洗面化粧台交換の際に | 交換できるくんスタッフブログNO-49580

いつも交換できるくんのスタッフブログをご覧頂き、ありがとうございます。
営業担当の大澤です。

本日は洗面化粧台の交換についてご案内を致します。

A

当社では基本的に同じ間口(横幅)の製品にて交換をご案内致しますが、
既存品の設置状況によってはご提案がどうしても難しい場合がございます。

それはどんな状況のときかといいますと…
既存の状況で多いのが洗面台横に洗濯機が隣接されている状態で、
さらに下部に洗濯機パンが設置されている場合です。

1
以前の洗面台にはボウル部分と洗面台下の蹴込部分の
横幅が若干異なる製品がありました。

2 3
※ボウル部分は75cm           ※洗面台下の蹴込部分で測ると73.5cm

ボウル部分で計測するとぴったり75cmですが、洗面台の横ギリギリに
洗濯機パンが設置してある為、赤い矢印の蹴込部分の距離が間口となります。
洗面台下の蹴込部分は73.5cmしかありません。

現行の洗面台のほとんどがボウル部分と蹴込部分の横幅が
まったく同じため交換の場合、間口は65cmや70cmといった
ワンサイズ小さな仕様をご選択頂かなくてはならなくなってしまいます。

もし、ボウル部分だけの横幅で判断してしまった場合、75cmの洗面台では
設置することが出来なくなってしまいますので少し注意が必要です。

今回のような設置状況はお客様ご自身でも確認が可能となりますので、
洗面台近くに洗濯機パンがある場合には事前に確認してみてください。

水回りの機器は毎日目にするものが多く、ご使用頻度も非常に高いものが
ほとんどですが、かといって頻繁に交換するような製品ではございません。
せっかくなら製品の選定は失敗したくないですよね。

まずは何にこだわるのかを決めてから
ご検討いただけるとご希望を絞りやすいかと思います。

 

コスト重視? 見た目重視? 機能性重視?
当社ではできる限りお客様のご希望に沿ったご提案をさせていただきます。

また、せっかく交換したのに以前の商品の設置痕が残ってしまった…
なんてことになる可能性がある場合は
内装の張替も併せてご検討いただくことをおすすめ致します。

それでは本日も宜しくお願い致します。