除菌抗菌におすすめ商品をご紹介 | 交換できるくんスタッフブログNO-57340

ジメジメとした日が続き、水回りの衛生が気になる季節がやってきました。

菌やウイルスは食中毒などの体調不良を招くだけでなく、

汚れやニオイの原因にもなります。

 

住宅設備の各メーカーも、除菌・抗菌機能に力を入れています。

今回は、交換できるくんの取扱商品から、

「除菌抗菌におすすめの商品」をご紹介させていただきます。

 

交換で、汚れはさっぱり気分もすっきり。

夏は快適に、冬も安心して過ごせる住環境作りをお手伝いさせてください!

 

「除菌抗菌におすすめ商品」

 

トイレ

TOTO LIXIL(INAX) パナソニック
CES9788R YBC-G20S+DV-G215 XCH1500WSN
neorest_ah_170725 YBC-G20S_DV-G218(AT1) img_spec_01

 

温水洗浄便座(ウォシュレット)

TOTO LIXIL(INAX) パナソニック
TCF4713R CW-KB23 DL-AWM600
TCF4713R CW-KB23 DL-AWM600

 

食器洗い洗浄機

リンナイ パナソニック
RSW-SD401GPE NP-45MD8S
RSW-SD401GPE NP-45MD8S

 

浴室暖房乾燥機/ガス衣類乾燥機

マックス パナソニック リンナイ
BS-161H-CX FY-13UG7E RDT-54S-SV
bs-161_261_hontai P_FY-13UG7E RDT-54S-SV_S

 

洗面台

TOTO TOTO
サクアシリーズ オクターブシリーズ
saqua750btn_180919 top_plan02_slide

 

 

除菌と消毒って何が違うの?除菌・抗菌・消毒のキホン

 

食中毒対策の基本は、

「つけない」「増やさない」「やっつける」

の3原則と言われています。

 

この3原則は、食中毒だけでなく、

お風呂やトイレ、洗濯場の衛生を保つために大事なポイントです。

(参考:厚生労働省 食中毒

 

ところで「除菌」と「殺菌」は何が違うのでしょうか?

違いについて簡単にご紹介いたします。

・除菌
手や皿などの表面についた菌を殺し、数を減らします。

・消毒
手や皿などの表面についた菌を殺したり、菌が増殖できないようにしたりします。

・抗菌
表面についた菌の増殖を抑えます。

・殺菌
手や皿などの表面についた菌を殺し、数を減らします。
(※「殺菌」は法的に、医薬品・医薬部外品にしか使えない表現です。)

それでは、実際にどんな商品があるのかご紹介いたします。

 

空気中の除菌に効果あり!プラズマクラスターとナノイー

 

func_plasmaclusterimg23

空気中の細菌ウイルスやニオイに効果があるとされている空調技術が、

シャープが開発した「プラズマクラスター」と、

パナソニックが開発した「ナノイー」です。

この2つはどちらも、空気中の水分を分解して作ったイオンを散布して、

イオンに接触した空気中の細菌やウイルスを除去・抑制する技術です。

(※プラズマクラスターロゴおよび、プラズマクラスター、Plasmaclusterはシャープ株式会社の登録商標です。)

 

プラズマクラスター搭載モデル

func_plasmacluster「プラズマクラスターはシャープだけ」というキャッチコピーが有名ですが、シャープが製造していない住宅設備などの他分野では、

各分野のメーカーがプラズマクラスター搭載機種を開発しています。

RSW-SD401GPE

リンナイ「RSW-SD401LP」

リンナイのスライドタイプ食洗器の一部にプラズマクラスターが搭載されています。

食器乾燥時に取り入れた外気をプラズマクラスターが浄化することで、

庫内でカビ菌が増殖することを防ぎます。

 

YBC-G20S_DV-G218(AT1) CW-KB23
LIXIL「YBC-G20S+DV-G215」 LIXIL「CW-KB23」

LIXILのトイレ「サティス」「プレアス」などのシリーズ、

温水洗浄便座の「CW-KB/KA」の23グレードには、

プラズマクラスターが便器内を除菌する機能が備わっています。

使用後にフタを閉めると自動で便器内にプラズマクラスターが放出されます。

bs-161_261_hontai

マックス「BS-161H-CX」

マックスの浴室乾燥機は、同じ機能の製品に2つのタイプがあり、

品番に「CX」が付いたプラズマクラスター搭載タイプが用意されています。

換気・乾燥を行った後にプラズマクラスターが浴室の空気を浄化します。

 

ナノイー搭載モデル

img23ナノイー機能が搭載された住宅設備はパナソニックだけが販売しています。住宅設備以外では、列車や自動車の車内空調に採用されているそうです。

img_spec_01

パナソニック「XCH1500WSN」

アラウーノL150シリーズの最上位モデルには、

トイレ個室内の空気清浄機能がついています。

微細粒子で除菌・脱臭を行うので、壁紙に染み込むニオイまで防ぎます。

DL-AWM600

パナソニック「DL-AWM600」

泡コートトワレのハイスペックモデルにも、

ノズル傍にナノイー吹出口が付いています。

フタを閉めて使用すると、ナノイーが便器内の付着菌を除去します。

P_FY-13UG7E

パナソニック「FY-13UG7E」

パナソニック製浴室乾燥機では、

1室換気タイプのみナノイー搭載モデルが用意されています。

風にナノイーを乗せて循環させることで空気中のカビの繁殖を抑制します。

 

