化粧鏡・価格やグレードで洗面台を選ぶ|洗面化粧台の選び方

価格・グレードで洗面台を選ぶ
各シリーズごとの価格とバリエーションを一覧比較。価格から商品選定を行う際にお役立てください。
※価格は交換できるくんでの販売価格で比較しています。

シリーズごとの価格比較一覧

洗面化粧台のシリーズ別価格一覧表|TOTO、LIXIL(リクシル)、Panasonic(パナソニック)のグレードごとに洗面台を選ぶ
メーカー ベーシックグレード メイングレード
TOTO Vシリーズ サクア
LIXIL オフト ピアラ
パナソニック サクア シーライン

シリーズごとの価格比較一覧

ベーシックグレードとメイングレードの違いは選択肢の多さです。メイングレードの方がミラーキャビネットも洗面キャビネットも選択肢が多くなるので、よりお好みに近い選択ができるようになります。

選べる
点数
ベーシックグレード メイングレード
toto|TOTO、LIXIL(リクシル)、Panasonic(パナソニック)のグレードごとに洗面台を選ぶ

Vシリーズ

LIXIL|TOTO、LIXIL(リクシル)、Panasonic(パナソニック)のグレードごとに洗面台を選ぶ

オフト

Panasonic|TOTO、LIXIL(リクシル)、Panasonic(パナソニック)のグレードごとに洗面台を選ぶ

エムライン

toto|TOTO、LIXIL(リクシル)、Panasonic(パナソニック)のグレードごとに洗面台を選ぶ

サクア

LIXIL|TOTO、LIXIL(リクシル)、Panasonic(パナソニック)のグレードごとに洗面台を選ぶ

ピアラ

Panasonic|TOTO、LIXIL(リクシル)、Panasonic(パナソニック)のグレードごとに洗面台を選ぶ

シーライン

ミラー
キャビネット
20 27 5 22 30 64
洗面
キャビネット
6 25 4 156 231 613

※1.点数は2020年9月時点のメーカー公表値となります。最新情報については各メーカーの公式ページをご参照ください。
※2.交換できるくん取り扱い品番のみ抜粋しています。(シーラインワイドカウンターの取り扱いはありません)
※3.左右勝手はひとつとしてカウントしています。
※4.扉カラーはグレードごとのカウントとし、選択色種類についてはカウントしていません。

グレードごとの違いについて

各メーカーそれぞれのグレードで機能やデザインの差別化を図っています。同メーカーのグレードで何が違うかまとめましたのでご参照ください。

TOTO洗面台のグレードによる違い

LED照明のデザイン

VシリーズのLED照明デザイン|TOTO洗面化粧台シリーズ比較
サクアのLED照明デザイン|TOTO洗面化粧台シリーズ比較
Vシリーズの大きめのLED照明ですが、サクアにはスリム設計のワイドLED照明が採用されています。これによりミラー部分の面積が大きくなり、またデザイン面でもスタイリッシュな印象を与えてくれます。

水栓蛇口の仕様

Vシリーズ洗面水栓の機能|TOTO洗面化粧台シリーズ比較
サクア洗面水栓の機能|TOTO洗面化粧台シリーズ比較
ベーシックグレードのVシリーズはデッキ水栓(洗面台から立ち上がっているタイプ)を採用していますが、サクアは壁出し水栓を採用しています。
壁出し水栓を採用することで洗面ボウルを大きく設計できるメリットがある反面、水栓のみ交換の際は専用品以外では対応ができないといったデメリットもあります。

洗面ボウルの違い

Vシリーズ洗面ボウルの特徴|TOTO洗面化粧台シリーズ比較
サクア洗面ボウルの特徴|TOTO洗面化粧台シリーズ比較
Vシリーズに比べサクアは奥行き、深さがともに大きく設計されています。また水栓位置が高いため、深さのあるバケツに水を貯めることも可能です。

きれい除菌水

Vシリーズ除菌機能の特徴|TOTO洗面化粧台シリーズ比較
サクアきれい除菌水の特徴|TOTO洗面化粧台シリーズ比較
オプションにはなりますが、サクアにはTOTO独自機能の「きれい除菌水」が選べます。キレイ除菌水によって歯ブラシを除菌したり、排水口を除菌して汚れを抑制してくれます。
8時間使用しないときは自動で排水口に吹きかけてくれる機能も搭載されています。

