交換できるくん
おかげさまでサイト開設17周年
お気軽にお電話ください。

給湯器とは

給湯器とは、その名称の表すとおり、水をお湯に温め、供給する住宅設備機器のことです。蛇口をひねるとすぐお湯がでて、キッチンでお湯を使ったり温かいお風呂に入れるのも、住まいに設置された給湯器の働きのおかげです。お湯を温めるための燃料には、都市ガス、プロパンガス、石油、灯油などが使われます。燃料に電気を使うものは給湯器ではなく、電気温水器と呼ばれています。

給湯器でお湯を沸かす仕組み

給湯器には水、ガス、電気が必要

給湯器でお湯をわかすためには「水」、水をお湯にするための燃料となる「ガス」、給湯器自体を動かすための「電気」が必要です。そのため、給湯器には水道管、ガス管、電源線が接続されています。
そして、沸かしたお湯を住宅内の蛇口やお風呂に供給するために、給湯器からは給湯管や、お風呂の追い炊き管が出ています。
給湯器の仕組み

水からお湯になるまで

給湯器は、水の通水がスイッチ代わりになっています。そのため、蛇口のお湯ハンドルをひねったり、リモコンでお風呂へのお湯はりボタン、追い炊きボタンが押されると、給湯器内部に通水が始まり、給湯器内部にある水量センサーが感知して、お湯の温めが開始されます。給湯器内部に通水した水は、ガスを利用した熱交換器という機械でお湯に温められ、給湯管や追い炊き管を通って蛇口や浴槽に給湯されます。

水の通水がスイッチになっている給湯器ですが、機器自体は電気で動いているため、停電の際はリモコンがあってもお湯を出すことができません。

給湯器の仕組み

給湯器で暖房する仕組み

給湯器には、給湯するだけではく、温めたお湯を利用して床暖房や、浴室暖房乾燥機など、住まいの暖房などができるオプション機能を持った種類の『給湯暖房熱源機』があります。 

床暖房

給湯暖房熱源機
床暖房の場合なら、床の下に通した温水用のマットに、給湯器で加熱したお湯を通すことで、床面を温めることができます。

浴室暖房乾燥機

浴室暖房乾燥機
給湯器が80度程度の高温のお湯をつくり、そのお湯を暖房回路を通じて浴室に循環させて、温水の熱で浴室の暖房や衣類乾燥を行います。

用途別の給湯器の種類

給湯器には、給湯機能に応じていくつか種類があります。戸建てか集合住宅か、お住まいの広さなどによって、設置される種類がある程度決まってきます。

給湯専用機

給湯専用機
キッチン、浴室、洗面所などの蛇口からお湯をだす機能に絞ったシンプルなタイプです。お湯の温度調整などは蛇口の水を混ぜることで調整するため、リモコンが設置されていない場合もあります。お風呂への給湯は蛇口のお湯から貯めるタイプ。単身世帯やアパートなど、少人数で住むことを前提とした住まいに設置される場合が多いです。

給湯器(高温水供給タイプ)

給湯器(高温水供給タイプ)
キッチン、浴室、洗面所などの蛇口からお湯をだす機能に加えて、浴室の浴槽へのお湯はりができるのがこのタイプ。追い炊きができないので、最近は新しく設置されるケースはあまりありませんが、交換する際は同じタイプでの交換になります。

ふろ給湯器

ふろ給湯器
キッチン、浴室、洗面所などの蛇口からお湯をだす機能に加えて、浴室の浴槽へ自動でお湯をはったり、追い炊きができる機能がついているのがこのタイプ。ファミリーで住まわれる戸建てや集合住宅への設置が多いタイプです。浴室の浴槽に、湯はり用の穴(循環アダプタといいます)が設置されていて、お湯の温度調整をしたり、浴槽へのお湯はり設定のために、リモコンとあわせて設置されます。

給湯暖房用熱源機

給湯暖房用熱源機
キッチン、浴室、洗面所などの蛇口からお湯をだす機能に加えて、浴室の浴槽へ自動でお湯をはったり、追い炊きができる機能に加えて、オプションで床暖房や浴室暖房乾燥機の機能を持った高機能タイプです。ファミリーで住まわれる戸建てや集合住宅に設置されています。高機能のため、交換の際は同じタイプへの交換が必要なのと、給湯器自体が、オプション機能により他のタイプより価格が高額になります。
矢印

給湯器の仕組み、種類がわかったところで、では、ご自宅に合う給湯器を探してみましょう。

給湯器の選び方と種類を調べる