交換できるくん
おかげさまでサイト開設17周年
お気軽にお電話ください。

給湯器の価格と給湯器交換の費用について

給湯器は設置場所や種類、機能やサイズによって、価格に差がある住宅設備機器です。設置場所の状況によって機種の選択が決まりますが、お湯を出すための機能や能力、エコ機能などによって価格が変わります。給湯器の価格、給湯器の交換の際の費用について、住まいの交換工事専門店である交換できるくんがご説明します。

給湯器のメーカー希望小売価格

給湯器の価格とは、給湯器本体とリモコンの価格にあたります。給湯器本体、リモコンの価格はメーカーや給湯器の仕様、タイプによって大きく異なります。

給湯器のメーカー

国内には、給湯器を製造しているメーカーが十数社あります。メーカー希望小売価格は、給湯器の機能やサイズ、生産数や工場の場所、企業規模などによって変わってきます。
交換できるくんでは、2社で国内シェアの8割を占めるリンナイ、ノーリツと、それに続くパーパス、パロマの給湯器を取り扱っています。
各社の給湯器は多くの種類がありますが、交換できるくんでは、戸建てや、マンション・アパートといった集合住宅向けの、一般家庭用給湯器をラインアップしています。

給湯器のメーカー希望小売価格の一例

こちらでは、20号・壁掛けタイプ給湯器のメーカー小売価格をご紹介します。※暖房機能付きの給湯暖房熱源機は20号の設定がないため、24号でご紹介しています。

20号給湯専用タイプ(追い焚きなし)+リモコンの小売価格

追い焚き機能がなく、お湯を出す機能だけを持っている給湯専用タイプです。リモコンは台所リモコンのセットになります。

20号オートタイプ(追い焚きあり)+リモコンの小売価格

交換できるくんで、一番よくご依頼をいただく給湯器のタイプです。追い焚き機能付きで、リモコンは台所リモコンと浴室リモコンのセットになります。

20号オートタイプ(追い焚きあり、エコジョーズ)+リモコンの小売価格

お湯を出すための機能に加えて、給湯器に節ガス機能をもたせた「エコジョーズ」です。エコ機能がついている分、機器の価格が高いですが、長い目で見ると節約できるガス代で機器のもとが取れるのでお得です。リモコンは台所リモコンと浴室リモコンのセットになります。

24号オートタイプ(追い焚きあり、暖房機能あり)+リモコンの小売価格

出湯機能、追い焚き機能に加えて、床暖房や浴室暖房乾燥機などの暖房機能をもった『給湯暖房熱源機』です。暖房機能がついている分、本体価格は高くなります。リモコンは台所リモコンと浴室リモコンのセットになります。

給湯器の割引後の価格

先にメーカー希望小売価格をご紹介しましたが、給湯器は長い耐用年数と外部に設置されることを前提とした設備機器なので、おおむねメーカー希望小売価格は高めです。給湯器メーカーは機器の製造を担っているため、その販売と取付は、設置工事店や販売会社、小売店が担当しています。そのため、各社機器をメーカーから仕入れて販売しており、機器は値引きされて販売する場合がほとんどです。

給湯器の割引率は?

前述の4タイプの給湯器から1機種ずつ抜粋し、割引率後の価格をご案内いたします。

交換できるくんでは、給湯器の交換だけではなく、トイレや食洗機といった住宅設備機器に関わる工事も多く対応しております。そのため、同メーカーより給湯器だけではなく各種設備もまとめて仕入れることで、仕入れ量が各社を抜いて抜群に多いため、仕入れ価格を下げることができ、下げた分はお客様にもしっかり還元しています。

各業者によって割引率後の価格は異なりますが、大手ガス会社では、おおよそ2~3割程度の割引率が多いので、ぜひ当社と価格を比べてみてください。

給湯器交換工事の費用

給湯器の購入と合わせて必要なのが、今の給湯器と取替をする給湯器交換工事です。給湯器交換工事費は基本工事とオプション工事費で分けられることが多いため、給湯器交換のための工事費用には何が含まれているのか、交換できるくんでの例でご説明します。

