ガスコンロの交換時期はいつ?修理か交換で迷ったら

ガスコンロの交換時期はいつ?|修理か交換で迷ったら ガスコンロの交換時期や寿命はいつ頃?修理と交換のタイミングを解説ガスコンロの交換時期や寿命はいつ頃?修理と交換のタイミングを解説

「火がつかなくなってきた」「火力調整がしづらい」「ガスの臭いが強い」などガスコンロが不調となるサインや症状は様々です。ガス機器の不具合は火災などの大きな事故につながることもあるため、早めの交換や修理依頼をご検討ください。ガスコンロの交換時期はいつが良いのか?また交換と修理はどちらが良いのか?についてご紹介します。

ガスコンロの寿命と交換時期は?

ガスコンロの交換時期は約10年が目安とされています。
メーカーの多くが耐用年数は約10年と記載しており、交換できるくんでガスコンロの交換・取替工事をされた方も、設置から8年~15年程度で新しい機種へ交換されています。

古いガスコンロは経年劣化により本体が痛みやすくなっているため、一部の修理や部品交換をしたとしても他の箇所が新たに故障するリスクも高く、新品で交換した方がかえって費用が安く済むといったケースが発生します。使用期間が10年以上経過している場合には、寿命や耐用年数を迎えたと考え、新しいコンロへの買い替えを検討されることを推奨します。

ガスコンロの寿命・交換時期は約10年です
ポイント

ガスコンロの交換時期は10年ほどが目安です

ガスコンロを交換するか修理するか?判断のポイント

ガスコンロの修理・交換時期の目安
ガスコンロの修理・交換時期の目安

交換か修理の判断を行うポイントも古いガスコンロを設置してからの使用年数となります。メーカー保証期間内であれば修理を依頼します。ガスコンロのメーカー保証は通常1年間となります。メーカー保証期間を過ぎていると有償となりますが、およそ7年以内のガスコンロであれば修理対応が可能なことが多いです。メーカーにより修理をするのに必要な「部品保有期間」が異なりますのでお使いの機種をご確認ください。

ガスコンロの交換時期としては設置後10年が目安ですが、メーカーで部品が無い場合は修理が難しいため、10年未満であっても買い替えが必要となります。設置後8年ほど経過していれば交換と修理の両方を視野に入れて判断されることをおすすめします。

各メーカーのサポートページ(修理に関するお問い合わせ)

リンナイ お客様サポートページ
https://rinnai.jp/service/

ノーリツ アフターサポートページ
https://www.noritz.co.jp/aftersupport/

パロマ サポートページ
https://www.paloma.co.jp/support/

参考

ガスコンロの無料10年保証について(当社で交換工事をされた方※)

交換できるくんの工事には、10年間の商品・工事保証が無料で含まれております※。商品はメーカー保証と併せて10年間の無料保証になります。工事後も当社が窓口となり、責任をもって対応させていただきます。※2022年10月1日以降のお見積り依頼が対象となります。

無料10年保証について詳細はこちら

修理と交換のメリット・デメリット

修理をするか交換で買い替えた方が良いか?を分かりやすくまとめました。

  メリット デメリット
修理  保証期間内であれば原則無償。
 保証期間外でも交換より安価。
× 直らない可能性がある。
× 修理後も他の箇所が壊れる可能性がある。
× 必要な修理回数が多いと費用がかさむ。
× 直らない場合でも出張費が発生する。
交換  ガスコンロを新品にできる。
 最新の機能を搭載できる。
 グリル庫内が汚れないオプション品が使える。
 すぐに修理が必要になるリスクが少ない。
 購入時、商品保証期間を別途有償で延長できる。
× 初期費用が高い。
× 8年以内のコンロに対しては割に合わない。
  メリット
修理  保証期間内であれば原則無償。
 保証期間外でも交換より安価。
交換  ガスコンロを新品にできる。
 最新の機能を搭載できる。
 グリル庫内が汚れないオプション品が使える
 すぐに修理が必要になるリスクが少ない。
 購入時、商品保証期間を別途有償で延長できる。
  デメリット
修理 × 直らない可能性がある。
× 修理後も他の箇所が壊れる可能性がある。
× 必要な修理回数が多いと費用がかさむ。
× 直らない場合でも出張費が発生する。
交換 × 初期費用が高い。
× 8年以内のコンロに対しては割に合わない。

設置後10年以上経っていてもガスコンロは使用できる?

