カート
お知らせ
日経新聞ライフスタイル情報誌に掲載されました >

24時間換気システムとは?

24時間換気システムとは?

24時間換気システムとは、室内の空気の入れ替えを、換気扇などの機械を使って常時行う換気設備のことです。

2003年に建築基準法が改正され、新築の住宅ではシックハウス症候群※対策として、24時間換気システムの設置が義務化されました。 ※シックハウス症候群:建材や家具などから出る化学物質が引き起こす、様々な身体の不調のこと

住宅の場合、2時間で居室の空気がすべて入れ替わる(0.5回/h)だけの換気量が必要と定められています。

換気不足になると、室内に結露が発生したり、ニオイや汚染物質などが部屋にとどまったままとなって健康を害したり、酸素不足になるなどの影響が出る恐れがあります。

24時間換気システムは、換気計画に基づいて設置されていますので、常時運転することをおすすめ致します。

24時間換気システムは3種類

0.5回/hの換気量を満たすための24時間換気システムには、「第1種換気方式」「第2種換気方式」「第3種換気方式」の3つの種類があります。

第1種換気方式

給気と排気の両方に機械による換気設備(ファン)を使って、強制的に換気するタイプです。機械による換気のため、換気方式の中で最も換気の制御をしやすい方式です。

ただし、機械による換気となるため、電気代などのランニングコストは、他の方式に比べ高くなります。

第2種換気方式

給気に機械による換気設備(ファン)を使い、排気は自然換気するタイプです。屋外から強制的に空気を取り入れるため、室内の気圧が屋外よりも高くなり、室内に塵やほこりが入りにくい特徴があります。一方、室内に結露がつきやすいなど、住宅にはほとんど用いられず主に病院等のクリーンルームなどに採用される方式です。

第3種換気方式

給気に自然吸気を行い、排気は機械による換気設備(ファン)を使うタイプです。室内に結露を発生させにくい方式で、電気代などのランニングコストも低く、多くの住宅に採用されている方式です。各居室に給気口を設置する必要があり、外気の温度の影響を受けやすい特徴があります。

これまでの住宅は「自然給気」「自然排気」
これまでは、気密性の低い住宅が一般的で、窓やドアの隙間から自然に給気と排気がで、機械による換気をしなくても自然換気ができていました。 一方で、気密性の低い住宅は隙間風で、室内温度が低くなったりと、室内の温度が外気温に左右されやすい造りでした。
最近の住宅は高気密高断熱
高気密高断熱の住宅が増え、隙間風の問題は減りましたが、自然な換気が期待できなくなりました。室内の空気を清潔に保つため、機械によって強制的に換気する設備が必要となりました。

浴室暖房乾燥機の24時間換気機能

特にマンションなど、気密性の高い住居のお風呂場には、浴室暖房乾燥機が設置されている場合が多く、24時間換気システムの強制排気の役割を果たしています。

24時間換気は常にオンの状態が標準となります。機種によって異なりますが、消費電力は毎時10W程度、電気代は1日0.27円程度です。 ※電気代は新電力料金目安単価の27円/kWhに換算しています。

24時間換気搭載の機器

当社でお取り扱いのある24時間換気対応機器は、お風呂場の機械排気機器です。詳しくは下記よりご覧ください。

浴室暖房乾燥機関連記事

ネット住設の老舗 実績No.1の
サンリフレプラザにお任せください。

ネット住設の老舗 実績No.1のサンリフレプラザにお任せください。

営業担当と施工担当が一つに連携してご対応致します。安心してご利用下さい。

本社 / 営業本部
東京都渋谷区東1-26-20 東京建物東渋谷ビル12F
ショールーム
東京都渋谷区代官山町17 代官山アドレス1F
横浜商品センター / 工事本部
神奈川県横浜市港北区新羽町793-2
川口商品センター / 埼玉工事部
埼玉県川口市北原台3-16-29
江戸川商品センター / 東京東工事部
東京都江戸川区中央2-3-11
八王子営業所 / 西東京工事部
東京都八王子市下柚木2-17-13
大阪営業所 / 関西工事本部
大阪府豊中市稲町2-2-1
名古屋営業所 / 東海工事部
愛知県名古屋市守山区小幡南3-3-3
札幌営業所 / 札幌工事部
北海道札幌市北区屯田6条12丁目7-12
福岡営業所 / 福岡工事部
福岡県太宰府市国分1-1-41
会社案内 >