浴室暖房乾燥機の故障・寿命|リフォーム実績30万件の住宅設備工事専門店サンリフレプラザ【公式】

お問合せ無料お見積はこちら
お知らせ
日経新聞ライフスタイル情報誌に掲載されました >

浴室暖房乾燥機の故障・寿命

浴室暖房乾燥機の故障・寿命
浴室暖房乾燥機(バス乾燥機)の寿命と故障の症状についてご紹介致します。

浴室暖房換気乾燥機のおもな故障の症状など

異音がする

ギシギシと音がしたり、キュルキュルと音が鳴る
⇒モーター内のベアリングの劣化などが考えられます。
メーカーに、点検・修理のご依頼をすることをおすすめ致します

電源がつかない

リモコンのスイッチが入らない
⇒分電盤の電源ブレーカーが落ちていないかご確認下さい。

換気風量が少ない・乾燥・暖房の性能が落ちた

⇒フィルターが目詰まりしているほこりが詰まっている場合があります
フィルターを抜き取り、掃除機などでほこりを取り除いて下さい


※清掃時は必ず電源を切ってから行うようにしてください。

感電、故障、けがなどの恐れがありますので、分解などはお控え下さい。修理はメーカーへのお問合せをおすすめ致します。

浴室暖房換気乾燥機の寿命

浴室暖房換気乾燥機も機械のため、故障や部品の経年劣化があり、寿命の目安はおおよそ10年程度です。

ただし、使用頻度によっても寿命は変わりますし、機械そのものの個体差もありますので、6年程度で故障する場合も、10年以上使用できる場合もあります。

メーカーの標準設計使用期間は10年と記載されており、長期使用製品安全点検制度の特定保守製品のため、標準設計使用期間10年の前後3年間に、メーカーの点検(有償)が必要となります。

点検には技術料・出張料が合計1万円~数万円程度、修理が発生した場合は別途修理代金がかかります。

メーカーの無償保証期間は概ね1年ですので、標準設計使用期間の10年以内でも、故障などで修理が発生すると有償での対応となります。

※当社で施工された方には、期間内なら何度でも修理できる5年・8年・10年の有償の商品延長保証のご案内が可能です。
有償延長保証サービス「あんしん修理サポートサービス」についてはこちら >

修理代と交換費用

今までお使いの浴室暖房乾燥機が故障した場合、修理には、部品代の他に工事費や出張費がかかり、合計すると数万円になることがほとんどです。

異音でモーターの取替えとなった場合、出張・修理・部品費込で2万円~5万円程度が相場のようです。

故障した場合に、修理せずにお取替えをご検討される方が増えてくるのが、設置後8年程度です。修理代+使用年数と、交換費用のバランスで交換もご検討下さい。当社では商品代+工事費込みで61,149円(税込)からお取替えを承っております。
浴室暖房乾燥機について詳しくはトップページをご覧ください >

浴室暖房乾燥機関連記事