カート

蛇口のお話

こんにちは。営業スタッフの大澤です。

今日は蛇口のお話をさせて頂きます。

蛇口と水栓はほぼ同義語になります。

蛇口という呼び名は水道設備の末端からの水の出る金具が龍=蛇の口に似ていると言う「見た目」に由来していますが、水栓は水の栓、つまり水を止めるという「仕組み」から名づけられたものです。

蛇口は末端の金具のみを指しますが、水栓は水道配管の途中のバルブ(栓)などにも止水栓などと用いられます。

上でお話したように蛇口は、蛇に似ているからと単純に想像できますが、それなら象の鼻でも良かったのかと思われるかもしれませんが、明確な理由があるのです。

日本で初めて水道が開発されたのは明治20年の横浜でした。

水道が敷設された当初は、道路の脇に設けられた共同栓から水を出して利用していたそうです。

当時の共用栓はほとんどイギリスからの輸入品で、ヨーロッパの水の守護神である「ライオン」のレリーフが付いていました。今でも健康ランドやホテルの大浴場で見られるものです。

つまり、もともとはライオンの口から水が出るのが一般的だったわけです。

その共用栓が徐々に国産化されていく過程で、ヨーロッパの影響からの「ライオン」が中国や日本の水の守護神である「龍」の形に変わってきました。

そして「龍口」がいつしか「蛇口」と呼ばれるようになり、「蛇体鉄栓式共同栓」が正式な名称となりました。

架空の動物の龍の元になった生き物が「蛇」である為、日本になじみがある身近な「蛇」の名称が使われるようになったそうですよ(^^)!