【DIY】ビルトイン食洗機は自分で交換できる?プロの取り付け手順を紹介

ビルトイン食洗機を自分で交換・DIYできる?|プロの取り付け方法をご紹介ビルトイン食洗機を自分で交換・DIYできる?|プロの取り付け方法をご紹介

交換できるくんでビルトイン食洗機の交換及び新規設置(後付け)をする際の工事についてご紹介します。メーカー施工説明書だけではわからないプロの手順を写真付きで解説します。給排水工事の知識や経験が無い方のDIYについては当社で推奨していませんが、ご自身で交換または後付け可能かの判断にお役立てください。

自分でDIYできる?ビルトイン食洗機の取り付け手順

フロントオープンタイプ食洗機のDIY例とスライドオープン(プルオープン)タイプ食洗機のDIY例

ビルトインタイプ食洗機を自分で交換、新規取付(後付け)する手順についてご紹介いたします。交換と後付けで必要とする工具も異なります。本体に同梱されていない必要部材も合わせて掲載しております。

担当者よりDIYで取り付けをご検討されている方へ
比較的取付が簡単な卓上食洗機ではなく、ビルトインタイプの食器洗い乾燥機取付についての解説となります|食洗機のDIY方法を紹介

ビルトイン食洗機は工事を必要とする「住宅設備機器」です。卓上型食洗機のように「家電」とは異なり、取付工事に関しては道具、部材だけでなく経験も必要とされるプロ向け商品のため、様々なリスクが想定されます。

自分で取り付けできるかどうかはご自宅の設置状況や経験値によって異なりますので、一概に申し上げることはできません。

※給排水接続(及び電気工事)の基本的な理解が必要です。 ※DIYを行う場合は、お客様の自己責任でお願いいたします。

そのような事情のため、交換できるくんではビルトイン食洗機商品単体での販売は行っておらず、責任を持って提供できる「商品+工事のセット販売」のみとさせていただいております。

警告マーク

ビルトイン食洗機の交換・後付け工事は資格の保有者が推奨されています

ビルトイン食洗機の交換・後付け
工事は資格の保有者が推奨

  • 給水装置設置技術主任者
  • 排水設備工事責任技術者
  • 第一種電気工事士
  • 第二種電気工事士

無資格でも状況によりDIYは可能ですが、少しでも作業に不安がある方は多数の工事実績を持つ業者に依頼されることをおすすめします。なお、アース工事などの電気配線作業が発生する場合は、必ず電気工事士の資格が必要となりますのでご注意ください。

ビルトイン食洗機を自分で交換する手順

パナソニックのスライドオープン・ディープタイプ食洗機「M9シリーズ」をプロが交換する手順となります。

※ミドルタイプ及びフロントオープンタイプ、トップオープンタイプからの交換は内容が異なります。

手順 1

食洗機交換前の下準備

キッチン床に養生シートを敷く
養生シートまたはダンボールを敷く|ビルトイン食洗機を自分で交換するDIY手順
キッチン床に養生シートを敷く

ビルトイン食洗機交換時はキッチンの床に傷がつかないように養生シートを敷いて作業します。養生シートがない場合はダンボールなどで代用し、養生の下に細かなゴミが入り込まないように注意しながら進めます。

DIYに必要な工具や部材を確認しておく
取り付けに必要な工具や部材を確認する|ビルトイン食洗機を自分で交換するDIY手順
DIYに必要な工具や部材を確認しておく

ビルトイン食洗機の交換にはモンキーレンチ、ドライバー、電動ドリルなど多くの工具が必要となります。
作業前に必要となる工具や部材が揃っているか確認しておくとスムーズです。

交換に必要な工具・部材を確認する

手順 2

給水と電源供給を止める

必要に応じて引き出しを取り外す
シンク下、コンロ下の引き出しは状況により一時撤去が必要です|ビルトイン食洗機を自分で交換するDIY手順
必要に応じて引き出しを取り外す

シンク下に食洗機用止水栓があり、コンロ下にコンセントが設けられている場合は、それぞれの引き出しを一旦取り外します。食洗機下部に止水栓、コンセントがある場合は食洗機部分だけで作業ができるので引き出しの一時取り外しは不要です。

