カップボードの選び方【サンリフレプラザ】

お問合せ無料お見積はこちら
ご利用ガイド
カート
home > カップボード > カップボードの選び方
カップボードの選び方
カップボードの選び方
カップボードは、食器や食料品、キッチン家電の収納場所として重要な役割を果たします。据置型と造り付けの違い、オーダーメイドとセミオーダーメイドの違い、メーカーによる違いなどを比較していますので、カップボードを選ぶ際にお役立て下さい。

1. 「据置」か「造り付け」かを選ぶ

カップボードは大きく分けると、床に置く家具タイプの「据置型」と、床や壁に固定する「造り付け型」の2種類に分けられます。「据置型」と「作り付け型」のカップボードの違いをご紹介致します。
  据置型 造り付け型
商品イメ 据置型 造り付け型
設置方式 床に置くだけ 床・壁に直接固定
見た目
天井・壁との間に隙間ができます

天井・壁との接面も隙間なく仕上がります
耐震性 ×~△
転倒防止器具によっては一定の補強は可能

床・壁に固定するので耐震性に優れます
や購入先 家具量販店、インターネット、家具メーカーのセミオーダー キッチンメーカー、家具メーカーのオーダーメイド
費用総額 安い 高い
メリット

・造り付け型に比べ価格が安い

・設置が比較的容易

・転居の際に持って行ける

・見た目が美しい

・耐震性に優れ、転倒の心配がない

・設置先の寸法や使い勝手に応じて収納の組み合わせが可能

デメリット

・地震での転倒の恐れがある

・天井・壁との間に隙間ができる

・つっぱり棒など転倒防止用の器具が見える

・扉の材質・色のバリエーションが少ない

・収納の組み合わせの選択肢が少ない

・据置型に比べ価格が高い

・設置工事が必要

賃貸にお住まいの方や、転居の可能性がある方は「据置型」、持家のご家庭、特に新築の方には、耐震性に優れ、見た目も美しい「造り付け型」のカップボードがおすすめです。
サンリフレプラザでは「造り付け型」のカップボードのみお取り扱いしております。

2.キッチンメーカー品か、家具メーカー品かを選ぶ

造り付け型にも、キッチンメーカーのセミオーダーと、家具メーカーのオーダーメイドのカップボードがあります。それぞれにメリット・デメリットがございますのでご紹介致します。
  キッチンメーカー

(セミオーダー)

家具メーカー

(オーダーメイド)

商品イメ キッチンメーカー 家具メーカー
メリット

・オーダーメイドと比べコストが安い

・ショールームで実物に触れられる

・家電収納ユニットなど、機能性の高いユニットを選ぶことができる

・ミリ単位まで細かなサイズ調節が可能

・レイアウトや扉の材質など自由度が高い

デメリット

・ミリ単位のサイズ合わせができない

・コストが高い

オーダーメイドのカップボードは、設置場所に合わせてミリ単位でのサイズ指定が可能ですが、ひとつひとつ手作りになる分、価格が高くなります。キッチンメーカーのカップボードであれば、複数パターン用意されたキャビネットの中から、組み合わせて設置できるため、ある程度自由度があり、オーダーメイドよりも価格を抑えることができます。
キッチンメーカー製のカップボードも自分好みに構成を選べます
キッチンメーカー製のカップボードは、食器を収納するキャビネットだけでなく、キッチン家電を収納するユニットや、ゴミ箱を収納するスペースなど、必要に応じて組み合わることができます。

キッチンで必要なユニットが揃っていますので、使用イメージに合わせ、自分好みに構成を選ぶことができます。
※メーカーによって組み合わせられるユニットが決まっている場合もございます。
ユニット例

3.設置予定場所の寸法を確認する

幅と奥行の確認

カップボードの奥行きは45cmが一般的です。カップボードとシステムキッチンとの間は、80cm以上が目安ですので、それ以上の間隔を確保できることを確認して下さい。
また、カップボードの幅は、冷蔵庫などを置く予定がある場合は、そのスペースを考慮して測って下さい。
幅と奥行の確認

高さの確認

カップボードの設置先の高さを測ります。
天井に梁がない場合は「床から天井までの高さ」を測って下さい。
天井に梁が出っ張っている場合は、専用キャビネットの側面を梁のサイズに合わせてカットする必要があります。「床から梁までの高さ」「梁の高さ」「梁の奥行き」を測って下さい。
高さの確認

4.組み合わせパターンを選ぶ

カップボードのバリエーションとして、トールプラン・カウンタープラン・トールカウンタープランの3つが基本となります。

カップボードの基本3プラン

  トールプラン カウンタープラン トールカウンタープラン
組み合わせイメ トールプラン カウンタープラン トールカウンタープラン
概要 全面が収納となっているプランです。 下キャビネットにカウンター天板、上に吊り戸棚を設置するプランです。 トールプランとカウンタープランを組み合わせたプランです。
こんな方におすすめ

