浄水器とアルカリイオン整水器の違い 【サンリフレプラザ】

お問い合せ・無料見積り

【年末年始休業】2016/12/30(金)~2017/1/3(火)の間を休業とさせて頂きます

サンリフレプラザが選ばれる理由
売れ筋ランキング
ご利用の流れ
お問い合せ・お見積り
工事・商品保証
サンリフレプラザ 東京ショールーム
商品のみも大歓迎!
マンガでわかる!トイレリフォーム
毎日使う物だから、ギフトに最適!
日本オンラインショッピング大賞
日流eコマース新聞 住宅設備部門全国第1位!
安心と安全への取り組み
ISO9001認定取得
TOTO INAX パナソニック 会員加盟店
サンリフレプラザ公式Facebook
home > 浄水器 > アルカリイオン整水器 > 浄水器とアルカリイオン整水器の違い
浄水器とアルカリイオン整水器の違い
日本の水道水は安全といわれていますが、『さらにおいしく、より安全な水を利用したい!』ということで浄水器を利用する方が増え、2013年では全国で約4割の普及率となっています。一方で、水素水を生成する『アルカリイオン整水器』も健康志向の強まりを背景に注目を集めています。ここでは、浄水器とアルカリイオン整水器の違いについてご説明します!

浄水器・アルカリイオン整水器のメリット、デメリット

水道水
そのまま飲める安全な水
→国が定めた50項目にもわたる厳しい水質基準を満たした水。
 最も身近な水ですが、ニオイや味が気になる方も。
味を損ねる原因は『塩素』
安全な水を届けるために重要なのが『塩素』です。この塩素を投入しているため、消毒・殺菌がされ安全な水が供給されていますが、この塩素には、『水の味を悪くする』一面もあります。塩素が発するカルキ臭やカビ臭などの存在が水道水の味を損なう原因とされています。
日本の水道水は安全だけど・・・
日本の水道水は、国が定めた50項目にもわたる厳しい水質基準をすべて満たし、とても高い水準で管理されている安全な水ですが、水道管から直接配水管を引いている戸建と違い、マンションなどの集合住宅などでは、貯水タンクを経由して各家庭へ給水されるため、タンクや配水管が古くなっている場合サビや鉛が溶け出すこともあります。  こうした水道水中の含有物を除去して「きれいでよりおいしい水」にできるのが浄水器です。
さらに、浄水器にプラスアルファの機能を持った整水器も注目を集めています。

浄水器

きれいで、よりおいしい水
→水道水に含まれる「塩素・トリハロメタン・鉛」などの有害物質をフィルターで取り除いた水。

クリンスイ浄水器写真
メリット
■製品タイプが多いので、使い方や設置条件に合った商品を選択できる。

■水道水に含まれる有害物質を除去、ろ過できる。
カートリッジ種類も幅広く、5物質・13物質除去など浄水能力からも選択できる。

■水道水に含まれるミネラルはそのまま。

■市販のペットボトルなどの購入がなくなり、持ち運びの煩わしさや、原水が水道水のためコストが軽減できる。






デメリット
×初期費用がかかる

×定期的なお手入れが必要(カートリッジ交換)

×塩素を除去しているため、長期間の保存ができない

×毎日の使い始めに約10秒程度水を流す必要がある
 (カートリッジ内に滞留した水を除去するため。
  タカギ製品を除く)







アルカリイオン整水器

→水道水を浄化したきれいでおいしい水を
電気分解して、アルカリ性で還元性を持つ水素を豊富に含んだ水。
トリムイオン ハイパー 画像
メリット
■胃腸症状を改善する効能効果が認められている。
その効能、効果が認められ、管理医療機器として認証されている。飲用水生成器としては、唯一、効果・効能が認められている機器。

■水道水に含まれる有害物質を除去、ろ過できる。
浄水カートリッジの浄水能力が高いものが多い。

■電気分解により、水道水に含まれるミネラルが増加する。

■アルカリイオン水(電解水素水)、酸性水、浄水の3タイプの水をつくることができるので、用途に合った使い方ができる。

■市販のペットボトルなどの購入がなくなり、持ち運びの煩わしさや、原水が水道水のためコストが軽減できる。
デメリット
×浄水器に比べ初期費用が高い。

×定期的なお手入れが必要(カートリッジ交換)。

×塩素を除去しているため、長期間の保存ができない。

×アルミ鍋が使えない。(アルカリ性に弱い)
  銅鍋が使えない。(酸に弱い)

