便器交換タイプ一覧表|トイレリフォーム【サンリフレプラザ】

お問合せ無料お見積はこちら
ご利用ガイド
カート
トイレリフォーム
無料お見積はこちら
トイレリフォームの無料お見積はこちら
ご利用の流れ
サンリフレプラザが選ばれる理由
home > トイレリフォーム(便器交換) > トイレ(便器) > 便器交換タイプ確認表

トイレ交換の際には、現在設置されているトイレの形状をお選びください
一般的に普及しているトイレの形
です。排水方式によって、床排水と
壁排水の2タイプに分けられます。一戸
建ての場合は、床排水ですが、マンション
の場合は床排水、壁排水がありますので、
今のトイレをご確認ください。
≫トイレ排水タイプの確認表
比較的古い
建物や狭い
スペースで
使用されて
いるトイレ
です。
和式トイレも洋式に
リフォームできます。
トイレプラン確認表
床方向に排水するトイレ
一般な排水方式のトイレです。
(便器の奥に太い排水管はありません)
壁方向に排水するトイレ
壁に向かって排水するタイプの便器です。
(便器の奥に太い排水管が出ています)
排水芯・排水高とは 排水高とは 排水芯とは
                 
 
新築又は平成7年頃以降
に設置されたトイレ交換

1995年頃より主流
となった、排水芯
200mmの固定式
です。新築はこちら
を使用してください。
 
築後10~30年での取替え
様々な排水芯があり、
ばらばらですが、
リフォーム専用
便器を使用する事
で、床工事をせずに
交換が可能です。
 
床から排水管中央までの高
さ(距離)が100~120mm
の場合。120mmは
現在の主流の高さです。
交換の際は
120mmタイプ
を使用します。
 
床から排水管中央までの
高さ(距離)が
148~155mmの場合。
以前の公団住宅に
多いタイプです。
便器交換の際も
155mmタイプを
使用します。
 
便器・タンクのセットです。便座は別売りですので
普通便座やウォシュレットを自由にセレクトできます。
また、比較的安価な点とメンテナンスのコストが安い点も魅力です。
≫便座別売とは
TOTO ピュアレストQR
TOTO ピュアレストEX
LIXIL(INAX)アメージュV
便器・タンク・ウォシュレット(シャワートイレ)が一体型となったセットです。
すべて専用設計の為デザインのまとまりが良く、
凸凹が少ないためお掃除が楽な点が魅力です。
TOTO GG
LIXIL(INAX)アステオ
LIXIL(INAX)プレアス
一体型トイレ同様にウォシュレットまでが一体となっていて、
さらにコンパクトな事が一番の魅力です。
(タンクが無いため、手洗付きタンクのトイレから交換する際はご注意ください)
パナソニック アラウーノV
パナソニック 新型アラウーノ/アラウーノS
TOTO ネオレスト
LIXIL(INAX)サティス
現在主流ではなくなった壁排水高148~155mmのトイレも
専用モデルが発売されていますので、最新型の便器へトイレ交換が可能です。
TOTO GG
TOTO ピュアレストMR
TOTO ピュアレストEX
TOTO ネオレストAH・RH
LIXIL(INAX)アメージュZ
三角コーナータンクと小型便器の組み合わせトイレです。
現在もこのタイプの便器が設置されていて、トイレのスペースが小さな
場合には、同じこちらの三角コーナータンクでトイレ交換します。
TOTO CS140




トイレ関連情報