交換できるくん
おかげさまでサイト開設17周年
お気軽にお電話ください。
パナソニックカップボード 商品最大55%OFF
パナソニックのカップボードには、「L-Class」「ラクシーナ」「リフォムス」「リビングステーションV-Style」の4つのシリーズがあります。ナノイーを発生して食品庫内の浮遊カビを抑制するユニットや、オーブンレンジ内蔵のユニットなど、特徴のあるユニットがあります。

パナソニックカップボードの特徴

シリーズ名
ユニットの幅

5種類

(30cm・45cm・60cm・75cm・90cm)

ユニットの奥行

3種類

(38.3cm・45cm・65cm)

※ラインナップはシリーズにより異なります。

扉カラー

33~66種類

※ラインナップはシリーズにより異なります。

ユニットの組み合わせ
ユニットの組み合わせ

パナソニックカップボードの特徴のあるユニット

パナソニックのカップボードは、5種類の幅、3種類の奥行のユニットから組み合わせることができます。家電メーカーでもある強みを活かし、ナノイー搭載のユニットや、オーブンレンジをビルトインできるユニットもラインナップされています。
家電収納ユニット

家電収納ユニット

蒸気処理機能付きの家電収納ユニットです。電気ポットや炊飯器から出る湯気を排出します。
ゴミ箱ワゴン収納

ゴミ箱ワゴン収納

ゴミ箱を収納できるユニットです。ナノイーと脱臭フィルター付きのユニットもあります。
根菜キーパー

根菜キーパー

食品庫内の浮遊カビを抑制するナノイーと、湿度を調整する調質材で、根菜類の劣化を防ぐ食品庫です。
フラットイン収納

フラットイン収納

家電収納・オーブンレンジを使いやすい位置にビルトインしたユニットです。(Lクラスのみ)

パナソニックカップボードの価格帯

パナソニックカップボードの価格帯

パナソニック カップボードのシリーズごとの特徴

シリーズによって、カップボードの奥行、扉色、ユニットのラインナップに違いがございます。詳しくはそれぞれのシリーズの特徴をご覧ください。

当社では、品質と価格のバランスに優れたラクシーナをおすすめしております。ラクシーナは、基本的なユニットからナノイー搭載の野菜室など特徴のあるユニットまでラインナップがあり、扉カラーも豊富です。

Lクラス

Lクラス
ユニットの幅

5種類

(30cm・45cm・60cm・75cm・90cm)

ユニットの奥行

3種類

(38.3cm・45cm・65cm)

扉カラー

66色

特徴

Lクラスは、パナソニックのキッチンで最上位のシリーズです。
選べる扉のカラー(柄)、奥行のラインナップが多く、家電やオーブンをビルトインできるユニットなど、他のシリーズと比べてハイクラスかつ、ユニットの種類が豊富なことが特徴です。

ラクシーナ

ユニットの幅

5種類

(30cm・45cm・60cm・75cm・90cm)

ユニットの奥行

2種類

(45cm・65cm※カウンタープランのみ)

扉カラー

45色

特徴

ラクシーナは扉柄も多く、新築マンションでも採用されることの多いシリーズです。
扉柄も45色と多く、ナノイー搭載の野菜室など特徴のあるユニットまで揃っていますので、ラクシーナのシステムキッチンの方はもちろん、ホワイトや木目などの基本的な扉柄をご希望の方にもおすすめのシリーズです。

リフォムス

ユニットの幅

5種類

(30cm・45cm・60cm・75cm・90cm)

ユニットの奥行

3種類

(38.5cm・45cm・65cm)

扉カラー

37色

特徴

リフォムスは省スペースのキッチンにも対応した、奥行38.3cmのユニットがラインナップされています。
ラクシーナ同様、基本的なユニットから、野菜室など特徴のあるユニットまで揃っていますので、奥行の浅いタイプをご検討の方におすすめです。

リビングステーション Vスタイル

ユニットの幅

3種類

(45cm・75cm・90cm)

ユニットの奥行

1種類

(45cm)

扉カラー

41色

特徴

リビングステーションVスタイルは、パナソニックのキッチンベーシックタイプです。選べるユニットの種類は限られますが、家電収納ユニットなどの基本的な機能のユニットは揃っています。
他シリーズで標準搭載の、引出しがゆっくりと閉まるソフトクローズ機構は、オプションでつけることができます。

ユニットの種類 (パナソニック ラクシーナの場合)

ユニットの種類
基本のパネル扉やガラス扉、カウンターに加え、家電収納、ゴミ箱、野菜庫など、各メーカー様々なユニットを用意しています。パナソニックのラクシーナを例に、選べるユニットをご紹介致します。
上から、ウォール部分、ミドル部分、フロア部分の3つのユニットを組み合わせて選ぶことができます。
ウォール部分
ミドル部分
フロア部分

お⾒積もりにはメーカーショールームで「プランニング」を

カップボードのユニットの種類や、ドア材の質感、扉を開け閉めした際のなめらかさなどは、メーカーのショールームで実際に触れて、体感して頂くと実感がわきます。また、メーカーショールームでは、カップボードの設置位置や収納イメージにあわせて、どのシリーズのどんなユニットを組み合わせれば、お住まいにぴったりのカップボードが設置できるか、丁寧な説明のうえ「プランニング」を作成してもらえます。

正確なプランニングのためには、設置先を採寸し、設置先の写真を持って行くことをおすすめ致します。採寸・写真については、「カップボードの選び方ページ」をご覧ください。パナソニックのカップボードの当社設置見積もりのためには、このメーカー作成の「プランニング」が必ず必要ですので、お見積もり依頼前にメーカーショールームにて「プランニング」を作成してもらってください。

メーカーショールーム
パナソニックショールームは下記をご覧ください。
(メーカーのショールームサイトが開きます。)
http://sumai.panasonic.jp/sr/ 
ショールームでプランを作成した後は、下記のお見積りご依頼ボタンから、必要事項をご入力の上、フォームをご送信ください。商品・工事ともにお見積りいたします。

カップボード取付 施工事例