国産食洗機・誕生50周年 | スタッフブログ【サンリフレプラザ】NO.6060

お問合せ無料お見積はこちら
ご利用ガイド
カート

おはようございます。
企画制作部の加藤です。

今年2010年は、国産食洗機の誕生から50周年の節目だそうです。
最初に国内で販売したのはPanasonic。

image.jpg

「1号機:MR-500 1960年」(上写真:右 / 下写真:手前)
「2号機:NP-100 1968年」(上写真:左 / 下写真:奥)

国産第1の「MR-500」は洗濯機の本体を流用していて、本体の体積は何と160リットル!
初任給半年分の高価品で、30点の食器を洗うのに100リットルの水を使ったそうです。

当時は「主婦を馬鹿にする商品」と批判され、ほとんど売れなかったそうです。
日本では「皿は主婦が手で洗うもの」という意識が強く、さらに、発明された米国との食文化の違いも有り、「お茶わんのご飯粒が落ちにくい」という事もあったらしいです。

しかし、そんな中でも企業として地道に小型化&低価格化の改良を続けられてきたからこそ、現在のように「キッチンのわずかなスペースに置けて低価格」という商品を手にする事が出来るのですね。

今では洗える食器の数は半世紀前の倍近くにまで増え、使う水の量は10分の1にまで低減され、何と言ってもコンパクトに!
もちろん「ビルトインタイプ」も有りますが、「卓上型」が発展したのは日本独自の「キッチンの狭さ」があっての事だそうです。

国内の普及率も23.5%まで進み、シェアでPanasonicは65%を獲得しています。
同社の累計生産台数は660万台を超えているそうです。

ちなみに、世界最初の食洗機の発明は米国で、1860年の出来事だそうです。
何と150年前です!!!

日本では「桜田門外ノ変」が起こった年。
幕末の頃でした、、、。

ネット住設の老舗 実績No.1の
サンリフレプラザにお任せください。

ネット住設の老舗 実績No.1のサンリフレプラザにお任せください。

営業担当と施工担当が一つに連携してご対応致します。安心してご利用下さい。

本社
東京都渋谷区東1-26-20 東京建物東渋谷ビル12F
ショールーム
東京都渋谷区代官山町17 代官山アドレス1F
横浜商品センター
神奈川県横浜市港北区新羽町793-2
川口商品センター
埼玉県川口市北原台3-16-29
大阪営業所
大阪府豊中市稲町2-2-1
名古屋営業所
愛知県名古屋市守山区小幡南3-3-3
札幌営業所
北海道札幌市北区屯田6条12丁目7-12
福岡営業所 / 福岡工事部
福岡県太宰府市国分1-1-41