ウォシュレットの取り付け方法(DIY)

ウォシュレットの取り付け方・手順(DIY)
一般的な組み合わせ便器へウォシュレットを取り付けるための手順・フローを写真付きで紹介いたします。
オート洗浄機能なしのウォシュレットであればTOTO、パナソニック、LIXIL(INAX)どのメーカーであっても基本的なフローは同じですが、こちらのページではTOTO製の便器を例に解説します。
博多華丸大吉さん
博多華丸大吉さん

ご注意
ご自分で取り替え・取り付けなどのDIYを行う場合は、特に水漏れにご注意ください。
ご自身で取り付けをするのが不安な場合
DIYに少しでも不安がある場合は、交換できるくんの設置工事をご利用ください。
取り付けから工事保証まで経験豊富なプロが対応します。

ウォシュレットのDIY取り付け実例

ウォシュレットをご自身で取り付けるための手順をステップごとに分かりやすく、解説いたします。
写真は取り替え前の暖房便座が設置されているトイレです。古いウォシュレットが設置されていて取り替える場合でも、同じ工事方法でOKです。
三角タンク式のトイレ
三角タンク(隅付きタンク)式トイレの場合は、こちらのページをご参照ください。
詳しくはこちら
TOTOのウォシュレット暖房便座タイプ
(例)写真はTOTOの
暖房便座タイプ

1.ご自宅の設置環境・条件を確認する

お使いのトイレにウォシュレットが設置可能かどうか、次の3項目をご確認ください。
※当社はご希望のウォシュレットが設置できるかの個別お問い合わせには対応しておりません。ご了承ください。

1-1.トイレ室内に電源コンセントがあるか

ウォシュレットは電気製品のため、トイレ室内に電源コンセントが必要です。電源コンセントの有無を確認してください。
トイレ室内に電源コンセントがある場合
ウォシュレットの電源コードの長さが足りない場合、お手持ちの延長コードなどをご利用ください。電源コードの位置と長さは、下の表をご参照ください。
TOTO
ウォシュレット
パナソニック
ビューティ・トワレ
LIXIL(INAX)
シャワートイレ
電源コードの
長さ
1.0m 0.95m 1.0m
電源コードの
位置
向かって左側 向かって左側 向かって左側
TOTO・パナソニック・リクシル各社調べ(2022年5月時点)
トイレ室内に電源コンセントがあるか

トイレ室内に電源コンセントがない場合
電気工事店に、電源コンセントの設置工事をご依頼ください。
なお、ウォシュレットの商品+取り付け工事を当社にご依頼の場合は、オプション工事として電源コンセント設置をお受けできます。

1-2.便器のタイプがウォシュレット対応可能か

以下の3タイプの日本製トイレ(TOTO,LIXIL(INAX))であれば、取り付け(取替え)可能です。
■ ロータンク式便器の場合(一般住宅)
一般洋式便器
一般洋式便器
一般洋式便器が設置できます
設置できます
一般洋式便器の施工前後
ワンピース型便器
ワンピース型便器
ワンピース型便器が設置できます
設置できます
ワンピース型便器の施工前後
隅付タンク式腰掛便器
隅付タンク式腰掛便器
隅付タンク式腰掛便器を設置する際はご確認ください
ご確認ください
ご確認ください >
隅付タンク式腰掛便器の施工前後

1-3.必要なトイレのサイズ寸法は十分か

各機種に必要な取り付け寸法
(一般洋式便器・ワンピース型便座)
ウォシュレットを正しく動作させるために必要な、
トイレ内部の寸法は以下の通りです。
ウォシュレット各機種に必要な取り付け寸法
機種
A寸法 B寸法 C寸法
SB 345mm以上 330mm以上 -
S1、S2 260mm以上 330mm以上 -
アプリコット
F1、F2
255mm以上 325mm以上 -
アプリコット
F3
255mm以上 325mm以上 300mm以上
パッソ 249mm以上 224mm以上 400mm以上
KA 249mm以上 232mm以上 -
KB 315mm以上 232mm以上 -
TOTO・リクシル各社調べ(2022年5月時点)
隅付タンク式腰掛便器の場合
隅付の三角のタンクの場合は、便器とタンクとの距離もご確認ください。
隅付きタンク式腰掛便器の場合
隅付タンク式の腰掛便器をご使用の場合は、タンクと便器の距離(a寸法、b寸法)によってはフタが干渉してしまって開かない可能性がございます。
ウォシュレットのみをご交換の場合は、ご注意ください。

