浄水器の種類と選び方

浄水器の種類と選び方

一言で浄水器といってもメーカーや製品の種類(ビルトイン型、カートリッジ内蔵型、蛇口直結型、ポット型、据置型)、設置方法、性能、価格など様々です。また設置環境やご利用用途によっても選ぶ機種は異なります。たくさん商品があるので、何がどう違って、どれが我が家に合った浄水器なんだろう・・・。と悩まれている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、浄水器の選び方のポイントをご紹介しておりますので、是非ご参考にしてみてください!

交換できるくんでは、蛇口直結型浄水器、ポット型浄水器、据置型浄水器および、アルカリイオン整水器、水素水生成器のお取り扱いはございません。

蛇口直結型浄水器 ポット型浄水器 据置型浄水器

浄水器のメーカーをご紹介!

取付タイプ別 浄水器商品一覧

カートリッジ内蔵型

カートリッジ内蔵型浄水器
水栓本体にカートリッジが内蔵されているタイプ。お手軽で、カートリッジの交換がラクなのも魅力!

ビルトイン型

ビルトイン型
シンク下にカートリッジを設置する大容量タイプ。浄水能力が高く本格的に浄水器を取り入れたい方におすすめ!

蛇口のタイプから浄水器を選ぶ

取付タイプの種類が多い浄水器。現在お使いの蛇口の種類や設置状況により、お好きな設置方法をご選択いただけます。ここでは、取付タイプやそれぞれのメリット・デメリットを含めてご紹介します!

1つの蛇口で水道水・浄水を使いたい!!

1. シンク回りがすっきり!1つの蛇口で、浄水・水道水(原水)・お湯を使い分けできる。
2. 現在お使いの蛇口タイプで取付が可能なので、シンクやカウンターに新規の穴あけ工事不要!
3. 穴あけ工事が不要なので、賃貸物件でも取付が可能!

【混合水栓】

  ビルトイン型・アンダーシンク型 浄水器一体型
取付タイプ
特徴

◎シンク回りが広々とすっきり

◎カートリッジ(フィルター)の容量が大きいので、浄水能力が高い

◎カートリッジの使用期間が長い

×内蔵型に比べると価格が高め

×シンク下にカートリッジの置き場が必要

◎蛇口を交換するだけで浄水も使えるので、手軽に浄水器を取り入れられるタイプ。

◎シンク回りもシンク下の収納もすっきり使える。

◎シャワー引出し式の蛇口タイプが多い。

×カートリッジの交換回数が多い

トリッジ

約1年に1回交換

浄水能力:除去物質対象の13物質除去

価格:約15,000円~20,000円

約4ヶ月に1回交換(1年で計3本)

浄水能力:メーカーにより5物質~12物質除去

価格:約3,000円~5,000円

(お得な3本セットもあり)

蛇口タイプデザイン

●専用水栓との組み合わせになります。

※キッツマイクロフィルターの「オアシックス プレミアム」につきましては、お好きな水栓をご選択いただけます。

●水栓により、浄水の操作方法は様々です。タッチレス水栓、浄水器専用レバーがある水栓、1つのレバーで全て操作する水栓など、使い勝手が大きく異なります。

●吐水口の首部分にカートリッジが内蔵されるため、蛇口のデザイン的には首部分が少し太めです。

●ツーホール、壁付タイプの蛇口も選択できます。

ビルトイン型浄水器混合水栓
商品一覧 >
浄水器内蔵型混合水栓
商品一覧 >

水道水の蛇口とは別に、浄水器専用の蛇口で使いたい!

1. 浄水だけの吐水なので、分かりやすく、使い勝手抜群!
2. グースネックの蛇口タイプが多いので、深い鍋なども使いやすい!
3. スマートでスタイリッシュな蛇口タイプが多く、デザイン性も◎!