専用の止水栓で給水を止める
専用の止水栓で水を止める|ビルトイン食洗機を自分で交換するDIY手順
専用の止水栓で給水を止める

ビルトイン食洗機専用の止水栓で給水を止めます。食洗機専用止水栓が設けられていない場合は屋外にある水道メーターのバルブを閉めて、宅内への給水を止めます。

※止水栓の開閉に電動工具は使用不可です。
電源の供給を止める
点検口を開けると奥にコンセントがあります。留め金は失くさないように注意してください|ビルトイン食洗機を自分で交換するDIY手順
電源の供給を止める

ビルトイン食洗機のコンセントを抜いて、電源供給を止めます。
食洗機本体下にコンセントがある場合は、コンセントを引き抜いた後、差し込み口にホコリが入らないようにテープを貼っておきます。

食洗機本体下にコンセントがない場合は、コンロ下の奥にある点検口を開けると裏側にコンセントが設けられていることが多くあります。(点検口の留め金は失くさないように注意)

手順 3

既設の食洗機を撤去する

給水配管と排水配管を取り外す
白いゴムジョイント部を排水配管から取り外す|ビルトイン食洗機を自分で交換するDIY手順
給水配管と排水配管を取り外す

ビルトイン食洗機の給水及び排水配管を取り外します。排水管が本体後部にある場合、排水ジョイントの取り外しは食洗機を撤去した後に行います。配管を取り外すと排水から匂いが上がってきますが、新たに設置する食洗機の排水配管を接続すれば匂いは止まります。給水を外すと残水がこぼれるのでバケツなどで受けておきます。
給水配管の取り外しや接続にはモンキーレンチを使用します。

ビルトイン食洗機を撤去する
ビスを外して食洗機を引き抜く|ビルトイン食洗機を自分で交換するDIY手順
ビルトイン食洗機を撤去する

下部配管カバーを取り外し、固定ビス2ヶ所をドライバーで外します。ビルトイン食洗機本体を手前に引き出すと取り外すことができます。
重量があるので、作業時は充分にご注意ください。

食洗機の搬出後に台枠も撤去する
古い食洗機の搬出と台枠の撤去|ビルトイン食洗機を自分で交換するDIY手順
食洗機の搬出後に台枠も撤去する

故障しているビルトイン食洗機は本体内部に残水が多く残っていることもあるので、斜めに持つと漏れてしまことがあります。床やその周辺を汚さないように、故障しているビルトイン食洗機を搬出する際はできるだけ平行に持って搬出します。
その後、台枠を撤去します。

手順 4

周辺を清掃する

床や周辺を清掃する
古い食洗機の撤去後に床や周辺を清掃|ビルトイン食洗機を自分で交換するDIY手順
床や周辺を清掃する

普段清掃が出来ない場所なので、食洗機本体を撤去した際は合わせて掃除することをおすすめします。掃き掃除の他、拭き掃除が出来そうなら中性洗剤等で汚れを落とします。

手順 5

台枠の組み立てと設置位置の調整を行う

台枠を組み立てる
ドライバーで台枠を組み立てる|ビルトイン食洗機を自分で交換するDIY手順
台枠を組み立てる

施工説明書をご覧のうえ、新たに設置するビルトイン食洗機の台枠をドライバーなどを使用しながら組み立てていきます。

メーカーごと施工説明書を確認する
台枠の寸法を設置箇所に合わせて調整する(高さ)
台枠の高さ寸法を調整する|ビルトイン食洗機を自分で交換するDIY手順
台枠の寸法を設置箇所に合わせて調整する(高さ)

台枠の組み立てが出来たら、設置場所に合わせて最適な高さ寸法に調整します。台枠の脚部部分で調整し、横、奥行き全ての面で水平が保てているか水平器で確認します。

台枠の寸法を設置箇所に合わせて調整する(前後)
台枠の前後寸法を調整する|ビルトイン食洗機を自分で交換するDIY手順
台枠の寸法を設置箇所に合わせて調整する(前後)

左右の引き出しを元に戻し、配管カバーを取り付けた台枠を設置場所に置いて前後の調整を行います。配管カバーは構造上、上部より下部が手前に若干出っ張っています。食洗機本体の扉面は配管カバーの上部面と合うので、左右引き出し扉の面は、配管カバーの上部面と合わせると出面が揃いやすくなります。

担当者より出面位置が決まらない場合は?

