トイレ(便器)の排水芯・排水高さを徹底解説!【サンリフレプラザ】

  • ショールームのご案内
  • 会員メニュー
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 買い物かご
サンリフレプラザ
おかげさまでサイト開設13周年
工事付き 0120-12-4353/商品のみ 0120-12-8898:日・祝を除く9:00~17:00
お問合せ・お見積り
商品ページはこちら(関東・関西・名古屋・福岡、日本4大都市なら工事も承ります!)
便器・トイレ
ウォシュレット
トイレ小物
洗面台
蛇口
給湯器
ガスコンロ
IH
食器洗い機
レンジフード・換気扇
浴室乾燥機
現地調査レスで安い
工事サービスネット見積!

更新日:2014年11月27日   【 お急ぎの方は、最短で即日工事も可能です。 】

安さと安心の理由 売上・実績断トツNo.1
売れ筋ランキング
かんたん分割払い
複数台&大口割引
お電話おまちしております
工事・商品保証
サンリフレプラザ 東京ショールーム
安心と安全への取り組み
ISO9001認定取得
TOTO INAX パナソニック 会員加盟店

home > トイレまわり > トイレ(便器) > 便器交換タイプ確認表 > トイレ(便器)の排水芯/排水高さ・室内寸法・座面高さ

トイレ(便器)の排水芯/排水高さについて
便器には、『床排水』と『壁排水』の2種類のタイプがあります。一戸建てや、 ほとんどのマンションは床排水タイプですが、マンションで便器の後側から壁との間に太い排水管がある場合は壁排水タイプです。リフォームの場合、現在設置されている便器の排水方式と同じ方式の便器をお選び下さい。
床排水
一戸建て・一般的なマンション
一般的な排水方式のトイレで、床に接続された排水管を通って水が流れます。排水管は便器の下にあるため、目では確認できません。

トイレの床排水図
床排水の場合、便器後方の壁から排水管中心までの距離(排水芯)により、設置可能な機種が変わります。新築物件や1995年以降に建てられた物件の大半は、排水芯200mmタイプが設置可能です。これ以外の場合は、幅広い排水芯に対応でき るリフォームタイプ(リモデル便器)を使用します。これにより、ほとんどの便器が床工事無しで取替可能です。(リフォーム=リモデル=リトイレ)
壁排水
一部のマンション・公団住宅も
一部のマンションで使われている排水方式で、壁に接続された排水管を通って水が流れます。排水管は便器の後ろから壁に向かって接続されているので、目で確認できます(便器の奥に太い排水管が出ています)
トイレの壁排水図
壁排水の場合、床から排水管中心までの高さ(図A)により、設置可能な機種が変わります。排水高さは、120mmタイプと155mmタイプの2種類があり、現在の新築では120mmで統一されていますが、取替えの場合は現状と同タイプをお選び下さい。

各排水芯(高さ)に対応した便器について
床排水
床排水200mm固定 各社便器ラインナップよりご自由にお選びいただけます。 床排水200mm以外 リフォーム対応便器を使用する事で大掛かりな工事をせずに取替できます。 排水芯が調整できます。
メーカー各社で規格化されている寸法のため、TOTO、LIXIL(INAX)、パナソニック全ての便器に床排水200mm仕様があります(一部を除く)
排水芯が範囲内に含まれるリフォーム用便器からお選び下さい
ネオレストAH/RH  120㎜・305㎜~435㎜
ピュアレストQR/EX  305㎜~540㎜
GG(手洗無) 120㎜・264㎜~499㎜
GG-800  305㎜~540㎜
サティスS/Eタイプ 120㎜・200~450mm
アステオ 120㎜・200㎜~530mm
アメージュZ 120㎜・ 200㎜~550mm
新型アラウーノ 120㎜・305㎜~470㎜
アラウーノS/V 120㎜・ 305㎜~445㎜
※対応範囲より排水芯が大きい数字の場合は、便器を手前に出せば設置が可能です。
例:排水芯540㎜のトイレにサティス(~450㎜)を設置した場合、標準位置よりも90㎜手前に出ます。
壁排水
壁排水120mm 各社便器ラインナップよりご自由にお選びいただけます。 壁排水155mm リフォーム対応便器を使用する事で大掛かりな工事をせずに取替できます。
メーカー各社で規格化されている寸法のため、TOTO、LIXIL(INAX)、パナソニック全ての便器に壁排水120mm仕様があります(一部を除く)
※1専用の部材を使い、壁120㎜の便器を便器をかさ上げるため、床から座面までの高さが標準より35mm高くなります。

排水芯・排水高さは[実際の寸法]又は[便器の品番]のいずれかより確認できます。

当社で工事もご検討のお客様は、全てをお調べいただかなくても、
お見積り依頼フォーム よりトイレの写真をお送りいただけましたら、当社で確認いたします!
実際の寸法で排水芯・排水高さを確認する
一戸建やマンションに多い排水方式です。
上画像の「A」の距離が『排水芯』です。

※ネジキャップは片側に各1つのタイプと2つのタイプがあります。2つの場合は大きい方のキャップでお計りください。

※ネジキャップが片側に1つのタイプは基本的に200mmですが、既にリフォーム用の便器等が設置されている場合など、キャップ位置と排水芯が適合しないケースがございます。ご不明な場合はお問い合せください。
マンション・公団住宅等に多い排水方式です。
上画像の「A」の高さが『排水高さ』です。

