便器交換の際に床材(クッションフロアー)の貼替えは必要か? | スタッフブログ【サンリフレプラザ】NO.550

お問合せ無料お見積はこちら
ご利用ガイド
カート

いつもご利用ありがとうございます。営業スタッフの陽田です。

今回は便器交換をご検討頂いているお客様から多くお問合せを頂く、

「便器交換の際に床材(クッションフロアー)の貼替えは必要なの?」

に関しましてお話しさせて頂きます。

まずはこちら↓をご確認下さい。

yeyyi_r.jpg

少し見え難いと思いますが、便器周りの床に今までご使用頂いていた

便器の設置痕が隠れずに見えてしまっています。

原因は、現行品便器の形状の多くがコンパクトになっているためですが、

新しい便器に交換しますと、どの便器でもこのような状態となります。

便器交換ですっきりしたのに少し残念ですよね。

このような事を考え、築年数の経過している場合や、

便器と床のフチが黒ずんでいたり、変色している場合で

床材がクッションフロアシート(通称CF)である場合には、

サンリフレプラザでは便器交換の際に床材貼替えをお勧めさせて頂いております。

快適にご使用頂くためのポイントですので是非ご検討下さい。

 

尚、現状のトイレの床材がクッションフロアシートではなく、

フローリングやタイルの場合は磨けばある程度まではキレイになる事と、

クッションフロアシートと比較し、工事が大掛かりになるので

トイレ単体での床工事は費用面、日数面からあまりお勧めしておりません。

また、トイレマットを敷き、設置痕を隠してお使いになるので張替えは不要という方も多いです。

≫トイレマット販売ページ

≫クッションフロアには様々な色柄があります(リリカラHP)