洗面台のミラーキャビネットについて | 交換できるくんスタッフブログNO-26344

おはようございます。

高橋(正)です。
いつも、交換できるくんのホームページをご覧頂き、
誠にありがとうございます。

本日は、洗面台のミラーキャビネットの
くもり止め機能に注目したいと思います。

洗面台が浴室の近くにある場合、鏡が湯気で曇ってしまって
見づらくなることが多いですよね。
そこでぜひつけたい機能が「くもり止め」です。

ミラーキャビネットの曇り止めには大きく分けて
・電気を使用したヒーター仕様
・電気を使わないコーティング仕様
の2タイプがあります。

今回は、エコな視点で
「電気を使わないコーディング仕様」、
パナソニックの「くもりシャット!」にフォーカスしてみます。

c_line_ST_007

 

パナソニックのくもり止めコート「くもりシャット!」はウツクシーズ、
シーラインなどにも搭載されておりますが、
当社のプランでラインナップされている
パナソニック「エムライン」にも搭載されております。
扉カラーがホワイトのみのプランですが、

■プラン エムライン間口600mmが工事費込みで79,800円(税込)!
■プラン エムライン間口750mmが工事費込みで94,800円(税込)!

とお求めやすくなっております。

しかもこの価格で水栓もリフトアップもでき、
シャワーと整水の切り替えも可能です。

suisen

 

電気を使わないエコな曇り止め「くもりシャット!」を
搭載したパナソニック・エムライン。
価格的にも2台目としてお求めのお客様もいらっしゃいます。
ぜひ、ご検討くださいませ。

≫洗面台プランはこちら

それでは本日もよろしくお願いいたします。