ビルトイン食洗機の選び方【サンリフレプラザ】

お問い合せ・無料見積り

  

サンリフレプラザが選ばれる理由
売れ筋ランキング
ご利用の流れ
お問い合せ・お見積り
工事・商品保証
サンリフレプラザ 東京ショールーム
商品のみも大歓迎!
マンガでわかる!トイレリフォーム
毎日使う物だから、ギフトに最適!
日本オンラインショッピング大賞
日流eコマース新聞 住宅設備部門全国第1位!
安心と安全への取り組み
ISO9001認定取得
TOTO INAX パナソニック 会員加盟店
サンリフレプラザ公式Facebook
home > ビルトイン食洗機(食器洗い乾燥機) > ビルトイン食洗機の選び方

ビルトイン食洗機の選び方

ビルトイン食洗機は、設置先のキッチンの状況により、取付け可能な機種が限られる場合がございます。まずは、新規設置か、既存ビルトイン食洗機の交換のいずれかから、設置可能な機種を絞り込んでいきます。
ビルトイン食洗機新規設置の場合ビルトイン食洗機既存機器交換の場合はこちら

キッチンキャビネットを外してビルトイン食洗機を後付けする、新規設置の場合の機種の選び方をご紹介致します。特にシンクの下に設置する場合は、設置可能な機種が限られます。

ビルトイン食洗機新規設置

ビルトイン食洗機を設置したい場所は、キッチンのどの部分ですか?

キャビネット部分

ビルトイン食洗機新規設置キャビネット部分

ビルトイン食洗機新規設置キャビネット部分はこちら

シンク下

ビルトイン食洗機新規設置シンク下

ビルトイン食洗機新規設置シンク下はこちら

キャビネット部分(幅45cm)に設置する場合

キャビネット部分に設置する場合、キッチン天板の奥行きによって設置できる食洗機が決まります。天板の奥行きが63cm以上の場合、当社でお取り扱いの全機種からお選びいただけます。奥行き63cm未満の場合、設置できる機種が一部限られます。

天板奥行き63cm以上

(キャビネット幅45cm)

天板奥行き60cm以上63cm未満

(キャビネット幅45cm)

ビルトイン食洗機新規設置キャビネット部分 天板奥行き63cm以上 ビルトイン食洗機新規設置キャビネット部分 天板奥行き60cm~63cm未満

設置先のキャビネット幅が60cm以上の場合

標準よりも広い、キャビネット幅60cm以上の場所に設置する場合、「幅45cmの食洗機とキャビネットを組み合わせて取付けるパターン」と、「幅60cmの食洗機を設置するパターン」があります。 ファーストプラスのシステムキッチンでよく採用されている、幅75cmのキャビネットへの食洗機取り付けも可能です。
幅45cm食洗機とキャビネットを組み合わせて取付けるパターン
幅45cm食洗機とキャビネットを組み合わせて取付けた実例 幅75cmのキャビネットを外し、幅45cmのビルトイン食洗機と幅30cmのキャビネットを設置した例です。

幅60cmのキャビネットを撤去して、幅45cmのビルトイン食洗機と、幅15cmのキャビネットを設置することも可能です。
幅60cm食洗機を取付けるパターン
幅60cmのキャビネットを取り外し、幅60cmのビルトイン食洗機を設置することも可能です。収納容量が多いことが特徴です。

ただし現在、国内の主流は幅45cmの食洗機で、幅60cmの食洗機は長年モデルチェンジされていません。機能や価格、省エネ性能で比べると、幅45cmのビルトイン食洗機がおすすめです。

なお、国内メーカーの幅60cmの食洗機はドアを引き出すスライドオープンのみです。

シンク下に設置する場合

シンク下は、給排水の配管が通っているため、配管の設置状況によってキャビネット部分よりも奥行きが短い場合があります。シンク下に食洗機を設置する際は、天板の奥行きではなく、シンク下の扉を開いて奥行きを測ります。奥行きによって設置可能な機種が限られます。
※奥行きに関わらず、シンク下には、パナソニックM7/V6シリーズ(ディープタイプ)の設置はできません。

奥行き65cm以上 奥行き60cm以上65cm未満 奥行き49cm以上60cm未満
食洗機新規設置シンク下に設置する場合奥行き65cm以上 食洗機新規設置シンク下に設置する場合奥行き60cm~65cm未満 食洗機新規設置シンク下に設置する場合奥行き49cm~60cm未満

シンク下への設置の場合、シンクを目隠しする部材が必要です

キャビネットを外して食洗機を設置するため、目隠しとなっている扉材も外れることになります。シンク下が見えてしまうことを防ぐために、目隠しの「フィラー」と呼ばれる部材を取り付けます。
食洗機新規設置シンク下に設置する場合の実例
ビルトイン食洗機新規設置の場合はこちらビルトイン食洗機既存機器交換の場合
現在お使いのビルトイン食洗機と異なるメーカーへの交換も可能です。
ただし、設置位置や、キッチンの奥行きにより、設置可能な機種が限られる場合があります。
ビルトイン食洗機既存機器交換

いま設置されているビルトイン食洗機はどのタイプですか?