経年使用による歪みでシステムキッチンの左右引き出し扉の面の出面が揃っていない場合があります。
キャビネットが前後に動く場合は、この時点で調整して食洗機の出面を合うようにしておきます。

手順 6

台枠を設置位置に固定する

台枠を固定する
台枠を設置場所に固定する|ビルトイン食洗機を自分で交換するDIY手順
台枠を固定する

前後の出面位置が決まったらインパクトドライバー(電動ドリル)などを使って台枠の固定を行います。配管カバーを取り外し、左右をビス固定。左右4ヶ所、合計8ヶ所にビス固定穴が設けられていますが、内2ヶ所ずつ、合計4ヶ所をビス固定します。奥側の左右どちらかに転倒防止金具を取り付けます。

手順 7

新しいビルトイン食洗機を取り付ける

新しい食洗機に給排水及び電源を接続する
給水・排水及び電源接続を行う|ビルトイン食洗機を自分で交換するDIY手順
新しい食洗機に給排水及び電源を接続する

食洗機本体を設置場所の前まで移動させて給水・排水及び電源の接続を行います。ホースやコンセントコードの長さが足りない場合は、ビルトイン食洗機設置後に各配管の接続を行います。この場合、各種ホース・コードを手繰り寄せる必要があるので、手の届きやすいところに配置しておきます。

※付属のフィルター付きパッキンは必ず使用します。
食洗機を台枠の上に取り付ける
台枠の上に食洗機を取り付ける|ビルトイン食洗機を自分で交換するDIY手順
食洗機を台枠の上に取り付ける

ビルトイン食洗機を台枠の上に取り付けします。後部までスライドさせる際に排水ホースなどが後部固定金具に挟まれないように注意して押し込みます。定位置まで押し込めたら前面部を専用固定金具にてビス固定します。

蹴込み板を取り付ける
蹴込み板を取り付ける|ビルトイン食洗機を自分で交換するDIY手順
蹴込み板を取り付ける

同梱の蹴込み板を高さに合わせてカッターナイフ等でカットします。前後出面を調整して取り付けます。

必要に応じてドアパネルを取り付ける
ドアパネルを取り付ける|ビルトイン食洗機を自分で交換するDIY手順
必要に応じてドアパネルを取り付ける

食洗機にドアパネルを取り付ける際はズレ防止のために両面テープを利用が有効です。電動工具ではなく手回しドライバーを使用するようにしてください。電動工具で締めると必要以上に締め付けられ、パネルを押さえる枠が破損する恐れがあります。ドア面材の下穴を開けるには電動工具を使用します。

手順 8

動作確認による最終チェックを行う

試運転を行い正常に作動するかを確認する
試運転は蒸らし工程がなく直ぐにバシャバシャを音がして洗浄が始まります。ゴーッと排水されると試運転は完了です|ビルトイン食洗機を自分で交換するDIY手順
試運転を行い正常に作動するかを確認する

試運転を行い、各接続(給水・排水)部から水漏れが起きていないか触ってチェック。漏水がなければ設置は完了となります。
念の為、2回ほど回しておきます。内部の排水部に臭気止めの水が溜まっている(封水)状態が正常です。

ビルトイン食洗機を自分で後付けする手順

パナソニックのスライドオープン・ディープタイプ食洗機「M9シリーズ」をプロが新規設置(後付け)する手順となります。

※ミドルタイプ及びフロントオープンタイプの後付けは内容が異なります。

手順 1

食洗機後付け前の下準備

キッチン床に養生シートを敷く
キッチン床に養生シートを敷く|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
キッチン床に養生シートを敷く

ビルトイン食洗機取り付け時はキッチンの床に傷がつかないように養生シートを敷いて作業します。養生シートがない場合はダンボールなどで代用し、養生の下に細かなゴミが入り込まないように注意しながら進めます。

DIYに必要な工具や部材を確認しておく
DIYに必要な工具や部材を確認しておく|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
DIYに必要な工具や部材を確認しておく

ビルトイン食洗機の後付けにはモンキーレンチ、ドライバー、電動ドリルなど多くの工具が必要となります。
作業前に必要となる工具や部材が揃っているか確認しておくとスムーズです。

後付けに必要な工具・部材を確認する

手順 2

キッチンの引き出しとキャビネットを撤去する

シンク下にある引き出しを撤去する
シンク下にある引き出しを撤去する|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
シンク下にある引き出しを撤去する

シンク下で給水分岐を行うため、横のシンク下引き出しを一時撤去します。

設置予定の場所にあるキャビネットを撤去する
設置予定の場所にあるキャビネットを撤去する|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
設置予定の場所にあるキャビネットを撤去する

