サンリフレプラザ
TOTO ネオレストハイブリッド(AH・RH)ワンデーリモデル

せっかくトイレをリフォームするなら、床・壁の内装チェンジオプションを使わない手はありません。床、壁が古いままだと、リフォームをしてトイレが新しくなると、内装の古さがとても目立つようになります。せっかくお金をかけてシステムトイレにするのであれば、もうひとがんばり。床・壁の内装も新しくして、トイレをグレードアップしましょう!

せっかくトイレをリフォームするなら、床・壁の内装チェンジオプションを使わない手はありません。床、壁が古いままだと、リフォームをしてトイレが新しくなると、内装の古さがとても目立つようになります。
せっかくお金をかけてシステムトイレにするのであれば、もうひとがんばり。床・壁の内装も新しくして、トイレをグレードアップしましょう!

トイレリフォームをされる8割以上のお客様が、クッションフロアを張替されています。
トイレはどうしても水はねがするので、耐水性の高い、塩化ビニール素材で1.8mm程度の厚さのフロア床材を敷きこみます。床材を交換するだけでも見違えるように美しくなります。

>>施工事例へ
>>クッションフロア交換について
もっと詳しく

ワンランク上の床材が、TOTOのハイドロセラ・フロアJ。こちらはトイレ専用床材で、トイレのためだけに考えられた、抗菌、防臭、防汚加工が施されたセラミック素です。さっと拭くだけで汚れがとれ、見た目も大理石のようにつややか。トイレがいつもきれいに、またぐっと華やかになる一石二鳥の床材です。

>>施工事例へ
>>ハイドロセラ・フロアJ
についてもっと詳しく

床と同様にリフォームするならかえておきたいのがトイレの壁紙(クロス)。「トイレがなんとなく臭う?」という場合は、長年壁紙に染み込んだ匂いが原因のことも。
また、タンク付きトイレでタンクをはずしてみたら、後ろ側の壁紙がはっていなかったということや、タンクの痕がばっちり汚れとなって付いていた、ということなどもあるので、壁紙の張替もリフォームにあわせてぜひ選んでいただきたいオプションです。

>>施工事例へ
>>壁紙(クロス)張替について
もっと詳しく

お見積りフォームはこちら

Copyright (C) sunrefre Corporation. All Rights Reserved.