幅45cm食洗機
(シンク下以外)

食洗機既存機器交換幅45cm食洗機(シンク下以外)

食洗機既存機器交換幅45cm食洗機(シンク下以外)はこちら

シンク下

食洗機既存機器交換シンク下

食洗機既存機器交換シンク下はこちら

トップオープン

食洗機既存機器交換トップオープン

食洗機既存機器交換トップオープンはこちら

幅60cm食洗機

食洗機既存機器交換幅60cm食洗機

食洗機既存機器交換幅60cm食洗機

幅45cm食洗機(シンク下以外)の交換の場合

キッチンの奥行きによって設置できる食洗機が限られる場合があります。フロントオープンからスライドオープンへの交換や、ミドルタイプから深さのあるディープタイプへの交換も可能です。

天板奥行き63cm以上 天板奥行き60cm以上63cm未満
食洗機既存機器交換幅45cm食洗機(シンク下以外)天板奥行き63cm以上 食洗機既存機器交換幅45cm食洗機(シンク下以外)天板奥行き60cm~63cm未満

※スライドオープンからフロントオープンへの交換は対応しておりません。

※スライドオープンからフロントオープンへの交換は対応しておりません。

シンク下に設置した食洗機の交換の場合

シンク下は給排水の配管が通っていることが多いため、既存食洗機の後継機種、もしくは既存食洗機と同じ奥行きの機種との交換が基本となります。
場合によっては奥行き65cm対応の機種を取り付けられる可能性もございますので、無料お見積りフォームよりご相談下さい。

奥行き65cm以上 奥行き60cm以上65cm未満 奥行き49cm以上60cm未満
食洗機既存機器交換シンク下奥行き65cm以上 食洗機既存機器交換シンク下奥行き60cm~65cm未満 食洗機既存機器交換シンク下奥行き49cm~60cm未満

トップオープン食洗機の交換の場合

キッチン天板(上部)から食器を出し入れする、トップオープンタイプからの交換の場合、キッチンの奥行きによって設置可能な機種が限られます。

交換対応可能なキッチンのメーカーはパナソニック(ナショナル)、ヤマハ、サンウェーブのみとなります。その他のキッチンメーカーは取替キットが無いため、お取替えはできません。

天板奥行き63cm以上 天板奥行き60cm以上63cm未満
食洗機既存機器交換トップオープン天板奥行き63cm以上 食洗機既存機器交換トップオープン天板奥行き60cm~63cm未満

設置先の状況によりトップオープン食洗機からの交換ができない場合があります

壁や見切り材などにスライドオープン食洗機の扉が衝突する場合、交換ができません。詳しくは下記をご覧ください。
食洗機既存機器交換トップオープンフタ部分をふさぐ部材が必要です

トップオープン食洗機からの交換の場合、フタ部分をふさぐ部材が必要です

トップオープンタイプの場合、システムキッチンメーカーの別売り専用部材で、フタの部分をふさぎます。部材はキッチンメーカーによって金属製と人工大理石製の違いがございます。
食洗機既存機器交換トップオープンフタ部分をふさぐ部材が必要です

幅60cm食洗機の交換の場合

キッチンの奥行きによって設置できる食洗機が限られる場合があります。幅45cmの食洗機を取付ける際は、15cmのキャビネットを設置します。

天板奥行き63cm以上 天板奥行き60cm以上63cm未満
食洗機既存機器交換幅60cm食洗機天板奥行き63cm以上 食洗機既存機器交換幅60cm食洗機天板奥行き60cm~63cm未満
幅45cm食洗機+15cmキャビネット設置

※スライドオープンからフロントオープンへの交換は対応しておりません。

※スライドオープンからフロントオープンへの交換は対応しておりません。

幅60cm食洗機設置
対応機種がございません。

幅60cm食洗機から幅45cm食洗機に交換する場合、15cmのキャビネットを設置します

幅60cm食洗機から幅45cm食洗機に交換する場合、15cmの空間ができますので、開き扉の幅15cmのキャビネットを設置致します。
食洗機既存機器交換幅60cm食洗機15cmのキャビネットを設置した実例

