カート

おはようございます。磯崎です。

お風呂の床に、バスマットやスノコを敷いて
使っていらっしゃる方が多いかと思うのですが、

バスマットやスノコを、
お風呂を使うたびに壁にたてかけて乾かしても
カビが生えてしまって、汚くなったり、
お風呂の床自体も、ジメジメしたり、カビが生えたり、

そして、さむ~いこの季節になると、
タイル貼りやコンクリートの床から伝わってくる「ひやっと感」で
お風呂に入るのがちょっと憂鬱になったりしていませんか?

そんなお悩みを解消できるのが
TOTOの「カラリ床」。

難しい技術のお話しはおいておいて、
入浴後、2時間を経過した床の水はけ状況の
こちらの写真をご覧ください。

↓こちらが通常のシステムバスルームの床。

02.jpg

 

↓こちらがカラリ床。

01_1.jpg

写真でも、ほとんど水滴が残っていないのがわかりますね!

ほぼ2時間で、水がはけてしまうこの「カラリ床」
床に水滴が残らないということは、つまり・・・

カビが生えにくい
→ 床のお掃除がラクに。

水はけがいい
→ 掃除や、ちょっとしたタイミングにお風呂に入るとき、
バスブーツなしで、くつ下をはいたまま、などそのまま入れる。
(バスブーツをはくのって、面倒ですよね。
使う前後に水切りのためにたてかけておくのも
輪をかけて面倒だったりしませんか?)

樹脂製の床
→ 樹脂なので、タイル、コンクリートなどと違ってひやっとしない。

と、ちょっとしたことなんだけど
毎日の積み重ねになるととってもおっくう、
といったことが解消されるんです。

さらに、

カラリ床に、ソフト機能をくわえたのが「ほっカラリ床」。
断熱クッション層をはさむことで、
バスマットのような柔らかさを実現しています。

私もショールームで体験してみたのですが、
「これがお風呂の床?」とびっくりするくらいの柔らかさ。

ちいさなお子さんが直接床に座ったり、
お歳を召した方が膝をついたりなどしても、
肌あたりが柔らかいので、安心して動くことができるのも
特徴です。

TOTOの魔法びん浴槽に勝るとも劣らない人気なのが、
「カラリ床」と「ほっカラリ床」。

「魔法びん浴槽」と、「カラリ床」、
TOTOのシステムバスを選ばれる方は、
この2つの特徴が決めてになって
決定される場合も多いように思います。

魔法びん浴槽の保温性を体感するのはなかなか難しいのですが、
「カラリ床」はTOTOのショールームで体験可能です。

迷われている方、ご検討されている方はぜひ一度ショールームまで
行ってみてはいかがでしょうか。

■カラリ床が選べるTOTOのシステムバスはこちらです。

スプリノ、サザナ(戸建て向け/ほっカラリ床)
スプリノWA(マンション向け/ほっカラリ床)
もっと広がるWB、WH(マンション向け/カラリ床)