・とにかく収納が欲しい

・食器だけでなく、食料品も収納したい

・炊飯器やポットなどのキッチン家電を置く場所が他にある

・電子レンジやポットなどのキッチン家電を置くカウンターが欲しい

・お料理中の作業スペースが欲しい

・収納も欲しく、キッチン家電を置くスペースも欲しい

・トールプランとカウンタープランの両方を取り入れたプランです

カップボードにキッチン家電を置かない場合は、全面が収納になったトールプランがおすすめです。

カウンタープラン・トールカウンタープランの選び方

カップボードにどれだけのキッチン家電を置きたいかで、必要なカウンターの幅が変わってきます。
電子レンジ(オーブン)とトースターを並べてカップボードに置きたい場合、電子レンジの幅は50cm~60cm程度、トースターの幅は30cm~40cm程度のため、カウンターは少なくとも80cm~100cm程度必要です。ある程度、間をあけて置くと120cm程度はカウンターの長さがほしいところです。
カウンタープランとトールカウンター
120cmより長い幅のカップボードを設置する場合は、トールカウンタープランにして収納を充実することもできますし、全てカウンタープランとしてミキサーやノンフライヤーなどのキッチン家電を並べて置くこともできます。
ただし、高さ25.5cm~165cmは手が届きやすく使いやすいゾーンになりますので、収納を設け、トールカウンターとする方が、使い勝手の面から見るとおすすめです。
届きやすく使いやすいゾーン

5.ユニットを選ぶ

ユニットの幅

メーカーによって、用意されているユニットの幅は異なりますが、おおよそ下記の幅に分類できます。これらの幅のユニットを組み合わせて、設置先の幅にあうカップボードを構成します。
ユニットの幅
下記は、横幅150cmと横幅240cmを例に組み合わせ例です。
横幅150cmと横幅240cmを例に組み合わせ例

ユニットの種類

基本のパネル扉やガラス扉、カウンターに加え、家電収納、ゴミ箱、野菜庫など、各メーカー様々なユニットを用意しています。パナソニックのラクシーナを例に、選べるユニットをご紹介致します。

パナソニック ラクシーナの場合

上から、ウォール部分、ミドル部分、フロア部分の3つのユニットを組み合わせて選ぶことができます。
ユニットの種類
ウォール部分
ミドル部分
フロア部分

6.メーカーごとの特徴

メーカーごとの特徴

カップボードのメーカーを選ぶ際は、システムキッチンと同じメーカーを選ぶのが一般的です。特に、キッチンとカップボードの色を合わせたい方は、キッチンのメーカーと同じメーカーのカップボードを選ぶことをおすすめ致します。似たような木目調の扉でも、隣に並ぶとメーカーごとに色が異なります。

キッチンとカップボードの色合わせにこだわらない場合は、メーカー問わずホワイトのカップボードがおすすめです。ホワイトは濃い色よりも圧迫感を感じにくく、どんな色とも相性がよいためです。

メーカーによって、ラインナップしているユニットの幅や奥行きに違いがあったり、特殊な機能がついているユニットがある場合もありますので、各メーカー別に特徴をご紹介致します。

パナソニックのカップボードの特徴

パナソニックは4シリーズのラインナップがあります。ナノイーを発生して食品庫内の浮遊カビを抑制するユニットや、オーブンレンジ内蔵のユニットなど、特徴のあるユニットがあります。
キッチン・カップボードのシリーズ名 ・リビングステーションL-Class
・ラクシーナ
・リフォムス
・リビングステーションV-Class
ユニットの幅 30cm 45cm 60cm 75cm 90cm の5種類
ユニットの奥行き 45cm
扉カラー シリーズごとに33~40色

特徴のあるユニット

家電収納ユニット ・家電収納ユニット 蒸気処理機能付きの家電収納ユニットです。電気ポットや炊飯器から出る湯気を排出します。
ゴミ箱ワゴン収納 ・ゴミ箱ワゴン収納 ゴミ箱を収納できるユニットです。ナノイーと脱臭フィルター付きのユニットもあります。
根菜キーパー ・根菜キーパー 食品庫内の浮遊カビを抑制するナノイーと、湿度を調整する調質材で、根菜類の劣化を防ぐ食品庫です。
フラットイン収納 ・フラットイン収納 家電収納・オーブンレンジを使いやすい位置にビルトインしたユニットです。(リビングステーションLクラスのみ)