2. 工具を用意する

取り付けに必要な工具
プラスドライバー
プラスドライバー
スパナ(マイナスドライバー機能付き)
スパナ(マイナスドライバー機能付き)
便座外し工具
便座外し工具
あればなお、便利な工具
モンキーレンチ
モンキーレンチ
ウォータープライヤー
ウォータープライヤー

【ご確認】便座を外す前に
ウォシュレットの取り付けに、フレキシブル管(給水管)の購入が必要な場合と、必要ない場合があります。取り付けを行う前にこちらをご確認ください。
フレキシブル管とは

3. 便座を取り外す

便座を取り外していきます。
便座は便器の下からナットで止まっておりますので、便座外し工具を使用すると簡単に外せます。
※ナットではなくネジで止まっている場合は、お手持ちのプラスドライバーでご対応ください。
便座を取り外す

STEP3 完成
便座を取り外した後の写真です。
便座を取り外した後

4. ベースプレートを取り付ける

ウォシュレット取り付けベースプレート用ゴムを差し込み、ベースプレートをネジで締め付けて固定します。
これでベースプレートの取り付けが完了です。
ベースプレートを取り付ける
1. ゴムを差し込む     2. ネジで固定する

5. 給水管を取り外す

5-1.タンクのふたを取り外して止水栓を閉める

タンクのふたを開け、止水栓を閉めます。
ハンドル型以外の止水栓はマイナスドライバーを使って閉めます。
止水栓の種類
止水栓 アングル型
アングル型
止水栓 ハンドル型
ハンドル型
止水栓 ストレート型
ストレート型
ポイント
必要工具のスパナにマイナスドライバーの機能がありますので、ハンドル型以外の止水栓はこれでまわします。
スパナ
トイレタンクのふたを取り外して止水栓を閉める

5-2.給水管を取り外す

既存の給水管を取り外します。
右手でトイレタンク内部の金具を押さえながらナットをまわし緩めてください。
ナットを緩める際は必要工具のスパナでOKです。
給水管を取り外す際に余り水が多少こぼれ落ちますので、あらかじめ床に雑巾等を敷いておいてください。
既存の給水管を取り外す

ポイント  すでに古いウォシュレットが設置されている場合
すでに古いウォシュレットを設置している場合(左図)は、
古い分岐金具も取り外してください。(右図)
ウォシュレットの分岐金具を外す
古いウォシュレットの分岐金具が設置された状態です。
新しいウォシュレットに交換するには一度すべて撤去します。
給水管は、外した際にタンクに古いストレーナーが付いていた場合は
取り外してください。(フレキシブル管を使用する場合に限り)
既存のストレーナーを外す
白い部品と
古いゴム
パッキン2つは
共に不要。
給水管を外した
際に付いていたら
外してください。
ストレーナーを
外した状態。
既存の給水管を再利用する場合は同じように再設置してください。
さらに詳しい情報(スタッフブログより) >

6. 分岐金具を取り付ける

止水栓にウォシュレット分岐金具(本体に付属)を取り付けます。
ウォシュレットに付属されているパッキンを分岐金具と止水栓の間にはさむように接続します。
ポイント
給水管のナットを締める際にも必要工具のスパナをご活用いただけます。
スパナ
ウォシュレット分岐金具を取り付ける

7. フレキシブル管を取り付ける(必要な場合)

7-1.フレキシブル管を用意する

最新トイレで使用されている柔らかい給水管のトイレに取り付けする際は、フレキシブル管のご購入は必要ありません。
(タンクの下から柔らかいホースで接続されている場合)
柔らかいホース
(例)柔らかいホースの例

フレキシブル管の購入について
ホームセンターや、「フレキシブル管」を販売しているホームページ等で、フレキシブル管をご用意ください。
フレキシブル管の選択方法
フレキシブル管

※取り外した給水管は不要です。
ただし、賃貸住宅にお住まいで、退去時に原状回復が必要な場合は、取り外した給水管を再度使用すれば元通りに戻すことができますので、保管しておいてください。

