お得なミニ情報

節水目的にタンクに物を入れるのは危険

タンクの中に洗浄水量を減らすためのペットボトルやレンガを入れている方がいらっしゃると思います。
便器の洗浄水量は、正常に流れるように設定されています。設計通りの水量が流れないと、配管の詰まりやタンク破損などの問題を引き起こす可能性があります。節水で節約のつもりが悪臭の原因や便器故障で無駄な修理費用につながってしまうことも…

節水は正しく効果的に

タンクに物を入れる以外にも「お風呂の残り湯を使う」「数回分をまとめて流す」「給水量を調節する」などなど・・・色々な節水の知恵がありますが、実はどれもトラブルの原因になりかねない方法なんです。
トイレは意外にも精密な設計の元に作られています。最新の便器は節水をする事を目的に設計されていますから、トイレリフォームで効果的に月々の水道代を削減できます。