交換できるくん
おかげさまでサイト開設17周年
お気軽にお電話ください。

給湯器の凍結防止対策

外気温が0℃を下回るような大寒波に襲われると、夜間や長期不在など給湯器を使用していない場合、凍結が起こりやすくなります。給湯器の凍結はお湯が使えない不便さだけでなく、破損により給湯器の交換が必要になる可能性もありますので、事前に凍結防止の方法を知っておきましょう。

1.給湯器には凍結防止機能がついている

給湯器本体には、あらかじめ2つの凍結防止機能が備わっています。
凍結防止機能は、給湯器の種類によって備わっているものが異なり、また、凍結を防止する対象の配管も異なります。

給湯器水漏れの原因

凍結予防ヒーターとは
すべての給湯器に装備

凍結防止対象: 給湯内部の給湯回路の配管

自動ポンプ運転とは
追い焚きがある給湯器に装備

凍結防止対象: 追い焚き配管

それぞれの凍結防止について下記でご説明しますが、2つの凍結防止は、外気温により自動で作動する仕組みとなっているため、分電盤の電源が落ちていないこと、給湯器の電源プラグが抜けていないことを必ずご確認ください。それぞれ電源が入っていないと作動しませんのでご注意ください。
給湯器凍結防止について

2.給湯器内部の凍結予防ヒーターによる凍結防止

凍結予防ヒーターはすべての給湯器に装備されています。外気温が下がると自動的に給湯器内の給湯回路の配管を保温するヒーターが作動し、配管をあたためることで凍結を防止します。

※ヒーターが作動する外気温は、各メーカーで異なります。取扱説明書をご確認ください。
※給湯器内部の給湯回路側対応の機能なので、水道配管部分の凍結防止には効果がありません。

3.自動ポンプ運転による凍結防止

自動ポンプ運転による凍結防止は、追い焚き機能があるふろ給湯器のタイプに装備されています。上記でご案内の通り、給湯器と浴槽を循環させる追い焚き配管の凍結を防止します。 浴槽のお湯を循環させますので、お客様に以下の準備を行っていただく必要があります。

循環金具より5cm以上、給湯器の上に設置しておく
浴槽の残り湯を循環金具より5cm以上、上にある状態にしておいてください。給湯器本体が外気温を感知し、自動的にポンプ運転を行います。

※こちらも凍結予防ヒーター同様、水道配管部分の凍結防止には効果がありません。

4.給湯器の凍結防止のまとめ

以上の給湯器本体に備わった凍結防止機能により、分電盤の電源や給湯器の電源が落ちていなければ、すぐに故障、凍結といったことはありません。

ただし、こちらの機能は水道配管部分の凍結防止に効果があるものではないため、給水配管が凍結してしまった場合の対処方法については、こちらをご覧ください。