7-2.フレキシブル管を取り付ける

まず下をスパナで取り付けてから左手でフレキシブル管の下部を押さえて、上部に接続できるように右手で曲げます。
(あまり何度も折り曲げたり戻したりしますと、ナットが通らなくなりますのでご注意ください。)
分岐金具、フレキシブル管の取り付けが完了したら、タンクのふたを元に戻します。
フレキシブル管を取り付ける

8. ウォシュレット本体を付ける

ウォシュレットを便器に取り付けします。
先ほど取り付けた取り付けベースに差し込むだけでOKです。
ウォシュレット本体に付属の給水ホースを先ほど取り付けた分岐金具に差し込みます。
カチッと音がするまで差し込みます。
ウォシュレット本体を付ける

STEP8 完成
リモコンを壁につけて(壁リモコン式の場合)、電源コンセントを差し込めば、取り付け完成です。
一時間程度で一般の方でも取り付けができます。
簡単にトイレが最新式に生まれ変わります。
ウォシュレット本体の取り付けが完成


施工説明書を全ページみる

TOTOウォシュレット施工説明を事前にご覧になる方は、以下のTOTOコンテンツより、機種ごとにPDFファイルをダウンロードできます。通常は、上記の「ウォシュレット取り付け方法」だけご確認いただければ十分です。
TOTO/施工説明書・・・・・・TOTO 説明書・図面検索ページ >
LIXIL(INAX)シャワートイレの施工説明書をご覧になる方は、以下LIXIL(INAX)コンテンツより、機種ごとにPDFファイルをダウンロードできます。
LIXIL(INAX)/施工説明書・・・・・・LIXIL 取付・取扱・施工説明書ページ >
Panasonic温水洗浄便座の施工説明書をご覧になる方は、以下Panasonicコンテンツより、機種ごとにPDFファイルをダウンロードできます。
Panasonic/施工説明書・・・・・・Panasonic 図面・説明書ページ >

便利な商品のご紹介

壁リモコンプレートTCA37-1(SC1)の取り付け実例!
アプリコットシリーズとS1・S2シリーズはリモコン式となっております。
通常、壁にネジで固定しますが、これを使用すると新たに壁に穴を開ける必要がなく、既存のペーパーホルダーの穴を利用してリモコンが取り付けできます!

【ご用意いただくリモコン取り付け用プレート】

TOTO リモコン取付プレート TCA37-1

リモコン取り付け用プレートを使用した取付実例 >

ご用意いただく止水栓分岐金具 TOTO ウォシュレット止水栓分岐金具 TCA158

ウォシュレットの取り付け費用について

取付費用についてDIYと工事業者で比較しました。
実際は単純な費用だけではなく、破損リスクや作業時間も含め、総合的にご検討いただければと思います。
少しでも不安がある場合は、交換できるくんの設置工事をご利用ください。
工事費用の比較
スライドアイコン
利点
欠点
参考価格
自分で
取り付ける
費用が安く交換できる 取付けできない場合もある
水漏れなどのリスクがあり、破損した場合には追加費用がかかる
1,700円
(工具購入費)
工事業者に
依頼
プロが取り付けを行うため安心
取り付けまでの時間が早い
工事費が別途発生する
11,000

(交換工事費)

※参考価格は当社で購入、またはサービスをご利用いただいた場合の金額です。

※当社の交換工事費には、既存便座の廃棄、所定期間の工事保証が含まれております。

ウォシュレット取り付けに対するこんな不安はありませんか?
チェックアイコン
購入したウォシュレットが適合しない

・ウォシュレットは衛生品のため、一度開封してしまいますと返品が難しいケースがあります。
チェックアイコン
取り付け作業中に破損、水漏れしてしまった

・結果的に破損個所の修理・修繕費など追加費用が発生してしまうケースがあります。
ウォシュレット+取付工事は交換できるくんへ!
交換できるくんはこれまでの施工実績30万件以上、2001年よりインターネット販売を始めた住宅設備機器専門店です。商品代+出張取付工事費: 税込
11,000
円(オート洗浄機付きは
13,200
円)
にて承っております。ぜひお気軽にご利用ください。
ウォシュレットメーカー別人気ランキング
ウォシュレットの選び方
背景
ウォシュレット+取付工事のご依頼はこちら
3年間無償の
商品・工事保証付き!
工事担当者を
事前に確認!
認定スペシャリスト紹介ページ

ウォシュレット(温水洗浄便座) 人気ページ