住宅エコポイント拡充「最新情報!」 | スタッフブログ【サンリフレプラザ】NO.7889

お問合せ無料お見積はこちら
ご利用ガイド
カート

おはようございます。

いつもサンリフレプラザのスタッフブログをご覧いただきまして
ありがとうございます。

本日は、平成22年10月8日の閣議決定(円高・デフレ対応のための緊急総合経済対策)により、
対象拡充が位置付けられました、住宅エコポイントについてご案内させていただきます。

1231.jpg

今回、拡充対象となる製品は、【節水型便器】【高断熱浴槽】【住宅用太陽熱利用システム】
の3製品です。
それぞれの製品の位置づけは、

節水型便器:節水性能に優れた新型の便器
高断熱浴槽:お湯の冷めにくい浴槽
太陽熱利用システム:太陽の熱を集熱して温水器の用に熱的に利用するもの

とされています。

753.jpg

発行されるエコポイントは、3製品度の交換工事についても、
一律で2万円分のエコポイントとなるようです。

追加対象となる節水型便器、太陽熱利用システム、高断熱浴槽のうち、太陽熱
利用システムと高断熱浴槽は中心価格帯が60~70万円なのに対し、節水型便器
(節水型トイレ)は、20~30万円程度と安く、エコポイントによる「補助率」が割高に
なります。
節水型トイレが一番お得なんですね!

545.jpg

対象となりそうな、節水型便器ですが、エコポイント事務局では、
節水型便器の定義を「少ない水量で洗浄できる便器」としています。
対象となる節水型便器の基準は、現在検討中とのことですが、
TOTOのスタンダードが4.8L、INAXのスタンダードが6Lという
事情を考えますと、6L以下の洗浄水量が適応となりそうです。
(最新型節水便器情報はこちらから)

ただ、このエコポイント拡充策にはちょっとした落とし穴がありまして…

実は、今回対象となる製品単独での交換工事を行っても
エコポイント発行の対象とならないの
です。


エコポイント事務局の発表によりますと、

//——————————————————————-

住宅用太陽熱利用システム(ソーラーシステム)は、現在の制度でポイントの
対象となる住宅の新築工事又はリフォーム工事と併せて設置する場合に対象と
なります。また、節水型便器と高断熱浴槽は、現在の制度でポイントの対象と
なるリフォーム工事と併せて設置する場合のみ対象となります。

//——————————————————————-

ここが今回の拡充策で、最も誤解を受けているポイントなんです!

今回の適用は、現制度内でポイントを受け取ることのできる工事と併せて行った
場合にのみ、適応されるとのことです。
つまり、節水型便器のみのリフォーム工事や高断熱浴槽のみの工事を行っても
エコポイントをもらうことができないのです!!

エコポイント拡充策の実施時期・詳細は発表されていませんが、
早ければ2010年末までに整備され
2011年1月ごろに開始されるという話も上がっています。

dr151.jpg

住宅の外断熱などのエコリフォームとなると規模が大きく、
なかなか手を出せるものではありませんよね。
トイレリフォームを考えているけど、エコポイントがつくなら…と踏みとどまって
いる皆様、単独でのトイレリフォームにはエコポイントはつかないようです。

しかし当店では、独自エコポイントとして、【節水エコキャンペーン】を
先着300名様に限りではありますが、開催しております。

331.jpg

こちらは当然、便器交換のみに適応させていただきますので
この機会に是非、ご覧くださいませ。

住宅エコポイントのさらに詳しい情報は、こちらのページで紹介しております。
最新情報を随時更新していきますので、ご興味をもたれた方は、ご覧ください。

それでは、本日も全力投球で頑張りますので、よろしくお願い致します。