設置場所のキャビネットを解体撤去します。新築マンションに採用されている木製タカラスタンダードキッチンの場合、解体しなくてもそのままの形で抜き出せることもありますが、通常は解体が必要です。左右のキャビネットに傷がつかないように注意して解体します。

手順 3

食洗機専用の止水栓を取り付ける

キッチンの止水栓を閉める
キッチンの止水栓を閉める|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
キッチンの止水栓を閉める

シンク下のキッチン蛇口に繋がる給水及び給湯の止水栓を閉めます。止水栓が設けられて居ない場合は屋外にある水道メーターのバルブを閉めて、宅内への給水を止めます。

※止水栓の開閉に電動工具は使用不可です。
片ナットチーズを取り付ける
片ナットチーズを取り付ける|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
片ナットチーズを取り付ける

シンク下にあるキッチン蛇口の給湯止水栓の2次側に片ナットチーズを取り付けます。ゴムパッキンでも大丈夫ですが、給湯分岐の場合は、より耐熱温度の高いノンアスパッキンが有効です。配管を外すと残水がこぼれるのでバケツなどで受けておきます。食洗機専用の止水栓設置が必要になります。この時点で止水栓を取り付けておくと作業がしやすくなります。

手順 4

給水配管と食洗機を接続するフレキ管を加工する

給水配管距離を確認する
給水配管距離を確認する|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
給水配管距離を確認する

片ナットチーズから食洗機下部までの給水配管距離を測ります。長すぎると配管スペース内にうまく収まらなくなるので丁度いい長さを判断します。

ステンレスフレキ管の長さを調整する
ステンレスフレキ管の長さを調整する|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
ステンレスフレキ管の長さを調整する

長さが決定したらステンレスフレキ管をパイプカッターでカットします。

ツバ出し処理を行う
ツバ出し処理を行う|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
ツバ出し処理を行う

袋ナットを入れて、両端をツバ出し機でツバ出し処理します。

※袋ナットの向きに注意してください。

手順 5

排水配管分岐を行い、フレキホースを取り付ける

排水配管を分岐させる
排水配管を分岐させる|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
排水配管を分岐させる

ビルトイン食洗機の排水接続先を確保するため、排水配管分岐を行います。今回はパナソニックから販売されている簡易排水キットを利用し、シンク下の排水トラップ下配管より配管を分岐します。

塩ビ管を使って配管する
塩ビ管を使って配管する|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
塩ビ管を使って配管する

食洗機排水配管を所定位置までHT(耐熱)塩ビ管を利用して配管します。配管分岐位置によってはエルボ配管等必要になります。

キャビネットに穴を開ける
キャビネットに穴を開ける|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
キャビネットに穴を開ける

ビルトイン食洗機まで配管を通すための穴をシンク下キャビネットに開けます。この作業にはインパクトドライバーとホルソーが必要です。

フレキホースを取り付けて穴を通す
フレキホースを取り付けて穴を通す|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
フレキホースを取り付けて穴を通す

シンク下にあるキッチン蛇口の止水栓二次側に取付けた片ナットチーズに作成したフレキホースを取り付け、前項であけた穴を通して食洗機下部まで配管します。

手順 6

電源の分岐配線を行う

食洗機下部まで電源配線を行う
食洗機下部まで電源配線を行う|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
食洗機下部まで電源配線を行う

キッチン前のコンセントから分岐配線します。設置場所の後部プラスターボードを開口し、食洗機下部まで電源配線を行います。

担当者より電源配線のポイントと注意点

施工説明書では食洗機用電源は他コンセントからの分岐ではなく、専用回路配線が必要とされています。分岐配線を行う際は、その回路に漏電遮断器(または主電源に漏電遮断器)が設置されていること、食洗機使用時に分岐元のコンセントで電化製品を使用するとブレーカーが落ちる可能性があることを予めご確認ください。
キッチン前コンセントは調理時に使うことが多く、食後に使用する食洗機とはタイミングが異なるので分岐元としてオススメです。

手順 7

周辺を清掃する

床や周辺を清掃する
床や周辺を清掃する|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
床や周辺を清掃する

普段清掃が出来ない場所なので、食洗機を設置する前に清掃しておきます。掃き掃除の他、拭き掃除が出来そうなら中性洗剤等で汚れを落とします。
新築で汚れが無い場合は、省略しても問題ありません。

