長期使用製品安全点検制度(特定保守製品)とは【サンリフレプラザ】

お問合せ無料お見積はこちら
お知らせ
日経新聞ライフスタイル情報誌に掲載されました >
home > ご利用ガイド > 長期使用製品安全点検制度(特定保守製品)について
長期使用製品安全点検制度(特定保守製品)について

製品を正しく使っていても、長い間使用を続けていると、部品などの劣化(経年劣化)で不具合が生じやすくなります。その中でも特に、経年劣化により重大事故につながる恐れのある9製品を「特定保守製品」と定め、長期間の使用により重大な事故が起こらないように、各メーカーが消費者に注意喚起する目的で「長期使用製品安全点検制度」が設けられました(国の制度となります)。

「特定保守製品(点検制度対象製品)」の対象製品

特定保守製品9品目の内、サンリフレプラザで取り扱いをしている製品は、下記の3品目となります。

※上記商品の交換をご検討されているお客様は、商品のご購入・工事のご依頼の前に、このページの内容をご覧ください。

点検までの流れ

特定保守製品を購入・設置した後に、製品に同梱されている登録用はがき、電話、インターネットなどで、各メーカーに対して所有者登録の手続きを行ってください。
安全点検の通知だけでなく、製品のリコールのお知らせなどにも使われる重要な情報となりますので、所有者登録をされることをおすすめいたします。

所有者登録の手続きを行うと、設計標準使用期間(製品の製造から10年)が過ぎる前に、メーカーから「点検のお知らせ」が届きます。期間中に申し込みをすると、有償とはなりますが、メーカーが法定の点検基準に則って点検を実施してくれます。
※点検の結果、修理や製品の整備が必要となった場合は、別途費用がかかります。

製造から所有者登録、点検までの流れ

※点検のお知らせ通知時期や、点検期間、点検費用はメーカーによって異なりますので、詳細はメーカーページでご確認下さい。

製品の設計標準使用期間

設計標準使用期間とは、標準的な使用条件のもとで製品を使用した場合に、安全上支障なく使用することができる標準的な期間で、製品が製造された年から数えた年数となります。適切な点検することなく、この期間を超えて使用した場合、経年劣化による発火・けがなどの事故につながる可能性があるとされています。 なお、当社でお取り扱いの特定保守製品の設計標準使用期間は下記です。

  • 小型湯沸器(ガス瞬間湯沸器):10年
  • ビルトイン食洗機:10年
  • 浴室暖房乾燥機:10年

※上記商品の交換をご検討されているお客様は、商品のご購入・工事のご依頼の前に、このページの内容をご覧ください。

詳しくは「あんしん修理サポート」のページをご覧ください

≫ あんしん修理サポート|商品延長保証