交換できる?ウォシュレットの設置条件【サンリフレプラザ】

お問い合せ・無料見積り

【年末年始休業】2016/12/30(金)~2017/1/3(火)の間を休業とさせて頂きます

サンリフレプラザが選ばれる理由
売れ筋ランキング
ご利用の流れ
お問い合せ・お見積り
工事・商品保証
サンリフレプラザ 東京ショールーム
商品のみも大歓迎!
マンガでわかる!トイレリフォーム
毎日使う物だから、ギフトに最適!
日本オンラインショッピング大賞
日流eコマース新聞 住宅設備部門全国第1位!
安心と安全への取り組み
ISO9001認定取得
TOTO INAX パナソニック 会員加盟店
サンリフレプラザ公式Facebook
home > トイレまわり > ウォシュレット >ウォシュレットの設置条件

ウォシュレットの設置条件

自宅のトイレにはどのウォシュレットが設置できるの? ウォシュレットの設置条件
お使いのトイレにウォシュレットが設置可能かどうか、このページでご購入の前にご確認下さい。

トイレ室内の電源コンセントの有無をご確認ください

ウォシュレットは電気製品のため、トイレ室内に電源コンセントが必要です。電源コンセントの有無を確認してください。
■ トイレ室内に電源コンセントがある場合
ウォシュレットの電源コードの長さが足りない場合、お手持ちの延長コードなどをご利用ください。電源コードの位置と長さは、下の表をご参照ください。
※LIXIL(INAX) KS220、Kシリーズエクストラは1.0mです。
■ トイレ室内に電源コンセントがない場合
電気工事店に、電源コンセントの設置工事をご依頼ください。
尚、ウォシュレットの商品+取付工事を当社にご依頼の場合は、オプション工事として電源コンセント設置をお受けできます。ご希望のお客様は、お問い合わせフォーム よりご相談ください。

便器のタイプをご確認ください

以下の3タイプの日本製トイレ(TOTO,INAX)であれば、取り付け(取替え)可能です。
■ ロータンク式便器の場合(一般住宅)
一般洋式便器
設置できます
ワンピース型便器
設置できます
隅付タンク式腰掛便器
ご確認ください
≫ご確認ください
■ フラッシュバルブ式便器の場合(テナントビル等)
タンクが無いフラッシュバルブ式トイレの場合は、別途専用アダプタ(有料)が1台ごとに必要となりますので、ご注文前に当社までお問合せ下さい。デジカメや携帯カメラをお持ちでしたら全体画像とイラスト部分の画像を当社までメールにて送信下さい。お見積りの返信をさせて頂きます。

トイレの寸法をご確認ください

■各機種に必要な取付寸法
(一般洋式便器・ワンピース型便座)
ウォシュレットを正しく動作させるために必要な、
トイレ内部の寸法は以下の通りです。
機種
A寸法 B寸法 C寸法
SB 335mm以上 325mm以上 -
S1、S2 255mm以上 325mm以上 -
アプリコットF1、F2 255mm以上 255mm以上 -
アプリコットF3 255mm以上 255mm以上 300mm以上
パッソ 249mm以上 236mm以上 400mm以上
KA 249mm以上 232mm以上 -
KB 302mm以上 232mm以上 -
Kエクストラ 250mm以上 240mm以上 400mm以上
■隅付タンク式腰掛便器の場合

隅付の三角のタンクの場合は、便器とタンクとの距離もご確認ください。
機種
a寸法 b寸法
SB 135mm以上 170mm以上
S1、S2 119mm以上 130mm以上
アプリコット
F1、F2、F3
119mm以上 130mm以上
パッソKA 170mm以上 170mm以上
KB 170mm以上 200mm以上
Kエクストラ 170mm以上 240mm以上
参考:現在発売されているウォシュレットのサイズは兼用サイズです
『TOTOウォシュレット・暖房便座』『LIXIL(INAX)シャワートイレ』はサイズが兼用タイプです。
大型・標準のどちらにも設置が可能なため、サイズの計り間違えがなく、選びやすくなりました。
大型サイズ 標準サイズ
※上記は便器の陶器部の寸法です。便座のサイズではありません。
従来は便器のサイズが大型サイズと標準サイズの二種類あったため、ウォシュレットのサイズも大型サイズと標準サイズの二種類が発売されていましたが、2012年以降に発売されているTOTOやLIXILのウォシュレットは全てどちらのサイズにも設置ができる兼用サイズとなりました。
※2000年以降に建てられた建物はほとんどの場合『大型サイズ』の便器です。
兼用サイズの便座を標準サイズの便器にセットした場合、便器の先端より多少出っ張ったり、便器のふちが見える場合があります。(上図)

「オート洗浄・リモコン洗浄機能」が付いたウォシュレットをご希望の場合、専用部品(オート洗浄ユニット)の設置可否をご確認ください。

オート洗浄
使用後、立ち上がると便器を自動的に洗浄
リモコン便器洗浄
使用後は、リモコンのボタンで便器洗浄OK
オート洗浄、リモコン洗浄タイプのウォシュレットは既存のトイレタンクのレバーにオート洗浄ユニットを取り付けすることで、リモコンボタンでレバーをひねることが出来るようになります。そのため、現在のタンクについている便器のレバーに、オート洗浄ユニットがセットできるかどうか、確認しておきましょう。
※設置できない便器もありますので、その場合はオート洗浄なしのタイプをご購入いただくか、便器ごとの交換をご検討下さい(最新の便器は、節水性能も進歩していますのでオススメです)。
ウォシュレット+工事費の激安セット

≫ウォシュレット+工事の激安セットはこちら


ウォシュレット関連情報

ネット住設店の老舗 実績No.1のサンリフレプラザにお任せください。
施工事例 11,000件以上掲載 お客様の声 3,000件以上掲載 スタッフブログ 継続8年目 地道な継続が信頼の証です
住宅設備のご用命は2001年より開設している実績No.1のサンリフレプラザへ
▲ページTOPへ戻る