交換できるくん 給湯器 交換工事費基本価格

スライドアイコン
給湯専用
給湯器 一般型とエコジョーズ
ふろ給湯器 給湯暖房熱源機
給湯器 一般型とエコジョーズ
非エコジョーズ
一般型
エコジョーズ
エコジョーズ
給湯専用 ふろ給湯器 非エコジョーズ一般型 ふろ給湯器 エコジョーズ 給湯暖房熱源機
32,400円(税込) 39,960円(税込) 43,200円(税込)※1 59,400円(税込)※2
工事保証と商品保証
工事費には、5年工事保証8年商品保証を含んでいます。
※8年の商品保証は、8,200円(税込)追加で10年まで延長も可能です。

既存の本体、リモコンの取り外し費用

給湯器交換のためには、まず既存の本体を建物と配管から取り外さなければなりません。本体は現状設置されている建物を傷つけないよう、リモコンも内装などを傷めないように取り外します。

新しい本体、リモコンの設置価格

新しい本体を建物に取付け、リモコンも設置します。本体は取り付けるだけでなく、給水管、給湯管、お風呂への追い炊き管、電源と接続します。また外部に接続される給湯器は配管が雨風にさらされるため、保護テープを巻き直します。リモコンも、電源線と接続し、壁から水が入り込まないよう、シール剤で壁とリモコンの接続部分を埋める作業をします。 給湯専用タイプの場合は、お風呂への追い炊き管接続やリモコン数が少ないこともあり、他の機器より工事費用が低く見込まれています。

エコジョーズの場合の設置費用

エコジョーズは本体自体に重量があることと、ドレン排水といって機器よりわずかに排水される汚水があるため、排水用の配管を敷設する必要があります。そのため、工事費が他のタイプより多く見込まれています。

既存機器、ダンボールなど廃材の廃棄費用

取り外した既存機器、リモコン、新しい機器が入っていた大きなダンボールなどはすべて引き取り、所定の廃棄方法に従って、廃棄、リサイクルする費用です。

本体、リモコンなどの商品に対する8年の無料保証

当社で購入したすべての給湯器には、8年間の商品保証がついています。
保証規定内であれば、無償で修理を受けることができます。また、オプション(税込8,200円)で機器の保証を10年まで延長することもできます。

交換工事に対する5年保証

交換できるくんで交換した給湯器工事にも、5年間の保証がつきます。こちらには、交換工事に伴う不備などの内容が保証され、工事に起因する万一のガス漏れ、水漏れに等に無償で対応いたします。

諸経費

諸経費には、工事のための出張費用や、宅急便では運べない大きく重量のある給湯器の運搬費用が含まれます。また設置した機器はガス漏れなどがないかしっかり点検し、試運転を行います。新しい機器の取扱説明なども実施します。さらに交換できるくんでは、駐車場代なども諸経費に入れていますので、パーキング代などをいただくということはありません。

別途必要なその他オプション費用

配管カバーや据置台など設置状況ごとのオプション部材費や、狭い場所や、高い場所にある給湯器などの交換には別途オプション費用をいただく場合があります。

給湯器交換工事費は各社で異なる

給湯器の交換基本工事費は、これで一律というものはなく、販売会社や交換工事を行う会社によって工事費用設定はそれぞれ異なります。工事費として必要なものがすべて入っている会社もあれば、基本は本体の取付工事費用だけで、機器の配送費用や、廃材の廃棄代金は別になっている会社もあります。
交換工事に際して、必要な工事費用がすべて入っていくらになるのか、事前に確認が必要です。

給湯器取り付け工事・取り替えの流れ

  • 1.給湯器を選ぶ

    1.給湯器を選ぶ

    交換されたい給湯器をお選びください。もちろん弊社にてお客様に合った商品をご案内することも可能です。

  • 2.見積りをご依頼

    2.見積りをご依頼

    給湯器が決まったら見積りをご依頼ください。現行の写真をお送りいただければ、設置適合確認もバッチリ!

  • 3.ご注文

    3.ご注文

    見積りの内容にご納得いただいたらご注文手続きをお願い致します。工事日程のご希望をお伺いします。

  • 4.交換工事

    4.交換工事

    当社施工担当が商品を持って、交換にうかがいます。新しい給湯器の使い方もしっかりご説明いたします。