食洗機でまな板は洗えるか?
キッチンの除菌で重要なのが、まな板や包丁といった調理器具です。様々な調理器具が販売されていますが、中には食洗機では洗えない素材で出来たものもあります。

 

食洗機で洗える/洗えない基準で重要なのは「耐熱温度」です。

高温のお湯を吹き付けて洗うため、熱に弱い素材は食洗機に適しません。

パナソニックによると、耐熱温度80度以下の素材は使用不可となっています。

一般的な食器の素材と耐熱温度は以下の通りです。
(日本プラスチック工業連盟の規格を基に作成)

・プラスチック系
ポリエチレン:~110℃
ポリプロピレン:~140℃
・ゴム系
エラストマー(TPU):~80℃
シリコン:~200℃
・金属系
ステンレス:~500℃

同じ素材でも製品によって耐熱温度は異なります。

調理器具選びの際は必ず耐熱温度を確認するようにしてください。

 

水を分解して除菌水に!きれい除菌水とオゾンウォーター

きれい除菌水 Optimized by JPEGmini 3.14.12.71901706 0xab4023d2
水道水から除菌効果のある液体を作るテクノロジーが、

TOTOの開発した「きれい除菌水」と、

パナソニックが開発した「オゾンウォーター」です。

 

この2つのテクノロジーは原理こそ異なるものの、

水道水に電気を流すなどして「除菌水」に変える、

使用後の除菌水はまた水道水に戻るので安心、

という点で共通しています。

きれい除菌水搭載モデル

08TOTOの「きれい除菌水」は、水道水に含まれるミネラルを電気分解して次亜塩素酸を作る技術です。

次亜塩素酸は、プールの消毒でお馴染みの「カルキ」の仲間です。

 

neorest_ah_170725 TCF4713R
TOTO「CES9788R」 TOTO「TCF4713R」

TOTOのトイレ、ウォシュレットの上位グレードに、

この「きれい除菌水」機能が搭載されています。

トイレを使用するたびにきれい除菌水が便器内に散布され、

ニオイや黄ばみの原因を除菌します。

saqua750btn_180919

TOTO「サクアシリーズ」

洗面台の上位グレード「サクア」「オクターブ」にもまた、

「きれい除菌水」が搭載されています。

きれい除菌水を吹きかけるためのボタンが洗面台の手元にあり、

歯ブラシなど汚れが気になるものの清掃にも使用できます。

 

オゾンウォーター搭載モデル

ozonwater_image1パナソニックの「オゾンウォーター」は、水(H2O)を電気分解してオゾン(O3)を作る技術です。

オゾンが水に溶け込んだオゾン水は、ダムなど浄水施設でも利用されており、

それを小型化、家庭で使えるように応用したのが「オゾンウォーター」技術です。

img_spec_01

パナソニック「XCH1500WSN」

「オゾンウォーター」が搭載されているのは現在、

タンクレストイレ「アラウーノL150」の最上位モデルだけです。

人の出入りをセンサーが感知して、退出するたびにオゾン水で便器内を除菌します。

 

使ってよい洗剤・よくない洗剤
洗剤や消毒液は成分によっては、拭いたものと化学反応を起こしてひび割れやシミを作ってしまいます。 

たとえば消毒液として広く使われるエタノールやアルコールは、

ペットボトルに詰め替えると素材のPET(ペット)を変質させてしまいます。

 

また、住宅設備は複数の素材が組み合わさってできています。

たとえば、トイレ本体は陶器製ですが、便座のフタはプラスチック製です。

プラスチック部分の掃除には必ず中性洗剤を選びましょう。

 

他にもあります、驚きの除菌テクノロジー

ここまで「除菌効果のある物質を散布する」技術を紹介してきましたが、

他にも「高温で除菌」や「汚れがたまらない構造」など、

バリエーション豊かな除菌機能がそろっています。

パナソニック「バイオパワー」

NP-45MD8S

パナソニック「NP-45MD8S」

パナソニックの食洗機には、洗剤の効果を引き出す「バイオパワー」機能があります。

洗剤に含まれる酵素がもっとも働く水温は60度。

洗浄液を60度まで加熱して吹き付けることで、99%以上の除菌を実現しています。

リンナイ「ドラム除菌運転」

RDT-54S-SV_S

リンナイ「RDT-31S」

ガス衣類乾燥機「乾太くん」には、

19年発売モデルから新たに「ドラム除菌運転」機能が追加されました。

衣類を乾燥する前に3分間の空焚きを行ってドラム内の除菌ができます。

TOTO「お掃除ラクラク排水口」

top_plan02_slide15

TOTO「オクターブシリーズ」

流しの排水口は汚れが溜まりやすく、掃除も面倒なもの。

TOTOの「オクターブ」シリーズの排水口は衛生面で様々な進化を遂げています。

排水口は継ぎ目を極力無くしたフラットな構造、

フィルターは抗菌効果のある樹脂で汚れ・ヌメりを防ぎます。

 

まとめ

最新の水回り機器や換気機器には、

水や空気を除菌消毒する機能が充実しています。

 

注意しなければならないのは、

すべての機器に除菌機能が搭載されているわけではないことです。
上位グレードにだけ搭載されている、

特定のバリエーションにだけ除菌モデルが用意されているなど、

確認してから商品を選ぶ必要がありますが、

メーカーのカタログやウェブサイトにも機能の一覧は掲載されています。

もちろん交換できるくんスタッフにお問い合わせいただいても、

お客さまの疑問にお答えいたします。

 

これからの季節、食中毒やカビなどが心配な季節となりますが、

最新技術でしっかりと対策していきましょう!