手順 8

台枠の組み立てと設置位置の調整を行う

台枠を組み立てる
台枠を組み立てる|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
台枠を組み立てる

施工説明書をご覧のうえ、新たに設置するビルトイン食洗機の台枠をドライバーなどを使用しながら組み立てていきます。

メーカーごと施工説明書を確認する
台枠の寸法を設置箇所に合わせて調整する(高さ)
台枠の寸法を設置箇所に合わせて調整する(高さ)|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
台枠の寸法を設置箇所に合わせて調整する(高さ)

台枠の組み立てが出来たら、設置場所に合わせて最適な高さ寸法に調整します。台枠の脚部部分で調整し、横、奥行き全ての面で水平が保てているか水平器で確認します。

台枠の寸法を設置箇所に合わせて調整する(前後)
台枠の寸法を設置箇所に合わせて調整する(前後)|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
台枠の寸法を設置箇所に合わせて調整する(前後)

左右の引き出しを元に戻し、配管カバーを取り付けた台枠を設置場所に置いて前後の調整を行います。配管カバーは構造上、上部より下部が手前に若干出っ張っています。食洗機本体の扉面は配管カバーの上部面と合うので、左右引き出し扉の面は、配管カバーの上部面と合わせると出面が揃いやすくなります。

担当者より出面位置が決まらない場合は?

経年使用による歪みでシステムキッチンの左右引き出し扉の面の出面が揃っていない場合があります。
キャビネットが前後に動く場合は、この時点で調整して食洗機の出面を合うようにしておきます。

手順 9

台枠を設置位置に固定する

台枠を固定する
台枠を固定する|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
台枠を固定する

前後の出面位置が決まったらインパクトドライバー(電動ドリル)などを使って台枠の固定を行います。配管カバーを取り外し、左右をビス固定。左右4ヶ所、合計8ヶ所にビス固定穴が設けられていますが、内2ヶ所ずつ、合計4ヶ所をビス固定します。奥側の左右どちらかに転倒防止金具を取り付けます。

手順 10

新しいビルトイン食洗機を取り付ける

新しい食洗機に給排水及び電源を接続する
新しい食洗機に給排水及び電源を接続する|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
新しい食洗機に給排水及び電源を接続する

食洗機本体を設置場所の前まで移動させて給水・排水及び電源の接続を行います。ホースやコンセントコードの長さが足りない場合は、ビルトイン食洗機設置後に各配管の接続を行います。この場合、各種ホース・コードを手繰り寄せる必要があるので、手の届きやすいところに配置しておきます。

※付属のフィルター付きパッキンは必ず使用します。
食洗機を台枠の上に取り付ける
食洗機を台枠の上に取り付ける|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
食洗機を台枠の上に取り付ける

ビルトイン食洗機を台枠の上に取り付けします。後部までスライドさせる際に排水ホースなどが後部固定金具に挟まれないように注意して押し込みます。定位置まで押し込めたら前面部を専用固定金具にてビス固定します。

蹴込み板を取り付ける
蹴込み板を取り付ける|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
蹴込み板を取り付ける

同梱の蹴込み板を高さに合わせてカッターナイフ等でカットします。前後出面を調整して取り付けます。

必要に応じてドアパネルを取り付ける
必要に応じてドアパネルを取り付ける|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
必要に応じてドアパネルを取り付ける

食洗機にドアパネルを取り付ける際はズレ防止のために両面テープを利用が有効です。電動工具ではなく手回しドライバーを使用するようにしてください。電動工具で締めると必要以上に締め付けられ、パネルを押さえる枠が破損する恐れがあります。ドア面材の下穴を開けるには電動工具を使用します。

手順 11

動作確認による最終チェックを行う

試運転を行い正常に作動するかを確認する
試運転を行い正常に作動するかを確認する|ビルトイン食洗機を自分で後付けするDIY手順
試運転を行い正常に作動するかを確認する

試運転を行い、各接続(給水・排水)部から水漏れが起きていないか触ってチェック。漏水がなければ設置は完了となります。
念の為、2回ほど回しておきます。内部の排水部に臭気止めの水が溜まっている(封水)状態が正常です。

メーカーごとの施工説明書を確認する

ビルトイン食洗機は卓上食洗機と異なり、工事を必要とするプロ向けの商品です。施工説明書も卓上食洗機のものとは大きく内容が異なります。当社で取り扱いのある食洗機の施工説明書をまとめましたので、内容についてご確認されたい場合は、下記よりダウンロードのうえ、ご参照ください。

