お風呂・浴室のカビ対策【サンリフレプラザ】

お問合せ無料お見積はこちら
ご利用ガイド
カート
home > 浴室まわり > 浴室乾燥機・浴室暖房機 > お風呂・浴室のカビ対策

お風呂・浴室のカビ対策

お風呂・浴室のカビ対策(浴室暖房乾燥機)
健康にも見た目にも良くない、お風呂場・浴室のカビ。カビ発生のメカニズムや、お風呂場のカビ対策をご紹介致します。

お風呂場にカビが生えやすい理由

カビは梅雨時のじめじめしたシーズンに発生するイメージがありますが、実は条件さえ揃えば、季節に関わらず生えてしまう厄介なものです。特にお風呂場はその条件が一年中揃いやすい環境にあります。

では、カビが生える条件とはなんでしょうか?

お風呂・浴室のカビ対策 カビが生える3つの条件

お湯を溜めたり、シャワーを使用するお風呂・浴室は、温度・湿度ともに、家の中でもカビが生える条件の揃いやすい場所であることが分かります。

また、体や髪を洗うために使用する石鹸(ボディソープ)やシャンプーは、カビにとっては栄養分となります。

この3つの条件を一年中揃えているお風呂・浴室は、カビにとってまさに格好の繁殖場所と言えます。

お風呂場のカビ 3つの予防方法

カビが生える3つの条件をご紹介しましたが、言い換えると、”3つの条件さえ揃わなければ、カビの発生を防ぐことができる”ということになります。

カビを発生させないためには、カビの発生条件を満たさないよう、こまめに予防することが大切です。

ではどのように予防すれば良いか、詳しくご紹介します。

予防法その1<浴室の温度を下げる>

お風呂・浴室のカビ対策 予防法その1<浴室の温度を下げる>

お風呂にお湯をためたり、シャワーを使用すると、浴室の温度が上がります。

お風呂場から出る際に、浴室の壁や床に水をかけると浴室内の温度を下げることができます。

・壁や床にシャワーで水をかける

予防法その2<浴室の湿度を下げる>

お風呂・浴室のカビ対策 予防法その2<浴室の湿度を下げる>

お風呂場の湿度を下げるには、なんといっても換気が重要です。

入浴後の換気は、できれば3時間以上が望ましいといわれていますが、最低でも1時間換気をおこなうことで、湿気をある程度とることができます。

浴室暖房乾燥機が設置されていて、24時間換気システムのあるご家庭でも、入浴後は「換気モード」でしっかりと換気するのがおすすめです。「24時間換気モード」も、「換気モード」も、ほとんど電気代は変わりません。
浴室暖房乾燥機の電気代についてはこちらの記事をご覧ください >

湯船にお湯が溜まっているときは、ふたをして蒸気が浴室内に充満するのを防いだり、壁など手が届く部分は、タオル等で水気を拭き取ると更に効果的です。

・1時間から3時間しっかりと換気をする

・湯船にお湯がある時は、ふたを閉める

・壁などの水気をふきとる

予防法その3<栄養分となる汚れを落とす>

お風呂・浴室のカビ対策 予防法その3<栄養分となる汚れを落とす>

皮脂を洗い流した石鹸カスやシャンプーなどが、カビにとっては栄養分となって繁殖します。そのため、浴室には汚れを残さない工夫が必要です。

入浴後、体や髪を洗った際の泡が飛び散っていないかを確認します。壁に飛び散った泡はシャワーで流し、天井へ飛び散った泡は、タオルや雑巾でしっかりと拭き取ります。

泡が天井や壁に飛び散っていることに気がつかず放置してしまうと、そこからカビが発生することがあります。

床や壁についている石鹸カスや皮脂、垢などは、毎回シャワーでこまめに洗浄することをおすすめします。もし、すでに壁に皮脂汚れなどがこびりついている場合は、お風呂用の中性洗剤等でしっかりと落としましょう。

・石鹸カスやシャンプーなどの飛び散り汚れはきちんと洗い流す

・すでに固着してこびりついた汚れは中性洗剤で落とす

浴室暖房乾燥機関連記事