省エネのコツ!!キッチン編 | スタッフブログ【サンリフレプラザ】NO.6889

お問合せ無料お見積はこちら
ご利用ガイド
カート

こんにちは!
サンリフレプラザ リモデル事業部の古屋です^^

梅雨の蒸し暑さが嫌になる今日この頃ですが、皆様体調管理はしっかりできていますでしょうか!?

さて本日は、『省エネのコツ!キッチン編』と題しまして少しお話をさせて頂きます。

皆様は、やかんでお湯を沸かすとき炎の大きさはどうしていますか?

強火で短時間で沸かす方、弱火でゆっくり沸かす方・・・
どちらもお湯が沸くことには違いありませんが、省エネの観点からすると、これは間違いなんです!!

なぜなら、強火で炎がはみ出した部分は鍋に熱が伝わらず、弱火だと時間がかかり、放熱する量が多くなってしまうからです。

省エネを考えるなら、
『炎は鍋からはみ出さない程度』がもっとも効率的です。

enest10_ill01.gif

enest10_ttl01_1.gif
20cmのやかんで15℃の水1リットルを沸かした場合、各所要時間は強火5.3分、中火8.9分、弱火30.9分かかります。

所要時間は、

強火<中火になりますが、

料金は、若干ですが

強火>中火になるから不思議ですね!!

これだけで、1日15gのCO2が削減出来ます。

また、やかんや鍋は、底の大きなものを使うと熱効率がよく水も早く沸きます!!

enest10_ttl02_1.gif
所要時間は24cmで5.1分、16cmで5.5分になります。

所要時間、料金共にわずかですが、

24cm<16cmになります。

さらに、食器洗い乾燥機をご使用の方は『給湯接続』にするとより効率的です。

給湯タイプは、ガス給湯器から直接お湯を供給して洗うため、電気を使って水からお湯を沸かすよりも効率的なんです。

enest11_ttl08_1.gif 
水温20℃で6人(食器42点)の場合、給湯接続60℃と給水接続20℃の各所要時間は、給湯接続15分、給水接続38分となります。

この場合、所要時間、料金共に大きな差が出ることが分かります!!

給湯接続<給水接続

これで、1日184gのCO2が削減出来ます。

このようにちょっとしたことで、環境にやさしい取り組みにもつながります!そして何より、お財布にやさしい(^^)v

毎日のコツコツと積み重ねていくことが重要ですね(^_-)-☆

それでは本日も宜しくお願い致しますm(__)m

≫卓上型食器洗い乾燥機の販売ページはこちら

※参考データにつきましては、東京ガスの算出データに基づいています。