カート
お知らせ
日経新聞ライフスタイル情報誌に掲載されました >
サンリフレプラザが選ばれる理由
無料お見積はこちら
給湯器の無料お見積はこちら
ご利用の流れ

よくあるご質問・お問合せ(商品について)

ガス給湯器の交換をご検討のお客様からよく頂くご質問をご紹介致します。

商品についてよくあるご質問

Q1.今使っている給湯器と違うメーカーの給湯器に交換できますか?

はい。現在お使いのガス給湯器と異なるメーカーへの交換も可能です。
当社で取り扱いのあるメーカー『リンナイ・ノーリツ・パーパス・パロマ』は、機能や性能の差はほとんどありませんので、価格や、本体・リモコンのデザインなどにて、お好きなメーカーをお選びください。

ただし、給湯器が扉内に設置されているPS設置型(主にマンション)の場合や、床暖房対応の暖房熱源機タイプは、給湯器サイズに合った枠の使用や接続の関係で、原則、同じメーカーの後継機種でご案内しております。

Q2.フルオートとオートの違いはなんですか?

給湯器は、台所や洗面、シャワーなどの『給湯機能』と、湯はりや追い焚きといった『おふろ機能』を備えており、オートとフルオートは『おふろ機能』を自動で行うか全自動で行うかが大きな違いになります。

オートタイプ      :お湯はり、追い焚き、保温までが自動
フルオートタイプ:お湯はり、追い焚き、保温、たし湯までが自動。追い焚き配管自動洗浄付き。
  給湯 追い焚き 自動湯はり 自動追い焚き
自動保温
自動たし湯 追い焚き配管
自動洗浄
入浴検知による
自動追い焚き
オート × × ×
フルオート

給湯器機能の違いになりますので、現在ご使用中の給湯器がオートタイプでもフルオートタイプへの交換も可能です。お湯のため過ぎ、沸かし過ぎもない、すべておまかせのフルオートタイプがおすすめです。商品にもよりますが、オートタイプとフルオートタイプの価格差は、当社販売価格で約1~2万円程度です。

オート・フルオートの違いについてはこちらをご覧ください >

Q3.号数とはなんですか?最適な号数の選び方はありますか?

給湯器の号数とは、お湯を作る『給湯能力』を示しています。
水温+25度のお湯を1分間にどれだけ出せるかを基準に『16号・20号・24号』のラインナップがあり、ご自宅に合った最適な号数は、ご家族の人数、キッチン・洗面・浴室で同時にどれだけのお湯が必要なのかを確認することがポイントです。



現在ご使用中の給湯器で、お湯の出が弱くなる、お湯はりが遅いといった症状がある場合は、号数アップも対応可能ですが、24号へのサイズアップの場合は、ガスメーターの交換が必要な場合もございます。 また、号数をアップするとガス消費量が多くなり、ガス料金にも影響しますので、当社では無理な号数アップをお勧めすることはございません。安心してご相談下さい。
給湯能力(号数)についてはこちらをご覧ください >

Q4.エコジョーズってなんですか?

エコジョーズとは、従来より少ないガス量で効率よくお湯を沸かすことができる省エネタイプの給湯器です。

今まで捨てられていた排気熱を再利用することで、熱効率が上がり、ガス使用量が少なくなるため、節約にもつながります。さらに、Co2の排出量も削減できるので、環境にもやさしい給湯器です。

給湯器各メーカーもエコジョーズを給湯器のスタンダードと位置付けており、これからはエコジョーズへとシフトしていきますので、給湯器交換の機会にぜひご検討ください。

なお、マンションの廊下に設置されている給湯器(PS設置タイプ)でエコジョーズに交換する場合は、マンション共用部分へのドレン排水配管工事が行えるか確認が必要となります。
エコジョーズ給湯器についてはこちらをご覧ください >
PSタイプのエコジョーズ設置についてはこちらをご覧ください >

Q5.床暖房を使っていますが対応の給湯器はありますか?

はい、床暖房対応の給湯器も取り扱いがございます。
ご使用の暖房系統数などの関係で、原則、同じメーカーの後継機種にてご案内しております。
床暖房対応のガス給湯暖房熱源機(TES)についてはこちらをご覧ください >

Q6.リモコンを選ぶことはできますか?

はい、お選びいただけます。
当社の価格表では、標準リモコンをセットしておりますが、ご希望の機能やお好みのデザインに合わせてリモコンをお選びいただけます。

ただし、ご検討の給湯器タイプにより対応するリモコンが異なりますので、ご希望のリモコンと組み合わせができない場合もございます。組み合わせが不明な場合は、当社スタッフへご確認ください。

Q7.エラーコードが表示されます。交換した方がいいですか?

リモコンに表示される『エラーコード』には、軽微な不具合から修理や交換が必要な内容もございます。

そのため、まずは、エラーコードの内容をご確認いただき、運転スイッチの入切やガス栓の確認などご自宅で処置できるエラーなのか、修理が必要なエラーなのかをご確認ください。

修理と交換の目安としては、給湯器の設計標準使用期間(耐用年数)は、各メーカー10年と定めていますので、製造から10年未満なのか、10年以上なのかが、ひとつの大きな目安となります。
製造から10年以上経過した給湯器やエラーコードが頻発している場合は、その部分を修理しても、その他の部分も故障する可能性が高いため、当社では、交換をおすすめしています。
給湯器の寿命・故障のサインについてはこちらをご覧ください >

Q8.商品の保証について教えて下さい。

当社で販売・施工しておりますガス給湯器は、すべてメーカー正規品となりますので、メーカー標準保証が付いています。(※)

また、お客様が商品購入後や工事完了後も長く安心してお使いいただけるように、ジャパンベストレスキューシステム(JBR)株式会社が提供する有償延長保証サービス「あんしん修理サポートサービス」をお取扱いしております。

※メーカーや商品により、1年または2年の保証です。
なお、リンナイ、パーパスはメーカーの所有者登録を行うことで、保証期間が3年に延長される機種もございます。
商品延長保証オプション JBR社あんしん修理サポートの詳細はこちら >