これで失敗しない!カップボードプランの作り方

これで失敗しない!カップボードプランの作り方
失敗しないカップボードの選び方とプランニング方法|カップボードの設置・交換なら
ご使用用途に合わせたカップボードを設置することで、キッチンまわりの使い勝手は飛躍的に向上します。お住まいの状況、ご使用されている、また今後追加する予定の家電など、ご使用用途に合わせたプランをどう作っていくのか、詳しくご案内いたします。

1.カップボードの種類を選ぶ

交換できるくんでは、コストパフォーマンスに優れる
「キッチンメーカー製のカップボード」をお取り扱いしています!

 

一般量販タイプ

(既成品)

家具メーカー

(セミオーダー/既成品)

キッチンメーカー

(セミオーダー)

家具メーカー

(オーダーメイド)

商品
イメージ
一般量販タイプ(既成品) 家具メーカー(セミオーダー/既成品) キッチンメーカー(セミオーダー) 家具メーカー(オーダーメイド)
設置
方式

据置型

(床に置くだけ)

据置型

(床に置くだけ)

造り付け

(床・壁に直接固定)

造り付け

(床・壁に直接固定)

見た目

天井・壁との間に
隙間ができます

天井・壁との間に
隙間ができます

天井・壁との接面も
隙間なく仕上がります

天井・壁との接面も
隙間なく仕上がります

耐震性

✕~△

転倒防止器具によっては
一定の補強は可能

✕~△

転倒防止器具によっては
一定の補強は可能

床・壁に固定するので
耐震性に優れます

床・壁に固定するので
耐震性に優れます

費用
総額
費用総額
オーダーメイドのカップボードは、設置場所に合わせてミリ単位でのサイズ指定が可能ですが、ひとつひとつ手作りになる分、価格が高くなります。キッチンメーカーのカップボードであれば、複数パターン用意されたキャビネットの中から、組み合わせて設置できるため、ある程度自由度があり、オーダーメイドよりも価格を抑えることができます。

キッチンメーカー製なら自分好みにカスタマイズ可能です

キッチンメーカー製のカップボードは、食器を収納するキャビネットだけでなく、キッチン家電を収納するユニットや、ゴミ箱を収納するスペースなど、必要に応じて組み合わることができます。

キッチンで必要なユニットが揃っていますので、使用イメージに合わせ、自分好みに構成を選ぶことができます。

※メーカーによって組み合わせられるユニットが決まっている場合もございます。

ユニット例

2.現場採寸のポイント

プラン作成する上で重要になるのが現場の採寸です。採寸する際のポイントやその理由について詳しくご説明いたしますので、以下をご参照ください。
入居前で採寸できない場合の対応方法についてもご案内いたします。

2-1.ミリ単位で同じ場所は2度測る

幅は高い位置と低い位置で採寸し、高さは左右の端で採寸|カップボードの採寸方法・測り方

計測する寸法のうち、幅と高さについては場所をかえて2度計測することをおすすめいたします。
建物の壁はまっすぐなようで微妙に反り返っていたりします。これは新築であっても普通にありえる話で、生活に直接影響がありませんが、カップボード設置の上で設置場所の寸法は重要になります。2ヶ所採寸し、長さが異なる場合は「短い方」の寸法をベースとしてお考えください。

2-1.平面図から寸法を割り出す

設置場所の平面図や見取り図から必要な幅を算出|カップボードの採寸方法・測り方

お引渡し/ご入居前で現場採寸が出来ない場合は、平面図からその寸法を割り出します。
天井高さが記載されていない場合、戸建ての場合は2,400mm、マンションの場合は2,100mmで想定しておくとプラン作成がしやすくなります。ご自身で寸法の割り出しが難しい場合は、図面を持ってメーカーショールームの担当者にご相談ください。