パナソニック食洗機製品の施工説明書

国内ビルトイン食洗機のトップシェアを誇るのがパナソニックビルトイン食洗機です。賢く節電・節水してくれるエコナビ、ノックで扉が開くフルオートオープン、高温で99%殺菌するストリーム除菌洗浄、食器セットがしやすいムービングラック、小物も洗いやすいちょこっとホルダーなどの機能が特徴です。

パナソニック(Panasonic)の代表的な機種

その他製品の施工説明書はこちらからご確認ください

リンナイ食洗機製品の施工説明書

ディープタイプとミドルタイプの他に国産メーカー唯一のフロントオープンタイプがラインナップされています。マルチショットでスミズミまで均等に洗浄するタワーウォッシャー、人にも環境にも優しい洗剤を使わない重曹洗浄、浮遊カビ菌やニオイを抑えるプラズマクラスターなど他にはない機能を搭載しています。

リンナイ(Rinnai)の代表的な機種

その他製品の施工説明書はこちらからご確認ください

三菱電機食洗機製品の施工説明書

ディープタイプ、ミドルタイプのスライドオープンタイプ食洗機が販売されております。交換できるくんで取扱いがあるのはベーシックグレードのミドルタイプ食洗機EW-45R2S/EW-45R2Bのみ取扱いしております。ベーシックグレードながら、ご購入いただいたお客様からは動作音が静か、と好評頂いています。

三菱電機(MITSUBISHI)の代表的な機種

その他製品の施工説明書はこちらからご確認ください

ミーレ食洗機製品の施工説明書

海外製食洗機の知名度が高いミーレ食洗機は、最近では国産システムキッチンのオプションでも採用されるようになってきました。国産食洗機に比べて庫内容量が大きくなっているのが最大の魅力です。幅60cmタイプはバリエーションが豊富で自動洗剤投入機能AutoDos、庫内を照らすBrillantLight機能を搭載したモデルもあります。

ミーレ(Miele)の代表的な機種

G5000(幅45cm)シリーズ

品番G5000シリーズの施工説明書|幅450mmフロントオープンタイプ食洗機・食洗機外寸幅は448mm

G7000(幅60cm)シリーズ

品番G7000シリーズの施工説明書|幅600mmフロントオープンタイプ食洗機・食洗機外寸幅は598mm
その他製品の施工説明書はこちらからご確認ください

ボッシュ食洗機製品の施工説明書

海外製食洗機の知名度が高いミーレ食洗機は、最近では国産システムキッチンのオプションでも採用されるようになってきました。国産食洗機に比べて庫内容量が大きくなっているのが最大の魅力です。幅60cmタイプはバリエーションが豊富で自動洗剤投入機能AutoDos、庫内を照らすBrillantLight機能を搭載したモデルもあります。

ボッシュ(BOSCH)の代表的な機種

販売中の全シリーズ

ボッシュの施工説明書|幅450mmフロントオープンタイプ食洗機・食洗機外寸幅は448mm
その他製品の施工説明書はこちらからご確認ください

【DIY参考】食洗機交換に必要な工具と部品について

自分でビルトイン食洗機を交換する際にに使用する工具、電動工具、部材等の一覧になります。当社が工事を行う際は現場ごとに状況が異なるため、どの状況でも対応できるように様々な道具や部材を準備してお伺いしています。

食洗機交換のDIYに必要な工具の画像|スパナでは作業が難しいのでモンキーレンチの使用をおすすめします食洗機交換のDIYに必要な工具の画像|台枠の組み立てなどにインパクトドライバー(電動ドリル)を使用します食洗機交換のDIYに必要な部材の画像|ホース類や塩ビパイプなども合わせて揃えます

工具

食洗機交換のDIYに必要な工具の画像|スパナでは作業が難しいのでモンキーレンチの使用をおすすめします

モンキーレンチ/ワイドモンキレンチ(2本)、プラスドライバー、マイナスドライバー、カッターナイフ、塩ビカッター、水平器、スケール

電動工具

食洗機交換のDIYに必要な工具の画像|台枠の組み立てなどにインパクトドライバー(電動ドリル)を使用します

インパクトドライバー(電動ドリル)、プラスビット

その他道具

養生マット(またはダンボール)、水受けバケツ(釣り道具の水汲みバケツ)、ライト、タオル、ティッシュ

部材類

食洗機交換のDIYに必要な部材の画像|ホース類や塩ビパイプなども合わせて揃えます

ステンレスフレキホース、配管用化粧プレート(内径19~22mm)、片ナットチーズ、袋ナット、HT20塩ビパイプ(エルボ、ストレート)、エスロンボンド、リングスリーブ、絶縁ビニールテープ、ノンアスパッキン、養生テープ