リクシルのカップボードの特徴

リクシルには3シリーズのラインナップがあります。最上位のリシェルには、扉付きの家電収納ユニットや、コーナーに設置するパントリータイプの収納庫など、特徴のあるユニットが揃っています。前面ドアも半透明の扉を選ぶことのできるユニットも用意されています。
キッチン・カップボードのシリーズ名 ・リシェルSI
・リシェルPLAT
・アレスタ
・シエラ
ユニットの幅 30cm 45cm 60cm 75cm 90cm 105cm 120cmの7種類
ユニットの奥行き 32cm 45cm 65cm の3種類
扉カラー シリーズごとに8~48色

特徴のあるユニット

家電タワー スイング扉 ・家電タワー スイング扉 キャビネットと家電ユニットが一体となったタイプです。蒸気排出ユニットがついており、家電が隠れるように扉がついています。
2ウェイクローゼット ・2ウェイクローゼット 大型収納で、左右引き違いの扉です。中央部は扉全体を開けなくても、上下スライド扉から必要なものを取り出すことができます。
コーナークローゼット ・コーナークローゼット 部屋の角に設置する収納庫です。ワイヤーシェルフや棚板を標準装備。天井部分にはLEDライトが付いています。

クリナップのカップボードの特徴

クリナップには3シリーズのラインナップがあります。扉の開け方がに特徴のあるユニットや、踏み台としても使えるステップコンテナ付きのユニットなど、特徴のあるユニットが揃っています。前面ドアも半透明の扉を選ぶことのできるユニットも用意されています。
キッチン・カップボードのシリーズ名 ・SS
・クリンレディ
・ラクエラ
ユニットの幅 30cm 45cm 60cm 75cm 90cm 105cm 120cm 135cm 150cm 180cm の10種類
ユニットの奥行き 45cm 55cm 65cm の3種類
扉カラー シリーズごとに38色~47色

特徴のあるユニット

家電収納庫+ゴミ箱 ・家電収納庫+ゴミ箱 蒸気排出機能付きの家電ユニットと、下部には資源ごみの分別に便利なゴミ箱ストッカーが付いたユニットです。
上台・中台・上台・中台 扉が上に持ち上がるように開く上台や、上下方向に開く中台など、扉の開き方に特徴があります。
ステップコンテナタイプ・ステップコンテナタイプ 下台を引き出すと踏み台として使用できるユニットです。日頃あまり使わない大きな器具などをまとめて収納することができます。

トクラスのカップボードの特徴

トクラスには2シリーズのラインナップがあります。ユニットの奥行きが4タイプから選ぶことができるのが特徴です。扉のカラーバリエーションが豊富です。
キッチン・カップボードのシリーズ名 ・Berry
・Bb
ユニットの幅 30cm 45cm 60cm 75cm 90cm の5種類
ユニットの奥行き 35cm 45cm 50cm 65cm の4種類
扉カラー シリーズごとに30色~114色

特徴のあるユニット

家電収納ユニット ・家電収納ユニット 家電が動作するとファンがまわり、蒸気がこもらないように送風する家電収納ユニットです。
フラットイン収納 ・フラットイン収納 家電収納・オーブンレンジを使いやすい位置にビルトインしたユニットです。(パナソニック製)

TOTOのカップボードの特徴

TOTOには2シリーズのラインナップがあります。奥行き32cmのユニットがあることが特徴です。
キッチン・カップボードのシリーズ名 ・クラッソ
・ミッテ
ユニットの幅 30cm 45cm 60Cm 75Cm 90cm の5種類
ユニットの奥行き 32cm 45cm 65cm の3種類
扉カラー シリーズごとに31色~59色

特徴のあるユニット

家電収納庫・家電収納庫 蒸気排出機能付きの家電ユニットです。スライド棚を手前に引き出して使うこともできます。
ゴミ箱ワゴン・ゴミ箱ワゴン ゴミ箱を収納できるユニットです。

メーカーショールームで実際に触れてみるのがおすすめです!

カップボードのユニットの種類や、ドア材の質感、扉を開け閉めした際のなめらかさなど、メーカーによって異なります。複数のメーカーのショールームに足を運んで、実際に触れて比べることをおすすめ致します。

メーカーショールームでは、丁寧な説明のうえ、ご自宅に合わせたプラン作成の相談にものってくれますので、ぜひご活用下さい。
その際は設置先を採寸し、設置先の写真を持って行くことをおすすめ致します。採寸・写真については、「3.設置予定場所の寸法を確認する」をご覧ください。

メーカーショールーム
ショールームでプランを作成した後は、下記のお見積りご依頼ボタンから、必要事項をご入力の上、フォームをご送信ください。商品・工事ともにお見積りいたします。