カート
お知らせ
店名を交換できるくんに変更いたしました(旧名サンリフレプラザ)

サンフランシスコ視察報告

日本以外のアジアが騒がれる今、あえて今、アメカを感じたいと思い立ち、連休も利用して、サンフランシスコとシリコンバレーをまわってきました。

サンフランシスコとシリコンバレー
日中はほとんど1人で動くことになったので、数日間の滞在の中で思いつくまま色々なところをまわってきました。
フロア ストーン デポ
まずはやっぱりホームデポ!とばかりに、iPadで場所を探して1人電車を乗り継いで行ったところが…
「フロア ストーン デポ…!?」
思いがけずストーン建材の視察に…
ホームデポ
日本ではあってはならないアクシデントでしたが、海外ではこの位はつきものなのだと自分に言い聞かせるしかありません。仕切り直して、列車とタクシーを乗り継いで、お目当てのホームデポへ到着。
ホームデポ 工場内
求めていたのはこれです!広い!
陶器製品
トイレなどの陶器製品は驚くほど安い。日本とは一桁価格が違っていて、ほとんどの便器セットが100~200ドルで買えてしまうことにショックを受けました。(汗)
価格は東南アジアのそれと同等レベルかも
価格は東南アジアのそれと同等レベルかも知れません。そうなると仮に2000ドルのハイスペックトイレを海外で売るのであればアメリカではなく、絶対的に今は経済的な高揚感漂うアジア。アジアにカネ・モノ・ヒトが集まる意味が分かります。
洗面台
アジアから輸入品している洗面台や、部材も日本で買うより安いTOTOやINAXといった日本メーカー品はここには一切置いてありませんでしたが、価格が違いすぎるので納得せざるを得ません。
やはりここでも日本の機器は「モノはいいけど高すぎる」という感じでしょうか。
日本人街の近くにあったローカルの水道店にも立ち寄りました。
ローカルの水道店
さすが日本人街が近いとあって、こちらでは若干のTOTO製品を見る事ができました。しかし、普通便座はあってもウォシュレットはありません。現地の日本人の人たちはウォシュレットを買いたくても苦労しそうです。
アメリカではIHクッキングヒーターが人気
こちらはBest Buyにて。
停電時に使えないため日本では震災以降すっかり売れなくなってしまいましたが、アメリカでは変わらずIHクッキングヒーターが人気だそうです。
アメリカではガスコンロも4口が標準
ガスコンロも4口が標準。ごとくがゴツイのですが、逆にアメリカ人からしたら、日本の調理器具は小さすぎるし高性能は分るけど複雑すぎてさっぱり使い方が分らないということになるのでしょうか。さすがスケールが大きい!
アメリカではビルトイン食洗機もでかい
ビルトイン食洗機もやっぱりでっかいです。日本のキッチンにはとても納まりそうにありません。
サンフランシスコの多種多様な人種の人たち
サンフランシスコの多種多様な人種の人たちの中にいると、いくらアメリカの人口が三億人といっても、日本の人口が三倍になったのとは意味が全く違うことを感じます。多種多様の文化の人たちが一緒に共存するアメリカは、やっぱりすごい国だなと感じざるを得ません。
シリコンバレーにある会社の人たちのミーティングに参加
期間中にシリコンバレーにある会社の人たちのミーティングに加わることができました。 メンバーの皆さんは全員ネイティブでしたが、生まれはドイツであったり、韓国であったり本当に様々。 とにかく故郷、つまり国の話になると皆、熱心に自国の話を始めます。
日本から世界を見るのと、現地で感じる事。 日本にいて日本を考えることと、外国から日本を考えること。 それぞれ随分違います。外から日本をみることで、逆に1億2千万人単一民族の日本という国がどれだけ特殊なのか。独自発展をとげた理由が分ったような気がします。
今、世界の経済の中で日本はどんどん置いていかれていると感じていますが、 世界をみてまわるなかで逆に確信できることがあります。 間違えなく、日本や日本人が持っているものは、まだまだ世界に強く通用するものだということです。 そこを引き出して、将来は世界で勝てる会社にしたいと思っています。
サンフランシスコジャイアンツの試合観戦
ホテルへ向うための列車の駅がジャイアンツの本拠地AT&Tスタジアムの最寄り駅だったのでたくさんのファンが本当に楽しそうな顔つきでスタジアムに向っているのにつられてふらっと観戦。
選手を1人も知らなかったので飲み食いばかりして、試合はあまり観ませんでしたが、若者がスタジアムのスクリーンボードを使ってプロポーズをしていたり、その光景をみている観客を撮影してそれをまたスクリーンに映し出したりと観客が一体となって楽しんでいる光景に、なんだかいるだけで楽しい気分にさせられます。
日本にいると、スター選手が次々とメジャーリーグに行ってしまうことに少し寂しさを感じることもあったのですが、逆にベースボールのメッカ、メジャーリーグを観戦すると、この場所に日本人選手が出場していないことの寂しさを感じます。
もし、この試合に日本人選手が出場していたら、現地に住む日本人の子供達はどれだけ嬉しかったか。そしてどれだけ、アメリカの人たちに日本人の存在感を示せたか。 全てのチームに日本人選手がいるくらい、日本の選手はもっとチャレンジして良いのではと思いました。
私達は日本の企業であり日本人のお客様相手の仕事をさせていただいておりますが、常に視野を広げ、世界観をもって取り組んで行きたいと思っております。