※現場状況によって上記以外の工具・部材が必要になる場合、また上記の工具・部材が不要な場合もあります。

自分で食洗機交換をDIYする際の注意点

ビルトイン食洗機の交換は、現場状況に合わせた対応が必要になります。DIYで交換につきましては、主に給排水配管の施工の経験がある方のみご検討ください。なお、交換できるくんではビルトイン食洗機商品のみ販売は行っておりません。DIY施工のご質問等につきましては食洗機メーカーまたは商品販売店へご相談頂ますようお願いいたします。

ビルトイン食洗機の取り付けに資格は必要?

ビルトイン食洗機の交換・後付けには資格が必要な工事もあるため注意が必要|ビルトイン食洗機DIYの注意点

給排水のみの工事であれば特に資格は不要です。ただし、新たに100V電源配線やアース配線を行う場合は第2種電気工事士以上の資格が必要になります。

配線に必要な材料も入手しやすく、作業自体も軽微ですが、有資格者以外の工事は電気法上禁止されています。

電動工具はホームセンターでレンタルすることもできます

一部の電動工具はホームセンターでレンタルできますが、基本的には自分で揃える必要があります|ビルトイン食洗機DIYの注意点

一部のホームセンターでは一般工具及び電動工具のレンタルサービスがあります。
DIYで取り付けをご検討でお家に上記工具がない場合はこういったレンタルサービスを利用するのもひとつです。
ただし、ビルトイン食洗機取り付けに必要な全ての工具がレンタル対象ではない事もあり、不足分は購入が必要になります。

部材の多くは余ります

ステンレスフレキ管部材が余ってしまった例|ビルトイン食洗機DIYの注意点

取り付けに必要な部材もホームセンターやネット通販で入手可能ですが、購入できるロット数が大きいため、多くは残ってしまう可能性があります。

※ステンレスフレキ管を1巻(5m)購入したものの、実際には1m分しか使わず、約4m分残った例

購入したビルトイン食洗機が取り付けできない?

ビルトイン食洗機には様々なタイプ(スライドオープン/ミドルタイプ、スライドオープン/ディープタイプ、フロントオープンタイプ、トップオープンタイプ)が存在します。交換の場合、同じタイプへの交換は比較的容易に行えますが、配管状況によっては取り付けができない場合も。メーカーが公表してる買い替え表だけでは判断できないことが多々あります。
購入予定の食洗機がご自宅の設置状況に適合するか、事前に良くご確認ください。

配管干渉で取付出来なかった例
配管干渉で取付出来なかった例|ビルトイン食洗機DIYの注意点
奥行き不足で設置した例
奥行き不足で設置した例|ビルトイン食洗機DIYの注意点

漏水・水漏れのリスクがあります

正しく取り付けないと漏水や水漏れの危険があります|ビルトイン食洗機DIYの注意点

ビルトイン食洗機は専用の給排水設備を必要とします。正しく取り付けることで安心してお使いいただけますが、誤った取り付け方をするとマンションなどの場合、階下漏水・水漏れといった事故を引き起こすリスクもあります。

長く安心して使うためには現場状況に合わせて正しく取り付けしなければなりません。後々のリスクも考慮してよほど経験がある方以外はプロに依頼される方が得策です。

取り外した食洗機の搬入搬出や廃棄処分について

ビルトイン食洗機の重量は約20kg~50kgあるので注意が必要|ビルトイン食洗機の搬出入や処分

ビルトイン食洗機本体は軽いものでも約20kgもの重量があります。交換では本体内部に水が溜まっていることもあり、更に重量が増すこともあり、搬入搬出には力が必要です。
50kg以上ある海外製食洗機は一人で運ぶことはできないため、交換できるくんでは2名体制で対応しています。
持ち運びには十分にご注意ください。

