化粧鏡・洗面ミラーから洗面台を選ぶ|洗面化粧台の選び方

化粧鏡のタイプで洗面台を選ぶ
化粧鏡・洗面ミラーのタイプで選ぶ|洗面化粧台の選び方
化粧鏡は1面鏡・2面鏡・3面鏡と3つのバリエーションがありますが、顔の映りを左右する照明、曇りにくい鏡、収納内部で電源が使えるなど工夫は各社それぞれ。
見落としがちな化粧鏡の使い勝手をこのページで詳しくご紹介いたします。

洗面台の面数は幅に関係しています

1面鏡 2面鏡 3面鏡
1面鏡は幅500mm、600mm、750mmから選べます|洗面化粧台(一面鏡)の選び方 2面鏡は幅600mm、900mmから選べます|洗面化粧台(二面鏡)の選び方 3面鏡は幅750mm以上から選べます|洗面化粧台(三面鏡)の選び方
幅500mm 幅500mm 幅500mm
幅600mm 幅600/900mm 幅600mm
幅750mm 幅750mm 幅750mm以上

幅が狭い500mmや600mmには3面鏡のラインナップは各社とも用意されていません。ただし600mmの場合は750mm以上の幅に用意されていない2面鏡が用意されています。

※パナソニックシーラインのみ、幅900mmに2面鏡が用意されています。

各メーカー化粧鏡の特色

化粧鏡には各メーカーの特色があります。TOTO、LIXIL(リクシル)、Panasonic(パナソニック)それぞれのポイントをご紹介いたします。

TOTO 洗面化粧台

スウィング三面鏡

スウィング三面鏡|TOTO洗面化粧鏡の機能・特徴

左右の鏡が、左右どちらからでも開閉できるスウィング三面鏡はTOTOのみ選択が可能です。

洗面ミラーが左右片側からしか開閉できない場合、収納へのアクセスがしづらい
洗面ミラーが左右両側から開閉できる場合、収納へのアクセスがしやすい

左右どちらにも開くことができるので壁際に取り付けても鏡裏収納へのアクセスがしやすくなります。

LIXIL 洗面化粧台

アジャストミラー

アジャストミラー|LIXIL(リクシル)洗面化粧鏡の機能・特徴

現場で1cm単位の調整が可能なので、高さに制限がある(吊戸棚がある、マンションなどで梁下に設置する)場合に有効なアジャストミラーはLIXILにだけ設定されています。

アジャストミラー使用時の高さ調整

オフト・・・1,680~1,880mm
ピアラ・・・1,780~1,900mm

パナソニック 洗面化粧台

ツインラインLED照明

ツインラインLED照明|Panasonic(パナソニック)洗面化粧鏡の機能・特徴
上から照らす照明は影が出やすい|Panasonic(パナソニック)洗面化粧鏡の機能・特徴
正面から照らす照明は影が出にくい|Panasonic(パナソニック)洗面化粧鏡の機能・特徴

従来の上から照らす照明では影が出やすかった、顔側面、あごの下、鼻の下にも、しっかりと光が当たるツインラインLED照明はパナソニックシーラインにのみ用意されています。

すっきり家電収納

収納したまま充電、すっきり家電収納|Panasonic(パナソニック)洗面化粧鏡の機能・特徴

収納内にコンセントが2箇所設けられていることで、電動歯ブラシやシェーバーなどの充電切れや出しっぱなしをなくせるのはパナソニックシーラインのみ用意されています。