2-2.冷蔵庫の幅は今後の買い替えも想定しておく

現在販売されている冷蔵庫サイズの傾向
容量600L以上(幅650~700mm)|現在販売されている冷蔵庫サイズの傾向 容量600L以下(幅700mm以下)|現在販売されている冷蔵庫サイズの傾向 容量400L以下(幅600mm以下)|現在販売されている冷蔵庫サイズの傾向

カップボードはシステムキッチンや冷蔵庫よりも長くお使いいただける商品なので、プラン作成の際は、現在お使いの冷蔵庫のサイズだけで判断するのではなく、今後の買い替えも考慮することが大切です。

2-3.コンセント位置の計測

コンセントの位置によってはプランが制限されてしまう場合があります。交換できるくんではどの位置にコンセントがあっても対応できる工法をご用意しておりますが、追加費用が掛かるケースもあります。コンセント位置については床からコンセントの下面までの寸法、壁からコンセント側面、までの寸法を計測いただけますようお願いいたします。

取付ける壁からコンセント側面までと床からコンセント下面までの2か所を測ります|カップボードの採寸方法・測り方

カップボード本体で隠れるてしまう位置にあるコンセントは、見えるところに移設いたします。

2-4.左右の壁際には目地材を取付けます

壁際に目地材を取り付けます|カップボードの採寸方法・測り方

引き出し開閉時に壁干渉を防ぐため、壁際には目地材を含めたプラン作成が必要です。
目地材は現場に合わせて厚みを選択いたしますので、カップボード全幅はプラス10~20mmとお考えください。

※メーカーによって用意されている目地材の厚みは異なります。

3.メーカーショールームでプランを作成する

3-1.プランを選ぶ

カップボードのベースプランは大きく分けてカウンタープラン、トールプラン、トールカウンタープランの3つです。お手持ちの家電に合わせたり、ご使用の用途に合わせてお選びください。 キャビネットの幅は15cm単位で作られていることが多いですが、メーカーやグレードによっては15cm単位ではないものや、ミリ単位でオーダーできるものもあります。

カウンタープラン

カウンタープランは真ん中が空いているのでどんな天井高さにも対応可能|カップボードの種類

カウンターの上に家電を並べて使いたい場合に多く採用されるベースプランとなります。
幅が900mm以下の場合、寸法上、電子レンジとオーブントースターを並べて使用するのは厳しいですが、1,200mm以上あれば、それぞれのサイズにもよるものの並べて使うことも可能です。
幅を広く取れない場合はカウンター下に家電収納キャビネットを設けることで、家電がうまく収納できるようになります。

【こういう場合に適しています】

・カウンター上で家電でご使用されたい場合

・設置幅があまり取れない場合

・天井高さが2,400mmまたは2,100mmと異なる場合

トールプラン

トールプランは食器・食品などの収納力がありますが家電収納スペースは限られます|カップボードの種類

食器や調理器具の収納を重視したプランとなります。目線の高さに収納があるので、食器の出し入れ時の使い勝手は抜群です。ただし奥のものを取り出す場合は手前のものをどけなければなりません。またメーカーによっては扉内に家電を収納して、普段は見えなくするものもありますが、この場合、家電使用時は扉を開けて使用する、といった2アクション必要になりますので、注意が必要です。

【こういう場合に適しています】

・家電が少ない、または別の場所に家電が収納できる場合

・食器、調理器具、乾物などの食品ストックをたくさん収納したい場合

・天井高さが2,350mm以上または2,050mm以上ある場合

トールカウンタープラン

トールカウンタープランは全体的な収納力もあり高さは2,400mmまたは2,100mmに適した組み合わせです|カップボードの種類

カウンタープランとトールプランの良いとこ取りプラン。家電はカウンターの上にも置けて、家電収納キャビネットを設けることでカウンター下に置くことも可能です。トールキャビネットには腰の高さの位置で引き出しを設けることが出来て、カトラリーやコップなどよく使う食器の収納ができるのでとても便利です。設置には幅が必要なので、1,350mm以上ある場合におすすめです。

