食洗機専用洗剤の特徴・使い方のコツ【サンリフレプラザ】

お問い合せ・無料見積り

  【お急ぎの方は、最短で即日工事も可能です。】

サンリフレプラザが選ばれる理由
売れ筋ランキング
ご利用の流れ
お問い合せ・お見積り
スポットリフォームのご紹介
工事・商品保証
サンリフレプラザ 東京ショールーム
商品のみも大歓迎!
かんたん分割払い
おすすめ商品のご紹介
マンション施工歴
マンガでわかる!トイレリフォーム
毎日使う物だから、ギフトに最適!
日本オンラインショッピング大賞
日流eコマース新聞 住宅設備部門全国第1位!
安心と安全への取り組み
ISO9001認定取得
TOTO INAX パナソニック 会員加盟店
スタッフ募集はこちらから
サンリフレプラザ公式Facebook
home > ビルトイン食洗機(食器洗い乾燥機) > 食洗機専用洗剤の特徴・使い方のコツ
食洗機専用洗剤の特徴・使い方のコツを大公開!
食洗機専用の洗剤には様々なタイプや商品があります。価格重視の方におすすめの粉タイプ、溶け残りがなくグラスに水垢がつきにくいジェルタイプ、投入が簡単なタブレットタイプなど、それぞれの特徴をおさえて、食洗機の能力を最大限に引き出し、賢く食洗機を使いこなしましょう。

食洗機で上手に汚れを落とす3つのポイント

ビルトイン食洗機の洗浄の力を最大限に引き出すには、「食器セットの仕方」「洗浄温度」「洗剤」の3つの要素があります。洗い残しのある場合は、これらのどこかに原因があるかもしれません。

食器セットの仕方

食器と食器が重なり合わないように、汚れた面を食洗機の中心に向かってセットするのがコツです。たくさん詰め込み過ぎず、洗浄液が汚れた面にまんべんなく当たるように意識して、適切な点数の食器をセットします。
洗剤メーカーでは、食洗機の「食器収納点数」と同じサイズの食器を同じ点数並べて、洗剤の開発・検証をしていますので、それ以上に詰め込むと汚れが落ちない可能性があります。
また、食べ残しや、ごまなどの小さな食べかすは、あらかじめ水で流しておくことをおすすめ致します。洗浄中に洗浄液に飛ばされて、他の食器にくっつき、洗い残りの原因となることがあります。

洗浄温度

食洗機は60~80℃の高温の洗浄液を高圧で噴射して食器の汚れを落とします。手洗いでは落としづらい牛脂や豚脂などの動物性の固体脂も奇麗に洗浄することができます。
牛脂の融点は40~56℃と高いため、通常の手洗いの水温では一度固まった脂を溶かしきれませんが、食洗機の高温の洗浄液であれば、固体の脂を溶かして液体にし、洗い流すことができます。
食洗機の洗浄温度が、動物性の脂や、カレー等の油汚れに強い秘訣です。

洗剤

食器についた汚れの種類は、ご飯などの「デンプン汚れ」、卵などの「タンパク質汚れ」、牛肉などの「油脂汚れ」、茶渋などの「色素汚れ」に分けられます。
洗剤メーカーはこれらの汚れに対して有効な、酵素や界面活性剤・アルカリ剤・漂白剤などを調合して食洗機専用洗剤を製造しています。

食洗機には専用洗剤をお使い下さい

食洗機には必ず食洗機専用洗剤をお使い下さい。手洗い用の中性洗剤は泡がたちやすくなっています。手洗い用の洗剤を食洗機に使用した場合、泡が食洗機から漏れ出し、漏水エラーで止まったり、故障の原因ともなりますのでご注意下さい。

食洗機専用洗剤の種類と特徴

食洗機専用洗剤には、従来型の粉タイプ、手洗い用で主流のジェルタイプ、計量不要のタブレットタイプの3種類があります。それぞれの特徴をまとめます。
粉タイプ
粉タイプ
従来の洗濯洗剤のようなタイプで、酵素とアルカリ剤・漂白剤などが配合されています。アルカリ性が高いため、アルミ素材の調理器具や食器類は化学反応して白くなります。

また、グラスなどは水あかがつきやすく、白くくもりやすいです。

他のタイプの洗剤に比べ、価格が安いことが特徴です。
ジェルタイプ
ジェルタイプ
手洗い用の洗剤のような液体のタイプです。粉末タイプと違い、溶け残りが無く、グラスなどに水垢がつきにくいことが特徴です。

酵素が入っているタイプは直射日光が当たったり、高温の場所に弱いため、夏場は涼しいところでの保管をおすすめします。

使いやすい反面、メーカーでの開発が難しく、価格は粉タイプよりも少々高めなものが多いです。
タブレットタイプ
タブレットタイプ
量を計らずに食洗機に投入することができます。一方、食器が少量の場合や、汚れがひどい時など、量の調節ができないことが欠点です。