洗面キャビネットの収納力、使い勝手

Vシリーズ洗面キャビネットの収納力|TOTO洗面化粧台シリーズ比較
サクア洗面キャビネットの収納力|TOTO洗面化粧台シリーズ比較
Vシリーズ洗面キャビネットの使い勝手|TOTO洗面化粧台シリーズ比較
サクア洗面キャビネットの使い勝手|TOTO洗面化粧台シリーズ比較
使い勝手のよいオールスライドキャビネットが選べるのはサクアだけです。またサクアは洗面ボウル前面部に収納を設け、引出しは奥まで使える奥ひろ収納設計で引出しタイプでも大きな収納量が確保されているのが特徴です。
※排水の位置によってはは別途専用部材が必要になったり、場合により引出しタイプの設置が出来ない事があります。

デッドスペースの活用

Vシリーズのデッドスペース活用|TOTO洗面化粧台シリーズ比較
サクアのデッドスペース活用|TOTO洗面化粧台シリーズ比較
通常はデッドスペースになってしまうケコミ部分に体重計が収納できるのもサクアだけの機能です。引出しは荷重がかかると固定される仕組みなので、引出しに体重計を入れたまま使えるのも便利です。

LIXIL洗面台のグレードによる違い

水栓蛇口の仕様

オフト洗面水栓の仕様|LIXIL(リクシル)洗面化粧台シリーズ比較
ピアラ洗面水栓の仕様|LIXIL(リクシル)洗面化粧台シリーズ比較
ベーシックグレードのオフトはデッキ水栓(洗面台から立ち上がっているタイプ)を採用していますが、ピアラは壁出し水栓を採用しています。
壁出し水栓を採用することで洗面ボウルを大きく設計できるメリットがある反面、水栓のみ交換の際は専用品以外では対応ができないといったデメリットもあります。

洗面ボウルの違い

オフト洗面ボウルの特徴|LIXIL(リクシル)洗面化粧台シリーズ比較
ピアラ洗面ボウルの特徴|LIXIL(リクシル)洗面化粧台シリーズ比較
オフトに比べピアラは奥行き、深さがともに大きく設計されています。また水栓位置が高いため、深さのあるバケツに水を貯めることも可能です。

ステップスライド機能

オフト|LIXIL(リクシル)洗面化粧台シリーズ比較
ピアラのステップスライドの特徴|LIXIL(リクシル)洗面化粧台シリーズ比較
下段引出しが踏み台になる『ステップスライド』のバリエーションがあるのはピアラだけ。ステップスライドがあれば小さなお子様もラクに洗面台が使えるようになります。
※排水の位置によってはは別途専用部材が必要になったり、場合によりステップスライドは設置出来ない事があります。

パナソニック洗面台のグレードによる違い

LED照明の違い

エムラインLED照明の特徴|Panasonic(パナソニック)洗面化粧台シリーズ比較
シーラインLED照明の特徴|Panasonic(パナソニック)洗面化粧台シリーズ比較
エムラインはミラー上部にLED照明が設置された一般的なタイプですが、シーラインは正面から顔を照らしてくれるツインラインLEDを採用しています。これにより影ができやすかった部分をキレイに照らしてくれるようになります。

選べる水栓の種類

エムラインで選べる洗面蛇口の種類|Panasonic(パナソニック)洗面化粧台シリーズ比較
シーラインで選べる洗面蛇口の種類|Panasonic(パナソニック)洗面化粧台シリーズ比較
エムラインはシャワーヘッド引出しタイプのコンビネーション水栓ですが、上級グレードのシーラインは12もの水栓種類から選ぶことができます。
※シーラインの画像はタッチレス水栓です。

選べるカウンター

エムラインで選べる洗面カウンターの種類|Panasonic(パナソニック)洗面化粧台シリーズ比較
シーラインで選べる洗面カウンターの種類|Panasonic(パナソニック)洗面化粧台シリーズ比較
シーラインでは他のシリーズと比べても珍しい『タイル調カウンター』の選択もできるようになっています。ボウルとカウンターには継ぎ目がないので、拭きやすくお手入れもカンタンです。
※タイル調カウンターにはタッチレス水栓、コンビネーション水栓は選べません。

ミドル部分が選べます

エムラインで選べるミドル収納の種類|Panasonic(パナソニック)洗面化粧台シリーズ比較
シーラインで選べるミドル収納の種類|Panasonic(パナソニック)洗面化粧台シリーズ比較
洗面カウンターとミラーキャビネットの間のミドル部分にちょっとした収納がシーラインなら設けられます。
※ミラーキャビネット幅75cmと幅90cmで選択可能