【こういう場合に適しています】

・家電も食器も機能的に設置、収納したい

・設置幅が1,350mm以上ある場合

・天井高さが2,350mmまたは2,050mm以上ある場合

3-2.正面から使う家電と上から使う家電

正面から使う家電(オーブントースターや電子レンジ)と上から使う家電(炊飯器)を使いやすい配置に|カップボードを設置するコツ
家電は設置位置によって使い勝手が大きく異なります。正面から使う家電である電子レンジやオーブントースターは腰をかがめて使うよりもカウンターの上など高い位置にあるう方が使い勝手がよく、炊飯器やホームベーカリーなど、上から使う家電は家電収納キャビネットなどを設置して、低い位置でご使用される方が使い勝手がよくなります。
現在のご使用状況や慣れにもよりますので、ご参考程度にお考えください。

3-3.ハイカウンタータイプのフロアキャビネットを活用する

ハイカウンターと標準タイプのキャビネット違い|カップボードを設置するコツ

カップボードは、上からアッパーキャビネット、ミドルキャビネット、フロアキャビネットで構成されています。この内、一番使用頻度が高くなるのは腰の高さから目線の高さとなり、特に腰高位置にどのキャビネットを持ってくるかがポイントとなります。

逆にアッパーキャビネットは使用頻度が低く、高い位置にあることから重たいものは収納が難しいので、できるだけ小さくして目線から下のキャビネットを充実させることで満足度の高い、使い勝手の良いプランへと繋がります。

正面から使う家電(オーブントースターや電子レンジ)と上から使う家電(炊飯器)を使いやすい配置に|カップボードを設置するコツ
最も使用頻度の高いフロアキャビネットには、標準高さのものとハイカウンター仕様があります。
メーカーにもよりますが、標準高さは850mm前後、ハイカウンターは1,050~1,150mmありますので、その差はなんと200~300mm!この高さを利用してフロアキャビネット部分に収納を増やすことも是非ご検討ください。

3-4.ソフトダウンウォールは「あり」か「なし」か

ソフトダウンウォールとは|カップボードを設置するコツ
高い位置にある吊戸棚は使い勝手があまり良くないため、どうしても使用頻度が低くなってしまいます。これを解消するために各メーカーにてソフトダウンウォールキャビネットがご用意されており、取り付けることで通常の吊戸棚より使い勝手は良くなりますが、キャビネットの中に大きなカゴが入るため、絶対的な容量は少なくなってしまいます。また収納物が少ない、軽い場合は引き出す時に力が必要になってしまうので、この点も注意ください。

3-5.蒸気排出ユニットの設置には専用電源が必要です

蒸気排出ユニットとは炊飯器などの湯気が出る家電を使用した際に蒸気を検知して自動で排出してくれるユニットです|カップボードを設置するコツ
家電収納キャビネットのオプションとして設定されている蒸気排出ユニットは炊飯器など蒸気を発生させる家電を使用する際に有効です。ただし、このユニットは消費電力が小さいにも関わらず、専用の電源回路が必要です。設置をご希望の際は分電盤から新たに電源配線が必要になりますのでご注意ください。まだ住宅設計段階であれば、先に配線しておいてもらえば壁内配線が可能なので、きれいな仕上がりとなります。

3-6.カップボードを美しく見せるプラン作成のコツ

カップボードは細かい組合せにすると使い勝手があまり良くなく、キャビネットの点数がふえるほどコストがかかってしまいます。一体感を意識してできるだけ大きなキャビネットの構成でまとめると映えて美しく見えます。

異なる幅の
フロアキャビネットを組合せた例

吊戸棚とフロアで異なる幅のキャビネットを組み合わせた例|カップボードを設置するコツ

均等割で上下に異なった
フロアキャビネットを組合せた例

吊戸棚とフロアで均等割りの上下異なる幅のキャビネットを組み合わせた例|カップボードを設置するコツ

どちらも上下のラインが合っていません

図のように吊戸棚が幅900mmの組合せに対して、フロアキャビネットの構成幅が異なる場合、上下のラインが乱れてしまいます。キャビネット構成は少なく、できるだけ上下の構成幅を揃えることで見た目が美しく仕上がります。

