リユース | スタッフブログ【サンリフレプラザ】NO.5161

お問合せ無料お見積はこちら
ご利用ガイド
カート

リユース

おはようございます、商品センターの永井です。
毎年思う事ですが、1年がとても早く感じてしまう事です。皆さんは如何ですか
今年も残り一ヶ月となってしまいましたが、私自身悔いの残らない様一日一日大切に過ごしていこうと思っております。

 さて現在の日本では物が溢れ、いらなくなった物はどんどん捨てられ、自然環境が破壊されている現状です。
一方で環境を保護しようと必死に取り組んでいる方も沢山いらっしゃいます。
少しでもそういった気持ちで取り組める様、私自身も努力していこうと思っています。

その為にも、世の中ではリサイクル、リデュース、リユースといった取り組みがされていますが、今回はリユースに目を向けて取り組んだ事の報告をさせて頂きます。

前回便器の梱包に仕様する、エアーパッキン(42mロール)の話をしましたが、その際、その芯として使われているダンボールの筒が溢れかえります。普段は処理業者の方に回収して頂いてますが、貧乏性の私はそれを何かに利用出来ないかと考えていた時期に、門松に出来るのではと思い、制作してみる事にしました。・・・・・・2年前の事です。

cimg2382.jpg

先ずは、のこぎりを使い出来上がりの長さに切り分け色付けしていきます、充分に乾燥させてから一本ずつに竹の表皮の色に近づけるため淡い和紙を巻いていきます。写真ではわかりづらいですね!

cimg2379.jpg

 

cimg2393.jpg

園芸用の縄で縛り門松の形を作り土台にセットします (この時は結束器のバンドを使い終わった時に残るダンボールの芯)を土台としました。最後に100円SHOPで購入した飾りを取り付けて完成です。この年は自宅用とマンションの玄関用を作成しました。

昨年(下写真)は、より本物らしくしたいと思い切り口を立体的にして筒はペイントしてみました。

dvc00145.jpg

dvc00086.jpg

 dvc00033.jpg

竹の部分以外は全て本物を仕様しよく見ないと本物と見間違える位の出来栄えとなりました。苦労した点は、こも(わらで編んだもの)を巻きつける事と、松の枝を均等な高さにする事があげられます。

興味のある方はチャレンジされてみるのもいいものですよ!

では本日も沢山のご注文お待ちしております。

ネット住設の老舗 実績No.1の
サンリフレプラザにお任せください。

ネット住設の老舗 実績No.1のサンリフレプラザにお任せください。

営業担当と施工担当が一つに連携してご対応致します。安心してご利用下さい。

本社
東京都渋谷区東1-26-20 東京建物東渋谷ビル12F
ショールーム
東京都渋谷区代官山町17 代官山アドレス1F
横浜商品センター
神奈川県横浜市港北区新羽町793-2
川口商品センター
埼玉県川口市北原台3-16-29
大阪営業所
大阪府豊中市稲町2-2-1
名古屋営業所
愛知県名古屋市守山区小幡南3-3-3
札幌営業所
北海道札幌市北区屯田6条12丁目7-12
福岡営業所 / 福岡工事部
福岡県太宰府市国分1-1-41