浴室換気扇の掃除方法|リフォーム実績30万件の住宅設備工事専門店サンリフレプラザ【公式】

お問合せ無料お見積はこちら
お知らせ
日経新聞ライフスタイル情報誌に掲載されました >

浴室換気扇の掃除方法

浴室換気扇の掃除方法
浴室換気扇のお掃除方法をご紹介致します。お風呂(ユニットバス)に設置された換気扇は、お掃除しにくい設備ではありますが、想像以上にホコリが溜まる場所でもあり、換気能力を正常に保つためにも、定期的なお掃除が必要です。

浴室換気扇の掃除は、なぜ必要?

風呂(ユニットバス)用の換気扇は、高い位置に設置されており、また「お風呂」という掃除しにくい場所にあることから、なかなかお手入れが難しい設備です。

しかし、浴室換気扇の本体内にはホコリが溜まりやすく、これを放置しておくと、換気扇が持つ本来の換気能力が低下します。 具体的には、下記のような現象が起こりやすくなります。

・換気風量が低下して、お風呂場にカビが生えやすくなる。

・換気扇の運転音がうるさくなる。異音がする。

・換気扇から、お風呂場にホコリが落ちてくる。

・本体寿命が低下する。

お風呂(ユニットバス)にある換気扇には湿ったホコリが付着するので、換気扇本体にカビが生えてしまうこともあります。

また、内部のファンにホコリがついていると、ホコリの重みでうまく換気扇が回らず、換気扇内部から異音や振動が感じられる場合もあります。浴室換気扇を正常な状態で使い続けるためにも、定期的な掃除が必要です。

浴室換気扇のお掃除頻度はどのくらい?

浴室換気扇の機種にもよりますが、本体カバー(ルーバー)が週に1回、カバーを外した内部のシロッコファン(羽根)や本体は、3ヶ月に1回がお掃除の目安です。

本体カバーにホコリが付着していることが目視で確認できると、すでに内部はかなり汚れがたまっている状態です。
その場合は、本体カバーだけでなく、内部のシロッコファンのお掃除も一緒にしていただくのがおすすめです。

※上記画像はパナソニックの風呂(ユニットバス)用換気扇です。機種によってお掃除できるパーツは異なります。

浴室換気扇を掃除する際の注意点

風呂(ユニットバス)用の換気扇を正しく掃除するために、下記3つの注意点を事前にチェックしておきましょう!

①掃除前に、スイッチ・ブレーカーを切る

感電や、ケガの原因になりますので、お掃除の前には必ず換気扇のスイッチと、ブレーカーを切ってください。

②水気厳禁

浴室換気扇は、電気機器です。そのため換気扇本体に、洗剤や水を直接吹きかけると故障の原因となります。

本体内部を掃除する時は、洗剤を染みこませた布をお使いください。 また、本体カバーなど、水で洗ったパーツは、よく乾かしてから本体に戻してください。

③台所用中性洗剤を使う

風呂(ユニットバス)の換気扇をお掃除する際は、台所用の中性洗剤をお使いください。
アルコールやベンジン、アルカリ性の洗剤、研磨材入りの洗剤などを使った場合、製品が変形・変色・破損したり、異常音が発生したりします。
また、金属タワシでパーツを洗うとキズがつき、そこに汚れがたまってしまうので、柔らかいスポンジや布を使用してください。

※お使いの機種によって使用を禁止されている洗剤が少しずつ異なりますので、お掃除前に必ずご使用されている機種の取り扱い説明書をご確認ください。

浴室換気扇のお掃除方法

シロッコファンが取り外せない浴室換気扇のお掃除方法

①本体カバー(ルーバー)を外す

まず本体カバー(ルーバー)を外し、中性洗剤を染みこませた布で汚れを取り除きます。 その後、乾いた布で水気をしっかりとふき取ってください。

②本体内部(シロッコファン)を掃除する

シロッコファンを取り外すことはできないので、本体内部に手を入れて、中性洗剤を染みこませた布でファンについた汚れを拭いていきます。
汚れがひどい時は、掃除機でホコリを吸い込んでから、布拭きしてください。
その後、しっかりとファンを乾燥させてください。

この後、本体カバー(ルーバー)を戻せばお掃除完了です。 シロッコファンが外せないタイプは、高い位置にあるファンをずっと見上げながら掃除しなければならないので、とても大変な作業となります。日ごろからのこまめなお掃除が、より必要なタイプです。

シロッコファンを無理矢理外してしまうと、元に戻せない場合もございます。
ファンを外さないと掃除できないような汚れの場合は、お掃除のプロにお任せするのもおすすめです。また、ファンを自分で簡単に取り外せるタイプの最新機種に交換するのも一つの方法です。

シロッコファンが取り外せる浴室換気扇のお掃除方法

①パーツを全て外す

本体カバー(ルーバー)→オリフィス(ベルマウス)→シロッコファンの順でパーツを取り外していきます。

※オリフィス(ベルマウス)は取り外せない機種もございます。機種によりパーツの取り外し方が異なりますので、お掃除をする際にはご使用されている機種の取り扱い説明書をご確認ください。

②パーツを中性洗剤で、つけ置き洗いする

本体カバー(ルーバー)、オリフィス(ベルマウス)、シロッコファンを中性洗剤につけ、やわらかいスポンジで汚れを落としてください。

③本体内部の汚れをふき取る

シロッコファンを戻す前に、本体内部についたホコリも、中性洗剤を染みこませた布でふき取ります。ここの部分は、ファンを取り外せるタイプでないと掃除ができない箇所です。

この後、パーツを全て元に戻せばお掃除完了です。
パーツの取り外しに慣れてしまえば、高い位置での掃除作業が軽減されるので、シロッコファンが取り外せるタイプの浴室換気扇だと、格段にお掃除が簡単になります。

天井埋込み換気扇の関連記事
天井埋込み換気扇の関連リンク

換気扇関連記事

お掃除・お手入れのおすすめ記事