シンプルに
まとめた例

吊戸棚とフロアで異なる幅のキャビネットを組み合わせた例|カップボードを設置するコツ

カップボードのキャビネット構成については、ご使用の用途のより構成は異なります。使い勝手に関しましては、お客様の用途、慣れなども関係してまいりますので、あくまでご参考程度にお考えください。

4.カップボードカラーの選び方

ご使用のキッチンが対面式のオープンタイプなのか、また独立されたところにあるクローズドキッチンなのかでカップボードの見え方が違ってきます。それぞれの場合のカラー選定について、ポイントをご紹介いたします。

4-1.オープンキッチン、対面式キッチンの場合

カップボード全体がダイニング側から見えた時の配色を意識する|カップボードのカラーを選ぶコツ

※LIXIL アレスタ 19モデルカタログ参照(2020年6月時点)

キッチンの背面に設置されるカップボードは対面式オープンキッチンの場合、ダイニング側からの眺めが主となります。扉のカラーについてはキッチン扉とのコーディネートよりも、ダイニング側からみてどのように見えるか(調和するか)でご検討ください。ただし、吊戸棚がありダイニングから見える部分が少ない場合は、クローズドキッチンと同じように選ばれるのもひとつです。

4-2.クローズドキッチン、独立型キッチンの場合

吊キッチン扉や床材と調和するコーディネートを意識する|カップボードのカラーを選ぶコツ

※LIXIL シエラ 20モデルカタログ参照(2020年6月時点)

システムキッチンの扉カラーと合わせられることは稀なので、床材の色、壁の色などを踏まえ、明るくしたいのか、落ち着いたイメージに仕上げたいのかでカラー選定を行ってください。

5.取扱いメーカーとショールームのご案内

パナソニックのカップボードの特徴

パナソニックは4シリーズのラインナップがあります。ナノイーを発生して食品庫内の浮遊カビを抑制するユニットや、オーブンレンジ内蔵のユニットなど、特徴のあるユニットがあります。

キッチン・カップボードのシリーズ名

・L-Class

・ラクシーナ

・リフォムス

・リビングステーション Vスタイル

ユニットの幅 30cm 45cm 60cm 75cm 90cm の5種類
ユニットの奥行き 45cm
扉カラー シリーズごとに33~40色

特徴のあるユニット

家電収納ユニット

・家電収納ユニット

蒸気処理機能付きの家電収納ユニットです。電気ポットや炊飯器から出る湯気を排出します。

ゴミ箱ワゴン収納

・ゴミ箱ワゴン収納

ゴミ箱を収納できるユニットです。ナノイーと脱臭フィルター付きのユニットもあります。

根菜キーパー

・根菜キーパー

食品庫内の浮遊カビを抑制するナノイーと、湿度を調整する調質材で、根菜類の劣化を防ぐ食品庫です。

フラットイン収納

・フラットイン収納

家電収納・オーブンレンジを使いやすい位置にビルトインしたユニットです。(リビングステーションLクラスのみ)

リクシルのカップボードの特徴

リクシルには3シリーズのラインナップがあります。最上位のリシェルには、扉付きの家電収納ユニットや、コーナーに設置するパントリータイプの収納庫など、特徴のあるユニットが揃っています。前面ドアも半透明の扉を選ぶことのできるユニットも用意されています。

キッチン・カップボードのシリーズ名

・リシェルSI

・リシェルPLAT

・アレスタ

・シエラ

ユニットの幅 30cm 45cm 60cm 75cm 90cm 105cm 120cmの7種類
ユニットの奥行き 32cm 45cm 65cm の3種類
扉カラー シリーズごとに8~48色