幅60cmのビルトイン食洗機

幅60cmのビルトイン食洗機への交換も可能ですが、幅45cmのビルトイン食洗機の方がおすすめです。
幅60cmのビルトイン食洗機は収納容量が多いことが特徴です。ただし現在、国内の主流は幅45cmの食洗機で、幅60cmの食洗機は長年モデルチェンジされていません。機能や価格、省エネ性能で比べると、幅45cmのビルトイン食洗機がおすすめです。なお、国内メーカーの幅60cmの食洗機はドアを引き出すスライドオープンのみです。

現在フロントオープンをお使いの方がスライドオープンに取り替えた場合、食器のセットが難しく感じることがあるようです。フロントオープンの食器のセットに慣れていて、食器を入れる順番や、位置をあまり気にせずに食器のセットをしたい方は、フロントオープンを選ばれています。逆に、現在フロントオープンをお使いで、食器セットの際に腰をかがめることが大変な方はスライドオープンに交換されています。
初めてビルトイン食洗機をお使いになる方には、現在主流のスライドオープンをおすすめしております。

※スライドオープンからフロントオープンへの交換は対応しておりません。

扉タイプ フロントオープン スライドオープン
使用イメージ
メリット

・大容量のため、ご家族が多い家庭に最適。

・上下2段それぞれスライドするため、食器を出し入れしやすい。

・大型の鍋などの調理機器も設置位置を気にせずに入れることができる。

・食器を出し入れする際の姿勢が楽。

・フロントオープンに比べ節水性能が高い。

・最新機能を搭載した商品が多い。

・ジェルタイプの洗剤が使える。

・下部に収納を設置することも可能。

デメリット

・下段カゴが低い位置にあるため、食器の出し入れに腰を屈める必要があり、腰に負担がかかる。

・節水性・機能面でスライドオープンに劣る。

・食器を軽く洗い流してからセットする際、水滴が床に落ちる場合がある。

・食洗機下部に収納キャビネットの設置ができない。

・ジェルタイプの洗剤が使えない。

・庫内容量が小さい。

・フロントオープンに比べ節水性能が高い。

・食器を下から入れていく必要があり、コツがいる。

現在主流のスライドオープンタイプのビルトイン食洗機には、深型のディープタイプと、通常のミドルタイプの2種類があります。ディープ(深型)タイプ食洗機があるのはパナソニックだけです。そこで、パナソニックのディープタイプ食洗機と、ミドルタイプを比較しました。

扉タイプ ディープ(深型)タイプ ミドルタイプ
使用イメージ
庫内容量 60L
食器収納点数 44点 約6人分
40L
食器収納点数 40点 約5人分
庫内深さの比較
フライパンや、30cmを超える大皿がすっぽりと入ります。また、おたまや菜箸も立てて入れることができます。
フライパンや、30cmを超える大皿は入りません。おたまや菜箸は、横にねかせて入れます。
庫内幅の比較
庫内の幅もディープタイプの方が広いため、食器収容点数も多くなります。
ディープタイプに比べ、約4cm幅が狭くなります。
食洗機下
ディープタイプの場合、食洗機の下は給排水配管スペースで、基本は収納がありません。

※サンリフレプラザではディープタイプの下に収納を付けられる特別プランをご用意しております。詳しくはこちら >

\当社限定のおすすめ食洗機セット/

ビルトイン食洗機のドア材は、ドアパネル型とドア面材型の2種類があります。ドアパネル型はドアが設置されていますので、そのままでもお使い頂けます。
ドア面材型は購入時はドア材が設置されていませんので、別途ドア面材が必要です。キッチンドア面材の品番をお教え頂くことで、当社で食洗機ドア面材を取り寄せ、食洗機の設置工事の際に取り付けを行います。

扉タイプ ドアパネル型 ドア面材型
商品イメージ
設置イメージ ドアパネルを付けない例 ドアパネルを設置した例 ドア面材を設置した例
あらかじめ設置されているシルバー(グレー)のドアです。
キッチンに合わせたドアパネルを設置した例です。ドアの周りにシルバーの縁が見えます。
キッチンに合わせたドア面材を設置した例です。ドア周りに縁が無いため、キッチンに馴染んで見えます。
ネット住設店の老舗 実績No.1のサンリフレプラザにお任せください。
施工事例 11,000件以上掲載 お客様の声 3,000件以上掲載 スタッフブログ 継続8年目 地道な継続が信頼の証です
住宅設備のご用命は2001年より開設している実績No.1のサンリフレプラザへ
▲ページTOPへ戻る