中国のガスコンロはグリルがない?リンナイさんに見るお国柄 | 交換できるくんスタッフブログNO-57299

いつもスタッフブログをご覧いただき有難うございます。 経営企画部の佐藤です。

 

GWも終わり、3月期(4月始まり)の上場企業の決算発表が始まりました。

当店取り扱いの大手メーカーさんは海外の売り上げの比率も多く、

発表資料を見ていると、物珍しい「海外向けのヒット商品」に出会います。

 

今回はリンナイさんから2点ご紹介。

 

china

こちらは中国向けでは、最高級ビルトインコンロがヒットしたそうです。

天板がすべてタッチパネルになっており、まるでスマホかタブレットのような見た目ですね。

 

気になるのは、最高級にもかかわらずグリルが無いことです。

中国語でガスコンロを意味する「燃气灶」で検索しても、

見つかる写真はグリルが無いものばかり。

中国の方はグリルを使わないのでしょうか、本場の方に聞いてみたいものです。

 

america

続けてこちらはアメリカから。給湯器を体験できる宣伝車だそうです。

 

アメリカで「タンクレス給湯器が大きく飛躍した」とのこと。

タンクがある貯湯式(給湯器内にお湯を作り置きしておくタイプ)は、

日本の家庭用ガス給湯器ではまず見かけません。

 

アメリカの給湯器は貯湯式がメジャーなのでしょうか?

貯湯式だとシャワーからすぐ暖かいお湯が出ますので、

湯舟に浸からずシャワーだけで済ます文化では都合が良いのかもしれませんね。

 

rUSSos9p1Tuc

最後に、日本向けではガス衣類乾燥機「乾太くん」が絶好調だったそうです。

当店も沢山のご注文をいただき、新発売の窓付きタイプに交換させていただきました。

 

今年も梅雨があり台風が来て、あっという間にまた花粉のシーズンとなります。

「ずっと使っていて調子が悪い」という方は、新型が出た今が交換のチャンスです!

 

リンナイ乾太くん設置・交換が最大38%OFF!【交換できるくん】

 

それでは、本日もよろしくお願いいたします。