卓上IHとビルトインIHを徹底比較

卓上IHとビルトインIHを徹底比較
卓上IHとビルトインIHヒーターを徹底比較|卓上、据置、ビルトインタイプの違い
IHクッキングヒーター(IHコンロ)と一口に言っても、設置タイプによって機能や用途はまったく別物です。設置タイプは大きく分けて3種類、システムキッチンに組み込んだ「ビルトイン型」、薄型で持ち運べる「卓上型」、ブロックキッチンに固定する「据置型」があります。
ビルトイン型IHヒーターは、ガスコンロと比べ性能・機能どちらも劣りません。ガスからIHへの交換を検討していて、「以前使っていた卓上IHのように火力が弱かったら」と心配されている方もご安心ください。ビルトイン型が他とどのように違って高性能なのか、その理由をご紹介いたします。

ビルトイン型と卓上型IH、据置型IHの使い分け

IHヒーターは設置タイプによって、使用する場面がまったく違います。ビルトイン型はビルトインコンロの役割を果たしますが、卓上型はカセットコンロの代わりで使用するのが一般的です。 また、IHヒーターが鍋を熱する仕組みはどの設置タイプも同じですが、構造は大きく異なります。構造が違うため性能も違い、ビルトイン型が構造的に最も高性能なタイプとなります。

ビルトイン型のIHヒーターならガスコンロ並みの高機能

キッチンがすべて一体化したシステムキッチンに埋め込まれたタイプのIHヒーターが「ビルトイン型」です。厚みがあり、多くはグリルの機能を持っています。電源はキッチンに隠れており、設置後にコンセントを抜き差しすることはできません。
現在システムキッチンでガスコンロを使用されているご家庭であれば、基本的にビルトイン型IHクッキングヒーターへの交換が可能です。IHヒーターの天板幅や本体サイズはガスコンロの一般的な規格と一致しているため、大掛かりな解体工事は不要です。

ビルトインタイプのIHクッキングヒーターは高機能かつ簡単に取付け可能

ビルトイン型IHヒーターの火力や調理の幅は、ビルトインガスコンロに勝るとも劣りません。グリルではガスコンロと変わらず焼き魚などが調理できます。カラフルな液晶画面で操作できたり、IoTに対応していたりする機種があること等は、電化製品ならではの強みです。

卓上型のIHは鍋料理やひとり暮らしの方に人気

薄い板状で、コンセントにつなげば場所を選ばず使用できるタイプが「卓上型」IHです。サイズの関係で1口タイプが主流。シンプルな機能で低価格の製品が多くなっています。

卓上IHヒーターは鍋料理や焼き肉などを食卓で調理するものです。カセットコンロやホットプレートと比較すべきものであり、一人暮らしであっても、ガスコンロの代わりとしてメインの調理器具にすることは難しいタイプです。

卓上型のIHは鍋料理やひとり暮らしの方に人気|1口IHヒーターが主流

据置型IHはガステーブルからの交換用として設置

流し台やガス台がつながっていないブロックキッチンに設置するのが「据置型」です。キッチンに乗せているだけなので、設置工事は必要ありません。グリル機能を持った厚みのあるタイプと、卓上型のように持ち運べる板状の本体を専用台に置くタイプとがあります。

据置型は賃貸住宅に多く見られます。そのため据置型は、低価格・低機能で2口の機種が主流となっています。
オプションで専用枠を設置すればビルトインIHへ変更できます。

据置型IHはガステーブルからの交換用として設置|2口IHヒーターが主流

ビルトイン型IHが高性能な理由とは

3種類のIHヒーターのうち、最も高性能な機種が選べるのがビルトイン型です。低価格帯の機種も豊富にそろっているため、機種選びの幅も広くおすすめです。

大火力で本格調理が可能です

ビルトイン型が高性能な理由として、高圧(V・ボルト)の電力を使っていることが挙げられます。日常的に目にするコンセントは100V用となっており、ビルトイン型のIHヒーターを使用する場合は200V用のコンセントがキッチンに必要となります。

電圧のボルト数は、IHヒーターの火力と関係しています。卓上型の多くは一般的な家電製品と同じ100Vの電源ですが、ビルトイン型は200Vを使用するため、ガスからIHに交換して火力が弱くなる心配はありません。

火力の目安としてキロワット(kW)という単位が使用されます。実際に鍋に伝わる熱量は、以下の計算式で参考値が求められます。

IHヒーターの火力とは|電圧のボルト数と火力の関係や100Vと200Vの違い

IHヒーターのキロワット数(kW) × 熱効率(%) = IHヒーターの火力(kW)

IHヒーターの設置タイプごとの熱量を計算すると、

ビルトイン型(KZ-YP76S) :2.9kW
卓上型(KZ-PH33):1.3kW
ガスコンロ:2.4kW

となり、ビルトイン型IHがガスコンロに勝る火力だと分かります。

※IHはすべてPanasonic製、ガスコンロはリンナイ製で計算

低価格から高機能まで選べる豊富なバリエーション

低価格から高機能まで選べる豊富なバリエーション

ビルトイン型は据置型と比べてバリエーションが豊富に用意されており、ハイグレード品からロープライス品まで取り揃っています。据置型は賃貸住宅での利用が多いこともあり、高機能品や3口タイプは数が限られています。
ビルトイン型ならではの便利な機能として、例えば「オールメタル対応」があります。オールメタル対応のIHヒーターであれば。銅鍋やアルミ鍋を使用できるため、ガスコンロからの買い替えでも調理器具をそのまま使うことができます。

設置タイプ別のIH機能比較

設置タイプ ビルトイン型 据置型 卓上型
メーカー Panasonic 三菱電機 Panasonic アイリス
オーヤマ
Panasonic T-fal(ティファール) アイリス
オーヤマ
KOIZUMI
(小泉成器)
山善
品番 KZ-AN76S CS-G318MS KZ-E60KG IHC-SG221 KZ-PH33 KZ2021JP IHK-T35-B KIH-1403/N YEA-140(B)
口数 3 3 2 2 1 1 1 1 1
最大火力 3.2kw 3.0kw 3.0kw 2.5kw 1.4kw 1.4kw 1.4kw 1.4kw 1.4kw
調理器具対応 オール
メタル
ラジエント
ヒーター
- - - - - - -
自動調理
メニュー数
12 3 3 - 3 - - - -
グリル火力 2.75kw 1.6kw 1.95kw 1.9kw - - - - -
グリル機能 水なし
両面焼き
水なし
両面焼き
水なし
両面焼き
両面焼き - - - - -
※2020年4月時点 各メーカーカタログを参照
※最新情報は異なる場合がございますので必ずメーカーサイトにてご確認ください。

卓上IHとビルトインIHのメリット・デメリットまとめ

メリット デメリット
ビルトイン型 ○ 高火力を選べる
○ 3口使用できる
○ グリルが使用できる
○ 選べる機種や機能が多い
× 設置工事が必要
× 200Vの電源が必要
卓上型 ○ 工事が不要
○ 価格が安い
○ 場所を選ばず使える
× 火力が弱い
× 2口以上の機種は少ない
据置型 ○ 工事が不要
○ グリルが使用できる
× 選べる機種、機能が少ない
× 200Vの電源が必要
× 3口の機種は少ない
同じ「IHヒーター」と言っても、設置タイプが違えばまったく別物です。卓上型の印象で「IHは火力が弱い」「IHは本格調理に使えない」という印象をお持ちだった方も、ぜひ一度ビルトイン型のIHヒーターをご検討ください。

IHクッキングヒーター・IHコンロ 人気ページ