

    工事担当が商品を持って、お客様のご自宅へお伺いし、交換工事を行います。

トイレ専用無料見積りフォームはこちら
交換できるくんが選ばれる理由
交換工事対応エリア(札幌/仙台/関東/東海/関西/中国/福岡)を確認する
新型コロナウイルス感染症への当社の取り組みについて