{assign('additionalCss', array('/css/contents/bunki.css'))} {assign('page_type', 101)} {assign('_description', $description)} {assign('_keywords', $keywords)} {assign('_title', $title)} {assign('_h1', $h1)} {assign('_site_catch', $site_catch)} {import('/misc/static/include/head_meta.html')} {import('/misc/static/include/html_header_201411.html')}

分岐金具の選定についての注意点

当社で毎日大変多くのご注文をいただく卓上型の食器洗い洗浄機を接続するための分岐水栓(分岐金具)につきまして、水栓品番からの適合分岐金具の選定について、一部の製品に関しましての注意点をお知らせ致します。
ご検討中の方はご参考にして頂き、事前にご確認下さい。


SANEI製キッチン水栓「K8760JV-C」の場合

例えば、右写真のSANEI製のキッチン水栓、品番が「K8760JV-C」の場合、適合する分岐金具の候補が2種類あります。


SANEI製のキッチン水栓「K8760JV-C」


【 CB-SEA6 】

【 CB-SED6 】
メーカーサイトより、水栓品番「K8760」から適合分岐金具を検索すると、【CB-SEA6】と【CB-SED6】の2機種の分岐水栓が適合品番として検索されます。

この場合、「どちらを購入しても良い」という事では無く、下記の様にお客様ご自身で内部構造のご確認をしていただく必要があります。

水栓本体の品番は確かに「K8760JV-C」ですが、分解前の本体全体の写真からではどちらとも判断できません。

このように並べると一目瞭然となります。

水栓本体のセットピンは2本の仕様ですが、分岐水栓はセットピンが1本の仕様の【CB-SEA6】となっていて、設置は不可となります。

特に、ご使用の水栓がSANEI製品の場合にこういった事象が多くなることから、事前のご確認が必要となります。
SANEI製品の中でも、品番が「K87-」系で始まる製品は、ご購入前にご確認をお願いします。

こういった事象が発生する原因としては、メーカーのOEM製品が増えてしまった為、同じ品番にも関わらず新旧の製品が存在し、内部の仕様が若干異なってしまった事が挙げられます。

その為、水栓本体の品番や分解前の写真のみでは判断がつかない場合があります。

少しでもご不明点、ご不安等がございましたら、是非お気軽にご相談下さい。

メールはもちろんですが、お電話でのご相談も大歓迎です!
早急にお調べさせて頂きますのでご安心下さい。


この他、分岐水栓に関する情報は・・・

お使いの蛇口に適合する分岐水栓の検索
≫検索はこちら(パナソニックコンテンツ)

分岐水栓・商品一覧
≫詳しくはこちら

蛇口ごとの交換をオススメする理由
≫詳しくはこちら

{import('/misc/static/include/right_3A.html')}
{import('/misc/static/include/left_basic_type.html')}
{import('/misc/static/include/footer.html')}