スライドオープン
ミドルタイプ食洗機
スライドオープン・ミドルタイプの重量は約21kg|ビルトイン食洗機の搬出入や処分
本体重量: 約21kg
スライドオープン
ディープタイプ食洗機
スライドオープン・ディープタイプの重量は約23kg|ビルトイン食洗機の搬出入や処分
本体重量: 約23kg
フロントオープン
タイプ食洗機
フロントオープンタイプの重量は約30kg|ビルトイン食洗機の搬出入や処分
本体重量: 約30kg
海外製食洗機
海外製食洗機の重量は約50kg|ビルトイン食洗機の搬出入や処分
本体重量: 約50kg
※すべて幅45cmタイプのビルトイン食洗機です。 ※フロントオープンタイプ、海外製食洗機は重量があるため男性二人での工事を推奨いたします。

戸建ての2階にキッチンがあると持ち運びが難しい場合も

階段での持ち運びは負担が大きい|ビルトイン食洗機の搬出入や処分

2階にキッチンがある場合は取り外した食洗機を階下まで下ろす作業も必要です。
ビルトイン食洗機ほどの重量のあるものを持った状態で階段を下るのは想像よりも難しく、体への負担だけでなく階段や周りの壁を傷つけないように注意が必要です。

古い食洗機やキャビネットを廃棄処分する

取り外したビルトイン食洗機、解体撤去したキャビネットの処分は産業廃棄物扱いとして、交換できるくんでは産業廃棄物収集業者に処分を依頼しています。DIYで取り付けを行う際は、行政の粗大ごみ処分へ依頼することになります。

まとめ

プロによる取り付け手順やDIYの注意点などを紹介しました。
ビルトイン食洗機の交換や後付けを自分で行うのは意外と大変ではないでしょうか。

昨今のDIYブームも相まって、工事費などを削減するために自分で食洗機の取り付けをやってみたいという方もいらっしゃいます。卓上食洗機であればDIYの難易度も低く、比較的簡単に設置できますが、ビルトインタイプはご自宅の設置状況に合わせた現場判断が都度必要となるため、プロ(業者)におまかせすることをおすすめします。

話し合う男女の画像|まとめ

交換できるくんなら工事費込みでも安い!

交換できるくんではメーカー正規品のビルトイン食洗機を工事費込みの特価で交換・後付けできます。自分でDIYするのが少しでも不安な方は是非、当社にご依頼ください。

ネット注文だから、便利・早い・安い|交換できるくんなら工事費込みでも安い!

ビルトインタイプで人気の食洗機メーカー

ビルトイン食洗機 人気・売れ筋ランキング

当社、2022年11月の販売実績より算出

※当社で食洗機をご注文いただいたお客様のうち、該当のシリーズを選んだ割合を算出。

食洗機交換は安心のコミコミ価格でご案内!

お見積りには商品代金基本工事費その他の項目全て含めた総額をご提示いたします。
部材費、オプション工事費が別途必要な場合についても事前にお知らせいたします。
※海外メーカー製食洗機(ミーレ、ボッシュなど)の基本工事費は
69,800
円となります。
商品代金(サイトに掲載している特価)
商品代 |食洗機交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
+|食洗機交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
基本工事費
39,800
円(税込)
  • 出張費|食洗機交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
  • 運搬費|食洗機交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
  • 既存機器撤去|食洗機交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
  • 取付工事|食洗機交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
  • 機器の操作説明|食洗機交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
  • 廃棄処分|食洗機交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
  • 諸経費|食洗機交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
  • 消費税|食洗機交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
  • 商品・工事保証|食洗機交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
※無料10年保証は2022年10月1日以降のお見積り依頼から対象となります。
  • お見積りは総額のご提示だから明瞭
  • 既存食洗機の撤去・処分なども含みます
  • 事前のお知らせなく、お見積り金額確定後に追加請求することはいたしません

交換できるくんが選ばれる理由

かんたん3ステップ|交換できるくん
  • 出張なしのネット見積りだから安い・早い・便利出張なしのネット見積り
    だから安い・早い・便利
  • 商品も工事も無料10年保証つき商品も工事も
    無料10年保証つき
  • カード・PAY・分割OK選べるお支払方法カード・PAY・分割OK
    選べるお支払方法
  • 上場企業の安心ネット見積り21年の信頼上場企業の安心
    ネット見積り21年の信頼

ビルトイン食洗機 おすすめコンテンツ

新型コロナウイルス感染症への当社の取り組みについて
食洗機人気・売れ筋ランキング