【専用水栓】

  ビルトイン型・アンダーシンク型 浄水器一体型
取付タイプ
特徴

◎お湯や水と同時に浄水が使えるので飲用や料理用として使い勝手がいい

◎カートリッジ(フィルター)の容量が大きいので、浄水能力が高い

◎カートリッジの使用期間が長い

×シンクやカウンターへの穴あけ工事が必要

×内蔵型に比べると価格が高め

×シンク下にカートリッジの置き場が必要

◎お湯や水と同時に浄水が使えるので飲用や料理用として使い勝手がいい

◎カートリッジの交換が簡単。

◎シンク下に場所をとらない。

×シンクやカウンターへの穴あけ工事が必要

×カートリッジの交換回数が多い

トリッジ

約1年に1回交換

浄水能力:除去物質対象の13物質除去

価格:約15,000円~20,000円

約4ヶ月に1回交換(1年で計3本)

浄水能力:メーカーにより5物質~13物質除去

価格:約3,000円~5,000円

(お得な3本セットもあり)

蛇口タイプデザイン

●専用水栓との組み合わせになります。

※キッツマイクロフィルターの「オアシックス I形浄水器」につきましては、お好きな水栓をご選択いただけます。

●浄水器専用水栓で、浄水のみを吐水することから、蛇口デザインはすっきりとしたスマートなタイプが多く、カウンタータイプやアイランドタイプの見せるキッチンにもおススメです。

●蛇口本体部分にカートリッジが内蔵されるため、本体が太く、吐水口が細いデザインが特徴です。

●混合水栓の内蔵型に比べると、浄水能力が高め。

 
ビルトイン型浄水器専用水栓タイプ
商品一覧 >
浄水器内蔵型専用水栓タイプ
商品一覧 >

カートリッジから浄水器を選ぶ

浄水器一体型とビルトイン型でカートリッジの大きさ、除去性能、寿命が異なります。また、カートリッジには、浄水能力の違いにより標準タイプと高性能タイプの2種類発売されていることが多く、カートリッジの交換時に選択することができます。
※初回に付属されているカートリッジは、機種により異なります。

カートリッジの設置場所

ビルトイン型・アンダーシンク型 浄水器一体型
カートリッジ設置場所
交換目安(寿命)
浄水能力
:シンク下
:1年に1回
:13物質、13物質+2物質

●浄水性能にこだわる方はこちらがおすすめ!
●浄水器一体型に比べるとカートリッジがシンク下にあり、給水・排水ホースの接続がある為、交換が少し手間。(下記は一例です)
●シンク下に場所をとる。

ビルトイン型浄水器のカートリッジ設置・取付け手順
カートリッジ設置場所
交換目安(寿命)
浄水能力
:蛇口に内蔵
:4ヶ月に1回
:5~13物質。
機種により様々。
●価格も重視して手軽に浄水器を利用したい方はこちらがおすすめ!
●カートリッジの交換が比較的簡単。(下記は一例です)
●カートリッジがコンパクトで場所もとらず、保管も便利。
浄水器一体型(蛇口内蔵)のカートリッジ設置・取付け手順