特徴のあるユニット

家電タワー スイング扉

・家電タワー スイング扉

キャビネットと家電ユニットが一体となったタイプです。蒸気排出ユニットがついており、家電が隠れるように扉がついています。

2ウェイクローゼット

・2ウェイクローゼット

大型収納で、左右引き違いの扉です。中央部は扉全体を開けなくても、上下スライド扉から必要なものを取り出すことができます。

クリナップのカップボードの特徴

クリナップには3シリーズのラインナップがあります。扉の開け方がに特徴のあるユニットや、踏み台としても使えるステップコンテナ付きのユニットなど、特徴のあるユニットが揃っています。前面ドアも半透明の扉を選ぶことのできるユニットも用意されています。

キッチン・カップボードのシリーズ名

・セントロ

・ステディア

・ラクエラ

ユニットの幅 30cm 45cm 60cm 75cm 90cm 105cm 120cm 135cm 150cm 180cm の10種類
ユニットの奥行き 45cm 55cm 65cm の3種類
扉カラー シリーズごとに36色~40色

特徴のあるユニット

家電収納庫+ゴミ箱

・家電収納庫+ゴミ箱

蒸気排出機能付きの家電ユニットと、下部には資源ごみの分別に便利なゴミ箱ストッカーが付いたユニットです。

上台・中台

・上台・中台

扉が上に持ち上がるように開く上台や、上下方向に開く中台など、扉の開き方に特徴があります。

ステップコンテナタイプ

・ステップコンテナタイプ

下台を引き出すと踏み台として使用できるユニットです。日頃あまり使わない大きな器具などをまとめて収納することができます。

トクラスのカップボードの特徴

トクラスには2シリーズのラインナップがあります。ユニットの奥行きが4タイプから選ぶことができるのが特徴です。扉のカラーバリエーションが豊富です。

キッチン・カップボードのシリーズ名

・Berry

・Bb

ユニットの幅 30cm 45cm 60cm 75cm 90cm の5種類
ユニットの奥行き 35cm 45cm 50cm 65cm の4種類
扉カラー シリーズごとに30色~114色

特徴のあるユニット

家電収納ユニット

・家電収納ユニット

家電が動作するとファンがまわり、蒸気がこもらないように送風する家電収納ユニットです。

フラットイン収納

・フラットイン収納

家電収納・オーブンレンジを使いやすい位置にビルトインしたユニットです。(パナソニック製)

TOTOのカップボードの特徴

TOTOには2シリーズのラインナップがあります。奥行き32cmのユニットがあることが特徴です。

キッチン・カップボードのシリーズ名

・クラッソ

・ミッテ

ユニットの幅 30cm 45cm 60cm 75cm 90cm の5種類
ユニットの奥行き 32cm 45cm 65cm の3種類
扉カラー シリーズごとに31色~59色

特徴のあるユニット

家電収納庫

・家電収納庫

蒸気排出機能付きの家電ユニットです。スライド棚を手前に引き出して使うこともできます。

ゴミ箱ワゴン

・ゴミ箱ワゴン

ゴミ箱を収納できるユニットです。

詳細につきましては、メーカーショールームでプラン作成をご依頼ください

プラン作成については各メーカーショールームで実物もご覧いただき、その場で作成をご依頼ください。各メーカーのショールームについては下記ページからご確認いただけます。

パナソニック
リクシル
クリナップ
トクラス
TOTO
ウッドワン

新型コロナウイルス感染拡大予防のため、来場には事前予約を必要とするメーカーもあります。
またオンラインでプラン作成の対応を行っているメーカーもありますので、詳細は上記サイトでご確認ください。

プランの作成から工事完了までの流れ

メーカーショールームでプランを作成した後に当社でカップボードを取り付けるまでの流れを詳しくご紹介します。詳しくはこちらをご確認ください。

カップボード おすすめコンテンツ

交換できるくんが選ばれる理由
交換工事対応エリア(札幌/関東/東海/関西/福岡)を確認する
新型コロナウイルス感染症への当社の取り組みについて