最近では、共働き世帯が増えてきているため、平日にご飯を作る時間が十分に取れなかったり、疲れてご飯を作る気になれないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。仕事終わりで疲れているときの料理は、なるべく負担をかけずに済ませたいものですよね。また、忙しくても毎日料理を作っている人は、普段からどのような工夫をしているのか気になりませんか。

そこで今回は、共働きで忙しい世帯でも、ご飯の準備が時短で楽に済ませられる方法についてご紹介します。忙しいけどご飯はきちんと作りたいと考えている人は、是非チェックしてみてください。

共働き夫婦でもできる時間がない時のご飯の解決策

共働き世帯だと、毎日ご飯を作る時間がなかなか取れないですよね。仕事で疲れているとついスーパーの総菜やコンビニのお弁当で済ませてしまっていませんか。しかし、忙しくて時間がないときでも、ちょっとした工夫をすることで平日のご飯作りを楽にすることが可能です。

ご飯作りの時間がないとお困りの方は、以下で解決策をご紹介するので、是非普段のご飯作りに取り入れてみてはいかがでしょうか。

下ごしらえを少なく済むようにする

料理の工程で手間と時間がかかりがちなのが、食材の下ごしらえではないでしょうか。共働きだと、仕事終わりで疲れているのにもかかわらず下ごしらえからご飯の準備をすると思うと、つい気が引けてしまいますよね。

平日の下ごしらえの負担を減らすために、休みの日にまとめて下ごしらえを済ませておくことがおすすめです。下ごしらえが済んでいるだけで料理のハードルがぐっと下がるので、平日の疲れているときでもモチベーションアップにつながります。事前にカットした食材を投入するだけで調理できるため、時間がなくてもパッと炒め物などができるので簡単にご飯の準備ができますよ。

また、下ごしらえに役立つ時短便利グッズを活用することでより効率アップができます。面倒な野菜のカットを簡単に行ってくれる便利グッズを活用すれば、下ごしらえが時短で済ませられるため、ご飯の準備にかける手間が減らせます。

カットした野菜は冷凍しておけば長期で保存することも可能なので、休みの日にまとめて保存しておくとよいですね。使いたい時には、必要な量を取り出して調理するだけなので料理の時短につながります。

ワンプレートの食事を心がける

食事を用意するときに、ワンプレートのメニューを作るのもおすすめです。ワンプレートの食事であれば、無駄なお皿が増えず洗い物が少なく済むため、忙しい共働き世帯にはぴったりです。また、食洗器に対応しているお皿を使うことで、食べ終わった後も食洗器に入れてスイッチを押すだけで後片付けが完了するため、片付けの時短にもつながりますね。

ワンプレートで食事を作るメリットは、他にもあります。

たとえば、お互いが仕事をしていると、帰宅時間が異なるため食事の時間がばらばらになってしまうことはありませんか。そんなときに、ワンプレートで食事を用意しておくことで、食事の時間が別々になったとしても一人分の食事がもともと分けられているため、わざわざ取り分ける必要がありません。食べるときにも一つのお皿を温めるだけで済むため、準備にかかる手間がかからないのが嬉しいですね。

ワンプレートの食事を取り入れることで、ご飯を準備する側も食べる側も手間が減り、お互いが楽になるためおすすめです。お皿を用意するだけなので、普段の食事に取り入れるのも簡単ですね。

一週間の献立を事前に決めておく

ご飯の準備に欠かせないのが、毎日の献立を決めることですよね。献立を考えるときには、栄養バランスやその月の予算など考えることがたくさんあるため、仕事終わりに考えるのは負担が大きいと感じる人も多いのではないでしょうか。

献立は、一週間分事前にまとめて考えておくことがおすすめです。休みの日にゆっくりと一週間分の献立を決めておくことで、平日は事前に決めておいた献立に沿ってすぐご飯の準備に取り掛かることができるため時短につながります。

また、あらかじめ献立を決めておくことで、献立に必要な分の食材を事前に準備することができます。献立を決めていないと食材が足りずに平日に買い足しがちですが、あらかじめ必要な食材を用意できるため、買い物の二度手間を防ぐことにもつながります。買い物の回数自体が減ると、余計な買い物を減らすこともできるため、食費の節約にもつながり一石二鳥ですね。一週間分の献立を考えるときに、食材のおおまかな予算も一緒に決めておくとよいでしょう。

共働きのご飯の食事に関すること

せっかく共働きでお金を稼いでいるなら、無駄な出費を抑えて必要なことにお金を使っていきたいものですよね。

そこで、共働き世帯でのご飯の準備において食費の節約に役立つおすすめの方法をご紹介します。すぐに実践できるものばかりなので、普段の食事の準備の際にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

食事の買い出しの購入場所を見直す

食事の準備に必要なのが、食材の買い出しですよね。食材を購入する場所を工夫することで、金銭的にお得になる可能性もあるためチェックしておくとよいでしょう。

たとえば、スーパーによっても価格帯が異なったり、家族の人数が多ければ業務スーパーのような大容量の品揃えがある店舗で購入した方が、安く買い物が済みます。仕事終わりについでに近くのコンビニやデパートで買い物をしがちですが、休みの日にまとめて買い物をすることで、無駄な出費を抑えることができますよ。

安いからいらないものまで買うのはやめるようにする

買い物をしていると、安いからという理由でいらないものまでつい購入してしまいがちですよね。「値段が安いから」という理由だけで購入してしまうと、小さな金額のつもりでも積み重ねで無駄遣いへとつながってしまいます。

仕事で疲れていると、つい自分へのご褒美を買うこともありますよね。ご褒美を買うことはよいことですが、やりすぎは禁物です。購入する回数を決めたり、予算をあらかじめ決めておくなどして、無駄な買い物にならないよう気を付けるといいですね。

また、買い物に行くときには必要なものを事前にリストにしておき、日頃から無駄な買い物をしないように心がけるとよいでしょう。

レシートで購入しているものを確認する

買い物のあと定期的にレシートを見直すようにすることで、普段何を購入しているか把握できるため食費の節約につながります。とくに普段から予算オーバーになりがちな人は、レシートを見直して買い物の傾向を知るように心がけることで、無駄な買い物が減らせるためおすすめです。

まとめ

今回は、共働き世帯でご飯の準備に時間がかけられないときの解決方法についてご紹介しました。ちょっとした工夫をすることで、仕事で忙しくても時短に料理を済ませることができるため、是非普段のご飯作りに取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、共働き世帯だとお互いに毎日仕事をしているため、無理をし過ぎると疲れも溜まってしまいます。毎日料理することにこだわりすぎず、手を抜けるところは簡単に済ませ、たまにはテイクアウトや外食などを利用して気分転換をしてみるのもいいかもしれませんね。

工夫できることは少しでも行い、気分転換とのバランスを上手に考えながら楽しく取り組んでみてはいかがでしょうか。