湿気の多い場所ではタブレット同士がくっつくことがあるため、タブレットタイプ購入の場合は個別包装がおすすめです。

また、濡れた手で触ると、表面の膜が破れ洗剤が漏れることがあります。価格は他のタイプに比べ高価です。
メリット
・価格が安い
・溶け残りがない
・計量が楽
・水あかがつきにくい
・洗剤の投入が簡単
デメリット
・固まりやすい
・溶け残りやすい
・水あかがつきやすい
・アルミ製品と相性が悪い
・保管場所に気を使う
・粉タイプよりも少々高い
・他のタイプに比べ高価
・量の調節ができない
・濡れた手で触れない
・溶け残る場合がある
メリット・デメリットを比較して、ご自分に最も合う食洗機専用洗剤をご選択下さい。

食器汚れの種類と食洗機用洗剤の基本的な配合成分

デンプン汚れ
ご飯など
ご飯など
タンパク質汚れ
卵など
卵など
油脂汚れ
牛脂など
牛脂など
色素汚れ
茶渋・果汁など
茶渋・果汁など
・デンプン
分解酵素
・タンパク質
分解酵素
・界面活性剤
・アルカリ剤
・漂白剤
・キレート剤
など
食洗機用洗剤は、酵素や界面活性剤、アルカリ剤などの調合を変え、様々な汚れに対応しています。組み合わせによっては酵素が働かなくなる場合もあるため、配合成分や量など処方を変えて最大限の効果を発揮するよう調整されています。様々な汚れに対応する製品や、消臭に特化した製品など、食洗機専用洗剤でも複数の製品が開発されています。

パナソニック食洗機のバイオパワー除菌と、食洗機用洗剤の相性

パナソニック食洗機Mシリーズと買替え対応機に搭載されているバイオパワー除菌が、食洗機専用洗剤の酵素の力を引き出します。
食洗機専用洗剤には、でんぷん質を分解するアミラーゼと、タンパク質を分解するプロテアーゼが含まれており、これがご飯などのでんぷん質、卵などのタンパク質汚れを落としてくれます。しかしこれらの酵素は高温になると変質し、効果がなくなってしまいます。酵素が最も活性化する温度は35度~40度で汚れ落とし効果が一番期待できます。
パナソニックのバイオパワー除菌は「洗い」の前の7分間で、庫内温度は35度~40度を保っています。この7分間で酵素を活性化させて、デンプン汚れとタンパク汚れを浮かせます。
その後の「洗い」では、50度以上の高温で洗浄液を吹きかけることで、界面活性剤が固体脂などの油汚れを浮かせ、高圧の水流で浮かせた汚れを洗い落とします。
ぜひ、食洗機の効果を最大限に引き出す専用洗剤をお使いになって、上手に食洗機を使いこなして下さい。 パナソニック推奨食洗機専用洗剤はこちら(外部サイトが開きます)

ビルトイン食洗機関連記事

ネット住設店の老舗 実績No.1のサンリフレプラザにお任せください。
ご相談窓口
営業担当と施工担当が一つに連携してご対応致します。安心してご利用下さい。

【本社 / 営業本部】東京都渋谷区東1-26-20
【ショールーム】東京都渋谷区代官山町17 代官山アドレス1F
【商品センター / 工事本部】神奈川県横浜市港北区新羽町793-2
【大阪営業所 / 関西工事部】大阪府豊中市稲津町2-2-1

【埼玉営業所 / 北関東工事部】埼玉県さいたま市見沼区深作1-27-11
【名古屋営業所 / 東海工事部】愛知県名古屋市守山区小幡南3-3-3
【福岡工事支部】福岡県福岡市南区若久4-20-7

▲ページTOPへ戻る
施工事例 10,000件以上掲載 お客様の声 2,000件以上掲載 スタッフブログ 継続8年目 地道な継続が信頼の証です
トップページ
 サンリフレプラザが選ばれる理由
 スポットリフォームのご紹介
 お客様訪問記
 お客様の声
 リフォーム施工事例集
 メディア紹介実績
 活動レポート
 スタッフブログ
 会社案内・営業スタッフ紹介
リフォーム工事トップ
 ご利用の流れ
 お支払い方法
 出張工事エリア
 工事保証について
 商品延長保証について
 おまとめ工事割引
 施工スタッフ紹介
 ビルトインガスコンロの交換・取り付け
 IHクッキングヒーターの交換・取り付け
 ビルトイン食洗機の交換・取り付け
 レンジフードの交換・取り付け
 蛇口・水栓の交換
 トイレリフォーム・便器交換
 ウォシュレット・温水洗浄便座の交換
 洗面化粧台リフォーム
 ガス給湯器の交換・取り付け
 浴室暖房乾燥機の交換・取り付け
商品通販トップ
 ご利用の流れ
 お支払い方法
 送料・お届け日
 施主支給のご紹介
 複数台&大口割引
 売れ筋ランキング
お問い合せ・お見積り サンリフレプラザ 東京ショールーム
住宅設備のご用命は2001年より開設している実績No.1のサンリフレプラザへ
▲ページTOPへ戻る