※排水管の中央から床までの高さをお計り下さい。

「A」の高さが100mmの場合は、
壁排水120mmタイプの便器を設置可能ですが、
標準設置位置より手間にでます。




『便器の品番』で排水芯/排水高さを確認する
便器の品番をご確認ください
ご使用中の便器の品番から排水芯を確認するのが、最も確実な方法です。通常は左図のように便器側面の床付近にシール又は印字があり、便器の品番が記載されています。
品番は基本的に「C」から始まる場合が多いですが、メーカーや機種によっては、「B」「D」「G」やその他の文字から始まる品番もございます。

(タンクの品番しかわからないといった場合には、タンクの品番と画像を送信いただければ当社でお調べ致します。)
TOTO便器の排水芯/排水高さ一覧表
床排水
TOTO便器旧品番
※1 一部リモデル配管の便器があります。
リフォームで設置したトイレの場合はお問合せください。

※2 排水芯可変式タイプの便器です。
排水芯対応範囲は305mm~540mmです。
壁排水
TOTO便器旧品番
※3 現在100mmの便器が設置されている場合、壁排水120mmタイプの便器で対応可能ですが、標準設置位置より手前にでます。

INAX(LIXIL)便器の排水芯/排水高さ一覧表
床排水
INAX(LIXIL)便器旧品番
※4 便器内部の部品(床フランジ)の設置向きを変えることで、排水芯200mmと120mmの両方に対応する便器です。いずれの排水芯で設置されているかを、外見から判断することはできません。最新の便器でも、排水芯200mmと120mmの両方に対応している便器がございますので、Webフォーム 又はお電話にてお問い合わせください。
壁排水
INAX(LIXIL)便器旧品番







必要なトイレ室内寸法について
便器の先端から壁までの寸法(a)は400mm以上をおすすめします。(b寸法が1200mm以上あれば、基本的に400mm以上確保できます)400mm以下で設置した場合、足元のスペースが狭く立ち上がる際に窮屈になる場合があります。また、オート洗浄やオート便ふた開閉機能付きの便座の場合、正しく作動しない場合がございます。
床排水
ネオレストAH/RH  695㎜
ピュアレストQR/EX  760㎜
GG(手洗無) 730㎜
GG-800  771㎜
※1 タンクレストイレの最小サイズ
※2 タンク貯水式のトイレの最小サイズ
※3 手洗付トイレの最小サイズ
寸法はカタログ値です。既設の排水位置がメーカー指定位置とずれている場合は多少手前に出る場合があります。
壁排水
壁排水便器は、排水管と接続するのに距離が必要なため、同じ便器でも床排水よりも手前に出る場合があります。
また、下の図のように既設の排水形状によって、カタログ値よりも手前に出る場合があります。
ストレートの場合
壁際でカットしアキレスジョイントで施工できるため比較的カタログ値に近い寸法で収まります。
(高さ100mmを除く)
高さ100mmの場合
120mmにアキレスジョイントを使用して偏心するため必ず手前に出ます
(目安:50mm~70mm)
壁フランジの場合
壁フランジ部分はカットできないため、カタログ寸法より手前に出る場合があります
(目安:10mm~20mm)
横抜きの場合
上のストレートでは壁の中にある横の管が露出していますので、カタログ値より手前に出る場合があります
(目安:20mm~50mm)

座面までの高さについて
床から座面までの高さは、1970年~1993年ごろまでは350mm~360mm、1994年~2002年ごろまでは360mm~370mmが主流でしたが、現行の最新機種では380mm~385mmを採用しております。
このため、便器を交換しますと座面が高くなる場合があります。

これはメーカー各社が日本人の平均身長の伸びに合わせたのと、高齢者や腰の悪い方には、座面が高い方が、ひざを無理に曲げずに腰がかけられ、立ち座りの負担も軽減されるためです。
各便器の座面までの高さ一覧
ネオレストAH/RH  380㎜
ピュアレストQR  380㎜
ピュアレストEX  380㎜(壁排水155mmは370mm)
GG/GG-800 380㎜(壁排水155mmは370mm)
サティスSタイプ 385mm
アステオ 385mm
アメージュZ 380㎜(壁排水155mmは370mm)
新型アラウーノ  380㎜(壁排水155mmは420mm)
アラウーノS 385㎜
アラウーノV 385mm


※陶器製の便器は焼き工程で個体差がり、カタログ値±10mm程の誤差が出る場合があります。
左記の寸法は便器自体の高さです。
便座の高さは含まれていません。

最新の便器では、TOTOは380mm
LIXIL(INAX)、パナソニックは385mm を採用しています。

壁排水155mm仕様は、同じ便器でも、他の排水仕様より低く設定されている機種があります。

簡単無料!ネット見積りはコチラ!!

ネット住設店の老舗 実績No.1のサンリフレプラザにお任せください。

トイレリフォーム・便器交換工事のご相談窓口
営業担当と施工担当が一つに連携してご対応致します。安心してご利用下さい。

【本社 / 営業本部】東京都渋谷区東1-26-20
【ショールーム】東京都渋谷区代官山町17 代官山アドレス1F
【商品センター / 工事本部】神奈川県横浜市港北区新羽町793-2
【大阪営業所 / 関西工事本部】大阪府豊中市稲津町2-2-1

【北関東工事支部】埼玉県さいたま市見沼区深作1-27-11
【名古屋工事支部】愛知県岡崎市安藤町川田35
【福岡工事支部】福岡市博多区博多駅前4-16-12

施工事例5,000件以上掲載 お客様の声2,000件以上掲載 スタッフブログ7年間毎日更新中 継続が信頼の証です