カートリッジの種類

【ビルトイン型・アンダーシンク型】

メーカー 標準タイプ 高性能タイプ
TOTO
TH634-2|標準タイプ|カートリッジの種類(ビルトイン型・アンダーシンク型)
TH634-2

12物質除去

初回付属
商品詳細 >

-

LIXIL
JF-43N|標準タイプ|カートリッジの種類(ビルトイン型・アンダーシンク型)
JF-43N

13物質除去

商品詳細 >
JF-45N|高性能タイプ|カートリッジの種類(ビルトイン型・アンダーシンク型)
TH634-2

13+2物質除去

初回付属

※鉄・アルミニウムの除去がプラス

※初回付属はこちらのカートリッジ

商品詳細 >
クリンスイ
UZC2000|標準タイプ|カートリッジの種類(ビルトイン型・アンダーシンク型)
UZC2000

13物質除去

初回付属

※1日20L使用で1年もつ。

商品詳細 >
UNC1000|高性能タイプ|カートリッジの種類(ビルトイン型・アンダーシンク型)
UNC1000

13物質除去

※除去物質数は同じ。1日27L使用で1年もつ大容量タイプ。

商品詳細 >
キッツ
マイクロ
フィルター
(オアシックスⅡ形)
OSSC-4|標準タイプ|カートリッジの種類(ビルトイン型・アンダーシンク型)
OSSC-4

13物質除去

初回付属|標準タイプ・高性能タイプのいずれかを選べます

※1日20L使用で1年もつ。

商品詳細 >
OSSC-7|高性能タイプ|カートリッジの種類(ビルトイン型・アンダーシンク型)
OSSC-7

13+2物質除去

初回付属|標準タイプ・高性能タイプのいずれかを選べます

※鉄・アルミニウムの除去がプラス

※1日30L使用で1年もつ大容量タイプ。

商品詳細 >

【浄水器一体型】

メーカー 標準タイプ 高性能タイプ
TOTO
TH658S|標準タイプ|カートリッジの種類(浄水器一体型)
TH658S

5物質除去

初回付属
商品詳細 >
TH658-2|高性能タイプ|カートリッジの種類(浄水器一体型)
TH658-2

11物質除去

商品詳細 >

LIXIL

対象シリーズ

eモダンタイプ

FSタイプ

FNタイプ

壁付タイプ

浄水器専用水栓

JF-20|標準タイプ|カートリッジの種類(浄水器一体型)
JF-20

5物質除去

初回付属

※混合水栓用

商品詳細 >
JF-53|標準タイプ|カートリッジの種類(浄水器一体型)
JF-53

13物質除去

初回付属

※専用水栓用

商品詳細 >
JF-21|高性能タイプ|カートリッジの種類(浄水器一体型)
JF-21

5物質除去

※除去物質数は同じ。塩素の除去カートリッジが高く95%除去。混合水栓用。

商品詳細 >

LIXIL

対象シリーズ

AJタイプ

JF-K10-A|標準タイプ|カートリッジの種類(浄水器一体型)
JF-K10-A

5物質除去

初回付属
商品詳細 >
JF-K11-A|標準タイプ|カートリッジの種類(浄水器一体型)
JF-K11-A

8+2物質除去

初回付属
商品詳細 >
JF-K12-A|高性能タイプ|カートリッジの種類(浄水器一体型)
JF-K12-A

11+4物質除去

※除去物質数は同じ。塩素の除去カートリッジが高く95%除去。混合水栓用。

商品詳細 >
クリンスイ
CNC0001T|標準タイプ|カートリッジの種類(ビルトイン型・アンダーシンク型)
CNC0001T

13物質除去

初回付属
商品詳細 >

-

浄水能力数値の見方

浄水器には、浄水能力として表示されている仕様書がありますが、その数値が何を表しているかの明記はないため、どう見たらいいかわからないことが多いと思います。ここでは、仕様書の項目が何を表しているのか詳しくご説明します!
カートリッジ品番 OSSC-4
材料の種類 ABS樹脂
ろ材の種類■ 1 中空糸膜、活性炭、不織布
ろ過流量■ 2 3.5L/分
使用可能な最小動水圧 0.07Mpa
浄水能力
*1
遊離残留塩素 総ろ過水量 30,000L(除去率80%)■ 3
濁り 総ろ過水量 30,000L(ろ過流量50%)
総トリハロメタン 総ろ過水量 8,000L(除去率80%)
クロロホルム 総ろ過水量 8,000L(除去率80%)
ブロモジクロロメタン 総ろ過水量 14,000L(除去率80%)
ジブロモクロロメタン 総ろ過水量 15,000L(除去率80%)
ブロモホルム 総ろ過水量 19,000L(除去率80%)
テトラクロロエチレン 総ろ過水量 17,000L(除去率80%)
トリクロロエチレン 総ろ過水量 12,000L(除去率80%)
1,1,1-トリクロロエタン 総ろ過水量 9,000L(除去率80%)
CAT(農薬) 総ろ過水量 80,000L(除去率80%)
2-MIB(カビ臭) 総ろ過水量 36,000L(除去率80%)
溶解性鉛 総ろ過水量 8,000L(除去率80%)
除去性能① *2 鉄(微粒子状)
アルミニウム(中性)
除去性能② *3 細菌除去能力 99.999%
ろ材の交換時期の目安■ 4 1ヵ年(1日あたりの使用水量20L)
カートリッジ質量(満水時) 0.7kg(1.3kg)
カートリッジサイズ 最大径109mm × 高さ176mm
給水装置の構造及び材質の基準による表示 *4 水道法基準適合性能項目 浸出性能
認証登録番号 W-1
型式 OSS-4