×毎日の使い始めに約30秒程度水を流す必要がある
 (滞留水を除去するため)

△アルカリイオン水と酸性水が同時に吐水されるため
  水がもったいない。
 (排水側の水を上手に利用することで解消)

浄水器とアルカリイオン整水器の仕組み

水道水を専用カートリッジを通すことで、きれいでよりおいしい水にする浄水器。
そのポイントは浄水能力にあります。浄水能力とはJIS規格(日本工業規格)に定められた除去対象13物質の除去能力(ろ過能力)を指し、カートリッジにより除去能力が異なりますが、各メーカー13物質を除去できるカートリッジが多くなってきています。カートリッジの容量の大きさの違いにより、浄水器内蔵型よりビルトイン型浄水器の方が除去能力が高めです。JIS規格以外に、浄水器協会が定めた除去対象物質に対応した製品もあります。

浄水器の図
■ 浄水能力をチェック!
浄水能力を決めるのに重要なのがカートリッジの「ろ材(フィルター)」です。このフィルターの種類により除去できる物質の数も違ってきます。メーカーやカートリッジの種類により使用されている「ろ材(フィルター)」は異なりますが、家庭用浄水器では主に「不織布」「活性炭」「中空糸膜」の3段階の組み合わせで使用されています。
「家庭用品品質表示法」で定められた除去対象物質
①第1フィルター:
不織布(ふしょくふ)
→繊維を織らずに絡み合わせたシート状のもので、鉄、サビなどの大きなゴミを除去します。
②第2フィルター:
活性炭
→下駄箱や冷蔵庫などの脱臭としても知られています。活性炭は吸着作 用に優れており、残留塩素、カルキ臭、トリハロメタン、カビ臭、農薬などを除去します。
メーカーによって異なりますが、イオン交換繊維、セラミック、などもこの第2フィルターに含まれており、おもに、溶解性鉛の除去に有効とされています。
③第3フィルター:
中空糸膜
ミクロン単位の孔が無数にあいた繊維で、赤サビや0.1マイクロメート ル以上の粒子や雑菌を除去します。実は、この中空糸膜は、古くから使われている活性炭の弱点でもある 雑菌が繁殖しやすいという点を、雑菌除去能力によりカバーしているフィルターです。

浄水までの過程は、上記の浄水器の仕組みと同じで、水道水に含まれる含有物を除去した浄水を、電解槽で電気分解することによりアルカリ性の水素を含む水を生成します。浄水・酸性水・アルカリイオン水(電解水素水)の3つの水を生成できるので、料理や飲用、洗顔など、用途によって使い分けることができます。

整水器図
① 浄水
『きれいで、よりおいしい水』を作り出します。
※浄水能力、仕組みは、
  上記の浄水器項目と同じです。
■赤ちゃんのミルクづくり
■薬の飲み水
赤ちゃん
② 酸性水
浄水された水を電気分解し、プラス極に発生した酸素分子を多く含む水です。お肌に近い弱酸性の『やさしい水』です。
■洗顔
■入浴(5~10L程度を入れて)
■霧吹きなどに入れてお肌のお手入れに
洗顔女性
③ アルカリイオン水(電解水素水/還元水素水)
出汁とり 炊飯
浄水された水を電気分解し、マイナス極に発生した水素分子を多く含む水です。
アルカリ性の『おいしく、胃腸にいい水』です。
■飲用
■出汁とり
■煮物
■野菜のアク抜き
■炊飯
アルカリイオン整水器関連情報
当社はリフォーム・住宅設備機器専門店の老舗として、親切・丁寧・真面目にご対応いたします。
ISO認証取得
建設業許可・水道局指定工事店・下水道局指定工事店・ガス機器設置スペシャリスト登録店
メーカーネットワーク加盟店
メディア紹介実績
ネット住設店の老舗 実績No.1のサンリフレプラザにお任せください。
施工事例 11,000件以上掲載 お客様の声 3,000件以上掲載 スタッフブログ 継続8年目 地道な継続が信頼の証です
住宅設備のご用命は2001年より開設している実績No.1のサンリフレプラザへ
▲ページTOPへ戻る