10年はあくまで目安であり、ガスコンロの使用頻度によっても寿命が変わるため現状で問題なくお使いいただいているようであればあわてて買い替える必要はありません。

2008年以降「Siセンサー」という安全機能の搭載が法令で義務付けられています。調理油の過熱を防ぐ、自動消火による消し忘れ防止、火が消えたらガスも止まる立ち消え装置が作動するなど安全面に配慮した設計となっています。

ガス機器の不具合は部品劣化による火災やホースの亀裂によるガス漏れなどの重大なリスクにつながる可能性もあるため、2008年以前のコンロであれば、早めの交換をおすすめします。
特にガス臭いと感じたら、すぐにコンロの使用をやめ部屋の換気を十分に行ってください。一酸化炭素中毒などの事故を防ぐためにも、ガス会社への点検をご依頼ください。

Siセンサーとは|調理油過熱防止装置、立消え安全装置、グリル消し忘れ消火機能、コンロ消し忘れ消火機能、焦げつき消火機能などの安全機能が搭載されたガスコンロのことです

ガスコンロ交換時期のサイン

10年近く使用していて以下のような症状が出たら、交換時期かもしれません。まずは点検をおすすめします。

まとめ

ガスコンロの交換時期や修理と交換のタイミングなどをご紹介いたしました。ガス機器の修理については製造メーカーへ依頼いただき、設置後10年経っているようであれば買い替えをご検討ください。
なお交換できるくんではメーカー正規品のビルトインコンロを工事込みの特価で交換しております。最新のガスコンロは安全機能や清掃機能など大きく向上していますので、交換をご検討の際は、ぜひ当社にご依頼ください。

ビルトインガスコンロ 人気・売れ筋ランキング

当社、2022年11月の販売実績より算出

※当社でガスコンロをご注文いただいたお客様のうち、該当のシリーズを選んだ割合を算出。

ビルトインガスコンロ|最新の人気・売れ筋ランキング

ビルトインガスコンロ交換は安心のコミコミ価格でご案内!

お見積りは商品代金と基本工事費、その他の項目全て含めた総額をご提示いたします。
部材費、オプション工事費が別途必要な場合についても事前にお知らせいたします。
商品代金(サイトに掲載している特価)
商品代 | ビルトインガスコンロ交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
+ | ビルトインガスコンロ交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
基本工事費
22,800
円(税込)
  • 出張費| ビルトインガスコンロ交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
  • 運搬費| ビルトインガスコンロ交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
  • 既存機器撤去| ビルトインガスコンロ交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
  • 取付工事| ビルトインガスコンロ交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
  • 機器の操作説明| ビルトインガスコンロ交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
  • 廃棄処分| ビルトインガスコンロ交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
  • 諸経費| ビルトインガスコンロ交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
  • 消費税| ビルトインガスコンロ交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
  • 商品・工事保証| ビルトインガスコンロ交換は商品代+出張費+廃棄処分+諸経費+工事保証+機器説明 全部込み!
※無料10年保証は2022年10月1日以降のお見積り依頼から対象となります。
  • お見積りは総額のご提示だから明瞭
  • 既存ビルトインガスコンロの撤去・処分なども含みます
  • 事前のお知らせなく、お見積り金額確定後に追加請求することはいたしません

オーブンやレンジフードとの同時交換がおすすめです!

ビルトインガスコンロ 人気ページ

新型コロナウイルス感染症への当社の取り組みについて
ビルトインガスコンロ人気・売れ筋ランキング