※キッツマイクロフィルター公式HP参照(2020年5月時点)

※1 JIS-S3201に準拠した浄水器カートリッジの性能試験結果

※2 JWPAS-B100に従った試験方法により除去が確認された物質

※3 JIS-S3201(参考)細菌除去試験方法により除菌率99.999%

※4 公益社団法人日本水道協会の認証登録品

■1. ろ材の種類

浄水能力の肝となるフィルターの種類です。メーカーにより多少の違いはありますが、主として使われているのは「不織布」「活性炭」「中空糸膜」です。

■2. ろ過流量

浄水性能を十分に発揮するための最大吐水量です。この数値より多い量の水を出した場合、活性炭で除去物質を十分に吸着できない場合があるため、除去能力が落ちる目安の水量です。

■3. 総ろ過水量

通常使用している除去率を100%とし、除去率が80%に落ちるまでにどれくらいの水量を浄化出来るかを表しています。例えば、上記表の「遊離残留塩素:総ろ過水量30,000L」は、浄水を30,000L使用した場合、遊離残留塩素の除去率が80%に落ちることを表します。

※除去率は法令で決められている数値です。濁りだけ50%ですが、こちらも法令で定められた数値です。

■4. ろ材の交換時期の目安

ビルトイン型の場合は約1年に1回、内蔵型の場合は約4ヶ月に1回が交換時期の目安ですが、これは記載されている1日の浄水使用水量が基準となります。浄水の使用頻度や水質などにより異なるため、参考値として表示されています。

浄水器取付タイプ別 かんたん比較

浄水器は、取り付け方により大きく5タイプに分けられます。

交換できるくんでは、キッチンまわりがスッキリ使える「ビルトイン型」と「浄水器一体型」を取り扱っております。

※下記でご案内している数値は目安となり、商品によって異なりますので、あらかじめご了承ください。

取付
タイプ

ビルトイン型

ビルトイン型|浄水器取付タイプ別 かんたん比較

浄水器一体型

浄水器一体型|浄水器取付タイプ別 かんたん比較

据置型

据置型|浄水器取付タイプ別 かんたん比較

ポット型

ポット型|浄水器取付タイプ別 かんたん比較

蛇口直結型

蛇口直結型|浄水器取付タイプ別 かんたん比較
特長

混合水栓、浄水専用水栓を選べて、キッチン回りがスッキリ。

カートリッジの容量が大きいので浄水能力が高く、使用期間が長い

カートリッジが内蔵なので蛇口1つで水・浄水・湯を使え、キッチンまわり、シンク下がスッキリ。こまめなカートリッジ交換が必要。

高機能なものが多く、大がかりな工事が必要なく設置できる。シンク上に本体を置くスペースが必要。

浄水を冷蔵庫で冷やしたり、持ち運びができるのが大きなポイント。手軽に使えるが、こまめなカートリッジ交換が必要。

小型で蛇口先端に取り付けて、切り替えレバーで水と浄水を使い分ける。手軽に使えるが、こまめなカートリッジ交換が必要。

浄水能力 11~13物質 5~11物質 11~13物質 12~13物質 7~13物質
カートリッジ交換目安 約1年 約4ヶ月 約1年 約2~3ヶ月 約1~3ヶ月
商品例
■パナソニック(Panasonic)「アルカリイオン整水器 TK-AS46」
■ブリタ(Brita)「リクエリ マクストラプラス」
■クリンスイ「コンパクトモデルCP012」
■東レ(TORAY)「トレビーノ カセッティシリーズ 高除去タイプ MK307MX」

浄水器 人気ページ

交換できるくんが選ばれる理由
交換工事対応エリア(札幌/関東/東海/関西/福岡)を確認する
新型コロナウイルス感染症への当社の取り組みについて
蛇口・水栓人気・売れ筋ランキング